三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』 さん プロフィール

  •  
三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』さん: 365日のとっておき家事
ハンドル名三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』 さん
ブログタイトル365日のとっておき家事
ブログURLhttp://365kaji.blog.jp/
サイト紹介文「とっておき家事」で暮らしの仕組み作りを。3月2日著書『時間が貯まる魔法の家事ノート』発売。
自由文整理収納アドバイザー・ライターの三條凛花が綴る、続けられる家事やお片づけ、そして時間の使い方のヒント集。
ESSEonlineにて家事系コラム連載中。年内には書籍も出版予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供414回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2014/12/31 01:29

三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』 さんのブログ記事

  • 戻しやすい本棚作りに、100均アイテムを投入
  • 実家にいたとき、部屋には大きな本棚がありました。かなりの蔵書数だったけれど全然埋まらなくて、比較的空いている段の本が倒れてくるのが地味にストレス...。小さな「もやっと」ですが100均アイテムですぐにできる解決方法を探してみました。今日、7月27日のとっておき家事では《戻しやすい本棚作り》をテーマにしました。戻しやすい本棚作り戻しやすい本棚を作るのはとてもかんたん。用意するのは100均でも手に入る「ブックエン [続きを読む]
  • 汚部屋脱出のために【やりたいこと・やってはいけないこと】
  • 昔の部屋の写真を見る機会がありました。「このころはいつもいらいらしていたなあ」と、胸がきゅっとする感覚に。料理をしたくてもまずは調理台を片づけることから。冷蔵庫の中身もぎゅうぎゅうで何が入っているか不明。作った料理をテーブルに乗せるまでにも障害物がたくさん・・・。何をするのにも時間がかかり、いらいらする。こういった悩みが今は一切ありません。でもまだ満足はしていなくて、さらに暮らしを磨いていくための [続きを読む]
  • 本に"メス"を入れる。 〜幼児食(離乳食)本活用アイディア〜
  • 離乳食(幼児食)作りをラクにするための「情報」面のお話について書きました。【家族との情報共有】にも幅広く使えるおすすめアイテム「レールファイル」を使います。離乳食スタートから半年以上が過ぎました。スタート前はとてもわくわくしていました。Instagramなどで素敵な離乳食の写真をたくさん見ていたので「私もこういう、目にも楽しく、美味しく、栄養たっぷりのごはんを作ってあげたい!」と思ったのです。ところが、こ [続きを読む]
  • 外で見つける「家事を楽しくするヒント」
  • 家事が好きです。でも、家事は毎日のくり返し。単調ではつまらなくなることもあります。そういうときに私がするのは「外」で家事を楽しくするヒントを探すこと。この取り組みも「とっておき家事」が生まれた背景だったりします。1番手軽なのは「これを真似て作ってみたい!」という【わくわく】。レストランの前菜や、カフェで食べたデザート。ファミリーレストランのパフェ。デリ惣菜など。家では絶対に作らないようなものを頼む [続きを読む]
  • あなたの「豚汁を作るときの献立」は?
  • みなさんは、豚汁を作るとき、ほかにどんなおかずを作りますか。お肉や野菜がたっぷり入っているので、私のなかでは献立に迷うメニュー。以前、twitterでお聞きしたとき、「焼き魚」を用意するという方がとても多かったのが印象に残っています。それを聞いたとき、「あ、いいな」と思ったものの、障壁がありました。それは夫婦の食の好みが違うこと。私は焼き魚も好きだけれど、夫は食べません。そこで今日、7月23日のとっておき家 [続きを読む]
  • 週ごとに「レシピ軸」を決めてみる
  • 日々の献立作り、みなさんはどのように組み立てていますか。私はいくつかの組み立て方を持っています。そして、献立を組む日の体調や気力などを参考に、どの組み立て方にするかを決めます。しっかりした献立を立てるのは骨が折れるし、かといって何もないとうまく食材をくりまわせません。なので、「自分」に合わせて選んでいるのです。時間と気力がないときは「固定」著書『時間が貯まる 魔法の家事ノート』でご紹介している【毎 [続きを読む]
