それ行けJAPAN さん プロフィール

  •  
それ行けJAPANさん: どうなる日本!!
ハンドル名それ行けJAPAN さん
ブログタイトルどうなる日本!!
ブログURLhttp://michiko41612.blog.fc2.com/
サイト紹介文これからの日本がどうなるか?を自分なりに分析して勝手に綴って行こうと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2014/12/27 05:07

それ行けJAPAN さんのブログ記事

  • 消費税の引き上げについて
  • 政府が6月9日閣議決定した「経済財政運営と改革の基本方針」(骨太の方針)に消費税率引き上げについての記述がなく、消費増税見送りの布石ではないかとの見方が出ていることに対し、官房長官は「社会保障制度を次世代に引き渡す責任を果たすとともに、市場や国際社会から国の信認を確保するために必要なものであることから、2019年10月に(消費税)引き上げを実施する方針に変わりはない」と強調しました。「アベノミクス [続きを読む]
  • 小型クロマグロの漁獲枠追加
  • 水産庁は5月8日、今シーズンの全国的な漁獲量が国の上限枠を超えている太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)について、長崎など14都道府県に計122.2トンの追加枠を認めたと発表しました。細かく割り当てられた漁獲量の上限に達していない地区などに操業継続を認め、一部の捕りすぎによる不公平感を解消するということです。追加枠を認められた都道府県は、7月に始まる来シーズンの漁獲枠から超過分を減らされるそう [続きを読む]
  • 日銀総裁が物価目標達成に苦労していると・・・・。
  • 日銀の黒田東彦総裁は5月6日、横浜市で開催中のアジア開発銀行(ADB)年次総会に合わせて開かれたパネルディスカッションに出席し、2%の物価目標達成について「苦労している(struggling)が、最善を尽くしている」と述べました。司会を務めるフィナンシャル・タイムズのジリアン・テット氏への質問に応えたということです。また、黒田総裁は「経済学の教科書によれば、為替安は輸出を増やすはずだが、日本は円安が進んでも [続きを読む]
  • アメリカが日本製鉄鋼に制裁関税
  • 米政府機関の国際貿易委員会(ITC)は5月5日、日本、台湾など8カ国・地域が、鉄鋼製品の一つである炭素合金鋼を米国に不当に安く輸出していると最終認定しました。ITCの判断を受け、米政府は日本製品などに対し、反ダンピング(不当廉売)関税を正式に課すということです。トランプ政権発足後、日本に対する制裁的な関税の適用が確定したのは初めてということです。税率はJFEスチールの製品などが48.67%、東京製 [続きを読む]
  • クロマグロ漁獲規制
  • 青森県産業技術センター水産総合研究所(平内町)と同下北ブランド研究所(むつ市)は本年度から、近年県沿岸で水揚げが増加するサワラの漁獲、高品質出荷に向けた新技術の研究・開発に着手します。2015年にスタートしたクロマグロ小型魚の漁獲規制を受け、マグロ用漁具のサワラ向け改良、活け締め処理の確立などによる付加価値向上を図り、漁業者のマグロの減収分を補う収入確保のほか、資源管理の順守につなげてもらう考えで [続きを読む]
  • 米抜きTPPは先送りへ
  • 米国を除く環太平洋連携協定(TPP)の署名11カ国による首席交渉官会合は5月3日午後(日本時間4日未明)、2日間の議論を終了しました。日本が主導する11カ国による発効については、他国から十分な理解が得られず、調整は難航しています。事務レベルでの合意を見送り、今月下旬にベトナムのハノイで開かれる閣僚会合で政治判断を仰ぐことになりました。日本の片上慶一首席交渉官は終了後、記者団に対し、「各国の状況、立 [続きを読む]
  • 憲法改正の手続きは…
  • 憲法改正の手続きは、国会が改正案を示して、最終的には国民が投票で決めます。政府や国会議員が提案し、国会議員が賛否を決める通常の法律の制定手続きとは大きく異なります。憲法改正の手続きは、衆参両院の憲法審査会に国会議員が憲法改正原案(どの項目をどう変えるかの条文案)を提出するところから始まります。提出には衆院ならば100人以上、参院ならば50人以上の賛成署名が必要となります。仮に衆院の審査会に提出され [続きを読む]
  • TPPが、きょうから米抜きで首席会合
  • 環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の首席交渉官会合が2〜3日、カナダのトロントで開かれ、日本など11カ国が米国抜きのTPP発効について議論します。日本はオーストラリアやニュージーランドと協力して早期発効を主導する方針ですが、マレーシアやベトナムは米国抜きのTPPに慎重姿勢を示すなど各国の思惑には温度差があり、意見の一致がみられるかは不透明の状況です。「11カ国が結束して今後のTPPの方向性を打 [続きを読む]
