Clipping Reysol さん プロフィール

  •  
Clipping Reysolさん: Clipping Reysol
ハンドル名Clipping Reysol さん
ブログタイトルClipping Reysol
ブログURLhttp://clippingreysol.blog.jp/
サイト紹介文柏レイソルの記事を集めています(2004年〜)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供410回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2014/12/26 18:38

Clipping Reysol さんのブログ記事

  • 柏2連勝で暫定4位浮上!伊東2戦連発「いいコースに飛んだ」
  • ◇明治安田生命J1リーグ 柏1―0G大阪(2017年8月19日 吹田S) 柏MF伊東が2試合連続の今季5点目を決めた。0―0の後半23分に右サイドを突破。右45度の位置から左足でゴール左上に突き刺した。後半19分には同様の形からクロスを選択。ゴールに結びつかず「次はクロスを上げるふりをして打つと決めていた。いいコースに飛んだ」と自賛した。 武器はスピードを生かした縦への突破。今季から中央に切り込ん [続きを読む]
  • 柏2カ月ぶり連勝 MF伊東純也2戦連続の先制弾
  • <明治安田生命J1:G大阪0−1柏>◇第23節◇19日◇吹田S 柏レイソルが、8連勝を達成した6月4日の浦和レッズ戦以来、約2カ月ぶりに連勝を飾った。 後半23分、MF伊東純也(24)の2戦連続ゴールで先制。持ち前の俊足を生かして右サイドを抜け出した伊東が、中央に切り込んで左足でゴール左上に決めた。中盤でMF大谷秀和がカットしたボールに反応し、前節清水エスパルス戦に続く2戦連続の先制弾。伊東は「シ [続きを読む]
  • 柏・伊東、狙い通りのゴール「ショートカウンターは自分が一番生きる形」
  • 明治安田J1第23節第1日(19日、G大阪0−1柏、吹田ス) 柏は狙い通りの攻撃で、敵地で勝ち点3を手にした。 後半23分、ボール奪取から右サイドの伊東へつなぐと、それまで好機を再三演出していた24歳のアタッカーが積極的に仕掛けた。利き足ではない左足で狙い澄ましたシュート。前節に続くゴールが決勝点となり「ショートカウンターは自分が一番生きる形。常に狙っていた」と胸を張った。 チームは5試合負けなし [続きを読む]
  • 伊東が2戦連続ゴール
  •  後半23分。待望の得点が柏にようやく生まれた。速攻から伊東が右サイドを切り込み、鋭い左足のシュートで2試合連続ゴールとした。シュート16本と、6本のG大阪を圧倒した試合。サイドを何度も駆け上がって好機をつくった伊東が頑張りを形にし、「きついけど、走らないと特長も生きない。よかった」。 チームは2連勝で、5戦負けなし。首位鹿島と勝ち点4差の4位に浮上した。「上に離されないためには勝つしかない。貢献できるよう [続きを読む]
  • 柏MF小林「無失点に抑えたい」リベンジのG大阪戦
  •  J1柏レイソルは17日、千葉・柏市内で非公開練習を行った。 次節アウェーで対戦するガンバ大阪戦(19日)とは、前回対戦した3月5日の第2節で1−3で敗れている。その試合でゴールを決めたMF小林祐介(22)は「あの試合はゴールを決めただけ。負けてしまったし、それ以外は何もしていない。あっさりと3点を取られてしまったので、無失点に抑えたい」と、語気を強めて雪辱の思いを語った。 8月5日のヴィッセル神 [続きを読む]
  • 柏4得点大勝!!クリスティアーノ2発 下平監督「狙い通り」
  • ◇明治安田生命J1リーグ・第22節 柏4―1清水(2017年8月13日 アイスタ) 柏は今季2度目の4得点で清水に大勝した。 前半45分、MF伊東がカウンターからドリブル突破してそのまま右足で先制。FWクリスティアーノも2発で今季10得点目をマーク。下平監督は「前節はスコアレスドローで、点を取ることをテーマにやってきた。守備的にならずに狙い通り点を重ねてくれた」と振り返り、開幕戦以来21戦ぶりに先 [続きを読む]
  • 柏、今季最多タイ4発で圧倒!下平監督「攻撃し続けることテーマに」
  • 明治安田J1第22節最終日(13日、清水1−4柏、アイス) 柏は今季最多タイの4点を奪った。前節無得点に終わった下平監督は「しっかり得点を取ること、攻撃し続けることをテーマに臨んだ」。 出番の少ないFWハモンロペスやDFユン・ソギョンが安定したプレーを披露。出場停止のFWディエゴオリベイラとMFキム・ボギョンの穴を感じさせなかった。ここにきて8連勝した4〜6月の勢いを取り戻しつつある。サンケイスポ [続きを読む]
  • 柏、攻撃緩めず4得点
