夢屋 さん プロフィール

  •  
夢屋さん: その日暮らし
ハンドル名夢屋 さん
ブログタイトルその日暮らし
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/yumeya2008
サイト紹介文田舎に暮らすこの虫は、「カネ、カネ、カネ」と鳴くという。 雲と自由が棲むという、この里が大好き
自由文「第3次越冬隊員」を『第2サティアン』に派遣中…雪国のおバカな遊びにお付き合いください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供362回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2014/12/25 02:06

夢屋 さんのブログ記事

  • どろぼう
  • これは「南陽」という品種…これから盗難40kg…この時期、毎年のようにサクランボ盗難のニュースが流れます。野生動物からの食害を防ぐために電撃柵を巡らせて、防犯カメラを設置して、その死角になる範囲で人の背丈の位置のサクランボが40kg…どう考えても『野生の人間』の仕業としか考えられませんね^^;これだけ騒がれて、捕まったというニュースが流れないのが不思議ですねぇ?たまに捕まったと報道されるのは、道端からチョイ [続きを読む]
  • 泣き笑い…
  • 「赤鬼さ〜ん!起きてぇ〜♪」山形県高畠町出身の童話作家「故)浜田広介」の作品「泣いた赤おに」をオペラで。町内の小学生たちの芸術鑑賞会をちょっとだけ拝見する機会に恵まれました^^;演劇ではなくオペラ仕立てですし、低学年から高学年まで一緒、そして、文化ホールという普段とは違う環境ですから、会場内は少々ザワザワとしていましたけれど…どうなることやら?笑いを取る場面、フムフム…しかし、また会場はザワザワと… [続きを読む]
  • コルク狩り
  • これは「オオカマキリ」の卵塊『オジSUN』の語彙力では、「コルク」と言えばコルク栓しか思い浮かばない^^;小学生の頃の理科の実験では、まだ、コルク栓が使われておりましたが(途中、ゴム栓に替わりましたけれど)今では、コルク栓と言えば、ワインやシャンパンの栓と言ったところですかね。昔は、ジュースやビールの栓の裏側(内側)にもコルクが密閉材として使われていて、糊付けされたコルクを上手に剥がし、シャツの表側に金 [続きを読む]
  • 交通違反
  • ホウレンソウにも花は咲く^^;時効ではあっても、余り公言出来る内容でもない交通違反…本日、運転免許証の更新手続きなのであります。(私、無事故無違反のゴールドですけれど^^;)30分程度の安全講習は受けなければいけませんが、前回2分ほど講習時間の受付に遅れてしまいまして、「大切な講習をしていますから次回の講習になります。」と言われましてね…「仕事で遅れまして、何とかなりませんか?」と『オジSUN』はネバる。「講 [続きを読む]
  • 返済…
  • まだ「梅雨入り」しておりませんが田んぼの水が切れている…少々、サボりが目立ってきたようでして^^;植え付けから低温なのかなぁ?例年よりイネの生育が遅れているような気もしますが、天候(気温)の回復とともに立ち直ってくれるのではないかと見過ごしております。ネットを徘徊しながら、学生時代の奨学金返済に苦しむ若者の記事を目にしまして、我が時代は、貧乏もしたが良き時代であったと振り返っております。「貸与型」で [続きを読む]
  • 燃え殻
  • 「コガネムシ」は小金持ち^^;『汽車通』…若い人は使わないでしょうけれど、「電車」も「蒸気機関車」も「ディーゼル車」も方言では『汽車』であります^^;もう蒸気機関車が走る訳ではありませんが、「汽車、汽車シュッポシュッポ〜♪」の歌詞が今でも身体に染み付いているのかも知れません。映像で石炭を放り込む場面を観ることはありますが、さて終着駅では「石炭の燃えかす」をどう処分していたのだろうなどと下らない思いが芽生 [続きを読む]
  • パンダ
  • 食べ過ぎると「便秘」になると…おやつなど準備されていないから、子どもの頃は庭先の茱萸(グミ)の実も貴重なおやつでしたけれど^^;「グミ(お菓子)が木に成っていた。」などと言ったら、お子ちゃまは目を丸くして羨むに違いないのでありまして、『オジSUN』たちが食べた茱萸はちと違うものであると説明する必要がありますが…話題は変わり、上野動物園のパンダの赤ちゃんは、体重が147g…小さいねぇ^^;日本に贈られた最初のパ [続きを読む]
  • ひよこの日
