茂偏路の探し物 さん プロフィール

  •  
茂偏路の探し物さん: 茂偏路の探し物
ハンドル名茂偏路の探し物 さん
ブログタイトル茂偏路の探し物
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mohennji
サイト紹介文今生きている 歴史の中で ! 遥か古代のインダス文明の都市モヘンジョダロの人たちはどんなことを考えて居
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2014/12/23 16:00

茂偏路の探し物 さんのブログ記事

  • 五月を迎えた・・・
  • 五月を迎えた・・・・近所の農家では 田植えが始まっている今日は 5月1日・・メーデーの日・・若い時は会社の組合仲間達と代々木公園のメーデーに毎年 参加した事を想いだす今は 特に 決まった事もなく5月を迎えている 私・・テレビは 今年の5月のゴールデンウィークは海外に行く人が増加してると伝えている・・私は暦の連休は いつも出かけずに じっとしているが5月は いつもの スギ花粉が終わりを迎えて爽やかな [続きを読む]
  • 四月も下旬を迎えた・・・
  • 四月も早や 下旬に入る・・・茂偏路の生活は 相変わらずの生活になっているが・・世の中は 色々と 騒がしくて何だか 落ち着かない日々が続いている・・・北朝鮮の戦争危機 アメリカ動き シリア内戦  欧州のテロ 国内では 森友問題 現金強奪 小学生殺人 車暴走事故 原発再稼働何だか 生きているだけでも 日々落ち着かない状態である・・・ 生きにくい 世だ・・・気の休まる時が無い・・・そんな中・・季節は ど [続きを読む]
  • 金子みすずの生誕114年
  • 今日は 金子みすずの生誕114年の日・・を知った・・・大正〜昭和を生きて  26歳で子供を残しての自殺・・・  多くの人に共感を残して 彼女の旅は終わった・・童謡詩人として自然とともに生き、小さな命を慈しむ思い、命なきものへの優しいまなざし・・金子みすゞの詩集の原点と言われる。自然や動物と人との視点は心を揺さぶる・・・「私と小鳥と鈴と」 「大漁」 「こだまでしょうか」など        ・・・・・ [続きを読む]
  • お花見
  • 三月末にサークルの総会が終わり 4月から新年度へ総会の後に公園の近くのスーパーにお弁当を予約おきサークルメンバーと 公園でお花見をした!・・・早咲きの桜の 木の下に集まり楽しく食事を・・昨年も同じ場所で 同じ様にした・今年は昨年より 桜が少し遅い・・・・・・ [続きを読む]
  • この先は・・・・
  • 正しい大義を 議論せずこの先の道を 知らしめず自身の思いを 巧みに隠して 国会通す其の為に 誤魔化す政治家 おもねる官僚だから なんともならない 日本の進路情けない・・・  時は過ぎて行く・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • あれから6年・・・
  • 東北大震災から6年が経った・・・国は 原発を止めようとしない日本の原発事故をみて ドイツは早々と原発ゼロを目指している当事者の日本は 何故 目指せないのだろうそこには 志の無い政治家たちが 浮かびあがる福島の子供たちの甲状腺癌が増加している 今だに復興半ばの状態政治家たちの目は 他の事に 夢中だ・・・国民の心が見えない いや見ていない 百年の計を建てる政治家がいない・・・寂しい 日本に なって 久 [続きを読む]
  • 藤沢周平作品の時代劇・・
  • 私の好きな時代劇番組は・・若い時は 司馬遼太郎の作品の時代劇映画や番組が好きだった歴史を掘り下げて 時代の男の志を 描いた作品であった今好きな作品は 藤沢周平の作品・・・ 人間味溢れる男の志と 女の熱い想い 人情味を 表現する 海坂藩関連の作品の時代劇番組 そして短編作品も良かった・・蝉しぐれ たそがれ清兵衛  山桜 等々人の優しさが いい〜〜・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 梅花咲く・・・
  •  梅薫る季節・・今年も 工房の1本の梅の木 花が咲き始めた・・新年度の初めに 冷たい空気の中で 観る花・・  梅の香りと共に 咲き競う花々・・見ていると 心静まり 心が清んでくる・・・毎年 観せてくれる 1本の樹・・私が植えてから早14年になる・・梅実としても毎年楽しませて くれる素敵な友だ・・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • この旅は・・・・③
  • 「最初の旅」気がついたら トボトボと 歩いていた!生まれてから あちら こちらと  引っ越した父母に指示されても  何もやりたいことも 判らずに仕方無く トボトボと つまらなく 歩いていた小学校に入ると 学校の仲間が出来た 父が 少年雑誌を買ってくれた冒険王 や 少年クラブ だった缶蹴り ベーゴマ   メンコで 勝負した仲間と いざこざもあった気の合う奴もいた夜 寝床の枕元に 学校の 教科書を持って行くと両親は [続きを読む]
  • この旅は・・②
  • この旅は・・・ 何年続くのだろう これから どんな 喜びと 悲しみが 来るのだろう・・・ 唯一の一人旅  誰もが同じ旅は 無い 今 貴重な旅を している 今迄 生きて来て 多くの友と出会い それぞれに お互いに 影響を 与えながら 別れと 出会いを 繰り返し 枝道を 曲がりながら  進んで来た 誰もが歩く 唯一の1本 の航跡の旅 必ず いつか 途切れる旅を 歩いている 今 この地球上で は 七十億の人々の それぞれの旅が 航跡と [続きを読む]
  • この旅は・・・・
