安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々 さん プロフィール

  •  
安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々さん: 安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々
ハンドル名安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々 さん
ブログタイトル安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/50ls1234
サイト紹介文安くて美味しいワインを探し求めて日々精進!.ワインだけでなく、様々なお酒や出来事もアップしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供134回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2014/12/27 14:11

安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々 さんのブログ記事

  • 今話題の獺祭(だっさい)純米吟醸酒50を飲みました。
  • その昔は、越乃寒梅、次に久保田。幻の酒とまで言われる話題の日本酒が時折登場します。この旭酒造の獺祭もそう。久しぶりの話題の銘酒です。なかなか買えない幻の酒、倒産寸前から復活した酒蔵、杜氏を使わずデータ管理で社員だけで造った、遠心分離機使用など今までの日本酒造りになかった斬新な手法・・・ウンチクも付いて回り、一時は本当に手に入りづらいお酒でした。最近やったと店頭にも並びだしましたが、相変わらず すぐ [続きを読む]
  • M.シャプティエ・ペイ・ドック・シラー・コレクション・ビオ2013
  • ローヌを代表するワイナリー“M.シャプティエ”がラングドック地方で有機栽培のブドウで醸した赤ワインです。アメリカンチェリーやフランボワーズのような香り。あとはそれほどの特徴はありませんが、うっすらと最後まで硫黄にような火薬のような臭いがしました。ワインから来るのか、食べ会わせによるのかは不明。全体的に穏やかな飲み口でシラー特有のスパイシーさも感じられませんでしたが、もしかするとこの火薬のような臭いが [続きを読む]
  • テレフォール・ド・マディラン2001 そう2001年です・・・
  • フランス南西地方マディランの2001年産です。ある販売サイトではメルローだと書いてありますが、裏のラベルではタナとカベルネフランぐらいしか読み取れません。フランス語なので読み落としているかなぁ。でもメルローにはシノムニは無かったはずだし。AOC でマディランを名のるには、40%以上タナが入っていないといけないから、やっぱりメルロー主体にはならないでしょうね。大きな特徴はありませんが、こなれていて美味しい赤で [続きを読む]
  • シャトー・ル・ルディエ2014 遅めのお花見、私を土星に連れてって。
  • ラズベリーの香り、飲み口ドライ。ボルドーのシャトー・デ・ルディエです。深みはないけれど春らしい香りのワインでした。満開の時期は過ぎましたが、井の頭公園にお花見散歩に行きました。今年は開花が発表されてから、気温が低い日が多かったためか随分長く桜を楽しめます。井の頭公園もまだまだ見応えありました。場所によっては落ちた花びらが水面を覆い、まるで雪のよう。満開を過ぎたこの時期ならではの光景です。近くの井の [続きを読む]
  • BATUTA AIREN 2015 まぁこんな感じ
  • BATUTA とはスペイン語で指揮棒、タクトのこと。エチケットには楽譜♪が書かれています。どんなメロディなんでしょうか。アーリア種で造られた白ワイン。以前に赤も飲みましたが、これが価格のわりに思いの外美味しかったので、白にも期待です。お手頃安ワインであるように、赤、白と同じ銘柄で売り出されている場合、両方とも美味しいことはまずないのはよくあることで、これも“ご多分に漏れず”でした。柔らかく、酸味も穏やか [続きを読む]
  • セニョリオ・デ・グァディアネハ・グラン・レゼルバ1996 20年ものです
  • スペイン ラマンチャ地方の20年ものカベルネ・ソーヴィニヨン。コルクがまだ新しい感じに見えます。瓶での熟成ではないか、差し替えたのでしょうか。グラスに注いだ色も、まだ若い感じで、飲み口も案外と軽い。もっと寝かせられるのもしれません。でも、さすがに時を経ているので、果汁が前面に感じられることもなく、香りも私好みの臭さが多少ありました。このワイン値段は999円。この年代でこの値段ならと購入しました。写真の [続きを読む]
  • ロリアン 甲州2016 お買い得でした
  • カクヤスで在庫処分で定価の半額で販売していました。甲州は和食にも合い好きな白ワインなんですが、千円台なかば以上とデイリーで気軽に飲むには少々お高め。そこでこの機会を逃さず(?)と即購入させていただきました。白百合醸造のロリアン甲州1500本限定品です。ロリアンとはフランス語で東洋の意味。東洋の日本でもヨーロッパにひけをとらないワイン造りをとの意味が込められているのでしょう。グラスのワインは甲州特有の水の [続きを読む]
  • グランポレール・長野シャルドネ2015 箱根の宿で
  • 春にはもう一歩の箱根に、妻の母親を含めて家族旅行に。久しぶりの温泉はう~ん心地よかった。料理が自慢の旅館、夕食が楽しみ。近頃は、こうした宿でもワインが用意されているのが嬉しいですね。赤は軽い物からボルドーまでありましたが、旅館の料理としては白でしょ。サンセールやシャブリなどフランスの白、またシャンパンも数種ありましたが、今回は日本のシャルドネを選びました。サッポロビールのワイン、グランポレール長野 [続きを読む]