  • これは「テントウムシ」の蛹です^^;毎月14日と15日は「ひよこの日」…知らんなぁ?(お菓子屋さんが語呂合わせで制定した日だから^^;)たまたま、友人の子どもが大怪我をする夢を見て、子鳥が巣から落ちてしまう夢を見て(それぞれ助かりましたけれど)ふとネットで目にしたのが「ひよこの日」…「巣から落ちた子鳥を戻してはいけない。人間の臭いが付くと他の雛も親鳥は警戒して育児放棄をしてしまうから…。」子どもの頃、そんな [続きを読む]
  • 死亡率
  • 「死亡率」は男女とも青森県が一位?一等賞を取っても、余り嬉しくない場合もあります。厚生労働省が発表した「死亡率」青森県が男女とも一位なんですと。人口10万人当たりの死者数とのことですが、高齢化も影響するのではと思いましたけれど、年齢構成を調整しているらしい。男性の場合は、次いで秋田県、岩手県と東北勢が名を連ねております。全国では男性の486人に対して、女性が255人…やっぱり女性は死なない(強い)かぁ?ど [続きを読む]
  • 「ヒヤリ」と「ヒアリ」
  • 働き者の『アリさん』を写すのは難しい^^;これは本当に『アリさん』かい?「アリ」とひと口に言いましても、日本には280種ほどいるらしい。働き者の代名詞のような『アリさん』でありますが、のろまな『夢屋社長』が画像に収めようとすると、実にチョコマカと動き回りますので写すのにひと苦労いたします^^;「猛毒ヒアリ国内で初確認」…こんな見出しに、また違法ドラッグでも密輸されたのかと しますと「ヒアリ(火蟻)」 [続きを読む]
  • 感謝と別れ
  • 『シゲオちゃん』とも別れの時が…トラクター『シゲオちゃん』が我が『夢屋農園』にやって来て丸7年を迎えます。もう働き続けて50年選手のトラクターでありますが、農園の開墾を共に歩んで来ました。大型のバッテリーを交換しただけで、メンテナンスは一切なし。それでも今年の春は、エンジン一発始動でキュウリ畑を力強く耕耘してくれましたけれど。同じ集落の『クワちゃん』が中古の大型トラクターを導入することになり、毎年借 [続きを読む]
  • 片腹痛い
  • ネギ坊主…坊主憎けりゃ袈裟まで…そこまで言ったら、ネギにも坊さんにも失礼だわなぁ^^;前に進めれば、それで良し。去年の反省を基に、今年は防風ネットを施してみましたが、強風が吹くとネットそのものが飛ばされそうな…また、反省材料を作りながら「キュウリ栽培」の開始であります。体調がすぐれず早々に植え付けにキリをつけて、缶ビールで慰労(体調が悪くても、缶ビールは付き物です^^;)ネット上では、芸能人の「淫行」に [続きを読む]
  • 強風注意報
  • 雨は予想してましたけれど…さて、キュウリの支柱にネットを張って…少々の雨は我慢しましょう。(気合は十分でしたが、強風で気持ちが萎えてしまいました。そして雨…)土曜日予定していた「キュウリ」の定植は、日曜日に…こうして先送りの人生は繰り返されるのであります^^;昨年は、強風で風折れの株が多く出てしまい、今年はその反省に立って、強風には気を使っているつもり…これも言い訳だわなぁ。文句を言っている暇があっ [続きを読む]
  • 戦果と釣果
  • 浜辺でキス釣り…こんな光景もありまして前の職場で仕事の追い込みを掛け、昨日は打ち上げであります。この4月に異動しましたが、昨年度の結果報告に、前職場長として声掛けしていただきました。戦果は上々、仕事が出来ない上司が去れば、成績は見事に上がるという証明ですなぁ^^;ここ3年ほど、戦績報告会の後は、日本海でキス釣りが定番の慰労会でありましたが、今年は『夢屋農園』の換金作物「キュウリ」の定植が遅れておりまし [続きを読む]
  • 住宅事情…
  • 田んぼへの道…ツバメが飛び交ってます^^;「ツバメの巣がスズメに乗っ取られる?」…ネットで三重県の記事を見ましたが、さほど驚くべき記事でもない。むしろ、営巣に訪れるツバメの数が以前に比べめっきり減ってしまったような気もする。田んぼの虫が減ったのか、スズメに前年の巣を乗っ取られて逃げ去ったのか、ツバメの巣が使われないからスズメが拝借してしまったのか?どこが始まりなのかは不明ではありますが、茅葺き屋根の [続きを読む]
  • 居眠り
  • 6月8日の誕生花は「ジャスミン」なんですと…画像の花は、ジャスミンとは関係ありませんけれどね^^;杏里の「オリビアを聴きながら」の歌詞にも出て来る「ジャスミンティ」には、リラックス効果があるらしい。しかし、『オジSUN』は、ジャスミンティが無くても、午後からの研修会で瞼が重くなってしまうのであります。けれども、運悪く研修会の席が前列だったりすると、まさか居眠りを決め込む訳にもいきませんし、涙でショボつく目 [続きを読む]
  • 「朝刊」…さだまさし
