MNT さん プロフィール

  •  
MNTさん: バフェット流バリュー株投資で資産形成+
ハンドル名MNT さん
ブログタイトルバフェット流バリュー株投資で資産形成+
ブログURLhttp://mnt01.blogspot.com
サイト紹介文目標年利15% 株式の価値に基づき売買運用状況、決算分析、相場雑感等
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供90回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2014/12/27 22:47

MNT さんのブログ記事

  • 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(2017/7/22)
  • 4週週末の恒例、 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(真ん中は縦軸対数、下はアベノミクス開始以降)です。今年3月末からのパフォーマンスはPFが+11.2%(+8.7%)、日経平均が+6.3%(+6.5%)、スプレッドは+4.9pt(+2.2pt)です。暦年ではPFが+16.6%(+14.0%)、日経平均が+5.2%(+5.3%)、スプレッドは+11.4pt(+8.7pt)です。( )内は前回の数値です。この一月もどちらかというと小型株の方が良かったようです。そ [続きを読む]
  • 【決算分析】6073 アクアライン 30年2月期1Q
  • 6073 アクアライン 東M■事業概要水回りの緊急トラブルに対応する「水道屋本舗」を全国展開。正社員比率が高く、信頼感のある接客が売り。ミネラルウォーターの販売も。リフォーム事業への展開期待。■決算全般24%増収、4倍以上の増益と超好決算でした。前期1Qの利益水準が低いことを割り引いて考える必要がありますが、それでも素晴らしい数字でした。提携先との関係強化で主力の水まわり緊急修理サービス事業の受注が伸びてい [続きを読む]
  • 【決算分析】6074 ジェイエスエス 29年3月期4Q
  • 6074 ジェイエスエス JQ■事業概要スイミング専業のスポーツクラブ。直営と受託で全国展開。■決算全般20%程度の増益と予想を大きく上ぶれしての着地となりました。会費値上げや用品販売の拡大が売上増に寄与しました。会費値上げの増収効果は今上期いっぱいは期待できそうです。ジュニアの会員も順調に増えていますが、シニアは微減が続いているようです。あえてジュニアを伸ばすのもありですが、やはりシニア層を上手に取り込 [続きを読む]
  • 現在の保有銘柄の状況(2017/7/17)
  • 第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。加重平均PERは17.57(先月)→16.94(今月)となりました。今月の主要銘柄の売買は以下の通りです。売り エムケイシステム(一部)、シノケングループ(一部)買い 共立メンテンス(新規)3910 エムケイシステム買い値からいくぶん上昇していたので、少し売却して新規銘柄購入の資金源にしました。8909 シノケングループ最近上昇気流に乗っていますので、少しずつ売っています。9616 共立 [続きを読む]
  • 【決算分析】6039 日本動物高度医療センター 29年3月期4Q
  • 6039 日本動物高度医療センター 東M■事業概要犬猫専門の高度医療を施す病院を展開。現在川崎と名古屋の二院。今秋に東京分院開業予定。連携病院からの完全紹介制。■決算全般一桁増収、20%超の営業増益で落着しました。今秋の東京分院のための採用増の費用により前期当初はもたつきましたが、中盤より売上が伸び、しっかりと増収増益確保となりました。経費増を吸収し、しっかりと増益を確保してくるあたりは今後の安心感につな [続きを読む]
  • 【決算分析】8909 シノケングループ 29年12月期1Q
  • 8909 シノケングループ JQ■事業概要頭金ゼロで可能なアパート、マンション経営を提案。不動産賃貸管理や介護などストック事業を育成。アセアン進出。■決算全般30%超の増収、20%超の増益で、全セグメントで増収増益と絶好調が続いています。マンションの契約残は前年比でやや減少しましたが、 心配されていた金融庁の指導の影響も思ったほどではなくアパートの受注残も伸びています。どこまで業績が伸びるのか。株価はあまりの [続きを読む]
  • 【決算分析】3910 エムケイシステム 29年3月期4Q
  • 3910 エムケイシステム JQ■事業概要社会保険や労働保険に関する業務支援ソフトウエアをASPで展開。M&Aにより人事総務に関する事業も子会社化。■決算全般60%超の大幅増収、約30%の大幅増益での着地となりました。3Qより連結対象となった子会社「株式会社ビジネスネットコーポレーション」のCuBe事業が4Q編重であったため大きな利益をもたらしました。しかし同社の場合はなんといっても社労夢事業の着実な増収です。主力のスト [続きを読む]
  • 【決算分析】8920 東祥 29年3月期4Q
