スケッチブック さん プロフィール

  •  
スケッチブックさん: スケッチブック
ハンドル名スケッチブック さん
ブログタイトルスケッチブック
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/3578181jik
サイト紹介文写真と文章で、日常を記録に残す
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供162回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2014/12/25 19:56

スケッチブック さんのブログ記事

  • 偉いコッチャ 濁流渦巻く多摩川
  • カワウ今朝(20日)の気温が25度。湿気が高くて蒸し暑かったけれど、そろそろノビタキが山から降りてくる時期だなと考えて多摩川の河川敷に出かけた。なんと、昨夜振った豪雨の影響で川幅いっぱいとまではいかないが、濁流渦巻いていた。これは、駄目だと考えて、引き上げようとしたところ、カワウが上流へ上って行く。何か勝算があるのだろう。ただ見送るのはもったいないので、カメラで追ってみた。上流からは、激流に乗って [続きを読む]
  • 大賀ハス
  • 今から2000年以上前の古代のハスの実から発芽・開花したハス(古代ハス)のこと。植物学者でハスの権威者でもある大賀一郎(当時・関東学院大学非常勤講師)が発掘品の中にハスの果托があることを知り、1951年(昭和26年)3月3日から地元の小・中学生や一般市民などのボランティアの協力を得てこの遺跡の発掘調査を行った。調査は困難をきわめめぼしい成果はなかなか挙げられなかったが、翌日で打ち切りという30日の夕刻になって花 [続きを読む]
  • ササゴイ
  • 夜行性のサギ類で、夕方から活動を開始する。L57センチとやや小柄で、今日とても発見しにくい保護色となっている。きょうもいつものK氏に撮影してもらいました。ご覧の通り、遠方でしかも周囲の色と溶け合っているので発見しにくい。バナキュラーで発見したK氏は私のカメラを提げてヤブの中に入り撮ってきた写真です。カメラは私のですが、写真はK氏のものです。カナダからの訪問者が去ってから、一息ついたので、電話でお願いし [続きを読む]
  • ご無沙汰しました
  • セッカでしょうかチュウサギカナダからの青年二人は15日早朝に帰国の途につきます。残りは2日となりました。長々とこのブログを放置したままで申し訳ありませんでした。彼らの留守の間に、近所の川へ出かけて上二枚の写真を手に入れてきました。久々のアウテイングでしたから、汗びっしょりになりました。まだまだ残暑が厳しいです。でも、暑さの峠は超えたように感じます。みなさま、体調管理には油断なきよう心がけてください [続きを読む]
  • デジブック 『京都奈良への小旅行』
  • デジブック 『京都奈良への小旅行』私の妹の孫です。20歳の方は大学生で、22歳の方は卒業したばかりです。先月の16日に来て、日本の素晴らしい景色や民俗に興味を持って駆けずり回っております。大陸的と申しましょうか、性格はふたりともおっとりしていて、素直です。私は、彼らの大叔父にあたりますから、何かと気を使い、妻や娘も協力して今月の16日までのホームステイを成功させたいと思っています。このデジブックは [続きを読む]
  • 大変ご無沙汰しております
  • 大変ご無沙汰しております。ご存知のようにカナダから二人の青年がホームステイをしていますから、なにかと忙しくて、またこの暑さですから鳥撮りに出られずネタが枯れているのが実情です。右側が20歳の大学生で左側が22歳の卒業ほやほやです。初めての訪日ですから、見るもの何もかも珍しくて、毎日都心に出かけて見物しております。母国語はフランス語ですが、小さい時にアメリカにいたことがあるので英語が話せます。ですか [続きを読む]
  • 長期休暇とります
  • ハスの花明日(7.15)から、妹の孫(大学生)が、そして2,3日遅れてその兄が私の家にやってきます。カナダ人です。自宅では、英語が分かるのが私しか居ませんので、私の出番が多くなるものと予想されます。従って、鳥撮りはおろか花の撮影にも行かれない日が約一ヶ月続きます。そんな訳で、思い出したようにヒラリと何かの情報を掲載するかもしれませんが正規のブログはお休み致します。悪しからずご了承の上宜しくお願い致 [続きを読む]
