yuni さん プロフィール

  •  
yuniさん: 気ままにナチュラルガーデン
ハンドル名yuni さん
ブログタイトル気ままにナチュラルガーデン
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuni-megu/
サイト紹介文仕事場のビニールハウスでの花の栽培の様子やガーデン部分での植え付けや手入れを書いています!
自由文ポール・スミザーやベス・チャトーのガーデンを目指して日々奮闘中です。
是非読んで、コメントを頂ければ嬉しいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/12/26 15:02

yuni さんのブログ記事

  • 姫路バラ園
  • 姫路バラ園 だいぶ前の出来事になってしまいましたが… 5月末の姫路観光の締めくくりは姫路のバラ園 姫路の観光を調べている時にあまり取り上げられていなかったので、 規模が大きくないのかも…? と期待は少なめだったのですが、 期待以上! 見渡す限りのバラ尽くし! 2200?の敷地内に800種、3500株ほど植えてあるそうです。 どこをみてもバラ、バラ、バラ! 横浜イングリシュガーデンの様にバラの他の植物はあまりあり [続きを読む]
  • 姫路城と好古園
  • 好古園と姫路城 クリンソウついでに立ち寄った姫路城と好古園 予想よりはるかに広くキレイな庭園でした いくつもの庭に分かれていて、城下町のような壁の道を移動しているときは、迷路かと思いました 池と木漏れ日がとても涼しげ。 庭園の中には苗の庭というところがあり、色々な植物を栽培していました。 よくよく見ると、、 ギボウシ・サガエ! 他にも [続きを読む]
  • クリンソウ群生地
  • クリンソウ群生地 ちょっと前の話になりますが、5/28〜29に姫路に行ってきました 目的はクリンソウの群生地を訪れること! 兵庫県 宍粟市 千種町にあるクリンソウ群生地 最初は日光にある群生地に行こうとしていたのですが、西日本にはないのか? と思い調べてみると、兵庫県にあったので、まずは近い方から。 ハイキングコースになっていて、歩いているとさっそくクリ [続きを読む]
  • モッコウバラが終わって
  • モッコウバラが終わって モッコウバラが咲き終わり、入れ替わるようにクレマチスや他のバラが咲きだしました これはおそらく『ニオベ』 正確な品種は定かではありませんが、本などで調べた結果、見た目も性質もニオベが一番似ていそうでした 我が家では通称『ヒャッコ』と呼ばれています 昔おばあさんが花数を毎日数えていたのですが、 200まで数えたところで終わりにしたそうで、&nbs [続きを読む]
  • タケノコ掘り
  • タケノコ掘り 4月の終わりから5月の頭にかけて、家の裏の山へタケノコを掘りに行きます これは5月3日の朝採りに行った時のもの 我が家では朝採りに行くのが定番。 なぜ朝なのか? 野菜と同じく朝採りが美味しいから? 午後になると蛇が出やすいとか? 気になって主人に聞いてみたところ、 「タケノコを茹でるのに時間がかかるから」 だそうです。 義母がいつも [続きを読む]
  • キレイな季節
  • キレイな季節 4月から東京を離れ、山口県へと引っ越してきました なので、これからはこちらの庭でガーデニングすることになりました。 こちらはバラエリア 昨年アーチを2つ建てて、イングリッシュローズも何種類か植えて、、 エリナ、クイーン・オブ・スウェーデン、ザ・シェパーデス、ザ・ジェネラスガーデナー、レディー・オブ・シャーロット、ティージング・ジョージア、コンテス・ド [続きを読む]
  • 色づいてきました!