  • 8920 東祥 東1■事業概要愛知地盤にスポーツクラブを運営。ABホテル好調で高成長。ローコスト経営に特色。■決算全般ほぼ2桁の増収増益での着地と安定感を見せてくれました。今年度についてはスポーツクラブ10店舗、ホテルが5棟営業開始予定となっております。昨年度はそれぞれ5店舗、3棟なので出店が大幅にペースアップとなります。利益率が高いので最終的には問題ないと思いますが、費用が先行し、一時業績が弱含むことが [続きを読む]
  • 【決算分析】7636 ハンズマン 29年6月期3Q
  • 7636 ハンズマン JQ■事業概要宮崎地盤のホームセンター。品ぞろえが豊富で魅力ある大型店に特色。■決算全般2Q累計に引き続き最終益を除けば一桁の増収増益でした。増益幅については物足りなさも感じますが、前期の伸びが驚異的だったため、仕方のないところでしょう。やはり通期に対する進捗は例年より良いです。しかし、4Qは熊本地震復旧特需剥落と新規採用人件費増が重荷となり、失速が濃厚です。これらを加味すると通期予想 [続きを読む]
  • 【決算分析】3085 アークランドサービスHD 29年12月期1Q
  • 3085 アークランドサービスHD 東1 ■事業概要カツ丼専門店「かつや」を展開する外食チェーン。唐揚げ専門店「からやま」を育成中。■決算概要20%台の増益と、相変わらずの安定感を見せつけてくれた1Qでした。競合のかつ丼チェーンの台頭はありますが、今のところ業績の懸念はないようです。出店についてはかつや7店舗増、からやまを含むその他5店舗増となっています。以下株探より引用アークランドサービスホールディングス [続きを読む]
  • 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(2017/6/24)
  • 4週週末の恒例、 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(真ん中は縦軸対数、下はアベノミクス開始以降)です。今年3月末からのパフォーマンスはPFが+8.7%(+4.8%)、日経平均が+6.5%(+4.1%)、スプレッドは+2.2pt(+0.6pt)です。暦年ではPFが+14.0%(+9.9%)、日経平均が+5.3%(+3.0%)、スプレッドは+8.7pt(+6.9pt)です。( )内は前回の数値です。この一月は小型株優位の風に乗れたため、パフォーマンスが向上し [続きを読む]
  • 現在の保有銘柄の状況(2017/6/17)
  • 第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。加重平均PERは17.29(先月)→18.97(今月)となりました。アークランドサービスやエムケイシステムが平均を押し上げる形となっています。今月の主要銘柄の売買は以下の通りです。売り シノケングループ(一部)買い なし8909 シノケングループスタンスとしてはポジティブなのですが、ある程度上がったら一部は売っておくのが私の既定路線です。この一か月で最も良いパフォーマンスはエム [続きを読む]
  • 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(2017/5/27)
  • 4週週末の恒例、 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(真ん中は縦軸対数、下はアベノミクス開始以降)です。今年3月末からのパフォーマンスはPFが+4.8%(-2.0%)、日経平均が+4.1%(+1.5%)、スプレッドは+0.6pt(-3.5pt)です。暦年ではPFが+9.9%(+2.8%)、日経平均が+3.0%(+0.4%)、スプレッドは+6.9pt(+2.4pt)です。( )内は前回の数値です。この一月でPFの成績が改善し、ベンチマークを上回りました。昨年末 [続きを読む]
  • 現在の保有銘柄の状況(2017/5/19)
  • 最近趣味のDIYがとても忙しいので、申し訳ありませんが簡単に報告させていただきます。第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。加重平均PERは15.29(先月)→17.29(今月)となりました。今月の主要銘柄の売買は以下の通りです。売り エイジス(一部)、ゲンキー(一部)、ハンズマン(一部)買い JSS(新規)、アクアライン(新規)、ファンデリー(新規)、エムケイシステム(買増)4659 エイジス月次が悪かったので、決算発表 [続きを読む]
  • 【決算分析】9795 ステップ 29年9月期2Q
  • 9795 ステップ ■事業概要神奈川西部地盤に学習塾「ステップ」を展開。同県立トップ校受験に強く、少ない広告費で生徒を確保できるのが強み。 ■決算全般一桁の増収増益での落着となりました。1Q時よりも2Qで利益が改善しています。今期の新規生徒獲得に大きな影響を与える合格実績も堅調だったため、今後も安定した業績が期待できます。以下株探より引用ステップ【9795】、上期経常が4%増益で着地・1-3月期も10%増益 | 株探ニュ [続きを読む]
  • 【決算分析】2772 ゲンキー 29年6月期3Q
  • 2772 ゲンキー 東1■事業概要北陸・東海を地盤とするドラッグストア。食品・日用品など生活必需品の比率が高い。300坪タイプの中型店の採算性向上に伴い足元の業績は急回復。■決算全般3Q累計で50%超の増益と絶好調です。3Q単独では30%超の増益ですが、利益率の改善が鈍化しているのが気がかりです。中型店の採算性向上の効果が今後も続いていくのか確認が必要です。以下株探より引用ゲンキー【2772】、7-3月期(3Q累計) [続きを読む]
