横浜の不動産FPのお役立ち情報 さん プロフィール

  •  
横浜の不動産FPのお役立ち情報さん: 横浜の不動産FPのお役立ち情報
ハンドル名横浜の不動産FPのお役立ち情報 さん
ブログタイトル横浜の不動産FPのお役立ち情報
ブログURLhttp://miraitax.jp/
サイト紹介文FP・不動産屋です。経営・営業・不動産・相続・会計など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2014/12/23 22:01

横浜の不動産FPのお役立ち情報 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 弥生会計での記帳代行に対応しました
  • 以前よりお客様からご要望の多かった会計ソフト「弥生会計」にこの度対応することに致しました。 会計ソフトでもっともユーザー数が多いソフトであり、元々会社様の方で弥生会計を使われているため、それに対応するという目的ももちろんあります。 ただ、今回の対応において一番多かったのは「会社で自計化したい」というお声でした。 多くのお客様が①会社を立ち上げて、自分でやる時間も知識もないからとり [続きを読む]
  • 横浜の収益物件の販売予定が入りました
  • 未公開物件で東横線沿線の収益物件の販売予定が入りました。 人気エリアの賃貸アパートのオーナーチェンジ物件です。 価格を今調整しているところですが、比較的表面利回りも良くなりそうな予定です。 最近は収益物件は非常にニーズが多いので、価格も強気になることが多いので、利回りが5%未満でも動いているような状態ですが、それ以上の利回りにはなりそうです。 何よりエリアが良いので売買・賃貸価格共に [続きを読む]
  • オフィス移転のご相談
  • 最近は不動産の中でもオフィス移転関係の相談が増えてきました。 一番多い理由は「今のところが手狭になった」ですね。 人の採用をした場合や、来客スペースを設けた場合など、新しいスペースが必要になってどうしても今のところでは入り切らないことが増えてきている方は割りとすぐに移転を希望されます。 しかし、最近社長さんと話していて、お話すると意外と「それ、やりたい」という声が挙がるのが「離れた場所 [続きを読む]
  • 融資支援事業を開始します
  • すでにご要望のあったお客様に対しては個別で行っておりましたが、融資支援の事業を本格的に開始致します。 主な対象は私どもに記帳代行のご依頼を頂いております顧問先様がメインですが、スポットのご依頼も対応致します。 私どもで記帳代行を行っているお客様はもっぱら融資も見据えた上での決算というのも視野に入っており、それによって作成された決算書は比較的銀行融資を受けやすく、実際、直近でも私どもにご依頼 [続きを読む]
  • 税務署番号一覧
  • 税務署番号一覧税務署名署番号税務署番号所在地電話番号管轄区域【東京都】麹町0110100031017〒102-8311千代田区九段南1丁目1番15号九段第2合同庁舎03-3221-6011千代田区のうち麹町地区神田0110300031031〒101-8464千代田区神田錦町3丁目3番地03-3294-4811千代田区のうち神田地区日本橋0110500031056〒103-8551中央区日本橋堀留町2丁目6番9号03-3663-8451中央区のうち日本橋地区京橋0110700031071〒104-8557中央区新富2丁目6番1号0 [続きを読む]
  • 隣地購入交渉
  • たかが2m、されど2m 現在の建築基準法は建築基準法の定める道路に2m以上接していなければ再建築することができません。 実際、そういう物件は多くあり、既存の建物の柱や基礎を残しながらリフォームしつつ使用するケースが非常に多い現状です。 しかし、それでは出来る範囲に限度がありますし、何より不動産の出口戦略の一つである「売却」という選択肢を大きく狭めることになります。 では、実際どうすれば良 [続きを読む]
  • 融資を活用して代償分割をスムーズに行う相続対策
  • 相続財産の分割の際に問題となるのが、誰がどの財産を相続するか?ですが、その次に問題になってくることとして、「分けた比率に不平等が生じた場合の精算の仕方」があります。 仮に被相続人に1億円の財産があったとして、全部現金であれば分けるのは簡単です。しかし、同じ1億円でも1つの不動産しか財産が無い場合は、共有財産にする以外分ける方法はありませんが、共有財産にすると何かとトラブルが多いことも事実です。 [続きを読む]
  • これはすごい!家賃8万円で一国一城の主に!
  • 不動産関係の仕事をしているため、どうしても不動産物件のことには興味を持ちます。 その中で面白い物件を見つけたので、ご紹介します。 なんと月8万円でお城に住めます!眺望も素晴らしい!お城に住めるなんてヨーロッパじゃあるまいし!と思っていたのですが、本当にお城みたいな物件です。月8万円で一国一城の主の気分なら決して悪くないかもと思いました。奈良なので実際見に行けないのが悔やまれる物件ですね。 [続きを読む]
  • 渋谷の分譲マンション3LDK販売開始!