  • 北朝鮮が核武力高度化措置は多発的連続的にと・・・。
  • 北朝鮮外務省は、アメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習が終了したことを受けて5月1日、談話を発表し、「核武力を高度化する措置は、最高首脳部が決める任意の時刻と場所で、多発的かつ連続的に行われる」として、さらなる挑発を繰り返す可能性を示唆し、アメリカ・トランプ政権への対決姿勢を強調しました。2か月間にわたって韓国で行われてきた米韓合同軍事演習が4月30日に終了し、これを受けて北朝鮮外務省は5月1日、国 [続きを読む]
  • 日米韓が北朝鮮への圧力強化で一致
  • 岸田外相と米国のティラーソン国務長官、韓国の 尹炳世 ユンビョンセ外相は4月28日午前(日本時間28日夜)、ニューヨークの国連本部で会談しました。国連安保理の北朝鮮の核問題に関する閣僚級会合を前に、北朝鮮の核・ミサイル開発には「断固たる姿勢」で臨み、日米韓3か国で緊密に連携して対処していくことを確認したということです。3氏は北朝鮮への圧力強化の必要性や「中国の役割が極めて重要」との認識で一致して、岸 [続きを読む]
  • 北朝鮮のミサイル発射に厳重抗議
  • 4月29日の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、日本政府は「断じて容認できない」(菅義偉官房長官)と強く非難、直ちに北京の大使館ルートで厳重に抗議しました。米国の軍事圧力が強まる中で挑発行為に踏み切った北朝鮮の意図などについて分析を進めています。安倍晋三首相は、外遊から帰国後にトランプ米大統領と電話会談し、今後の対処方針を協議する方向で調整に入りました。防衛省によりますと、4月29日午前5時半ごろ [続きを読む]
  • 通勤ラッシュ緩和に時差出勤など 7月に集中実施
  • 朝の通勤ラッシュの緩和に向け、東京都や企業などで作る協議会の初会合が開かれ、出勤時間に時差を設けるなど、快適な通勤に向けた取り組みを7月に集中的に実施することになりました。東京都は、働き方改革の一貫として、朝の通勤ラッシュの緩和など快適な通勤環境の実現に向けて、国や鉄道事業者、大手企業などおよそ30の団体で作る協議会を設置し、4月28日に東京・千代田区で初めての会合を開きました。はじめに、小池知事 [続きを読む]
  • 日銀が景気判断9年ぶり「拡大」
  • 日本銀行はまし27日の金融政策決定会合で、景気の基調判断を「緩やかな拡大に転じつつある」と上方修正した。「拡大」の表現が入るのは、リーマン・ショック前の2008年3月以来、約9年ぶりということです。2017年度の物価見通しは下方修正しました。大量の国債を買い入れて長期金利を「ゼロ%程度」に誘導する金融緩和策は「現状維持」としました。これまでの景気判断は「緩やかな回復基調を続けている」でしたが、海外 [続きを読む]
  • 週間ぶり111円台円安で、株は4日続伸
  • 4月26日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=111円台前半に下落しました。東京市場で111円台を付けたのは10日以来、約2週間ぶりということです。国内外の株高を受け、投資家がリスクを回避する姿勢が後退ということです。安全資産とされる円を売ってドルを買う動きが強まったそうです。米国の長期金利上昇で日米の金利差拡大が意識されたことも、円売り・ドル買いを誘ったそうです。ただ、北朝鮮情勢をめぐる地 [続きを読む]
  • 日本郵政が民営化後初の純損失400億円 
  • 日本郵政は4月25日、2017年3月期決算で400億円の純損失を計上する見通しになったと発表しました。買収した豪州子会社の業績が低迷したことで、子会社の資産価値を約4千億円切り下げる「減損処理」に踏み切るためということです。純損益の赤字は2007年10月の郵政民営化以来初めてだそうです。日本郵政はこれまで2017年3月期の純損益を3200億円の黒字と予想していましたが、大幅に下方修正するということ [続きを読む]
  • 給付型奨学金の推薦に学習意欲も確認
  • 国の奨学金を運営する独立行政法人・日本学生支援機構は低所得世帯の大学生らを対象とする給付型奨学金について、高校が対象者を推薦する際の目安となる指針をまとめ、各校に通知しました。学力や課外活動を基準としつつ、面談などで学習意欲や生徒の人生設計を確認することが柱ということです。高校側は7月中旬までに対象者を決めて日本学生支援機構に報告します。指針では推薦の条件として〈1〉各校の教育目標に沿った高い学習 [続きを読む]
  • 天皇陛下の退位に関する議論をまとめた最終報告
