バタバタママ さん プロフィール

  •  
バタバタママさん: 《私は、私らしく。それで良い。》
ハンドル名バタバタママ さん
ブログタイトル《私は、私らしく。それで良い。》
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/yuumiikemoto/
サイト紹介文生きていても楽しくない。いつ死んでも良い。そう思って生きていました。でも今は違います
自由文私が変われた理由…それは
子供が生まれたこと。
コーチングに出会ったこと。
色んな事が重なって、自分を知る作業を継続中です。幸せに生きるためには、自分をよく知ること、それから諦めることが必要だと分かりました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供166回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2014/12/25 00:55

バタバタママ さんのブログ記事

  • 羽ばたける鳥
  • 大きくて、移動のしずらいダブルベッドとセミダブルベッドを、思いきって処分しました‼こんなのどうやって処分して良いのか・・・部屋から出すのもどうすれば・・・良いものだしもったいない・・・布団もそれなりに揃えちゃってるし・・・こんな思いから、使い続けて16年。でも、上記の思い込み一戸建ては、良いベッドでを塗り替えて、パイプベッドに変えました〜〜〜〜〜ベッドの位置を自由に変えられるんですよ腰が沈みすぎて [続きを読む]
  • 信用できない
  • 信用できないんですよね。どうしても息子の事を。こんな生活してたら、【絶対】、始業式の朝起きられない‼・・・と思ってるんですよ【絶対】に無理だと思ってる。毎日こんな生活してたら、【絶対】学校に行くペースに追い付かないと思ってる。なんだ、この【絶対】ってなんだろう?《悔しさ》があるんだけど・・・・・。なんだ、なんだそんな生活してて、行けたら許さないっみたいなそんなうまくなんか、させてあげないっみたいな [続きを読む]
  • 戦争について学ぶこと
  • 最近理社追加試験のために、社会科の勉強をしているでしょう。そうするとさ、詳しく知れば知るほど、胸が苦しくなって眉間にシワがよってしまうのが、『戦争』のところ。子供の時、その苦しさや悲しさを感じちゃったら、とても苦しすぎて、心がつぶれちゃってた。だからね、心の目を閉じながら見るんだよね。感じないようにして、やり過ごすの。想像力なんか働かせたくない。爆弾がおとされた時にどうだったか?お国のためと集団自 [続きを読む]
  • とあるおばちゃんの願い
  • もし、『ここで何かは買ってあげても良い』ーと思っているのなら、子供の自由に選んだものを、そのまま買ってあげて欲しい。それが親から見て、同じようなものを持っていると思っても、どうせ遊ばなくなると思っても、すぐ飽きると思っても、役に立たないと思っても、勉強に役立たないと思っても。それが、その子の意思だからというのもある。でもさらに言えば、その子の経験になるから。同じものを買ってしまったとか…やっぱり使 [続きを読む]
  • 私の存在価値
  • 子供が生まれてからというもの、母親になろうと一生懸命でした。私の分かる範囲の母親を、一生懸命演じてきました。母親になった瞬間から、旦那とイチャつくということが出来なくなった。子供の世話をやくという役割に徹した。徹したというよりは、そこに私の居場所を作ってしまった。だから、世話が焼けなくなると、私の存在価値が無くなるような寂しさを覚えてしまい、世話をやくことしか愛し方を知らなくて、あぁ、母と同じだな [続きを読む]
  • 東京への帰省
  • 結婚後15年、義母の事、すごく好きだなぁと思っていたけど、そうでもないかもーと今日思った。楽しくて楽なようだけど、すごく疲れるときがある。それは、『言葉』がなんの意味も持たないとき。「うん、それ要らない。」「うん、それで良いよ。これで良いよ。」と伝えているのに、・・・・・・・あれ、この『言葉』はどこへ吸収されてしまうのだろう?義母の希望通りの答えが出るまで、何度も繰り返される、「どれが良いの?」の [続きを読む]
  • 読者感想文講座2日目
  • 2回目はね〜〜〜〜〜〜、ちょっとわたし的にはイマイチだったのですどうイマイチかというと、・日を開けて開催するので、子供がすっかり本の内容を忘れてる⁉・感想と感想をつなげるには、想像以上に文章力という技術が必要だった。・1回目終わってから入力出力して原稿用紙何枚分になったかを把握したので、足りないところを膨らませるのが2回目になってしまい、ちょっと子供達のテンションと合わなかった⁉初めての開催による [続きを読む]
