天空庵 さん プロフィール

  •  
天空庵さん: 気がつけば天空の住人
ハンドル名天空庵 さん
ブログタイトル気がつけば天空の住人
ブログURLhttp://ameblo.jp/20131006/
サイト紹介文東京都西多摩郡檜原村、標高650mの田舎暮らし。
自由文「これでも東京都?」と驚く檜原村の天空暮らし。
ちょったした山の頂上からの絶景が、リビングから一望できます。

山暮らしは初めての私と、田舎暮らしは子供の頃に身についてる旦那さん。

ドタバタ右往左往しながらも、段々この東京の天空の村暮らしに慣れて行きたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/12/22 20:23

天空庵 さんのブログ記事

  • 北陸旅行にいって来ました!〔その1〕
  • 「日本海が見たいね。」 私がふと口にした言葉が、この北陸の旅のキッカケになりました。 別に海が恋しい訳ではありませんが、四国の太平洋側 高知県で育った私達には、漠然とした日本海への憧れがあります。 留守中のフクちゃんとサブちゃんの面倒は、八王子在住の長男が引き受けてくれました。「金沢辺りを目指して、車で行こうか。」「途中であちこち寄って、行きたい所に行ってみようよ。」ということで、3泊4日の旅に出る事 [続きを読む]
  • 北陸旅行にいって来ました!〔その1〕
  • 「日本海が見たいね。」 私がふと口にした言葉が、この北陸の旅のキッカケになりました。 別に海が恋しい訳ではありませんが、四国の太平洋側 高知県で育った私達には、漠然とした日本海への憧れがあります。 留守中のフクちゃんとサブちゃんの面倒は、八王子在住の長男が引き受けてくれました。「金沢辺りを目指して、車で行こうか。」「途中であちこち寄って、行きたい所に行ってみようよ。」ということで、3泊4日の旅に出る事 [続きを読む]
  • 晨隆庵の住人達、そしてジャコメッティ展
  • 朝少し陽が差して来たと思ったら、お昼過ぎにはまた空模様が怪しくなって来ました。 とうに梅雨は明けたというのに、未だスッキリ晴れ上がる気配がありません。 もっとも晨隆庵西側の急勾配の庭を開墾中の旦那さんにとっては、少し凉しめの日々は結構助かっているのかもしれません。 涼しい日々が有り難いのは、同じ晨隆庵の住人 フクちゃんとサブちゃんも同じ事。今日もツルハシで開墾中の旦那さんの邪魔をしながら、草食みに [続きを読む]
  • 晨隆庵の平地造成工事進行中!
  • 数日前より、旦那さんが露天風呂奥の急斜面を削り始めました。ツルハシとスコップでの平地造成工事が始まりました。 途中にある柚子の木は暫くはそのままにするとして、手前にある大きな切り株は、根っこごと掘り起こして撤去する予定だとのこと。 根元を掘り起こしてみたら、かなり立派な姿が現れて来ました。 この切り株ごしに見る景色が、大好きでした。 フクちゃんとサブちゃんも、ここに登るのが好きでした。(昨秋の写真 [続きを読む]
  • フクちゃんの熱中症と、亡きガロ君の命日
  • 昨日は久しぶりのまとまった雨が降り、草も木も、そして檜原村のこの天空の集落の住人達も、やっと一息つけたような気がします。 沢の水で暮らしている私達は、ここの所渇水に悩まされて来ました。昨日の朝も「今日は洗濯しても大丈夫かな?」とか、「お風呂はどうしよう?」「村の無料の温泉(やすらぎの湯)に入りに行った方がいいかな?」とか色々案じておりました。 天気予報では、午後に雷が発生する可能性があるとのこと。 [続きを読む]
  • ブヨの襲来と、晨隆庵露天風呂工事完了。
  • 梅雨真っ盛りです。 駐車場から晨隆庵への山道は、しっとりと緑に覆われています。 今は、紫陽花の季節。残念ながら、我家には紫陽花はありません。 紫陽花はヤギにとっては毒草だとのこと。取り敢えず、道ぶちに咲く紫陽花で目を楽しませてもらっております。 我家のかわい子ちゃんヤギ、サブ少年とフクちゃん母さん。お陰さまで、とても元気に暮らしております。 サブちゃん「ねーねー、餌は?餌はまだなのぉ?」 フクちゃ [続きを読む]
  • 賢くなってしまった、フクちゃんとサブちゃん…。
  • 駐車場から我家までの山道に、ホタルブクロの咲く季節となりました。 八王子のマンションに住んでいた頃は、野山に咲く花々には殆ど縁のなかった私。この檜原村の天空の集落に居を移してからは、道ばたに自然に咲く四季の草花に、いつも楽しませてもらっています。 もっとも…我家の敷地には「害獣?」が出没するために、いまいち花を育てようと言う気持ちにはなれません。 ほら、花にとっては「害獣」のヤギ、サブちゃん。何か [続きを読む]