  • 色づいてきました!エキノプスがちょっとずつ紫色に色づいてきました 梅雨のじめじめが苦手なので、下の方の茶色くなった枯れ葉をこまめに取り除いて、雨で盛っていた土が流されて根が出てきていたので、新しくパーライトや腐葉土などを混ぜた土で盛り足したりしました 同じエリアに植えてあるヘリオプシス暑さにも強いし、種でも挿し芽でも増やせるので気に入っています [続きを読む]
  • ルドベキア・ゴールドスターム
  • ルドベキア・ゴールドスターム紫と黄色をメインにしてあるメドーエリアチーフが自宅から採ってきて蒔いたルドベキア・ゴールドスターム毎年咲いて年々大株になっています ルドベキア・タカオは3年くらいで終わってしまうものが多いけれど、これはどのくらいもつのだろう?とりあえずタカオのように、こぼれ種で増えている様子は今のところありません。この株は採取してまいたので、自然に落ちたのでは発芽しにくいのかもしれませ [続きを読む]
  • 2種類のナスタチウム
  • 2種類のナスタチウム今年はナスタチウムの種を2種類蒔きましたナスタチウム・フェニックスとナスタチウム・チップトップ例年は斑入り種のアラスカを蒔いているのですが、今年はちょっと今までとは違う種類を蒔いてみようということで、この2種。これはフェニックスアラスカやチップトップに比べて花弁がギザギザしているのが特徴葉もちょっと手のひらみたいな切れ込みをしています そしてフェニックスはこんな感じ [続きを読む]
  • 今年も優秀!
  • 今年も優秀!コレオプシス・ザグレブ濃い黄色で、背丈こそ低いけれども、存在感バッチリ 植えた時は3.5号ポットに入る大きさだったのに、3年でここまで大きくなりました ここにはコレオプシスはザグレブとムーンビームとマーマレードの3種類植えていますが、ザグレブが今のところ一番強い印象です ムーンビームは植えた場所が低かったのか、梅雨や台風の時期に水没してしまったせいかもしれませんが…そしてコレオ [続きを読む]
  • いよいよ咲きそうです!
  • いよいよ咲きそうなエキノプス 種をまき、育て始めて4年ほど経つエキノプスが庭に1株あります 2年目くらいで庭に植えたのですが、梅雨や虫の被害で死にそうになり、ポットに救助したものの、、 ハウス内でもハダニやアブラムシに襲われて、ギリギリで生きているような状況でした もともとエキノプスはジメジメが嫌いなので、ここで育てるには難しい植物なのですが、かっこいい植物なので今まで諦め切れず、 [続きを読む]
  • 気になるクリスマスローズ
  • 色々なクリスマスローズ浜名湖ガーデンパークで目をひいたクリスマスローズです。色や形に好みはありますが、まず大事なのは株の充実です。その点ではオーソドックスな白花の大株が各所で目立っていました 今年の葉と白い花がぐっと持ち上がってとてもキレイです!八重咲きタイプでもかなりの大株がありました。  鉢植えではないので下から覗きこめませんが、上から見ても八重咲きのボリュームが分かるほどでした   [続きを読む]
  • 斜面に咲くクリスマスローズ
  • 斜面に咲くクリスマスローズ先日、浜名湖ガーデンパークへ家族で行ってきました ガーデンパーク内はテーマごとにいくつかのエリアに分かれていて、とても広かったです。この日はあいにくの雨だったので、全然人がいませんでしたが、 入場料かからないので、きっと近くに住んでいたら、しょっちゅう散歩に行ってしまうと思います(笑)今回はその中でも特に気に行った場所を紹介します斜面に群生するクリスマスローズ山の斜面にクリ [続きを読む]
  • アリウムの芽
  • 憧れのギガンチウムと色々なアリウムいろいろな本を見ていると、気になる植物はたくさんあります。そのうちの一つが、アリウム・ギガンチウム。本で見ると、1メートルほどの草丈と、ネギらしいピンクの丸い花が形と大きさで存在感抜群です。つい気になって目が行ってしまいます 多くのガーデンで取り入れられていますすが、私はまだ現物を見たことがありません そんなアリウム・ギガンチウムを昨秋、山口の家に3球植えました。本 [続きを読む]
  • スノードロップの顔
  • スノードロップの顔12月頃から庭に咲いているスノードロップ土が粘土すぎるせいか、なかなか分球している様子はないですが、毎年数本は顔を見せてくれています そもそも植えた時はどのくらいの間隔で植えたら良いか分からず、今からしてみると、もっと密集目に植えれば良かったと思いました 最近、海外のスノードロップの図鑑を家で読んでいて、といっても、私は英語が得意ではないので主人に読んで貰っているのですが…スノード [続きを読む]
