aquila さん プロフィール

  •  
aquilaさん: 左利きライフ
ハンドル名aquila さん
ブログタイトル左利きライフ
ブログURLhttp://ameblo.jp/uchinah/
サイト紹介文日本酒を中心に、飲み歩きを楽しんでいます。そんな酒飲みの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供124回 / 365日(平均2.4回/週) - 参加 2014/12/30 00:15

aquila さんのブログ記事

  • 280円の鳥居酒屋へ
  • 「鶏が食べたい」相方のリクエストで、駅前の『鳥貴族』へ。雑居ビルの薄暗い入口を進み、エレベーターで4階へ。扉を開けば、意外や賑わう店内。鶴見らしいお店なのかも。ザ・プレミアム・モルツの中ジョッキからスタート。金麦なら大ジョッキになるけど、外で飲むなら第1のビールだろう。早く出そうな、キャベツ盛から。キャベツはお代わり自由なのね。枝豆は、冷凍物。国産大豆の冷奴は、パックのヤツ。全品280円均一なんだか [続きを読む]
  • 日本酒好きが集まれば
  • しばらくご無沙汰だった、酒好きの先輩。向こうから酒の誘いがないことにシビレを切らして、連絡。都合の合う日があったので、お店を予約。場所は蒲田。先輩がFacebookで「いいね!」をしていたお店。けれど先輩、お店のことを覚えていないらしい。どゆこと?暑い夏の日。駅で相方の友達女子とも合流して、お店へとご案内。3000円で3時間、冷蔵庫内の日本酒がほとんど選び放題のコースを選択。いきなり日本酒スタートでもよかっ [続きを読む]
  • 久々に2人で国道下へ
  • 「今日は早く帰れるから『国道下』へ行こうよ」久しくお店にはご無沙汰だった相方。よし、今宵は2人で近所のお店にお邪魔しよう。ほぼ満員の店内。レポーターとして有名な常連さんも来店中。久し振りに遭遇した常連さんにテーブル席を譲ってもらう。キリン生ビールで乾杯。時間が早いから、マスターの焼き鳥にもありつける。そして、魚河岸通りの美味しいタコと鮪の刺身も。これには、入れておいた焼酎で迎え撃つ。手造りポテト [続きを読む]
  • 築地市場で朝食を
  • 豊洲移転を控えた、築地市場の見学へ。早めに行って、まずは市場の朝食をいただこう。と言っても、お寿司じゃなく、フライが目当て。行列のできる寿司屋に挟まれた『八千代』へ。サービスはC定食。よし、それだ。車海老、アジ、帆立フライの入った定食。お店のオネエサンは、英語と中国語で接客対応している。器用なものだ。丼飯に、ふわふわのアジ、味の乗ったイカ。大きくて柔らかい帆立。どれも築地の新鮮な魚介類を使ってい [続きを読む]
  • 本鮪をつまみに日本酒三昧
  • 「日本酒飲み放題のお店がありますよ。行ってみてくださいよ」大森駅前の『浦島健太郎』は、同級生が教えてくれたお店。1200円から日本酒の飲み放題ができるという。だたし、松竹梅 豪快(京都)、国士無双(北海道)、男山(山口)の3銘柄のみ。1500円になると、加えて、雪の十和田(秋田)、一ノ蔵(宮城)、八海山(新潟)、ねのひ(愛知)、白雪(兵庫)、金陵(香川)、四万十川(高知)など、10銘柄に増える。2000円払えば [続きを読む]
  • 餃子に合わせて何飲もう?