  • 繋がれる日々と、サブ少年の男気
  • ギックリ腰になってからもう4週間もたつというのに、いまだに身体のあちこちに不具合があります。 左側の膝や太もも外側の痛みや、腰の痛み。左足で踏ん張った時の、とても頼りない感触。まだまだ杖が手放せない日々が続いております。 情けないです。 さて、お馴染みのフクちゃんとサブちゃん。訳あってここの所、ロープで繋がれて庭に出ております。 「来た来た!」「アレ持って来たから、外に出られるもんね!」 さっそく道 [続きを読む]
  • 再び脱走のサブちゃん、満一才のお誕生日を迎えました!
  • 朝早くからヤギの鳴き声が聞こえてるなと思ったら、悠々とベランダ下を歩いているサブちゃんを発見。久しぶりに早朝からの脱走を決行をした模様です。 過去の脱走経路を思い出してみるに、下の丸印の3カ所が脱出現場として考えられます。ヤギ小屋入り口のドアは以前は竹を組んだだけでしたが、何度も押し広げて出てしまっため、今は動かないようにネジ止めしています。 なので今サブちゃんがいる場所から飛び降りたか、前回の連続 [続きを読む]
  • タケノコと猿と、フクちゃんとサブちゃん。
  • 玄関先に、タケノコ。旦那さんが掘ってくれたようです。 少し前なら喜んだんですけど、私は当分の間関わりたくありません…。 だって、この手前の重いツルハシを持って、 この坂道で、不安定な姿勢でタケノコ掘りをしたばっかりに…あのギックリ腰になってしまいました。 もう一つ顔を出しているのを見つけてしまいましたが、今回は見て見ぬ振りです。(旦那さんが後で掘って、仕事場に持って行ってくれました。) タケノコに罪 [続きを読む]
  • これは「来るべき老後」のシミレーションなのか?
  • 気持ちよく晴れました。 まだまだ腰痛や左半身外側の痛みはありますが、取り敢えず日中布団を干せるまでには回復しました。 あの衝撃のギックリ腰を患って、今日で8日目になります。大袈裟な物言いについては、どうかご勘弁くださいませ。 病気関係についてはそれなりの既往歴があるのですが、ケガについては殆ど免疫の無い私なのです。 一番辛い日はトイレに行く事も出来なくて、恥ずかしながら紙おむつのお世話になってしまい [続きを読む]
  • 少しずつ元気出てます。
  • 痛い腰をかばって台所の窓を開けたら、フクちゃんがガン見してました。 いつから見てたんだろ? このネタは以前もやったんですが…結構楽しませてもらってます。とにかく、ただただず〜〜っとガン見するヤギ。 特に何かの上にアゴを乗っけるのって、ヤギは大好きみたい。 まだまだ腰が痛くて同じ姿勢で座っていられないので、安易な動画を載せてみました。 ホント、ただヤギがじ〜〜っと見てるだけの動画ですみません。 ↓ブロ [続きを読む]
  • 病み上がりのご報告です。
  • 病み上がりなもんで、手短にさせて頂きます。 4日前に斜面の筍を掘ろうとツルハシを振り上げた時に、やっちまいました…。人生初のギックリ腰です。 これが、原因となったタケノコです。放っとく訳にもいかないので、だんだん痛くなる腰を曲げながら茹でました。 詳細は、また後日お知らせします。 ほぼ寝たきり状態となった数日間、将来超高齢者となって天空の家で生き抜く為の予行練習をさせてもらいました。 皆様も、ギックリ [続きを読む]
  • 春爛漫。マッタリのフクちゃんサブちゃん、そして突然の断水!
  • だんだん緑濃くなって来た、ゴールデンウィークの檜原村晨隆庵。もっとも毎日が日曜のヤギ達にとっては、全然関係のない所で時間が流れております。 今日もお気に入りのベランダ下の崖の上で、マッタリしているフクちゃんとサブちゃん。 大福餅のように座り込んでおります。 ヤギっていつも目元が笑っているみたいだし、いつも口角が上がっていて、基本笑顔がキープされているような感じ。 そんな彼らを見ていると、私達も心穏や [続きを読む]
  • 育ち盛りのサブ少年と、太り気味のフクちゃん母さん。
  • 高い所大好きな、フクちゃん母さんとサブ少年。 暫くの間はおとなしくしていたサブ少年ですが、先日また脱走が成功してしまいました。 やっぱり。ヤギ小屋の扉、竹で組んだ格子が押し広げられております。 まだ身体の小さなサブちゃんは出られますが、最近ちょっと肥満気味のフクちゃんは出る事が出来ません。というか、フクちゃんは脱走に対する執着と情熱が余りなさそうです。 今日も彼らは露天風呂建設工事現場でウロウロして [続きを読む]