  •  前節の鳥栖戦では無得点で引き分けた柏。「得点を取ること、攻撃をし続けること」と下平監督が指示した通り、前半終了間際に先制した後も攻撃の手を緩めず、4得点の大勝を収めた。下平監督は「狙い通りの得点を重ねてくれて満足している」と評価した。 後半21分にゴールを決めた武富はアウェーの戦いでも、「カウンターに持っていったり、スペースを広く使えたりした」と振り返った。ハモンロペス、クリスティアーノとの連係で [続きを読む]
  • 柏主力2人欠くも4発!下平監督「非常に良かった」
  • <明治安田生命J1:清水1−4柏>◇第22節◇13日◇アイスタ 柏レイソルはアウェーで大量4得点を奪い、快勝した。FWディエゴ・オリヴェイラとMFキム・ボギョンの主力2人を出場停止で欠く中、選手層の厚さを見せた。 前半45分、自陣でこぼれ球を拾ったMF伊東純也(24)がドリブルを開始。約50メートルを独走し、DFもかわして見事に先制点を決めた。 後半21分には、DF小池龍太(21)のクロスにMF武 [続きを読む]
  • 柏が4得点の快勝、首位鹿島と勝ち点差4に
  • (13日、柏4―1清水) 柏はカウンターがはまり、清水に快勝した。前半終了間際、こぼれ球を拾ったMF伊東純也が自陣からドリブルで持ち込み、先制。後半7分にも自陣からのロングボールでFWクリスティアーノが決めて追加点を奪うなど4得点。「相手を間延びさせる効果的なロングボールを使うことができた」と下平隆宏監督。首位鹿島と勝ち点差4。優勝争いに食らいついている。朝日新聞 [続きを読む]
  • 柏小池「負けたくない」同学年の清水金子封じに意欲
  •  J1柏レイソルは11日、千葉・柏市内で約1時間、非公開練習を行った。 13日の次節は、アウェーで清水エスパルスと対戦する。 DF小池龍太(21)は、JFAアカデミー福島で一緒にプレーした同学年の清水エスパルスFW金子翔太(22)との対戦に意欲。小池はJ2レノファ山口から今季、移籍加入し、3月18日の第4節ベガルタ仙台戦以降は右サイドバックとして先発に定着した。対する金子は4月に、J1通算2万ゴー [続きを読む]
  • 柏FWクリスティアーノ、幻のPKに「スタジアムの全員がPKだと思った」
  • 「勝てたゲームだったと思う反面、これが勝負の世界ですから。ただ、我々が最後まで戦った姿勢とか、作ったチャンスは称えられるべき戦い方だったと思う。これまでの戦いの中で見ても、非常に多くのチャンスを作れた。インサイド、アウトサイドを使って攻撃的に戦えたと思う」 この日、クリスティアーノは伊東純也と同じ5本の最多シュートを放った。左サイドでスタートし、ハモン・ロペスが入った後半途中からはディエゴ・オリヴ [続きを読む]
  • 柏、痛い引き分け
  •  柏は再三のチャンスを物にできなかった。後半35分には相手GKをかわした伊東がシュートを枠に決められず。相手の3倍以上となる20本のシュートを放ちながら、6試合ぶりの無得点で引き分けた。 前節3位から5位に後退し、下平監督は「上位を狙う意味でも痛い引き分けだった。決定機を何度もつくったが、最後の最後で体を張られた」と粘り強い鳥栖の守りを褒めるしかなかった。時事通信 [続きを読む]
  • 柏下平監督「痛い」シュート20本も無得点ドロー
  • <明治安田生命J1:柏0−0鳥栖>◇第21節◇9日◇柏 柏レイソルはシュート20本の猛攻を仕掛けながら、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。 最大の決定機は後半35分。FW伊東純也(24)が、自陣でのクリアからつながったボールを、センターサークル付近で相手DFと競り合う。体を入れながらキープし、これを振り切ると、俊足を生かして相手ゴールへ猛然とドリブル。「ちょっとでも引っかかるのが怖か [続きを読む]
  • 今季中の復帰は絶望…柏MF手塚康平が右膝負傷で全治8か月
  •  柏レイソルは8日、MF手塚康平が右膝前十字靭帯損傷および右膝外側半月板損傷により全治約8か月と診断されたことを発表した。同選手は、5日に行われたJ1第20節・神戸戦で先発出場したが、後半24分に交代していた。 下部組織出身の手塚は、昨季ニュージーランドから復帰。今年3月15日に行われたルヴァン杯でトップチームデビューを果たし、ここまでリーグ戦16試合、ルヴァン杯2試合に出場していたが、今季中の復帰は絶望となった [続きを読む]
  • 柏下平監督「軽傷ではない」MF手塚の長期離脱示唆
  •  J1柏レイソルは7日、千葉・柏市内で非公開練習を行った。 練習後、取材に応じた下平隆宏監督(45)は、5日の前節ヴィッセル神戸戦で負傷し、途中交代したMF手塚康平(21)が、すでに手術を受け、当面は出場が難しいことを明かした。 下平監督は「詳しいことは、後日発表になると思うけど(手塚)康平はもうオペを受けています。軽傷ではない。簡単には戻れないと思います」と説明した。 手塚は4月1日の今季第5節 [続きを読む]