  • 中学社会の勉強法
  • 社会科って、覚えてるようで、覚えてなくて、好きなようで、嫌いな教科でした。勉強法や、覚え方の何か良いヒントになる動画ないかなぁ〜と思って、色々な動画を探していました。コレです『社会科で98点取る勉強法 』動画 白坂さんこの方の動画、見終わると、物語を一話見終わった後みたいにドキドキします。それだけ、意味のつながりで説明してくれているということなんです。『社会1』から、いくつまであるんだろう〜今、『社 [続きを読む]
  • 2次元ある
  • といっても、科学の話ではありません。(科学よく分からないし)心の次元に2種類あると感じています。自分に意識を向けた状態で周りを見ていく『自分次元』と、思考を一生懸命使って自分の心と関係ない自分で周りを見ていく『他人次元』。(わたし独自の用語です)ごめんまた絵で。私はよく郵便局時代、ミスをしていました。自分がどう感じるか『自分次元』なんて関係ないところで、一生懸命でした。ミスしないようにしよう。気に [続きを読む]
  • YouTubeって便利♪
  • わたしはね、今、勉強し直してるんだなぁーと思うんですよ。勉強し直したいんだなぁーって。子供の頃、余裕がなくてしっかり学びきれなかったことを、今、しっかりやり直したい。子供の頃は、脳のキャパ的なこともあると思うし、時間的な余裕も無かったし、(私には流れが早すぎた)精神的にも、周りに気が囚われすぎていた。これもやらなきゃ、あれもやらなきゃ、やりきれなかったらどうなっちゃうの〜⁉そんな恐怖心から、自分の [続きを読む]
  • 読書感想文講座第1日目終了しました‼
  • 準備はしてきましたけど、初めてなので、少しドキドキしていました。子供たちは、読書感想文に対してどういう風に感じているのだろう?学年によってどこまでの事を感じる事ができるのだろう?この2点が初めてなので未知だったのです。でも、結果は◎子供たちも、ちょっと変わったやり方に興味をもってくれたようです実は、私のする読書感想文講座で使うアイテムは、色々なものの良いところをを組み合わせて作ったオリジナルです。 [続きを読む]
  • 新しい脳のつかい方
  • 最近、【あ〜そういうことか‼】・・・と思う。 今まで気にして気にしてどうしようもなかったこと、自分を責めるクセ、原因の追求思考、 これをしなければ良いんだなーという気持ちにストンとなったのだ。してもしなくても居られるけど、しない方が自分が楽という感じ。新しい思考パターンを得とくした感じ そう思っていたら、BINGO!!な本に出会った。『勝つための脳と心の科学』辻秀一著 スポーツ心理学の専門医が教える 「勝 [続きを読む]
  • 私が決める‼
  • 判断を自分に戻そうと思った。世間の常識だから。みんながそうしてるから。○○さんがそう言ってたから。は、一旦止めて、目の前の出来事を見る。目の前の人を見る。目の前の状況を見る。そうして、私はどう思うのか。私はどうすれば良いと考えるのか。私はね、それを長い間してこなかった気がするんだ。だから、常識にビクビクして、合ってるか間違ってるか。重松清さんの著『ひとりっ子同盟』は、その事に気付いて行動する小学生 [続きを読む]
  • 夏休みの宿題ー取り組み方法!!
  • 子供に自主的に取り組んでもらいたい。どこまで親が口を出すべきか。計画まで?宿題の分配まで?やる時間まで?悩みますよねうちでは、初めての1年生の夏休みです。子供と親の頭の中を整理するために、しておいた方がいい確認を挙げておきたいと思います。ただ、どこまで計画を立てるか、子供がどこまで親に口出し(管理)してもらいたいか、は、各々の家庭で話し合って欲しいと思います。●プリントの量を確認します。【全〜部合 [続きを読む]
  • 鉛筆の持ち方②
  • 前回の記事の1年生のお子さま。自分で『鉛筆の持ち方』のプリントを選択しました‼正しい持ち方をして、文字の迷路を通りながら、ひらがなの練習です。お母さんはちょっと意外そうな顔をされていましたが、そうなんです。子供って、大人が思う以上に、正しくありたいと思っているんです。ちゃんとやりたいと思ってる。でも、出来ないまま通り過ぎてしまうと、簡単な事ほど、一人で課題に戻って取り組むのってなかなか難しい。簡単 [続きを読む]
  • 鉛筆の持ち方
  • 生徒さんの中には、鉛筆の持ち方が、独特なままの子もいます。1年生のうち、直しておいた方が良いのかな?少し悩むところです。持ち方を直すことで、勉強のやる気まで無くなってしまうのは、本意ではありません。でも、『その持ち方じゃないとイヤー』と、執着してしまうのは、自信が持てないということなのかなぁとも思うのです。お子さんには、ちょっと大人の言うように持ち方変えてみたって、『私はヨユー!!』『私は全然いつ [続きを読む]