  • 「のっけごはん」のレパートリーを増やす
  • 今日、7月20日のとっておき家事は《のっけごはんのレパートリーを増やす》でした。白いごはんも好きだけれど、なにかを乗せて食べるのも好き。「のっけごはんのメニュー表」みたいなものを作りたくて、洗い出す作業をしました。写真は卵の黄身の醤油漬け。作り方はこちら。うちではよくすじこを乗せて食べます。納豆も大好きで、アレンジもいろいろ。半熟たまごとねぎだとか、揚げ玉をたっぷり入れたのとか。このごろおいしかった [続きを読む]
  • 「魔法の家事ノート」のアップデート。100円で手作りリフィル
  • 今日、7月19日のとっておき家事では《魔法の家事ノートのアップデート》をテーマにしました。家事ノートは「スケジュール」「モノ」「コト」「ヒト」「おつきあい」の5カテゴリに分けており、それぞれ見出し用のページを作っていました。ところが『ログ』がどんどん溜まってきたら、探しづらくなってきてしまったのです。そこで、各カテゴリをさらに小さく分けて、色画用紙で見出し用のリフィルを作りました。「モノ」→収納、定 [続きを読む]
  • スムージーの組み合わせをメモする
  • 家事が苦手で、「きちんとする」を続けられなかった時代、一番長く続いた家事は「朝食作り」でした。当時は外で働いていたので、朝の時間があまりなく、きちんとした朝食を用意することができなかったものの、気になっていた「スムージー」だけにすると決めたら毎日無理なく続くように。朝のスムージー習慣は、安物のミキサーが壊れるまで続きました。今は朝時間にゆとりがあるので、なるべく朝はしっかり食べたいと思っています。 [続きを読む]
  • 水ゼリーの作り方と、自分を磨く「週間(習慣)計画」
  • 2016年から「週間(習慣)計画」に取り組んでいます。  [読み:しゅうかんけいかく]1週間に1つテーマを決めて取り組むことです。まん中についている(習慣)はなにかというと、あわよくばそのテーマを自分の「習慣」にしてしまおう! という意味。私のように飽きっぽくて、やりたいことがたくさんあるような性格でも、この方法なら無理なくいろいろなことを習慣づけられます。たとえば年に数回「美文字週間」を作ります。これ [続きを読む]
  • 遊べる収納作りを研究する
  • 「片づけ」が一番むずかしいのは、もしかすると、成長過程のお子さんがいるご家庭なのかもしれない。この1年、娘と生活してみて思いました。何が難しいかというと「固定すること」です。せっかく定位置がかっちりと決まっても「あ、ここは子どもの手が届いてしまう!」とか「この配置だと(大人ならいいけど)危ないなあ」とか、成長過程で変える必要のあるものができてくるからです。もしできるなら、最初から子どもに合わせた収 [続きを読む]
  • おにぎりレパートリー表を作る
  • 母のおにぎり、定番はすじこです。おにぎりは作っておけるごはんなので、もう少しレパートリーを増やしたい。過去に挑戦した新しいものも(すぐに忘れてしまうので)表にまとめたい。そこで、今日、7月15日のとっておき家事では《おにぎりレパートリー表を作る》をテーマにしました。自宅で打ち合わせをしたとき。お昼にかかる時間帯でお願いしていたので、軽食を用意しました。おにぎりを2個ずつ3種類用意しておきました。1. [続きを読む]
  • コーヒーゼリー、自分でも作れるということを知る
  • 今週は毎日ひんやりスイーツを作っています。プリン、レモンゼリーの梅シロップ、カルピスゼリー、そして4日目はコーヒーゼリーでした。こうしたひんやりデザートというのは、固まるまでに時間がかかるので昔は避けていたのだけれど、夜ちょっと仕込むだけで朝には出来ているのですごく良いです。今日、7月14日のとっておき家事では《コーヒーゼリーを作る》をテーマにしました。これまでのゼリーはすべて 液体250ml:粉ゼラチン [続きを読む]
  • 真夏の夜の習慣、ゼリーを仕込んでおく
  • 夏のひんやりスイーツ研究。初日はわが家の定番おやつ「ほったらかしプリン」を久しぶりに作りました。作業時間は5分もかからず、あとはほったらかすだけなので、とても作りやすいおやつです。2日目は『3月のライオン』の「梅シロップのレモンゼリー」。これは本当に格別なおいしさでした。またゼリーが食べたいけれど、レモンがない。とりあえず家にあったカルピスを固めてみました。今日、7月13日のとっておき家事では《カルピ [続きを読む]