  • デジブック 『埼玉県行田市古代蓮』
  • デジブック 『埼玉県行田市古代蓮』行田は古代蓮で有名な所です。それをめがけて車をすっ飛ばしたのだけれど、なにせ、蓮は朝早くに咲いて、太陽がガンガン照りつける昼間は閉じるそうです。これは恐らく常識でしょうが、そのことを知らない私は、午後の1時半頃に着いたのです。まるで、駄目ですよね。なるほど、どの花も閉じていて咲いているのは開花後4日たった古いものばかりでした。お恥ずかしながら、そんな写真をデジブッ [続きを読む]
  • 埼玉県行田市古代蓮の里
  • 古代蓮ではありません田圃のアート「蓮は、午前6時頃に咲いて、お昼からはしぼむ」という一般常識を知らなかった私は妻がシニアゴルフを終えた11時から高速をすっ飛ばして埼玉県行田市の古代蓮の里へ行った。昨日、電話で尋ねたところでは、今が最盛期で綺麗なのが見られるとの情報を得て、喜び勇んで行ったのだった。午後1時頃に到着してみるとさっぱり花がない。みな、しぼんでしまって蕾状態なのだ。案内所に入って尋ねてみ [続きを読む]
  • マイロ昇天
  • ジャックラッセルテリア ♂ 17歳 1800年代にイギリスで狐狩り用に造られた猟犬長女が生後数ヶ月の幼犬をどこかで貰ってきて大切に育てていた本日(7.7)7時25分に息を引き取った。17歳の老犬で老衰だと思われる。晩年(ここ1年)目が見えず耳も聞こえず不自由な生活をしていた。長女は勤めているので、妻が一切の面倒を見ていた。もともと生き物の好きな人ではなかったが、見るに見かねて世話をしていたようだっ [続きを読む]
  • アオバズク
  • フクロウの仲間で、日本には夏鳥として5月から9月頃まで滞在し繁殖する。もちろん夜行性で日没頃から活動を初め夜明けとともにこのように枝止まりをする。上の写真でははっきりとは見えないが、アイリングが金色でとても綺麗だ。雌鳥が卵を温め、雄鳥は近くの枝で見張りをする。写真をご覧いだたければお分かりでしょうが、枝や葉っぱでよく見えない。条件が良ければ金色のアイリングを綺麗にお見せすることができるのだが。。下 [続きを読む]
  • 久々の鳥撮り
  • セッカ 留鳥尾羽の美しいこと!ひっきりなしに続いた雑用もここへきて一段落したので、鳥撮りに出かけました。もともとホームグラウンドとしていた河川敷の葦が刈り取られてしまったから、野鳥が来なくなってしまった。今日もK氏の案内で自然いっぱいの場所へ行った。これなら、野鳥は安心して暮らすだろうと思われるほど自然が一杯だった。セッカは飛び上がっては一周りして、またもとのすすきの場所に戻ってくる。飛んではもど [続きを読む]
  • 鳥撮りに出たけれど
  • セグロセキレイ今日(6/29)こそは何か鳥を撮って来ようと考えて、エンジンを回して走った。多摩川に、カワセミ用のお立ち台が新しく作られたとの情報を得たものだから、それっ!とばかりに機材を背負って歩いていった。ものの30分程で、暑さで体はぐったり。気力を失ってしまった。鳥さんが来てくれればもう少しは頑張っただろうけれど、まるで反応なし。折角延びていた葦(よし)が全部刈り取られて、セッカもオオヨシキリ [続きを読む]
  • 総合検査27ヶ月目(第9回)
  • (アーカイブスから抜粋)今日(6月26日)総合検査がありました。朝8時15分から10時30分までかかりました。今回も、PSA値は0.00で、癌細胞をコントロール出来ている状態だそうです。海老蔵の妻真央さんが34歳の若さで、癌と闘ったけれどその甲斐なく昇天されましたね。心を揺さぶられるほど悲しい出来事でした。最後の一言が海老蔵に向かって「愛している」だったと報じられている。ああ、何と酷いことなのだろう [続きを読む]
  • ツミ飛び回る
  • ツミの若鳥、一番子か二番子のどちらかです。二羽が巣から出ているらしい。約3週間前に、4羽が孵化して、そのうち2羽が巣から飛び出して枝から枝へと飛び回っている。それらは、ほぼ親鳥と同じ大きさまでになっていて、推測ですが、親鳥がエサを運んでくるとその元へと飛び、給餌されるものと思われます。(視認したわけではありませんが)都合で、現地に2時間ほどしかいなかったが、雛鳥の鳴き声は聞かなかった。 [続きを読む]
  • ツミの生育のスピード