  • 安倍晋三首相の私的諮問機関「天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議」(座長・今井敬経団連名誉会長)は4月21日、首相官邸で第14回会合を開き、天皇陛下の退位に関する議論をまとめた最終報告を首相に提出しました。退位後の陛下の活動について、象徴としての地位に基づく公的行為は行わないとしました。首相は会合で「最終報告を参考としつつ、陛下の退位を実現する法案の立案を進め、速やかに国会に提出するよう全力を [続きを読む]
  • 今年の夏も節電要請なし
  • 経済産業省は4月21日、電力需給に関する有識者会合で、今夏の節電要請を行わない方針を示しました。平成23年の東日本大震災以降、節電要請しないのは、昨夏に続いて2年連続となります。卸電力市場の活用や家庭や企業での節電の定着によって、10年に1回程度の猛暑を想定しても、大手電力の全10社が電力需給の余力を示す予備率を、安定供給に必要な3%以上確保できるとしました。 一方、火力発電への依存度が高水準にあ [続きを読む]
  • 震災後初の貿易黒字4兆円・対米は5年ぶり縮小
  • 財務省が4月20日発表した2016年度の貿易統計速報(通関ベース)によりますと、輸出額から輸入額を差し引いた貿易収支は4兆69億円の黒字でした。年度ベースでの黒字は2010年度以来6年ぶり、2011年3月に起きた東日本大震災後では実質的に初めてということです。円高や原油など資源価格の値下がりで輸入総額が大幅に減少して、輸出のマイナス幅を上回ったということです。米国のトランプ政権から注視される対米貿 [続きを読む]
  • 2016年度訪日客が2482万人で最高更新
  • 日本政府観光局が4月19日発表した訪日外国人数(推計値)によりますと、2016年度は前年度比16.2%増の2482万3000人となり、前年度に続き過去最高を更新しました。格安航空会社(LCC)を含む航空路線の拡充や大型クルーズ船の寄港数の増加に伴い、アジアを中心に伸びたということです。政府は訪日外国人について、東京五輪・パラリンピックが開催される2020年に4000万人とする目標を掲げています。東 [続きを読む]
  • アマゾンが21日から生鮮販売をスタート
  • アマゾンジャパンが4月21日から、最短で即日で届ける生鮮食品販売「アマゾンフレッシュ」を開始することが17日分かりました。システムトラブルや宅配事業者との調整などで当初の予定からずれ込み、4月下旬のサービス開始となったということです。アマゾンフレッシュは、毎月の会費を支払った会員向けに魚や野菜など日持ちのしない生鮮食品を注文した当日や翌日に配送するサービスで、すでに米国や英国の一部で始まっているそ [続きを読む]
  • 東京株式市場が5営業日ぶりに反発
  • 4月17日の東京株式市場で、日経平均株価は5営業日ぶりに値上がりしました。日経平均の終値は前週末より19円63銭(0・11%)高い1万8355円26銭でした。東京証券取引所第1部全体の値動きを示すTOPIX(東証株価指数)は同6・62ポイント(0・45%)高い1465・69。出来高は14億5千万株でした。外国為替市場が円高に振れ、自動車や機械など輸出関連株が売られましたが、食品や小売り、不動産など [続きを読む]
  • 北朝鮮がまた発射した模様・・・。
  • 防衛省幹部は4月16日午前、北朝鮮が弾道ミサイルを発射して失敗したとみられると韓国軍合同参謀本部が発表したことに関し、「日本に向けて飛来する飛翔体は確認されていない。わが国の安全保障に直ちに影響を与えるような事態は生起していない」と述べました。防衛省・自衛隊は、失敗したとみられる弾道ミサイルの種類や軌道をはじめとした情報の収集分析を行っているということです。があまりにひどい北朝鮮に、アメリカが行動 [続きを読む]
  • 北朝鮮情勢「深刻さ増す」
  • 安倍晋三首相は4月14日、熊本市の陸上自衛隊健軍駐屯地で訓示しました。北朝鮮の核・ミサイル開発について、首相は「深刻さを増している」との認識を示すとともに、「現実から私たちは目を背けることはできない。日本を取り巻く安全保障環境は厳しさを増している」と強調しました。首相はまた、中国軍機を念頭に「南西方面で外国軍機による領空接近も増加している」と述べるとともに、「テロの脅威は世界に拡散し、多様化してい [続きを読む]
  • 株価 終値もことしの最安値を更新
  • 東京株式市場は、円高ドル安が一段と進んだことから、輸出関連をはじめ幅広い銘柄に売り注文が出て値下がりし、日経平均株価は終値で今年の最安値を更新しました。日経平均株価、4月13日の終値は、12日より125円77銭安い、1万8426円84銭でした。東証株価指数=トピックスは、11.23下がって、1468.31でした。1日の出来高は19億5868万株でした。市場関係者は「一時、1ドル=108円台まで円高 [続きを読む]