masaki さん プロフィール

  •  
masakiさん: オトコの恋バナ
ハンドル名masaki さん
ブログタイトルオトコの恋バナ
ブログURLhttp://otokonokoibana.com/
サイト紹介文男が気になる恋愛話のまとめ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2014/12/30 10:11

masaki さんのブログ記事

  • 結局女性は彼氏を顔で選んでいる?男性の顔を重視する理由とは
  • 女性は彼氏の顔を見て癒されたいと思っている女性が彼氏を選ぶ時の基準のひとつに顔がありますが、彼氏に会った時に癒されたいと思うので、タイプの顔の男性を彼氏に選ぶことが多いです。いくら顔がカッコ良くても、タイプでない男性だと彼氏にしても癒されることは少ないです。やはり見た目の印象は大切ですし、自分が好みのタイプの彼氏ならば、一緒にいるとだけで幸せな気持ちになります。タイプの男性は人にとって様々なので、 [続きを読む]
  • 女性の部下がいる男性必見!心配する妻・彼女の心境
  • 部下が女性である事実を、家に持ち込まれることで心配をあおるでは、実際にそんな状況になった女性たちの心の中をのぞいてみましょう。なんで心配なのか、どう心配なのか、ちょっと拝見。男性当事者の方は、女心を知る参考にしてみてくださいね。例えばある人は、家でも頻繁に女性の部下とメールやLINEでやり取りをしていたそうです。これはパートナーとしては、結構嫌ですね・・・。「仕事の用事なら、明日会社ですればいいの [続きを読む]
  • 人事異動の時に連絡先を既婚者から聞かれた時の対処法
  • 異動すれば会わないのでとりあえず既婚者でも連絡先を教える会社の人事異動の時に連絡先を聞くのは、部署が離れてしまうと連絡する機会が少なくなるので、異動のタイミングの時に連絡先を交換することはよくあります。もしも連絡先を聞いてきた相手が既婚者だと知っている場合でも、今まで一緒に働いてきた仲間なので、連絡先を教えても問題は無いと考えます。同僚としてこれから先も何かあったら連絡してほしいという気持ちから、 [続きを読む]
  • 職場の年上の女性が可愛くて困っちゃう!可愛い女性になる条件
  • 職場の年上の女性に可愛いは失礼と思う男性もいる!あなたにとって、憧れる年上の女性のイメージはどのようなものですか?「仕事ができる」「カッコいい」「美人」など、大人っぽいイメージが多いのではないでしょうか。女性から見た憧れる年上の女性は、上記のような「出来る女」が多いです。しかし、男性にとって好印象な女性のイメージは、出来る女だけではありません。年齢関係なく「可愛い」と思える女性も、好印象になる対象 [続きを読む]
  • この気持ち、どうすべき? 直属の上司が好きすぎて苦しい!
  • 直属の上司が好きになりすぎて苦しい… 実はよくあることだった頼りがいのある上司を好きになってしまうことは、特段珍しいことでもありませんし、それはある意味人間の心理的にも当然のことと言えます。実際、ある調査では、社内の誰かを好きになったことがあり、かつ社内恋愛まで発展したことがある人の3割が、その相手が上司と答えるほどです。ただ、社内恋愛において重要とされるのが、その恋愛を社内の人に知らせないよう、 [続きを読む]
  • 彼の転勤に合わせた退職・結婚 手続きはいつ始めるべきか
  • 彼の転勤に合わせての退職と転勤 いつを退職日にすべき?元々結婚を意識して付き合っていた二人が、彼の転勤に合わせて結婚する。こうしたことは、珍しいことではありません。ただ、それに合わせる女性側が仕事をしていた場合、引越し先に同系列の会社がある・元々社内恋愛で、自分の転勤も同時に認められるといった状況でない限り、退職を選ばなければならなくなります。この結婚・引っ越しによる退職の場合、いつを退職日と決め [続きを読む]
  • 【恋は盲目】気になる女性は自分の部下、好きになった要注意!