  • 溜まったレシートを整理するときのコツ
  • 自分史上最高に忙しかった6月。久しぶりにレシートを溜めてしまいました。以前だったら、この時点で家計簿を諦めてしまうけれど、今はそんなことはなく。そのためにした工夫などをまとめています。今日、7月12日のとっておき家事では《溜まったレシートを整理する》をテーマにしました。レシートが溜まってしまったらレシートが溜まってしまったら、とにかく「手を動かす」です。でも、あらかじめ一箇所にまとめておくのも大切だ [続きを読む]
  • 2軸で考える、持ちものリストのメンテナンス
  • 娘も1歳を過ぎ、出かけるときの持ちものが変わってきました。たとえばミルクとほ乳びんが要らなくなったり、外出時にくつが必要になったり。出かける方法も、近所のコンビニくらいなら、お互いリュックを背負って、徒歩で行くことができるように。そこで困っているのが「忘れもの」です。子どもと出かけるのにはたくさん必要なものがありますが、前に作った置き画リストから持ちものが変わったため、出かけるたびになにかが足りな [続きを読む]
  • 火を使わない冷たい汁物「なすのすり流し」
  • 今日、7月9日のとっておき家事では《「なすのすり流し」レシピをまとめる》をテーマにしました。毎年の七夕の行事食にしようと研究、試作を重ねていた「なすのすり流し」。うちのレシピが決まったのでご紹介したいと思います。材料:(1〜2人分)なす・・・2本出汁・・・150cc 塩・・・適量あれば、飾りに「豆腐、ゆでた野菜、生姜、鰹節、ねぎ」など。①なすは皮をむいて水にさらし、ラップで包んでレンジで3〜4分(500W)。②材 [続きを読む]
  • 季節行事をラクに楽しくするために
  • 今日、7月8日のとっておき家事は《七夕マニュアルを作る》でした。季節行事は、私の”家事の8分類”でいうと「憧れ家事」に当たります。ふだんとは違う非日常のこと。でも、年に1度しかないことだからこそ、その準備までの腰が重いのです。はじめてしまうととても楽しいのに。そこで、ぱっと取りかかれるように季節行事マニュアルを作ろうと思っています。今日はその構想を練る日にあてました。▼今回は準備段階でたたき台になる [続きを読む]
  • 季節行事で"家庭の伝統”を作っていきたい
  • 今日、7月7日(七夕)のとっておき家事は《七夕を楽しむ》でした。先日作った七夕飾り。いつもは100円ショップで造花の笹を買っているのですが、今年は見当たらず、緑の突っ張り棒に造花の葉っぱがついたものしかありませんでした。「捨てるのが大変そう...(つっぱり棒は粗大ごみ)」と諦めていたら、たまたま、生の笹をいただいたので、これまでで一番本格的に飾ることができました。▼これは一昨年のもの。モノトーンがテーマで [続きを読む]
  • ひとつの切り方で、何通りも楽しめる「飾り切り」
  • 春ごろ、とっておき家事テーマのなかでも「セルフ塾」(自分のために、自分で学ぶ)となる分野で【包丁学】と題した研究を行いました。知らなくてもなんとなくできるけれど、きちんと切り方の基本を学びたい。なにげない切り方でも、やってみると、いろいろとこつがあることがわかりました。▼セルフ塾とは?大人のための勉強術 『セルフ塾』のススメ第1回の【包丁学】は終わっていますが、そこで学んだことをもう少し深掘りして [続きを読む]
  • 色合わせを楽しむ、かわいい「七夕飾り」
  • ここ数年は、毎年「モノトーン」な七夕飾りを用意していました。私は昔から原色が好きではなく、季節行事の折り紙も、一般的な原色で作るとなると、なんだか腰が上がらなかったのです。モノトーンもいいけれど、もっと自由に色合わせを楽しんでみよう、と、今年は思い切って好きな色で作ってみることにしました。今日、7月5日のとっておき家事は《七夕飾りを用意する》でした。色合わせを楽しむ今回作ったのは5種類の七夕飾りをそ [続きを読む]
  • 下半期の「ひとことプランニング」を考える
  • とっておき家事をはじめてから2年半が経ちました。その日中にできないこともあるので、早めにまとめてやったり、あとでまとめてやったりするのもOKとはしているものの、これまで毎日続いています。とっておき家事を続けてきてわかったことがあります。「意識すること」はほんとうに大事だということです。なにかを続けようと思うとき。そしてそれが苦手なことであったり、もともと飽きっぽい性格であったりしたとき。ゆるやかな「 [続きを読む]