  • この旅は・・・・・・・・私 一人の旅何十年も歩いてきた この旅は今も 歩いているいつまで 歩くのだろうそして いつ 涙を 流すのだろう・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 私は童話を作りたい・・・・
  • 最近 私は童話を作りたいと 思った・・子供や 孫たちに・・ 自分の考えた事を 解りやすく 後世に残せる 童話を 作りたいな・・こんな事を ふと 考えた・・・このブログを 始めた頃は 2つの物語を作りたいと 想い始めたが有り触れた構想しか 出来なくて 途中 挫折した・・・昔 私が20代の頃 読んだ本で内村鑑三の 「後世への最大遺物」を読んだそれが こころの糧だった・・今 童話を 作りたいと想っている [続きを読む]
  • 心を残して・・・
  • 自分の想いに合わせてどれだけ 心を残せたか?どれだけ 努力が残せたか?どれだけ 楽しさ心に残ったか?それを 残せたか?誰もが それぞれ違う物を・・・それが・・生きてる 証しに・・明日も続き・・・日が流れる・・・・・・・・そして 受け継がれ・・・・・・・・・・・ [続きを読む]
  • 同じブログになる今・・・
  • 丁度 一年前の私のブログが以下の記載であるそして 今日の感想も同じである。全く同じ・・・自分は何が違うのか?・・・・そう・・・ただ 1年経験が積みあがったのである。それでもいいか・・!良い経験なの だから・・・・・・・・以下・・昨年のブログ・・・「 年末になって・・・2015年12月29日 09時32分13秒 | 日記会社が休みになって・・次男が帰って来た・・昨年と 同じモードである何気ない 繰り返しのパターンであ [続きを読む]
  • 遣る瀬無い事・・・・
  • 最近 どうにも 心に引っ掛かってニュースで報道されている事だが・・・遣る瀬無い事がある・・・一つは・・ナイジェリアのボコ・ハラムによる自爆テロ    人間爆弾である    大半が若い女性や幼い少女に爆弾を付けさせて     彼女達に 知らせずに遠隔操作で自爆をさせらるケース       何という事だろう・・この悲惨さ・・    そしてもう一つ・・福島の原発による 子供の甲状腺癌検査を     行政 [続きを読む]
  • 寧日を・・・
  •   ねいじつ(寧日)を・・・    寧日=穏やかで無事な日。安らかな日。  間もなく 平成28年が 終わろうとしている  今年も 楽しい事 苦戦した事 あったが・・   何とか 新しい年を 迎えられそうだ・・・  楽しむ計画を立てよう・・・  そして 寧日を楽しんで 行こう    年末に・・・・・     ・・・・・・・      ・・・・ [続きを読む]
  • 振り返る・・・・
  • 速い・・・早い・・ 時が過ぎていく・・もう 今年も あと10日程に なってしまった・・・毎年毎年 振り返って 来た1年毎・・・でも 若い時の様な 焦りは無い余裕は ある・・・・そう 大きな 目標など 無い・・ただ 有るのは ピンコロ だけだ・・・その直前迄 元気でいる事だ・・そんな気持ちに 成るまで 生きて来れた事は 嬉しい・・今の状況は 特に 何も 今の現状しか 望まないのだが・・ただ 今の日本 [続きを読む]
  • 山歩きの原点・・想い出
  • 最近よく昔を振り返る・・・それも 山歩きを始めた頃の十代後半から二十代の頃・・私は 奥多摩の山が 近い所に住んでいた・・1本の電車で一時間以内に山の麓に着く日曜日などは 毎週 山に 出かけていた単独行が多かったそして山頂で 麓を眺めて 良く一週間を 振り返っていた学校の悩みや 就職してから仕事の悩み山頂では 1週間の自分を俯瞰していた!しばらく振り返って ようやく 下界へ 下りるのであっただから  [続きを読む]
  • 墓参に・・・
  •   今日は墓参りに・・ 高校3年間の恩師が 96才で 今年亡くなった・・国語の先生で・・芭蕉 古文 俳句 短歌 詩を 教わった西武線 多磨駅に クラスの男8人が集まった・・横浜 埼玉 東京から今年の 先月のクラス会には 先生は 初めての欠席だった・・・小雨の中 多磨霊園の 紅葉真っ盛りの中を 歩く・・・周りには誰も居ない静かな中で・・・お線香をあげて・・・・8人で 楽譜を観ながら 仰げば尊しの歌を [続きを読む]
  • 予想に反して・・・
  • 予想に反して・・・新しい事が始まる・・世の中は 予想もつかない事が始まる1寸先は カオス(混沌)の中にそこに 漂う人々が 喜び 嘆き 生きているその事は 誰も変えられない・・・宇宙の中の神秘の中で 生きているのでは と感じる・・・トランプが大統領になり・・これから変わるかも知れない日本にとって 今 先が読めない それが津波か?余波はどう受け止められるのか?変化は 予想もつかない・・・見えない波の中 [続きを読む]
  • 空を観て・・・
  • 空を観た・・・今日は久しぶりの秋晴れに・・・・椅子に座り 碧い空を観た・・・爽やかな風と共に・・自分は今 生きている・・・この地球で 何億年といやもっと多く繰り替えされて来た日碧い空 そして白い雲の静かな流れ・・又・・ 曇りも 雨も 嵐も人々はそれらを 耐え 喜び 嘆き 生きて来た 歴史の中で・・私達は その長い歴史の中の 一瞬を 今 生きている喜びながら 悲しみながら 愛しながら 憎しみながら長 [続きを読む]
  • クラス会・・・
  • 今月は2回のクラス会があった中学の3年2組  高校のC組のクラス会だった・・・先日の高校C組は 当時担任で 毎回出席だった先生(95才)が今年亡くなったので写真を囲んでのクラス会になった・・・我々は いつまでも 生徒だった・・芭蕉の研究家でもあり 地元では古文書の解読の会の主催者であった・・貴重な人を亡くした・・先生の影響を受けて 文学や山好きな仲間も多かった・・・・・・・・ [続きを読む]