  • 日本酒を堪能したあとは、以前から気になっていた『餃子とワイン屋』へ。餃子とワインのコラボが売りなのかな。地下へと続く階段を降りていけば、意外や広い空間。カウンターと、テーブル席がチラホラ。スナックの居抜きかな。地元の常連さんかな? テーブル席に座る年齢層は高め。200円の生ビールと250円のシャンディーガフという激安ドリンクで、乾杯。ポテトサラダ(180円)をつまみに。手造りのレギュラー餃子5個とイタリア [続きを読む]
  • 日本酒元旦だから
  • 7月1日は、酒造年度(BY=Brewery Year)が切り替わる、仕込みの新年度。酒税がどれだけ入るか、酒類の製造量を把握しやすいから、この期間になったという。この日を「日本酒元旦」として、乾杯しよう。そんな「サケおめ実行委員会」の働きかけに、乗っかってみることに。さかずきん好きな相方は、ステッカーも仕入れちゃったし。ってことで、相方と大森で待ち合わせて、『ottimo』へ。午後4時の開店時刻ピッタリに入店。カウン [続きを読む]
  • 寿司食べ放題よろこんで〜
  • 「2日間限定でお寿司の食べ放題やってるよ」相方からのグルメ情報。お店は鶴見の『大庄水産』。新店長就任記念らしい。1000円プラスで飲み放題にもなるという。3000円で食べ飲み放題。安い。よろこんで〜。キリン一番搾り生ビール(壜)で乾杯!甘いカクテルとソフトドリンクを除けば、飲み放題の選択肢は、日本酒と焼酎、サワーだな。ビールの友。枝付きの枝豆を別注。この寿司桶に入ったのを平らげたら、追加注文スタート。注 [続きを読む]
  • クラフトビールと日本酒を
  • 予約した、クラフトビール&無濾過生原酒のお店『万事快調』へ。先乗りしていいたナミちゃんたちと合流。まずはやっぱり、タップから注いでもらうクラフトビール。Far YeastのTAPECUT IIPA(インペリアル・アイピーエー)からスタート。刺身盛り合わせを4人前で。魚とくれば……。ドーン!日本酒。開運 ひやづめ純米(静岡)。自家製の燻製盛り合わせ。悦凱陣(よろこびがいじん)無ろ過生 オオセト純米酒(香川)。そして、奥播 [続きを読む]
  • 全国日本酒フェアへ
  • 池袋サンシャインシティで開催される「全国日本酒フェア」第2部に参戦。埼玉のブースから回り始める。早くもなくなっているお酒がある。第一部で飲み尽くされたか。まぁいい。大宮で開催される「埼玉35酒蔵大試飲会」へ行けば、アレコレ飲めるから。群馬のブースへ。片っ端から飲んでみる。飲みやすいお酒を発見。流輝(るか)2種はやわらかい。分福はさらりとしている。awa酒協会が出店しているawa酒ブース。スパークリング日 [続きを読む]
  • 移転したもつ焼きのお店へ
  • 相方のいない、ひとりの夜。鶴見川橋のたもとから鶴見駅近くに移転した、もつ焼きのお店へ。出遅れて、遅くなったけど、マスターが迎え入れてくれた。テーブル席にひとり、ゆったり座らせてもらう。メニュー見るより、マスターに訊くが早い。「緑茶割りは?」「ありますよ!」金宮の緑茶セット。これこれ〜。センマイ、コブクロ、炙りレバーを注文。「レバーは、15分以内にお召し上がりください」おう、こちとら空腹を抱えた身。 [続きを読む]
