天空庵 さん プロフィール

  •  
天空庵さん: 気がつけば天空の住人
ハンドル名天空庵 さん
ブログタイトル気がつけば天空の住人
ブログURLhttp://ameblo.jp/20131006/
サイト紹介文東京都西多摩郡檜原村、標高650mの田舎暮らし。
自由文「これでも東京都?」と驚く檜原村の天空暮らし。
ちょったした山の頂上からの絶景が、リビングから一望できます。

山暮らしは初めての私と、田舎暮らしは子供の頃に身についてる旦那さん。

ドタバタ右往左往しながらも、段々この東京の天空の村暮らしに慣れて行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/12/22 20:23

天空庵 さんのブログ記事

  • 筍前線と共に訪れた恐怖の季節
  • 曇りがちながらも、春は真っ盛り。東京都西多摩郡檜原村の山の上の、晨隆庵の春です。 あれからは、サブちゃんの脱走騒ぎは起きていません。午前中は家の周りをグルグル回って、急斜面の青草を精力的に食べてくれています。 台所仕事をしていたら、外でなんやらゴソゴソする音が。小窓を開けたら、勝手口に積んである木の上に上がってゴソゴソしているサブちゃんの後ろ姿が…。 目が合いました。 [続きを読む]
  • サブちゃん、脱走を諦めて黙々と草刈りのお仕事に励む。
  • 先日、僅か30分間での5連続脱走記録を樹立したサブちゃん。 その度にキャベツでおびき寄せて小屋に入れるという失態を演じた私。 このままではいかん!と、旦那さんが脱出箇所にもう一本横棒を渡して警備を強化しました。 そのかいあってか、新たな脱走犯はまだ出現しておりません。 山々も徐々に緑が濃くなって来ました。春も本番です。 脱走しなくっても、ちゃんと時間になったら外 [続きを読む]
  • 脱走常習犯「サブ少年」に振り回される日々。
  • 昨日の午後、母ヤギのフクちゃんが「メ〜メ〜」賑やかに鳴いていました。様子を見に玄関を出たら、既にヤギ小屋を出て庭草を食んでいるサブ少年の後ろ姿を発見! しょうがないから、キャベツでおびき寄せてヤギ小屋に連れ戻しました。 少ししたら、またフクちゃんが「メ〜メ〜ッ!」 あらら、、、サブちゃん2度目の脱走。 またキャベツを見せて、小屋に連れ戻します。 暫くしたら、またフク [続きを読む]
  • 「メェ〜〜〜ッ」と言われても…
  • 気がつくと、ヤギ小屋の屋根の上にいた、我らがフクちゃんとサブちゃん。 目が合いました。 すると、そそくさと屋根を降り始めた彼ら。 サブちゃんは、こっちのルートからヤギ小屋を目指します。 そして、「ん?」とでも言いたげなサブちゃん。 母ヤギフクちゃんは、人間と同じ階段を使ってヤギ小屋を目指します。 ヤギ小屋の前には、何か言いたげな様子のサブちゃん [続きを読む]
  • 脱走サブちゃんと、筍前線。
  • 昨日の朝、外でガシャガシャ物音がしたので台所の窓を開けてみると、いたずら大好きのサブ少年が、何やらイソイソとやっておりました。 ん? サブちゃん、ヤギ小屋を脱走しております。 少し身体が大きいので、サブちゃんの脱走した場所からは抜け出せない母親のフクちゃん。心配そうな顔で、息子のサブちゃんを見守っています。 サブちゃんのガブついているのは、竹の小枝を束ねたもの。「 [続きを読む]
  • 元気が出るカーテン、完成!
  • 久しぶりに、しっとりとしたお天気です。 二階の踊り場の窓から見える庭の急斜面に、可憐なスミレが咲いています。庭のそこかしこに、何だか去年より一杯咲いてるような気がします。 旦那さんが言うには、背の高い草をヤギが食べたから、日当りが良くなったせいじゃないかとのこと。 確かにそうなのかもしれません。 そして一輪だけだけど山道でシャガの花を見つけたと、旦那さんが持って来てくれ [続きを読む]
  • 春なのに〜♪ またまた雪です。
  • 今日から新年度というのに、またまた雪です。寒緋桜も、雪を被っています。 もう、そろそろ勘弁してもらえませんか、雪は…。 東京都内だし、雪国じゃないんだし。って言っても、雪国の方が見たらお遊びのような雪なんでしょうね? 露天風呂建設工事も、またお休みです。 取り敢えず、白い庭に繰り出したフクちゃんとサブちゃんでしたが、 やっぱり、すぐに小屋に戻って来ました [続きを読む]