  • 生育がやや遅れている個体 全体的に幼い左側の個体に注目 面構えが既にタカの形相そのもの体色が変化してきている母親 孵化から今日(20日)で16日ほど経過しているものと思われます。体長はほぼ成鳥と同じくらいにまでなっています。問題は羽ばたく力とエサをとる能力です。猛禽についてはその生態に詳しくないので知りませんがあと1週間ほどは給餌を受けて、その後は自分でエサを捕獲しなければならないのでしょう。それ [続きを読む]
  • ツミのヒナ
  • もう少しでエンジェルポーズだが最初から観察を続けているK氏によれば、この雛は孵ってから2週間程度だそうです。徐々に体色が変わってきて、黒い部分が出てきました。最初は真っ白ですが。。この日はすっかり寝坊をしたので、10時頃から12時まで観察しました。その間、一度も給餌がありませんでした。もう大きくなったから回数が減ったのでしょう。巣立ちの姿を撮りたいと思います。 [続きを読む]
  • ツミ
  • ツミ ワシタカ科 L27cm ♂ L30cm ♀ 留鳥 寒地のものは南へ移動する 主に小鳥を捕食するこのまま放置すれば、このブログは壊れると危惧して忙しい中を鳥撮りに出かけた。画像をご覧いただければお解りの通り、ごくごく限られた場所からでしか撮影出来ない。非常に難しい撮影となった。W氏とK氏の協力で、ものにすることが出来た。実は、妹の孫が、と言っても二十歳と二十二歳の学生だが、この夏休みを利用して私の家にやって [続きを読む]
  • デジブック 『花菖蒲』
  • デジブック 『花菖蒲』ながらくご無沙汰しております。無事であることを証明するためにUPしました。いつものように駄作ですが、ご覧いただければ幸いです。私の雑用はまだまだ続きます。鳥撮りは涼しい風が吹く頃となりましょうか。大変申し訳ありません。 [続きを読む]
  • 多忙のため当分お休みします
  • ひ孫六ヶ月女児為すべきことが次々とやってくる。逃げるわけには参りません。ですから目途がつくまで、スケッチブックはお休み致します。できるだけ早く復帰したいとは考えております。悪しからずご了承下さい。なおデジブックは継続したいと思います。前立腺がんが悪化したわけではありませんのでご安心下さい。polo181 [続きを読む]
  • なかなか撮らせてくれないキビタキ
  • キビタキ オスキビタキを撮る私の流儀は、彼の仲間が囀るボイスをカセットテープに入れておいてそれを、巨木の下に置いてスウィッチを入れる、すると何を思ったのか近くのキビタキが現れる、この場所で、このやり方は2回目だから、彼の記憶に残っていて「またか!」と思いつつも、のぞきにやってくるのだ。そこを望遠でとらえる、というもの。しかし、二回目ともなると彼は用心深くなっていて、カメラ・レンズの届かない枝葉の影 [続きを読む]
  • オオヨシキリの知能
  • 29日に撮影彼らはところ構わず休むこと無く鳴き続けるので、鳥の中でもかなり知能程度が低いと思ってきた。ところがとんでもないことであることを発見した。それぞれのオスはそれぞれにお気に入りの場所があって、そうと決まればなかなか場所を変えない。このポールの上で鳴く個体は、人が近づけば一旦逃げるが、安全と見るやすぐに戻ってくる。今日(30日)、枝止まりのセッカを撮りたくて出かけたが猛烈な暑さゆえ、ハリエン [続きを読む]
  • 元気は、元気です。
  • オオヨシキリ5月8日、足利フラワーパークに行ってから体調不良が続いていた。とても暑い日で、全身汗びっしょりになった。日陰が少なく東屋も見当たらなかった。熱中症に近い状態になりながら、だるい体に鞭打ってあの藤の花を撮影し続けた。それから二週間ほどで、もういいかなと思って、神代植物公園へ出かけていった。これまた、30度を超える暑い日で、炎天下で撮り続けた。よくぞ倒れなかったと思う。何か口に入れねばと考 [続きを読む]
  • サンコウチョウ
  • サンコウチョウ メス ほぼ真上 巣は八分通り出来上がっていた同じく   左上のボール状のものが作成中の巣ですサンコウチョウ オス 尾羽の長さには驚かされる同じく  尾羽がどこにあるかわかりますか? ダラリと下がっています二年ぶりのサンコウチョウです。自宅からかなり遠いので、重大事故を起こしている身としては、行きたくもあり行きたくもなかった。でも、この時期撮れるものといえばごくごく限られてきますから [続きを読む]