安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々 さん プロフィール

  •  
安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々さん: 安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々
ハンドル名安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々 さん
ブログタイトル安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/50ls1234
サイト紹介文安くて美味しいワインを探し求めて日々精進!.ワインだけでなく、様々なお酒や出来事もアップしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供118回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2014/12/27 14:11

安旨ワインつれづれ  (安くて美味しいワインと日々 さんのブログ記事

  • クラレンドル・ボルドー・ルージュ2015  また飲んでしまった
  • カードのポイントでエノテカのワインセットを頼むと、かならず入っているので、また飲んでしまいました。オーブリオンのスタッフが醸す一本ということで鳴り物入りなんですが、どうもそこまでとは思えません。もちろん不味いわけではなく美味しいんですけどね。よくあるボルドーの金賞受賞ワインって感じがするんだけど。今回は、シールキャップを流血なく外しましたが、相変わらず固いな。※お伴に写るは、よくわからないゴジラ。 [続きを読む]
  • フレツケッロ・ロッソ イタリアで売上げNO. 1
  • イタリアで売上げNo. 1のワインだそうな。メルローと言うよりピノ・ノアールのような感じです。そしてするすると、何も引っ掛かるところなく飲めます。イタリアじゃ清涼飲料水がわりに飲んでいるんじゃないんでしょうかね。実際、夕飯のチキンの“カリカリローストみぞれあえ”とも問題なくいけましたが、ワインと言うよりやっぱりお茶がわりてな感じでした。※お伴に写るは、ミレニアムシリーズのゴジラです。 [続きを読む]
  • 夏のワインだ!微発泡 エスカバーダ・ブランコ 2016
  • これはいける!シュワッと爽やか辛口のポルトガルの白。軽る過ぎずコクもあります。夕飯の「ポークソテー薬味載せポン酢がけ」にあうワインを探していたら、ちょうどカルディでこのワインが試飲されていました。一口飲んで即決で購入しちゃいました。スパークリングワインほどの炭酸はありませんが、細かな泡が口の中や喉を刺激して行きます。エチケットといいスクリューキャップの色といいなんとも夏色の一本でした!海辺のテラス [続きを読む]
  • 歓迎!EUとのワインの関税即時撤廃!
  • 今日の夕刊(2017/7/5)にEU 欧州連合との経済連携協定の交渉がほぼ決まったとの記事が載っていました。ワインはお互いに関税は即時撤廃!朗報です。ヨーロッパのワインが少しは安く飲めるようになるわけだ。酒飲みにとって酒税の実質的なアップなんて良くないニユーズが多いご時世にうれしいね。ヨーロッパのワインが安く飲めるだけでなく、日本のワインもヨーロッパに今より安く送り込める訳だから、甲州をはじめ日本のおいしいワ [続きを読む]
  • シャトー・プリオ・ルージュ2013 夏野菜とスペアリブのローストと。
  • 夏野菜の美味しい時期となりました。ズッキーニ、茄子、ミニトマト、新ジャガイモとスペアリブドそしてエリンギのローストにボルドーを持ってきました。豚肉は火加減が難しいですよね。オーブンで時間をかけて焼きましたが、火の通りがいまいちだったので、最後に電子レンジで仕上げを。夏野菜も新ジャガイモもエリンギもおいしい。もちろんスペアリブも堪能しました。ボルドーの赤ですが、タンニンばかりが目だちちょっと残念。ポ [続きを読む]
  • Quシャルドネ2013 焼きリンゴの香り?の美味しい白!
  • チリ、セントラルヴァレーのシャルドネ。ショップのPOPに「焼きリンゴの香り」と書いてありました。興味ある文言です。ズッシリしたボトル、しゃれたエチケットいい感じです。濃い麦わら色、ボディがあります。イースト、はちみつのニュアンス。シナモン、そう言われれば焼きリンゴのようでもあります。とても美味しいシャルドネです。これはとてもコスパ良し!飲み心地の良さといい、エチケットのデザインといいプレゼントにも持 [続きを読む]
  • 成城石井のシャトー・セネラック2008
  • 高級スーパー(?)の成城石井のバイヤーが探し出し独占で販売しているボルドーシューペリエールの赤です。タンニンも酸味も柔らかく穏やかなワイン。ボルドーで使用されるブドウ品種の大半の種類(メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フラン、マルベック、プティ・ベルト)を使っているそうですが、複雑さはありません。ちょっと薄い印象です。飲み終わったボトルにはオリが残っていました。 [続きを読む]