  • まだまだ子供?のサブちゃんでした。
  • 昨年のブログを振り返ってみると、初筍のGETは4月17日でした。というと、もう後2週間ちょっとです。 初筍の頃は嬉しかったけど、中盤を過ぎると「もう、やめてよ!」と言いたくなるほど持て余してしまいました。 今年は、次々生えて来る筍にきちんと対応出来るよう、心しておかなくては!と思います。 その筍出現予定地に、我らがフクちゃんとサブちゃんの姿が。 3月末となり、待望の青草も [続きを読む]
  • 再びの積雪。そして、藤棚の夢危うしっ!
  • 朝起きると、雪でした。 向かいの山々は、真っ白で見えません。 急斜面の庭も、真っ白。 建設中の露天風呂の屋根も、白い帽子を被っています。 何度目かの雪で、もう慣れっこになったかもしれないフクちゃんとサブちゃん。 颯爽と足を踏み出すかと思いきや、ピタリと足が止まりました。 腰が引けている母親のフクちゃんを置いて、息子のサブちゃんが勇気を出して歩き始めま [続きを読む]
  • 今日は2階の大掃除
  • 生憎の雨降りです。 リビングの窓から眺める向こうの山々は、一面の霧に覆われています。 今日は朝から、ミシンのある私の部屋の大掃除です。 布だらけ…。 亡き母の思い出と断捨離の思いが相まって、結局殆ど捨てられずにいます。 さて、どうしましようか…。 取り敢えず話は変わって、猿です。 ここの所、毎日常駐状態です。 楽しそうに、電線を伝って動き回る [続きを読む]
  • 戦ったかと思えば寄り添う、不思議な親子。
  • ヤギ小屋の隣りの物置で、ゴソゴソしている旦那さん。 「餌、まだかな〜、メェ〜〜〜ッ!」 いつものようにドアの格子の間から顔を出す息子のサブちゃんと、顔が大きくて出せない母親のフクちゃん。 「キタ〜〜〜!キャベツだぁ〜〜〜!」 仲良く並んで、キャベツにかぶりつく親子ヤギ。 「はぁ〜〜」至福のひと時…。 こうやって見てみたらサブちゃん成長はしたけれど、やっぱり [続きを読む]
  • スマホ、機種変更しました。
  • たいした操作もしていないのに、一昨日から1日3度の充電が必要になってしまった愛用の「Galaxy Note3」。予備のバッテリーに換えてもダメで、結局新しいスマホに替える事になりました。 スマホを買い替える直前に電源すら入らない状態になり、焦りました。今まで使っていた「Galaxy Note3」の最新の機種は例の発火騒動で販売停止になっており、同じシリーズに決める訳にはいかず、結局「GalaxyS7edge」を選びました。 [続きを読む]
  • さらば GALAXY Note!
  • 週6日は、午後から夜遅くまで八王子に仕事に通っている旦那さん。寸暇を惜しむように午前中は露天風呂工事に励んでいますが、なかなかはかどりません。 休日である日曜日の昨日は、日が落ちて暗くなるまで頑張っていました。 屋根には、微妙なカーブが。「自然とこんなになった。」とのこと。 うん。これはこれで、味があります。 しかし、表は花粉の飛散真っ最中。杉に囲まれた檜原村の山の上の [続きを読む]
  • 布団の臭いの原因は、反芻中のヤギなのか?
  • 春の訪れと共に、露天風呂工事も少しずつ進行しています。 今の所、花粉症患者ではない旦那さん。 まだまだ寒い中、天空の露天風呂完成を目指して頑張っております。 今朝は風が強く、杉の木も枝を揺らしています。枝が揺れるたびに、オレンジ色の花粉が舞うのが見えます。それを見ただけで、目や鼻がムズムズしてくる気がします。 しょーがないですよね。 だって、ここは檜原村の山の [続きを読む]
  • 本当は家に入れてあげたいけど。
  • 昨日は、変なお天気でした。 朝から少しチラつていた雪が、お昼頃には本降りになり、 ヤギさん達の小屋も、この通り。 露天風呂新設工事現場も、休業中? 庭の急斜面も、真冬に逆戻り。このまま降り続けるのかと思っていたら、 夕方には雪も上がり、雲の間から陽が差して来ました。 さて、今日のフクちゃんとサブちゃん。 人間のやってる事に、色々興味があるよ [続きを読む]