  • 新たに渋谷区の分譲マンション3LDK、85?以上が販売開始されます。渋谷駅徒歩10分以内で10階以上のマンションの最上階角部屋なので眺望良好。85?超の3LDKなので広々しています。 投資用としても居住用としても良いと思います。 私が直接受任した未公開物件につき、どこにも情報は出ていませんが、お問い合せ頂ければご紹介致します。 詳細はメール下さい。 [続きを読む]
  • 住宅ローンの借り替えをした場合の住宅ローン控除
  • 住宅ローンは「住宅を購入する資金」として借り入れるもので、その当初の借入に対して住宅ローン控除が認められています。しかし、低金利時代で銀行・信金も金利合戦になっているので、条件の良い銀行に借り換えることも少なくありません。その場合には住宅ローン控除はそのまま引き継げると思われがちですが、実は借り換えた場合の借入金は原則住宅ローン控除の対象になりません。なぜかというと、借り換えた借入金は「当初の住宅 [続きを読む]
  • 部下を持った経験のない先輩社員が陥るミス
  • 「私の時は先輩は何も教えてくれなかった」「だから、私は自分で考えて・調べてやっていた」こんな言葉、聞いたことありませんか?職場の先輩・上司から良く聞く言葉なのではないでしょうか?実際、「習うより慣れろ」「学ぶのではなく、真似ぶ」と言われることもあるので、一概に自分で考えてやることを否定するわけではありません。私自身も自分で考えてやってきた方でもあります。ですが、果たしてこれは正しい指導方法なのか? [続きを読む]
  • 部下を持った経験のない先輩社員が陥るミス
  • 「私の時は先輩は何も教えてくれなかった」「だから、私は自分で考えて・調べてやっていた」こんな言葉、聞いたことありませんか?職場の先輩・上司から良く聞く言葉なのではないでしょうか?実際、「習うより慣れろ」「学ぶのではなく、真似ぶ」と言われることもあるので、一概に自分で考えてやることを否定するわけではありません。私自身も自分で考えてやってきた方でもあります。ですが、果たしてこれは正しい指導方法なのか? [続きを読む]
  • 渋谷のマンション売却の経過
  • 先日の記事でご紹介した渋谷の分譲マンション売却の件、嬉しいことに、販売1ヶ月をまたずして成約の運びとなりました。売主の方が希望されている価格が市況価格より高めだったので、少し時間がかかることはご了承頂いておりましたが、私どもとしても精一杯頑張りました結果、売主の方の希望の条件・金額を満たした上で、早期契約を行うことが出来ました。これには売主の方もかなり喜んで頂きました。そもそも販売価格が市況価格よ [続きを読む]
  • 渋谷のマンション売却の経過
  • 先日の記事でご紹介した渋谷の分譲マンション売却の件、嬉しいことに、販売1ヶ月をまたずして成約の運びとなりました。売主の方が希望されている価格が市況価格より高めだったので、少し時間がかかることはご了承頂いておりましたが、私どもとしても精一杯頑張りました結果、売主の方の希望の条件・金額を満たした上で、早期契約を行うことが出来ました。これには売主の方もかなり喜んで頂きました。そもそも販売価格が市況価格よ [続きを読む]
  • 渋谷の中古分譲マンションの販売を開始しました。
  • 私のお付合いのある社長からマンションの売却依頼を受けました。専任でどこのインターネットにも載せていない物件です。渋谷駅徒歩7分。専有面積80?超の大型3LDKで居住用としても投資用としてもニーズがありそうな物件です。現在、所有者が居住中のため、あまりオープンにできないので、直接お問い合せ頂いた方に個別にご紹介しています。ご興味おありの方はお問い合せ下さい。 [続きを読む]
  • 渋谷の中古分譲マンションの販売を開始しました。
  • 私のお付合いのある社長からマンションの売却依頼を受けました。専任でどこのインターネットにも載せていない物件です。渋谷駅徒歩7分。専有面積80?超の大型3LDKで居住用としても投資用としてもニーズがありそうな物件です。現在、所有者が居住中のため、あまりオープンにできないので、直接お問い合せ頂いた方に個別にご紹介しています。ご興味おありの方はお問い合せ下さい。 [続きを読む]
  • ブルーオーシャン戦略は本当に有効なのか?
  • 競争激化の現代では比較的競争の少ない、いわゆる「ブルーオーシャン」を見つけて、競争相手が少ない状態で勝負をしていく「ブルーオーシャン戦略」が経営者に求められています。しかし、これは常にベストな戦略なのか?と言われると経営者の質によると思っています。もちろん、常に新しいマーケットを開拓・創造して、競争による疲弊することなく拡大していけるブルーオーシャン戦略を取れる経営者は素晴らしいと思います。しかし [続きを読む]
  • ブルーオーシャン戦略は本当に有効なのか?
  • 競争激化の現代では比較的競争の少ない、いわゆる「ブルーオーシャン」を見つけて、競争相手が少ない状態で勝負をしていく「ブルーオーシャン戦略」が経営者に求められています。しかし、これは常にベストな戦略なのか?と言われると経営者の質によると思っています。もちろん、常に新しいマーケットを開拓・創造して、競争による疲弊することなく拡大していけるブルーオーシャン戦略を取れる経営者は素晴らしいと思います。しかし [続きを読む]
  • 過去の記事 …