梅里 さん プロフィール

  •  
梅里さん: いつも森にいます
ハンドル名梅里 さん
ブログタイトルいつも森にいます
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bairi42
サイト紹介文上州の片田舎でバイク乗ってます。県内の小さな峠を紹介していきたいと思います。
自由文バイクの好きな50台のオヤジです。群馬県のマイナーな峠路と、やはりマイナーな林道を紹介して行きます。整備やバイク用品にも触れて行きます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2014/12/28 09:46

梅里 さんのブログ記事

  • 赤城はウエット
  • うす曇りの一日、赤城の西南麓を軽く走ってきた。田んぼのあぜ道には曼珠沙華が燃えるように満開。路面には栗が落ち始めたけど、台風の影響もあるのだろう。いつもの入口から。ルートは水たまりこそ無いものの、かなり保水していて良く滑る。台風のせいで新しい倒木や落ち枝も多く見られる。ヌタっているところも多い。白樺線の地蔵峠。かなり涼しくてアカトンボもいな [続きを読む]
  • やっぱり晴れが好き
  • 久しぶりにスカッと晴れた一日だった。本当に天候不順な夏だったので、稲作農家は気が気ではなかったと思う。それでも稲穂は重そうに垂れ下がり、素人の私の目にははいつもの実りの秋がやってきたように思われる。上州人はとにかく晴れが好きだ。私のように曇りも好きなんて天邪鬼はともかく、基本的には晴れが好きだと思う。県都の前橋は県庁所在地の日照時間だ [続きを読む]
  • 矢川・香坂・余地峠  その2
  • 続きです・・R141で佐久穂に至り、十石峠へのR299を東に。途中、余地入口の信号を左に折れて余地川に沿って上って行く。集落を抜けてまもなく余地ダム。ここでサンドイッチのお昼ご飯。地べたに座ってむしゃむしゃしていると、一匹のバッタが物欲しそうに近づいてきた・・。腹でも空かしているのだろうと、パン屑を置いてやったが、目ざとい蟻に食べられてる [続きを読む]
  • 矢川・香坂・余地峠  その1
  • この週末はすっかり空気が入れ替わってしっかりと秋を感じられるようになった。素晴らしい天気の日曜日は珍しく軽い二日酔いでうだうだしてしまったけど、今日は久しぶりの林道行。今回は上信県境の3つの峠を訪ねて、思いっきり秋の気配を楽しんで来ようという企み。まずは一息にR254内山峠まで走る。ジャケットのベンチレーターが全開になっていて少し肌寒い。 [続きを読む]
  • 秋の気配・・・
  • 今日は上信県境の峠にセローで出かけようとたくらんでいた。しかし、半端な時間に来客があったため、不発におわり、SRで軽く走るにとどまるという未消化な一日だった。それでも郊外に出ると、最近の不快天気を忘れさせるような爽やかさを感じることができて、秋の気配すら漂っていた。コスモスをはじめとした秋の花々にはまだ早く、景色はくすんだ夏といった風情 [続きを読む]
  • サングラスという道具
  • ず〜っとシールドの無いジェット型のヘルを常用しているので、ゴーグルやメガネの類は必需品。オン・オフともにフルフェイスは持っているのだが、元来開放的なのを好むせいか、出番が無い。オフロードは決まったゴーグルさえあれば問題ないけど、オンロードとなると、これと言った定型が定まらない。ここ6〜7年は国産のバイク用サングラスを使っているけど、昔な [続きを読む]
  • 出戻ってすぐに嫁いで行きました・・
  • 8月に入ってからのこの天候・・・なんとかならないもんでしょか。バイクにも数回軽く乗ってはいるものの、記事にするほどのことは無かった。お盆は3家族で野反湖にキャンプに出かけたけど、やはり天気悪しで未消化だったなあ。セローで山に入ろうと思うと結構な雨が降って乗れずじまい。気温が低めなのはありがたいけど、やっぱり夏は夏らしくあってほしいもん [続きを読む]
  • PZL P.8
  • PZLの続きです。主翼を取り付けて、機体全体のリベットと機首パネルファスナーを加工中。実機もかなりブツブツと目立つので面倒だけど再現します。0・3ミリのドリルで下穴を開けておいて、0.25軸の洋白製リベットを埋め込んでいきます。全て植え込んだら一度外して塗装後にもう一度植え込む面倒な作業。100本を越えるので根気はいるけど難しい作 [続きを読む]
  • 新井コー児展に行ってきました
  • 前記事でお知らせした新井コー児展に行ってきました。日ごろデパートなんかに縁の無い私なのでいささか緊張しながら会場へ・・・・「忙しくて死にそう」とこぼす画伯でしたが、元気そうでなによりです。相変わらず個性あふれる大作の数々は、生で一度見ていただきたいと思う私でした。この後、高崎市役所の展望ルームで4か月間の展示が行われるとのこと、是非一度ご覧ください。 [続きを読む]
  • PZL P.8
  • 模型の記事が続くなんて珍しいけど、所属している模型クラブのHPとリンクした事もあって少し模型の記事をふやさなきゃって事なのです。まあ、このおかしな暑さではバイクに乗るのも勘弁て日が多いのもあるけど・・・そんな訳で現在製作中の飛行機はポーランドのPZL P.8という1930年代の機体。試作機ということもあるけど、日本ではほとんど知ら [続きを読む]
  • デバイダーについて考える