  • 鶴見の西口で日本酒を
  • 花の金曜日だから、外食しよう。鶴見駅西口の『和海』を予約。4人掛けのテーブル席に落ち着いて、生ビールで乾杯。生ビールがサッポロ黒ラベルってのが、ちょっと珍しい。上品な刺身三点盛りは、イサキ、真鯛、生ダコ。これに合わせて、ワイングラスの日本酒を。写楽 純米酒(福島)から。うん、安定のバランス。相方は銀住吉 特別純米 辛口樽酒(山形)。海老しんじょう揚げ。これまた上品。久礼(くれ)辛口純米(高知)。ちょ [続きを読む]
  • 2年振りの広島へ(3)
  • 広島の旅、2日目。晴れ。ブランチに穴子飯をいただこうと、本通り商店街を進む。あった、『月あかり』。古民家を再利用した、京町家っぽいお店。通されたのは座敷席。ほかに、テーブル席もあるようだ。お昼にはちょっと早い時間だからか、広間には誰もいない。向こうに日本酒の一升瓶が並んでいるな。昼間も飲めるのかな。と、メニューに、ランチ限定だというお試し「おちょこ」を発見。美和桜 双三(ふたみ)の夏 大吟醸(三次 [続きを読む]
  • 2年振りの広島へ(2)
  • ライブは無事に終了。ホテルでひと休みしたら、夜の街へ繰り出そう。流川の繁華街はやっぱり、美味しいお店と風俗店が隣り合わせ。日付が変わる時間帯でも、この賑わい。明け方まで営業しているお店があるのは、深夜族には嬉しい。酒林の下がる『あらし』へ。広島のお酒をはじめとする地酒が揃うお店だ。とは言え、まずは乾いた喉をビールで潤したい。相方はアサヒ スーパードライ、俺はドライブラックで乾杯。日替わりポテサラは [続きを読む]
  • 2年振りの広島へ(1)
  • 厳島神社で行われるライブのついでに観光も楽しもうと、新幹線で広島へ。まずは、新幹線名店街の『酒舗 菱正宗』で試飲をさせてもらう。相方が気に入ったお酒は、帰りに購入しよう。ホテルで荷物を預け、早めの昼飯を食いに出掛ける。あれこれ考えた末、ベタにお好み焼きを。ホテルのすぐ裏に「お好み村」がある。中を覗いてみるけれど、どうやらどのお店も団体の予約でいっぱい。並んでまで食べたくはないので、すぐ隣りにある『 [続きを読む]
  • 駅前日本酒バルでひとりサク飲み
  • 鶴見駅前の日本酒バルへ、久し振りに。キリン・ハートランドからスタート。突き出しはいつも通りのお刺身。鮪、平政、そして赤貝。自然と日本酒に誘われる次第。みりんの甘みとトバの脂が美味しい酒の友、ホッケトバを追加。同時に頼んだ凌駕(りょうが)純米は、松乃井酒造(新潟)のお酒。いやぁ、知らなかったなぁ〜。10辛は、甘みもある旨口ながら、最後キリッとする。お刺身のマグロと合わせると辛味が消えて旨口に、赤貝と [続きを読む]
  • 長崎の料理とお酒を
  • 東京ドームでライブを楽しんだ土曜日。乗換駅の神田で途中下車。相方から提案のあった『gotaru(ゴタル)』へ。良かった。カウンター席が空いていた。黒ラベルの生ビールで乾杯。まずは野菜を取ろう。特製 味噌ドレ温玉サラダでスタート。長崎鮮魚のおまかせお刺身盛り合わせを。平政、真鯛、カンパチが入り。日本酒が欲しい。すぐ横に酒壜の並ぶ冷蔵庫がある。どれにしようかな。福岡の比翼鶴(ひよくつる)上撰 無濾過生原酒。 [続きを読む]
  • 安酒、バンザイ!