  • ススキとミューレンベルギア
  • ススキとミューレンベルギア春支度の続きです。こちらはシマススキとタカノハススキ。枯れ姿では見分けがつきませんね        手前の緑はスノーフレーク(スズランスイセン)です。芽出しは早く12月に出ていましたが、ここにきてグッと伸びてきました。イングリッシュガーデンでは池の周りなどに植えられているのを見かけますが、乾燥しやすいここの庭でも平気です     &n [続きを読む]
  • 春支度
  • 春支度うちでは冬の景観と、防寒(風よけと霜よけ)のために枯れ姿のまま残すようにしています。その後、植物の様子を見ながら、徐々に剪定なり切戻しなりを行っています。今日はヘメロカリスの枯れ葉を取り除きました 遅霜・寒風の心配は残っていますが、周りの球根や新芽に陽を当てたいのと、これから仕事が忙しくなってくるので遅れるよりは良いだろうという都合です   ↑作業前 ↑作業後  触って簡単にと [続きを読む]
  • バラの剪定の続き
  • バラの剪定以前書いたバラの剪定の続きです。「バラの剪定」というと、なにか難しいイメージをあって、私は一歩引いてしまっていました そういう人、少なくないのではないでしょうか?チーフによると「品種の特性を知って使い方を欲張らなければ、バラ園で働かない限りはおびえることはない」とのこと。品種の特性とは、木立やツルといった「樹形」、一季咲き・四季咲きなどの「咲き方」はもちろん、耐病性や萌芽力など色んな要素 [続きを読む]
  • ゲラニウムのポットあげ
  • 種からゲラニウムイングリッシュガーデンの本を見ていると、必ずといっていいほど出てくるゲラニウム。とてもたくさんの種類があるのですが、多くが高温多湿を苦手としているためか、実際に生育している姿をほとんど見かけません   庭に植えてあるアケボノフウロここでは何となく成長している程度… どんな環境が合うのか、色々な場所でそれを実際に育ててみたく、去年の春から種をまいて育てています 秋には新しくゲラ [続きを読む]
  • モッコウバラの下
  • 花壇改装ちょっと前の話になってしまいますが、お正月のことです。山口の家にあるモッコウバラの周り(下)に花壇を作りました。以前は、クリスマスローズとアジュガやグレゴマなどの日陰が好きな這うタイプの植物が茂っていて、 それはそれできれいだったのですが、そのあたりにはなぜかコンクリートや大きな石が埋まっていて、15センチぐらいしか根をはる深さがなかったのです。アジュガはそれでいいけど、クリスマスロー [続きを読む]
  • クロッカスの開花
  • クロッカスの開花先週末の気温は20度まであがって、春が感じられるようになってきましたね。早咲きのクロッカスが花をつけました。?イエローマンモス   ?トリカラー この前の秋は植え足せなかったので、植えっ放しのものです。黄色のイエローマンモスが一番強いように思います 早咲きの中では花が大きく、よく出回っている品種。シモツケの足もとに植えています。花が見えやすくなるようにシモツケをもう [続きを読む]
  • バラの選定
  • バラの選定かなり遅くなりましたが、バラの剪定をしました。 (こちらはシェパーデス。トゲが少ないので剪定しやすい ) 暖かった2015年の12月にくらべて1月は冬らしい寒さが増えましたが、庭にあるバラは葉っぱをつけたままだったので取り除きました。枝が見えやすくなって剪定しやすくなるのと、強制的に休眠させる目的です 本にはバラの剪定は12月となっているものもあるようですが、チーフは「”つるバラ”じゃない [続きを読む]
  • 今年のオステオスペルマム
  • 今年のオステオスペルマム10月に種をまいたオステオスペルマムが順調に育ってつぼみがふくらんできました 切戻しなど、何もしないでも形良く育ちます。去年はそれを知らない同僚の誰かが摘芯をしてしまいましたが… ※去年摘芯した記事※去年の摘芯後の記事今年はそれもなく、開花をまつばかりです   こっちは挿し芽のもの。 種にない花色は挿し芽でふやします 種と違って摘芯をして、株下から枝分かれするように育てま [続きを読む]
  • 根伏せと種まきと…
  • 根伏せと種まきと…今年の6月10日に根伏せしたアカンサスモリスがこんなに育ちました!5株くらいに分けられそう でももうちょっと大きく育って方分けることにします   山口の家の日陰ゾーンにアカンサスモリス畑を作りたいのでどんどん増やしていきたいと思います しかしこんなに簡単に増えていくとは…これは、高いし葉がそこまで好みで無かったから手を出していなかったアカンサスモリス・タスマニアンエンジェル [続きを読む]