  • 私の模型製作にかかせないデバイダー、長年使用してきたシンワの製品にガタがきたので買い足した。CADが全盛の時代ゆえ、コンパスや烏口、デバイダーなどの製図用品は、もはや前時代の遺物あつかい。それでも、図面から大きさを移し取ったり軽くけがいたりといった作業にはデバイダーが欠かせない。寸法を固定したままにしておきたいこともあるので数 [続きを読む]
  • 上野村でキャンプ その2
  • さて、飯にしますか・・・前橋で結構な人気の政次郎のフランスパン、二分の一を縦に切開して・・薪のブロックをまな板替りにタマネギやキュウリなんぞを切ってと。オガクズがたかっちゃったけど、パルメザンチーズだと思うことにしました。ソーセージとレタスもたっぷりはさんで、粒マスタードとマヨネーズで味付けすれば完成です。まあ、料理とはとても呼べま [続きを読む]
  • 上野村でキャンプ その1
  • 昨日の記事の通り、上野村でキャンプしてきました。家族がそれぞれ遊びの予定があるので、私も一人でキャンプを予定していました。テントの部品が破損したことでお流れかと思いましたが、メーカーの迅速対応のおかげで予定通り決行したのです。まあ、チョロッと一泊するだけなので、大げさな用意も必要ないし、車なのでパッキングの工夫もいらないという楽ちんキャ [続きを読む]
  • 一人キャンプ
  •                              竜神の滝キャンプ場で夕げの準備中です。すっかり御飯も食べ終えて、チビチビとウイスキーのんでます。蛍が飛ぶかなーと思ったのですが、少し早いみたい。滝の音と河鹿蛙の声しか聞こえません。山の端に星が降るようです。 [続きを読む]
  • 私の青空
  •                             私の青空・・そんな歌を口ずさみたくなるような梅雨の晴れ間。(この歌の青空は夕暮れだけど)尾瀬の麓からこんろく峠を越えて奥利根方面を一周してきた。市街地では開けていたジャケットのベンチレーターを鎌田のコンビニで閉じる。実は国道を走行中、小蜂が首元からジャケットの中に飛び込んで、右腕の上部を這い回って五か所も噛みつきやがった・・。チクチクした程度 [続きを読む]
  • キャンプに行こうと思ったら・・
  • 来週、一人でキャンプに行こうと思った。梅雨入りしてどこも空いているだろうから、どこということは無いのだが、普段なら近づかないキャンプ場に行ってみようと思ったのだ。八月に後輩家族とキャンプすることにもなっているため、しばらく使っていないテントの虫干しもかねての一泊をと考えたわけ。私が使っているテントはモンベルのムーンライト3という極 [続きを読む]
  • 新緑の軽井沢
  • ベスパで新緑の軽井沢を行く。セピアな画像にするだけで何と無くタイムスリップするようだ。このP125が作られたのが79年だから38年前、当然写真撮影はカラーの時代だけど、セピアにしても違和感は無い。むしろ十代の頃の懐かしい軽井沢が蘇ってくるようだ。まずはR18旧道の安中杉並木。排気ガスの影響と寿命ですっかり本数が減ってしまったけど道路 [続きを読む]
  • 赤城から高山へ その2
  • 続きです広域農道で昭和村。綺麗に植えられたレタスの苗越しに残雪の武尊。昭和村は日本一美しい村で売出し中だと聞いたような・・・。確かに、苦労して開拓した広大な農地はとても美しいと思う。とかの橋から一度国道へ出る。こういうデザインというか作りの橋って好きだなあ。まさに鉄骨で作りましたって感じがいいんだよなあ。川を渡るための機能美とでも言 [続きを読む]
  • 赤城から高山へ その1
  • 梅雨のような土曜日から、うって変わって爽やかな晴天。これといった目的地もなく出発して、まずは赤城に向かう。道すがら、栗原川に行こうかとも思ったのだが、昨日本格的に開通したので今日は混んでいると判断して却下。鈴ヶ岳の周辺林道を何本か走ってウォームアップ。袖が外せるMSRのジャケットをベストとして着てきたので腕はジャージ一枚、少し寒い・・ [続きを読む]
  • バラが咲いた
  • 前橋市の敷島公園には大きなバラ園があります。今が花の盛りでバラ園祭りも開催されていてとてもにぎやかなのです。梅雨を思わせるような曇り空にもかかわらず、県の内外から多くのお客さんがおとずれています。東京方面からの観光バスも多く、この後に温泉地へ向かうのでしょうか?駐車場の空きを待つ渋滞を横目に、ベスパですいすい。このバラ園には子供の頃から何 [続きを読む]
  • 越えてみたい尾根があるのだ 二日目の2
  • 続きです・・奈良山から焙烙峠の道を行き、峠の手前で東の林道に入る。分岐を全て尾根方向に進んで行くと、すぐに切り通しの小幡峠。正面の木立にはヤドリギがとりついている。ここを北東に下って行くのが、轟の宝積寺に抜ける古い道。下り始めは屈曲がきついがすぐに真っ直ぐな林縁になる。開けた植林地と杉木立の境を下って行くと少し広い場所に。ここには林業 [続きを読む]
  • 越えてみたい尾根があるのだ 二日目の1
  • 静岡ホビーショー関連で、しばらく忙しくて更新できなかったけどやっとアップ。さて、膝をひねって手負いとなった二日目だけど、お稲荷さんの効果があったのか、気にならない程度に回復。オッサンは、はじめから手負いみたいなもんなので、治ったのかどうかも定かではない・・今日は日野側からのアプローチ、いつもの販売機でお茶を買う。結構な確率で出会う可 [続きを読む]