  • 「ブタナ」の花も咲きまして…田舎暮らしのプロ野球放送は、我が栄光の巨人軍を中心に放送される…最近は、ナイター放送も無くなってしまいましたが^^;好き嫌いに関係なく、テレビに映る巨人の選手しか覚えられない。(当時、田舎の民放は1局しかありませんでした。)いつの間にか巨人軍が勝つことが当たり前で、他のチームが勝つなどということは考えられないのであります。なんたって、ご幼少の頃は川上監督率いる9連覇達成の [続きを読む]
  • 幸せの選択
  • いちごの花を楽しむ^^;気付いたら誕生日を迎えておりました。出稼ぎ先では、誰も知らないから自ら申告し、「お祝いは、言葉ではなく、物かお金で…。」と要求しつつ、お茶の時間にシュークリームで祝ってちょうだいと、モノを配る体たらくであります^^;帰りしな、お誕生日のプレゼントの話になりまして、ご夫婦間であげるあげない、貰うもらわないという話題に…終いには「若い頃は何も考えずに結婚してしまった。」などという爆弾 [続きを読む]
  • 都会の高齢化
  • 毎年、カモミールが咲いています^^;我が在所も高齢化率が30%超え…概ね三人に一人が65歳以上の方ということになりますが。35年前に就職した頃は、そう遠くない将来に25%を超えてしまうと思ったものでありますが、ひとつの壁を超えてしまうとアッと言う間でありますね。(65歳を超えても、元気な方は多く、現役社員の方が負けてしまいそうですけれど^^;)全体としては、20%台の高齢化率でも、都会の団地(ニュータウン)の高齢化 [続きを読む]
  • 集落の怪談
  • 手前から三番目のドアを開けると…ズブズブズブ〜。そこに足を踏み入れると、次の足が出せないほど沈んでしまう。気付けば、右足は土の中から伸びた、誰かも知れない手につかまれているのであります。「き〜や〜!!!」…朝から皆んなで右往左往して、花壇に花植え作業であります^^;もう、3日も雨が降り続いているから、マルチを施した花壇の通路はズブズブ。分かっちゃいるんですけれど、役員の方々は、あと一週間が待てません。冬 [続きを読む]
  • 昭和言葉
  • 裏?表?…元々、裏表ってある?ネタに詰まった土曜日…一週間疲れて過ごしましたけれど、話題として他所様にお伝えすべき内容もない。(だから、ネタに詰まるのでありますけれど^^;)「王様の耳はロバの耳!」と、あったこと無かったこと何でもブチまけることが出来るなら何と楽なことか^^;(大人は、これだから疲れるのかも知れませんなぁ。)ネタに詰まって、ランキングを見ていたら「昭和言葉」のランキングがありまして、堂々 [続きを読む]
  • ひとり暮らし
  • 「ノビル」…タイトルとは関係ないですが^^;進学や就職で初めてのひとり暮らし。小言がうるさい親元を離れられるから楽しい限りでありますかねぇ?自分自身は、学生寮や長屋暮らしだったから、純粋な「ひとり暮らし」をした経験はありませんが、それでも病気の時は、食事など困ったものであります。出稼ぎ先に今年配属された新人君も親元を離れてひとり暮らし…疲れが溜まってしまったのでしょうか、熱(風邪?)が出てしまったよ [続きを読む]
  • お付き合い
  • 「シャク」…ヤマニンジンの花です。初夏の山には『シャクのタネ』が…残念「癪の種」であって、「杓(シャク)の種」ではありませんから^^;久し振りに『オッカー』にお付き合いし、話し込みました。しかし、疲れ果てて朝起きれないというトンマな夢でしたが…起き上がれないまま、ウダウダしていると階下から声がする。先代の和尚さんがお経をあげに来たようであります。「お布施」を準備しなければと思いつつ、さらに階下から友 [続きを読む]
  • 宿題やった?
  • 頭と身体がバ〜ラばら^^;変な夢…「夏休みの宿題」が終わっていません。(まだ、5月末なのに。)自分の宿題は、必ず終わってましたけれどね。つまり、娘の宿題でありまして、それも読書感想文と絵…手伝って終わらせることの出来ないものばかり。(手伝ったら、大人がやったとバレちゃいますから^^;)絵は適当に色を塗って誤魔化し、感想文は、あらすじをなぞって…結局、手伝っていますけれど^^;もう宿題を課されるお年ではないは [続きを読む]
  • ほのぼのと
  • バラの花ねぇ…。取り敢えず「田植え」を終え、取り敢えず「一発除草剤」を散布し、取り敢えず「追肥」を行いました。そして、取り敢えず今朝は「水見」だけ…腰が痛くて階段を登るのも辛いのであります^^;次の週末にも、欠株に「補植」しないといけないなぁ。今年は、春先の作業からペースダウン。初めから飛ばし過ぎると最後まで体力が持たないような気がするお年頃であります。水の流れを見ながら一服し、苗の状態を見ながら一 [続きを読む]