  • 神的空間
  • 息子が、サッカークラブの体験に参加しました。色々な事情が重なって、今までに複数のクラブの練習を経験しましたが、こんなに感動した練習は初めてです各々が、自由なんですよ。個人練習の時間、やりたくなければやらないで砂いじりしてたり。おやつ食べてたりする子もいる。コーチは、前面に座って全体を見てる。そしてコーチも子供も本音を言う。「おい、おやつ食ってんじゃねーよ。」「うルセー、エロジジィ。」「んだと、コノ [続きを読む]
  • 私という人のイメージ図
  • 今日は、絵にしてみましたそうなんです。私あまり字が綺麗じゃないんです見苦しくてすみません今勉強していること・・・というのは、学問ではありません。心のあり方の事。カウンセリングを受けながら、自分の中で気付き、腑に落としていく類いのモノなので、ボチボチゆっくりです [続きを読む]
  • 大学の同窓会でした。
  • 私は、幼児教育学科でした。同期は、職種はそれぞれだけど子供と関わる仕事を全員している事に気が付いた。小学校の先生、特別支援学校の先生、子育て支援の先生、森の幼稚園の園長、そして私は、学研の先生。それぞれが違う職種だけど、子供を育てるという事について考えている。子供が社会に出ていく事について考えている。教育に仕組みについて考えている。世の中の仕組みについて考えている。今日、教授が挨拶で言ってたけど、 [続きを読む]
  • 〈正しさ〉と〈意志〉の戦い
  • 私は、絶対に正しい事を言ってるのに、言うことを聞かない息子に、むしょ〜〜〜うに腹が立つんですよ夕べの話です「夜は歯を磨いた方がいい。」「虫歯になったら、自分じゃ直せないんだよ。」「痛いんだよ。」と言っても、嫌だと言うんです。まぁ、毎日磨かない訳じゃない。今日は面倒と言うことらしい。でも、たまにある。〈正しさ〉と〈意志〉の戦い。私さ、「言うことを聞け。そうすれば気持ちよく世話してあげる。」・・・と思 [続きを読む]
  • 父と母の会話
  • 悔しくて頭に来て、母の頭を思いっきり一発叩いた父。それに対して、「イヤだ〜、痛い〜(笑)」と母は笑って対応。いやっ、相手めっちゃ怒ってるんだよ母の笑いながらチクチク突き刺す嫌味にムカついて、普段手をあげない父が叩いたのに、・・・・その対応?その(笑)のあと、何事もなかったように、再び私との会話へ戻る母。・・・いやっ、何か感じたでしょ⁉ 叩かれてるんだから・・・お互いの感情がチグハグな家庭。そこまで [続きを読む]
  • 同じ比重のモノを提供する
  • こうして欲しいな〜。と思うと、そうして欲しい情報提供だけには熱を帯びたり、そうして欲しい内容にだけ好反応してみたり、望む方に傾きそうだと、いつもの「余計な事してないで支度終わらせちゃいな‼」という一言を言わないでみたり。でもこれ全部、相手をコントロールしようとしてますよね。今は、子供との事で書いてみたけど、郵便局時代の営業活動を思い出してしまった・・・それが良い事なのか、望ましくない事かは、自分の [続きを読む]
  • 規律を守るより・・・
  • アイス食べたら、落ち着いた〜〜〜‼体育館でバトミントンやったら、汗ビッショリすぎて、恥ずかしいわさて、最近思うこと。規律を守るより、楽しさを。建前よりは、本音を。これが出来るようになると、人は笑えるようになりますね。最近、よく笑っています。 [続きを読む]
  • 言葉を尽くすより通じることもある
  • 舌の根が乾かぬうちの本日、2本目。『スゴいことに気付いたよ。』と、言葉を尽くして誰かに説明したい時、どう説明すれば、伝わるかなと、理論や探求を強める時、『で、・・そういう時は・・・・』という言葉が、ふっと心に浮かんできました。「あっ・・・・そうだね。そうだった。悲しいだね。そっか、その一言伝えれば、多分通じるんだ。」母に私の気持ちを伝えたいとき、お世話になってる学研のマネージャーが辞めると聞いたと [続きを読む]
  • 忘れるということについて
  • 忘れてしまうことに、すごく恐怖がある。大事なこと忘れちゃったらどうしようって。皆さんは、そんな風にはあまり思わないのでしょうか?大事なことは、苦もなく覚えられて、ちゃんと必要なときに出てくる?その、【必要なとき】というのがポイントだね。周りが求めているタイミングで思い出せる人はで、自分のタイミングでしか思い出せない人はって、学校でも、サラリーマンでも、なってるよね。ドリー(「ファインディングドリー [続きを読む]