  • 部下の女性を好きになったら?気をつけるべきポイント部下の女性に対する好意を認識したら、まずは周りに悟られないように隠しておくようにしてください。職場内での色恋沙汰というのは、予想以上の面倒なことになる可能性が高いからです。純粋な「好き」という気持ちでも、間違った風に伝わればセクハラだとも言われかねません。そんなレッテルを貼られてしまっては、あなたがこの先肩身狭い思いをするか、最悪この会社にはいられ [続きを読む]
  • 塾の先生がイケメンだった!イケメン塾講師との恋愛事情
  • 塾のイケメン先生も苦労が多いイケメン先生だと、生徒に人気がありそうですよね。しかし、苦労も多いそうです。というのも個人指導の塾の場合、女生徒を受け持たせないように裏工作がされる事があるそうです。別に嫉妬しているからではないのですよ。単なる塾運営側のリスクマネジメントの観点からです。つまり、「イケメン先生だから女生徒に人気がある」→「女生徒からのアプローチが多い」→「ある女生徒と恋愛に発展」→「女生 [続きを読む]
  • 慰謝料や養育費に税金はかかるの?非課税の範囲について
  • 慰謝料や養育費は税金がかかるの?原則税金はかかりません。つまり非課税です。慰謝料というのは基本的に、何等かの責任を負うべき立場の人が、被害を受けた人に支払うものですから、課税対象にはなりません。養育費の考え方も似たようなものです。例え離婚しても子供の養育の義務は両方あります。そのため親権がある方に対して、親権がない方が子供を育てる費用を分担する必要があります。国も鬼ではないので、そういう所からお金 [続きを読む]
  • 既婚者の患者が先生に恋愛感情を抱く!病院では日常茶飯事
  • 既婚者でも恋愛感情を抱くのは普通モラル的に言えば、既婚者が結婚相手以外の人間に恋愛感情を抱くのは問題ありと見なされます。とはいえ、既婚者と言っても人間ですから、結婚相手以外に心が惹かれる事はありえます。それは人間の感情として、決して間違ってはいないのです。ただ問題があるとしたら、それを実行に移した場合です。いわゆる不倫ですね。恋愛感情は自然の感情ですから否定する必要はありません。しかし現実問題とし [続きを読む]
  • 高卒男子と大卒女子の恋愛にある3つの障害!結婚までの道
  • 高卒男子と大卒女子の恋愛の障害とは?日本でも一時期学歴がすべてと思われていた時代がありました。いわゆる「受験戦争」の始まりです。この時代の価値観はとっても簡単。「良い会社に入りたければ、良い大学を出なくてはいけない。良い大学にはいるためには、良い高校に入らなければいけない」という価値観で、高校受験を失敗した受験生が人生を悲観して自殺するなんて事もありました。しかし、不景気になるにつれて、ある価値観 [続きを読む]
  • 《また見えない・・・》コンタクトとメガネを同時に使うには
  • コンタクトとメガネの同時使用、ずばりアリなのか?コンタクトを付けた上からのメガネの使用、結論から言えばアリです。だんだんとコンタクトのピントが合わなくなってきたなと感じたら、足りない分をメガネで補うのは決して珍しいことではありません。しかしこれはきちんとメガネの度数が合っている状態であることが前提で、視力をはからずに近視用のメガネを安く買ってきて使用するのはあまりおすすめできません。度が弱すぎても [続きを読む]
  • 実家暮らしの社会人 貯金に回すべき手取りの割合とは
  • 実家暮らしの社会人 貯金はしなければダメ?その割合は…?人によって年齢は異なりますが、一般的なイメージとして、社会人になると”独り立ち”が求められるようになってきます。それは単に一人暮らしをするという意味だけでなく、自分の稼いだお金で衣食住の全てを賄い、健康的な生活を営むことを意味します。しかし、様々な理由――本人の年齢、通勤に不便がない、家の方針や事情、そして手取り額が少ない等から、実際に社会人 [続きを読む]
  • 恋愛と依存の違いはどこにある?恋の不思議な作用
  • 線引きが難しい?恋愛と依存の違いとは依存に悩む人たちは、必ずしも何かしらのきっかけがあったと自覚しているとは限りません。きっかけがあればまだ改善の余地がありますが、無自覚であった場合はそう簡単ではありません。気づいたときにはもう依存してしまっていた、今の生活や環境が無くなってしまうのが怖い・耐えられないなど、環境の変化を嫌うことが直接依存には繋がりませんが、相手への強い執着心にハッと気づいたときに [続きを読む]
  • 彼女の部屋に遊びに行って、結婚を意識する人、がっかりする人