  • 明日は土曜日。飲みに行こう。地元鶴見に最近できた立ち飲みへ。注文のたびにレジで支払う方式。ちょっと面倒くさいけど、お店側の都合なんだろう。串焼きは、塩、タレ、味噌があるようだけど、おまかせ注文ができない。これまた面倒くさいけど、お店側の都合なんだろう。相方の到着を待ちながら、まずは一杯。最強レモンサワーでスタート。氷代わりに凍ったレモンが入っているようだ。中身がなくなったら、チューハイをお代わり [続きを読む]
  • 放課後の男子会
  • 放課後、同級生のススムさんから、男子会へのお誘いを受ける。もちろん、マイポリシー「誘いは基本的に断らない」に従って参加。若者を交えた男4人、商店街をうろつくけど、いいお店が見つからない。それじゃあ、俺の知っているお店へ行ってみようか。ってことで『蔦八』のテーブル席へ。4人だから、カウンターって訳にゃいかないんで。それにしても、喫煙テーブル席に比べて、禁煙テーブル席の日陰さ加減よ。便所にゃ近いけど [続きを読む]
  • 選択を繰り返して汗をかく
  • GW最終日。せっかくだから、外食ランチにしよう。ってことで、近所のカレー屋さんへ。増えてきたなぁ、インドカレーのお店。午後3時前。ランチタイム終了直前だったけど、迎え入れてくれた。さぁ、どれにしよう???メニューを決めるには、選択を繰り返す必要がある。まずは、4種類あるランチセットから、どれを選ぶか。基本は、一番品数の少ないAセット。これを選んだとしても、その後に3つの選択が待っている。7種類ある [続きを読む]
  • 地元で南米&沖縄料理
  • 5月5日は「こどもの日」。けれど大人は今宵も酒を。GWだからね〜。遅くまでやっているお店、『エルボスケ(小さな森)』へ。ラテン料理と、沖縄料理の両方をいただける、鶴見っぽいお店のひとつだ。以前はもっとたくさん南米系のお店があったんだけど、だいぶ減ったなぁ。まずは、生ビールで乾杯。鶴見のビール。一番搾り。Queso boliviano frito(ケソ・フリット)。ボリビアチーズのフライ。期間限定らしく、たまたまこの日は [続きを読む]
  • ホームを見ながら日本酒三昧
  • ようやく到着、大森『呑兵衛』。「GW期間中、地酒25種が2時間飲み放題」。駅のホームから見えたポスターに釣られてやって来た。意外や、店内はガラガラ。GW中の飲食店って、そんなもの?聖子ちゃんとかチェッカーズとか、80年代歌謡曲がBGM。案内された窓際のテーブル席からは、京浜東北線のホームがよく見える。線路に向かって顔を塗ってる人とか、鼻ほじってる人とか、丸見えだ。ホームからお店が見えるってことは、お店からも [続きを読む]
  • ベルギービール店との別れ
  • 『銀座松屋』から駅へ向かう途中、ベルギービールのお店『Houblon(オブロン)』の前を通り掛かる。と、「5月7日閉店」とのお知らせが。ビル自体が解体され、新しく生まれ変わるという。せっかくだから、最後に一杯いただいていこう。カウンターに座ってメニューを。あら、樽生のラインナップ、少なっ!それに、大半がアサヒビール系。うーん。百科事典のような分厚いメニューはもう引退したようだ。あんなにたくさんあったビー [続きを読む]
  • 銀座松屋で日本酒を
  • GWの中日。『銀座松屋』でのイベントを楽しんだら、地下へ。地下1階の酒売場には日本酒の立ち飲みがある。ん? 以前と変わったみたいだな。47都道府県のお酒を揃えているとのこと。最初の一杯を迷っていると、古伊万里(佐賀)を勧めてくれる。「古伊万里の生酒は今後飲めなくなる」とのこと。古伊万里 前(さき)純米吟醸 無ろ過生原酒。柔らかなお酒だ。おつまみ三種盛りを。はりはり漬け、塩辛、そして広島菜刻み塩漬け。花の [続きを読む]
  • 鶏をつまみに日本酒を(2)
  • 京浜東北線に乗って、大盛りからひと駅、蒲田にやって来た。駅前から徒歩で5分程度。あった。『毘央志(びおし)』。カウンタ席ーメインじゃなくて、テーブル席メインって感じのお店。『ばーど』のご夫婦が連絡してくれたから、カウンター席を用意しておいてくれた。まずは、日輪田(ひわた)をぬる燗で。萩の鶴で知られる宮城の萩野酒造が醸すお酒だ。50度ぐらいまで上げてくれた、生々しいお酒の燗。ちょっと酸があって、一杯 [続きを読む]