  • 杉花粉爆弾、炸裂中!
  • 本格的に、杉花粉の飛散が始まりました。 杉と檜だらけの檜原村ですもの。どこにも逃げる場所はありません。 暫くの間は、洗濯物も布団も外には干せませんね。リビングは吹き抜けになっているので、2階の2部屋の間の渡り廊下の手すりに、布団を干しております。 下ではペレットストーブを焚いているので、ここは暖かくて洗濯物もよく乾きます。 ちょっと見た目は悪いですが、致し方ありません。まぁ、 [続きを読む]
  • 杉花粉もひと休み。雨でしっとりの晨隆庵です。
  • 小雨が降っているに拘らず、猿がウロウロしています。電線を伝ってやって来た猿が、電柱をスルスル降りて、柚子畑の柚子を頬張っています。 朝雨戸を開けたら、昨夜のうちに降った雪が僅かに残っていました。少し雨脚が強くなってすぐに雪は溶け、気がつけば外は霧で真っ白に。 霧は濃くなったり薄くなったりで、久しぶりの湿度の高さを楽しんでいます。有り難いことに、今日は花粉の飛散もひと休みです。 &n [続きを読む]
  • 猿も騒げば、フクちゃんも木に登る?
  • 陽気に誘われてか、朝から猿達が活動中。 時折目の前を横切る猿の姿に、思わず足を止めるフクちゃんとサブちゃん。 「な、、、?」「何なの?あいつ!」 四角い目を点にしている(かもしれない)ヤギ達。 猿は1匹だけではなく、あっちこっちでザワザワ木々を揺らしております。 さて、久しぶりに息子のサブちゃんが柿の木に足をかけました。 結局、今日は上まで登らないうちにや [続きを読む]
  • 東京都西多摩郡檜原村の、猿とヤギと鹿。
  • 朝、旦那さんが「電線の揺れ方が、風と違うね。」と話していたところでした。 しばらくして電線を伝って来た猿が、電信柱のてっぺんでひと休み。下の柚子畑でも、あちこちでチョロチョロしている猿の姿が見えました。 猿の襲来を知ってか知らずか、今日も元気なサブちゃん。 最近よく泊まりがけで来る長男は、すっかりヤギの係になりました。 フクちゃんとサブちゃんにとって、息子は「キャベツの [続きを読む]
  • どゆこと?…彼らの不思議な行動。
  • 朝ヤギ小屋のドアを開けたら、ベランダ下の通路をドドドッとばかりに駆け抜けて行くフクちゃんとサブちゃん! …かと思えば、取って返して駆け戻って来る彼ら。 あらら…そう言えば、昨日から発情してた様子のフクちゃん。息子のサブちゃんに乗っかった…。 息子に角を突きつける母。 そして、その母に乗っかろうとする去勢された息子…。 同じく、母。 嗚呼…!&nbs [続きを読む]
  • 陽気に誘われて、石と戯れる晨隆庵のヤギ達。
  • 猫の肉球のような、寒緋桜(かんひざくら)の芽。 少しずつ、少しずつ、膨らんで参りました。 さて、今日のフクちゃんとサブちゃん。旦那さんが運んで来た石垣用の石が、とても気になる様子です。 ホントに高い所が大好きなヤギ達。 「ほら、おかーさん。何だろーね?これ!」 石を運んで来たパーカー(運搬機)に乗っかって、ご満悦のサブちゃん。 フクちゃんの方は、この大理石 [続きを読む]
  • 晨隆庵 露天風呂計画、進行中!
  • 以前庭から掘り出した木の根っこ。チェーンブロックを使って少しずつ運んで来て、ベランダ脇まで移動させました。 ◎庭からの掘り出し物(1) その後足場が組まれ、すっかり工事現場っぽい状況になりました。 『晨隆庵露天風呂工事現場』とでも呼びましょうか。旦那さんの姿も、まるで職人さんのようです。 中古で戴いた浴槽が、出番を待っております。 いつ頃出来上がるかは全く予想がつき [続きを読む]
  • もう少し、もう少し…春を待つ日々。
  • 2月13日の晨隆庵の庭には、まだ殆ど緑がありません。ただひたすらに、青草の芽生えを待つ日々が続いています。 雑草が生えて来るのをこんなに楽しみにする春は、今年が初めてです。 それでも我家のヤギ達は、枯れ草の急斜面をグルグル回りながら何とか食べられる草を食べ歩いております。 ん? あら、フクちゃん…。 珍しく、排尿中のシャッターチャンスをGetです。糞の方は、食べながらでも [続きを読む]