  • 彼氏が部屋に遊びに来る前に注意する事まずは服装です。家デートだからと言ってあんまりラフすぎるのはNG。一見普段着だけど、でも気を使っているような服装にしましょう。家デートで何をするかはあらかじめ考えておきましょう。お互い緊張して間が持たないとつらいので何かDVDの映画を一つくらい用意しておくといいでしょう。また料理を作るというのであれば、あまり無理しない範囲で失敗しないものをチョイスしてください。料理 [続きを読む]
  • 《もしかしてつまらない?》彼女がデートで無言な理由
  • デート中無言な彼女、それは距離感を間違えてるから?デートで無言が気になってしまうのは、付き合った当初であれば誰しも思うことです。「うまく話せなかったらどうしよう」「会話をリードしないと・・・」混乱して焦れば焦るほど言葉は出てこなくなりますし、下手なことを言って嫌われたり幻滅されたら元も子もありません。よく“某遊園地にカップルで行くと別れる”なんていうジンクスを耳にしますが、長い待ち時間がある場所・ [続きを読む]
  • スタイル良いってどういうこと?足が短いと思われる基準
  • 誰かを見て「あの人、足短いな」と思う基準はどのくらい?たとえ雑誌やCMを見ていなくても、買い物に出ればたくさんの人たちを目にしますよね。子供からお年寄りまで、自分と同じような年代の同性や異性。季節の変わり目を目前に控えれば「そろそろTシャツ一枚でも変じゃないかな?」「コートを着るにはまだ早いかな?」と様々な人の着こなしを無意識にチェックしてしまうものです。素敵だと思う人がいれば同じような服が欲しくな [続きを読む]
  • 《なんだか気力がない》産後、実家に帰りたくない理由
  • 実家に帰りたくない、それは産後すぐだから妊娠と出産の大変さは人それぞれですが、命を生み出すことが簡単なわけはありません。自分の命をかけて子供を産むといっても過言ではありませんし、それだけの体力が必要であり精神的な疲労も大きくのしかかってきます。念願の我が子との対面でそんな大変さも吹っ飛ぶかと思いきや、身体は正直なものです。やり遂げたような達成感を感じる反面、燃え尽きたような感覚を味わうこともありま [続きを読む]
  • 大事な娘が結婚!?娘の幸せを願う故の反対とは
  • あなたはどうして娘の結婚に反対なのかある日突然「この人と結婚する」そんな風に言われたら、冷静に聞いているつもりでも内心は大パニックなのではないでしょうか。今までお付き合いをしている彼の存在を知っていたとしても、交際と結婚は全くの別物です。おめでとう!という気持ちよりも心配で不安な気持ちの方が大きくなってしまうのが親心でもあります。「まだ結婚は早すぎる!」「結婚なんて認めない!」そう咄嗟に言ってしま [続きを読む]
  • 《せかされてる?》彼女が結婚に焦りを感じてきた時にすべきこと
  • なんで彼女は結婚に焦りを感じてしまうのか彼女が結婚への焦りを感じ始めたきっかけとはなんだったのでしょうか。年齢的にそろそろだと思うから友人たちが結婚しはじめたから家族から結婚をせかされたからあなたの結婚への関心が低そうだからパッと思いつくだけでも上記のようなものが挙げられます。女性は男性と比べると初婚の年齢は低い傾向にありますから、男性にとっては「もう結婚を考えるの?」と思うようなこともあるでしょ [続きを読む]
  • 『胃袋を掴んだもん勝ち!』彼女が作る料理はうれしいのか
  • 彼女が作る料理は本当にうれしいものなのか?一昔前までは“外食=不健康”といったイメージが強くありましたが、近年では健康に対する関心が強い世間に向けて様々な商品が誕生してきています。安くすませるために自炊をする人も多いと思いますが、健康の面まできちんと考えられているのか?というと微妙なところだと思います。自分しか食べないから好きな食材しか使わない、毎日同じものしか食べない。きっとこういう方も多いです [続きを読む]
  • あれ?出産で里帰りした妻が帰ってこない。非常事態の対策
  • 里帰り出産の平均期間でどのくらい?里帰り出産といっても、ケースバイケースです。妊娠中から、実家の病院に通い、臨月には実家に帰り、そのまま出産というケースもあれば、出産は自宅の方の病院でして、出産後、実家に帰るケースもあります。おおよそ、一般的に里帰り出産の場合は、平均1〜2か月程度です。赤ちゃんやママの体に問題が発生している場合は3か月ぐらいになる場合も。多くの場合、この期間のカウントは出産してから [続きを読む]
  • 『私って家政婦なの!?』旦那が家事をしない理由
  • もしかして旦那が家事をしないのってうちだけ?「昨日の夕飯は旦那が作ってくれたの!」そんな会話を聞いてドキッ。うちじゃ絶対にあり得ない・・・そう思う全国の奥さまはきっと少なくないはずです。例えば子供の運動会やお誕生日など、いつもとは違う+喜ばれやすい場面であれば手伝ってくれるという方もいるのではないでしょうか。少しでも手伝ってくれるなら有難いことではありますが、そもそも家事なんて食事の準備以外にだっ [続きを読む]