haruku666 さん プロフィール

  •  
haruku666さん: haruku666のblog
ハンドル名haruku666 さん
ブログタイトルharuku666のblog
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/haruku666/
サイト紹介文映画、小説、学術書の備忘録、先物取引FX、長期的な投資から、アニメや音楽、クルマに至るまで
自由文晴薫という筆名で書いていたブログ、「雨の日の日曜日は・・・」をこちらにまとめていきたいと思っています。
数学や美術史の教養書から、萌えアニメまで。
先物、FXから安室奈美恵に至るまで、幅だけは広く書いていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供184回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2014/12/22 19:27

haruku666 さんのブログ記事

  • WBC異常な熱気!侍Japanの強さは選手層の厚さ&8回則本、9回牧田が良い
  • 国別対抗というWBCにはいつも燃えるのですが、今回メジャーは青木選手だけ。 莫大な契約金を支払った球団が、参加を許可しないのも仕方ないとは言え、なんだかボンヤリ始まったのですが、連夜の激闘に夢中です。 昨日の試合なんかって感じだった。 日本選手たちの団結は、感動的で観ていて熱くなる。これぞone for all all for one.Allはチームという意味を超え、日本の為にというレベルにあり、後のない必死がまさ [続きを読む]
  • 海峡の霧 辻邦生@空虚と永遠と死の論理
  • 一読すれば、やっぱり凄い辻邦生先生。辻邦生が語る芸術論という高尚な本なので、買っても積読に終わる危険があるなと最初は図書館で借りたのですが、読み出してすぐ、次次に文章にラインを引きたくなってしまいAmazonで中古本を購入しました。 チャプターⅠの人物編は、岡本太郎から始まる最も気軽に読める章で、一番印象的なのは、やはり篠田一士の処かな。代表作である「二十世紀の十大小説」は、私も繰り返し読んだので、 [続きを読む]
  • 海峡の霧 辻邦生@空虚と永遠と死の理論
  • 一読すれば、やっぱり凄い辻邦生先生。辻邦生が語る芸術論という高尚な本なので、買っても積読になる危険があるなと最初は図書館で借りたのですが、読み出してすぐ、次次に文章にラインを引きたくなってしまいAmazonで中古本を購入しました。 チャプターⅠの人物編は、岡本太郎から始まる最も気軽に読める章で、一番印象的なのは、やはり篠田一士の処かな。代表作である「二十世紀の十大小説」は、私も繰り返し読んだので、コ [続きを読む]
  • 富士SWの第一コーナーに突っ込む時のスピード感と意外なリスク
  • 富士SWを、世界でも有数の高速サーキットにしている1.5キロの長いストレート。最終コーナーを立ち上がったドライバーは、その直線の間、延々とアクセルを床まで踏み続けて、私の場合は最終的に240キロまで加速します。 そのスピードを、ドライバーはどう感じているとお思いでしょうか。実はあまりスピード感ってないんです。そりゃ、オマエがイカレテいるんだろうって事ではなくて、ホントにない。何故、スピード感がないかと [続きを読む]
  • 親の介護と安倍トランプ会談、艦これ4DX鑑賞の土曜日
  • 土曜祝日で、私にとっては珍しい花金だったのですが、先週から母親が体調を崩して入院中なので、見舞いで終了。そもそも母親がインフルエンザに罹り、その世話をしていた妻がもらい、私にもうつり、大変だったのですが、一巡りしてなんとか落ち着いたと思った後の入院騒ぎでした。子供が育つと親の介護。それが終わると自分たちの入院でしょうかね。まあしょうがないよね。仕事に用事に忙しくなり、ブログの更新も間遠になるかもし [続きを読む]
  • 金isない@シールズのツィートに見る日本社会の懐の無限の深さ
  • NHKや朝日新聞、TBSが「安倍政治の暴走を食い止める希望の若者たち」と絶賛し、ソニーの上級研究員の茂木健一郎が「彼らにノーベル平和賞を!」と絶叫した学生団体SEALDs(シールズ)にはラップの得意な人がいるみたいなんですが、その人のツィートで「金isない」というのがあるそうです。・・・その後のつぶやきが奨学金600万の返済に困った話なんで、どうやらこれはお金に困っている、と言いたいらしいのですが、そこで書かれた言 [続きを読む]