  • 筍前線と共に訪れた恐怖の季節
  • 曇りがちながらも、春は真っ盛り。東京都西多摩郡檜原村の山の上の、晨隆庵の春です。 あれからは、サブちゃんの脱走騒ぎは起きていません。午前中は家の周りをグルグル回って、急斜面の青草を精力的に食べてくれています。 台所仕事をしていたら、外でなんやらゴソゴソする音が。小窓を開けたら、勝手口に積んである木の上に上がってゴソゴソしているサブちゃんの後ろ姿が…。 目が合いました。 そ、そんなに驚かなくてもっ! [続きを読む]
  • サブちゃん、脱走を諦めて黙々と草刈りのお仕事に励む。
  • 先日、僅か30分間での5連続脱走記録を樹立したサブちゃん。 その度にキャベツでおびき寄せて小屋に入れるという失態を演じた私。 このままではいかん!と、旦那さんが脱出箇所にもう一本横棒を渡して警備を強化しました。 そのかいあってか、新たな脱走犯はまだ出現しておりません。 山々も徐々に緑が濃くなって来ました。春も本番です。 脱走しなくっても、ちゃんと時間になったら外 [続きを読む]
  • 脱走常習犯「サブ少年」に振り回される日々。
  • 昨日の午後、母ヤギのフクちゃんが「メ〜メ〜」賑やかに鳴いていました。様子を見に玄関を出たら、既にヤギ小屋を出て庭草を食んでいるサブ少年の後ろ姿を発見! しょうがないから、キャベツでおびき寄せてヤギ小屋に連れ戻しました。 少ししたら、またフクちゃんが「メ〜メ〜ッ!」 あらら、、、サブちゃん2度目の脱走。 またキャベツを見せて、小屋に連れ戻します。 暫くしたら、またフク [続きを読む]
  • 「メェ〜〜〜ッ」と言われても…
  • 気がつくと、ヤギ小屋の屋根の上にいた、我らがフクちゃんとサブちゃん。 目が合いました。 すると、そそくさと屋根を降り始めた彼ら。 サブちゃんは、こっちのルートからヤギ小屋を目指します。 そして、「ん?」とでも言いたげなサブちゃん。 母ヤギフクちゃんは、人間と同じ階段を使ってヤギ小屋を目指します。 ヤギ小屋の前には、何か言いたげな様子のサブちゃん [続きを読む]
  • 脱走サブちゃんと、筍前線。
  • 昨日の朝、外でガシャガシャ物音がしたので台所の窓を開けてみると、いたずら大好きのサブ少年が、何やらイソイソとやっておりました。 ん? サブちゃん、ヤギ小屋を脱走しております。 少し身体が大きいので、サブちゃんの脱走した場所からは抜け出せない母親のフクちゃん。心配そうな顔で、息子のサブちゃんを見守っています。 サブちゃんのガブついているのは、竹の小枝を束ねたもの。「 [続きを読む]
  • 元気が出るカーテン、完成!
  • 久しぶりに、しっとりとしたお天気です。 二階の踊り場の窓から見える庭の急斜面に、可憐なスミレが咲いています。庭のそこかしこに、何だか去年より一杯咲いてるような気がします。 旦那さんが言うには、背の高い草をヤギが食べたから、日当りが良くなったせいじゃないかとのこと。 確かにそうなのかもしれません。 そして一輪だけだけど山道でシャガの花を見つけたと、旦那さんが持って来てくれ [続きを読む]
  • 春なのに〜♪ またまた雪です。
  • 今日から新年度というのに、またまた雪です。寒緋桜も、雪を被っています。 もう、そろそろ勘弁してもらえませんか、雪は…。 東京都内だし、雪国じゃないんだし。って言っても、雪国の方が見たらお遊びのような雪なんでしょうね? 露天風呂建設工事も、またお休みです。 取り敢えず、白い庭に繰り出したフクちゃんとサブちゃんでしたが、 やっぱり、すぐに小屋に戻って来ました [続きを読む]
  • まだまだ子供?のサブちゃんでした。
  • 昨年のブログを振り返ってみると、初筍のGETは4月17日でした。というと、もう後2週間ちょっとです。 初筍の頃は嬉しかったけど、中盤を過ぎると「もう、やめてよ!」と言いたくなるほど持て余してしまいました。 今年は、次々生えて来る筍にきちんと対応出来るよう、心しておかなくては!と思います。 その筍出現予定地に、我らがフクちゃんとサブちゃんの姿が。 3月末となり、待望の青草も [続きを読む]
  • 再びの積雪。そして、藤棚の夢危うしっ!
  • 朝起きると、雪でした。 向かいの山々は、真っ白で見えません。 急斜面の庭も、真っ白。 建設中の露天風呂の屋根も、白い帽子を被っています。 何度目かの雪で、もう慣れっこになったかもしれないフクちゃんとサブちゃん。 颯爽と足を踏み出すかと思いきや、ピタリと足が止まりました。 腰が引けている母親のフクちゃんを置いて、息子のサブちゃんが勇気を出して歩き始めま [続きを読む]