  • 投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2017/5/7)
  • 毎月一度の「投資信託の状況確認」では、現在投資中または投資予定のある投資信託の状況を確認し、年金運用に役立てるためのコーナーです。年金積立インデックスファンド日本債券:0231B01A:青DC・ダイワ・ストックインデックス225:0431301C:赤インベスコ MSCIコクサイ・インデックス:18312023:緑年金積立インデックスF海外新興国株式:02311084:黒Jリートアクティブファンド(1年決算):6431307A:黄1か月チャートまず最近 [続きを読む]
  • 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(2017/4/29)
  • 4週週末の恒例、 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(真ん中は縦軸対数、下はアベノミクス開始以降)です。昨年3月末からのパフォーマンスはPFが-2.0%(+0.0%)、日経平均が+1.5%(+0.0%)、スプレッドは-3.5pt(+0.0pt)です。暦年ではPFが+2.8%(+5.0%)、日経平均が+0.4%(+0.8%)、スプレッドは+2.4pt(+4.2pt)です。( )内は前回の数値です。今年初めてのエントリーですが、早くもベンチマークに劣後するパフ [続きを読む]
  • 現在の保有銘柄の状況(2017/4/23)
  • 第3週恒例、現在の保有銘柄の状況です。加重平均PERは15.64(先月)→15.29(今月)となりました。今月の主要銘柄の売買は以下の通りです。売り ブロンコビリー(優待分残し)買い ゲンキー(買増)3091 ブロンコビリー先日1Qを発表しましたが、大幅減益での着地となってしまいました。2四半期連続の減益で実は一作年の1Qよりも利益が少ない結果となっています。前期が良かったので、前期比での伸びが鈍いか微減くらいならよ [続きを読む]
  • 緊迫する北朝鮮情勢
  • 現在の株価が直近の高値からどの程度調整しているのかをまとめてみました。日経平均(-5.8%)TOPIX(-6.4%)ジャスダック(-6.1%)マザーズ(-9.6%)マザーズは10%程度下落していますので、個人投資家は結構ダメージを受けていると思います。これまでが好調過ぎた反動とも言えますが。これと比較すると他の指数はまだそれほど下落していないことがわかります。つまり通常よくある10%程度の調整であってもまだ下げるということです。 [続きを読む]
  • 投資信託の状況確認【確定拠出年金】(2017/4/9)
  • 毎月一度の「投資信託の状況確認」では、現在投資中または投資予定のある投資信託の状況を確認し、年金運用に役立てるためのコーナーです。年金積立インデックスファンド日本債券:0231B01A:青DC・ダイワ・ストックインデックス225:0431301C:赤インベスコ MSCIコクサイ・インデックス:18312023:緑年金積立インデックスF海外新興国株式:02311084:黒Jリートアクティブファンド(1年決算):6431307A:黄1か月チャートまず最近 [続きを読む]
  • 2016年度投資成績総括
  • 2016年度の成績は以下のようになりました。昨年3月末からのパフォーマンスPF +16.8%日経平均 +12.8%スプレッド +4.0pt資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(真ん中は縦軸対数、下はアベノミクス開始以降)です。欲を言えば最後にもうひと伸び欲しかったのですが、それでも3月は2%以上の上昇でじわっとパフォーマンスが上がった一月となりました。一方のベンチマークは微減のまま終了。結果として15%増と対ベンチマー [続きを読む]
  • 【決算分析】8909 シノケングループ 28年12月期4Q
  • 8909 シノケングループ JQ■事業概要頭金ゼロで可能なアパート、マンション経営を提案。不動産賃貸管理や介護などストック事業を育成。アセアン進出。■決算全般結局4Qも約50%の増収増益と飛躍の決算となりました。4Qでも各セグメント共、売上と利益を伸ばしており、相変わらず怖いくらいの安定感です。しかし、受注残に目を向けるとアパートの受注残が3Qと比較して横ばいとなるなど、さすがにこの勢いの増収増益が続くとは思 [続きを読む]
  • 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(2017/3/25)
  • 4週週末の恒例、 資産運用額と日経平均株価指数チャートの比較(真ん中は縦軸対数、下はアベノミクス開始以降)です。昨年3月末からのパフォーマンスはPFが+16.9%(+14.5%)、日経平均が+14.9%(+15.1%)、スプレッドは+2.0pt(-0.6pt)です。暦年ではPFが+5.0%(+2.8%)、日経平均が+0.8%(+0.9%)、スプレッドは+4.2pt(+1.9pt)です。( )内は前回の数値です。前回と比べるとPFが↑、ベンチマークが↓でついにベンチマーク [続きを読む]