三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』 さん プロフィール

  •  
三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』さん: 365日のとっておき家事
ハンドル名三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』 さん
ブログタイトル365日のとっておき家事
ブログURLhttp://365kaji.blog.jp/
サイト紹介文「とっておき家事」で暮らしの仕組み作りを。3月2日著書『時間が貯まる魔法の家事ノート』発売。
自由文整理収納アドバイザー・ライターの三條凛花が綴る、続けられる家事やお片づけ、そして時間の使い方のヒント集。
ESSEonlineにて家事系コラム連載中。年内には書籍も出版予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供429回 / 365日(平均8.2回/週) - 参加 2014/12/31 01:29

三條凛花 / 『時間が貯まる 魔法の家事ノート』 さんのブログ記事

  • 「作りおきリスト」で忘れるのを防ぐ
  • きのうの「作りおきのレベル分け」。これにもうひとさじ便利さをプラスしたノートを作ってみることに。今日、6月25日のとっておき家事では《「作りおきリスト」を作る》をテーマにしました。フルーツはすぐ食べられる状態にするのが面倒。しかも夫は一切フルーツを食べないので余ってしまう。なので、ハニーマリネかジャムにしています。個人的にはグレープフルーツが一番おいしい。今日のとっておき家事ノートきのうは「作りおき [続きを読む]
  • 「作りおき」おかずにレベル設定をしてみる
  • わが家の作り置きルール。それは「すっぴんレシピ」を多く用意しておくことです。「すっぴんレシピ」とはなにかというと、完成してすぐに出せる状態のおかずではなく、すぐ使えるように下ごしらえしておいたものや、そこからいろいろな料理に派生させることができそうなもの。つまり【素材】のことです。今日、6月24日のとっておき家事は《作り置きおかずにレベル設定をする》でした。作り置きを一度やめたわけ常備菜作りは過去に [続きを読む]
  • 「ママ友プロフィールシート」を作る
  • 今日、6月23日のとっておき家事では《「ママ友プロフィールシート」を作る》をテーマにしました。6月半ばから少しずつ考え、進めてきた「ママ友情報管理」の仕組み。やっと形になりました。初対面や会って数回は「殴り書きノート」につけるだけにしておき、「このママさんはよく会うな」と思ったらプロフィールシートへ。試行錯誤しそうですが、まずはこれでやってみます。ママ友プロフィールシートの中身上のほうには「どこのつ [続きを読む]
  • ノートにポケットをつける
  • 今日、6月21日のとっておき家事では《ノート・ポケットを作る》をテーマにしました。ちょっとしたメモやプリントをはさむために。小学生のころから、ノートには必ず「ポケット」をつけていました。『魔法の家事ノート』にももちろんつけています。今日のとっておき家事では、今あるものを少し使いやすくするための見直しを。今日のとっておき家事ノートあるものを少し変更。そして、封筒にゲージパンチで穴をあけていたのですが、 [続きを読む]
  • ママ友と話したことを忘れないようにするノート案
  • これまで数日間かけて考えてきた「ママ友と話したことを忘れないようにするノート(おともだちリスト・仮称)」のつくりかたを整理しました。今日のとっておき家事ノートシステム手帳を使う案などいろいろ考えてみたけれど、ほかのノートと同じように「殴り書きノート」を下書きとし、溜まってきたら家事ノートに書き込むのが一番シンプルかな、と。先日の記事で書いたノートを比較する2軸「保存」と「持ち運び」。保存する情報を [続きを読む]
  • ノート作りの裏テーマ「一石二鳥」
  • 今日、6月20日のとっておき家事では《おともだちリストについて考える②》をテーマにしました。ママ友(よく会う方からほぼ顔見知りまで)の情報が覚えられなかったり、記憶が混ざったりして困っていたので、情報を整理する方法を模索しています。今回は「よく会う方」のプロフィールページについて考えてみました。今日のとっておき家事ノートなにをどこまで書くかはしばらく模索すると思いますが、とりあえず思いついたものを書 [続きを読む]
  • センスが無くても「続ける」こつ。
  • そこまで努力しなくてもできること。ものすごく努力してやっとできること。誰にでもこの2種類の物事があるのではないでしょうか。前者はセンス、才能によるもの。後者はそれが欠けているから努力で補うしかないもの。たとえば私なら、パソコンを使うことや文章を書くことは(努力もしたけれど)ほかのことよりはラクで楽しく感じられました。一方、家事全般は相当な努力が必要だったし、運動は努力することさえ放棄するぐらいいや [続きを読む]
  • ノートの使い方を考えるための2軸
  • 今日、6月18日のとっておき家事は《ノートの全体像を考える②》でした。子どもつながりの知り合いが増えたことから、情報管理の方法を模索中。行き詰ったので「ノートの使い方」全体像を見直しています。きょうは「2つの軸」を基準にしました。今日のとっておき家事ノートノートの使い方として「持ち運びするかどうか」と「保存するかどうか」から見ていきます。①(魔法の)家事ノート自宅でのみ使用。保存したい情報だけを厳選 [続きを読む]
  • 使い捨ての情報は「殴り書きノート(仮称)」にまとめる
  • 情報には3種類あると考えています。①使い捨ての情報 (to do、買いたいもの、思いつきなど)②保存したい情報(『魔法の家事ノート』でいう『ログ』に当たるもの)③知識(本やネット、テレビなどから得た知識)※これから分類が変わるかもしれませんが、記録の仕方を模索してきて、今日現在ではこの3種類だと思っています。今日、6月17日のとっておき家事は《ノートの全体像を考える①》でした。今日のとっておき家事ノートき [続きを読む]
  • ママ友との会話「気まずさ」をなくす工夫を考える②
  • 今日、6月16日のとっておき家事では《ママ友のことを忘れない工夫》をテーマにしました。きのうの続きです。今日のとっておき家事ノートきのう考えたことから「課題」をピックアップして、解決策を考えました。たまにしか会わない人ならいいけれど、よく会う方については、情報を忘れないようにしたい。ノートに書いておけば忘れてもいいし、書く作業を通してぼんやり記憶に残すこともできたりする。一番の問題は「そのマメさが私 [続きを読む]
  • ママ友との会話「気まずさ」をなくす工夫を考える①
  • 6月のとっておき家事では、困ったことを解決する「もやっとつぶし」をメインに取り組んでいます。今日、6月15日のとっておき家事は《ママ友についての困り事解決①》でした。今日のとっておき家事ノート児童館で、1時間ほど1対1で話したママを見つけ、子ども同士がいっしょに遊びはじめたのであいさつをしました。向こうのママから「いま、何か月ですか?」との質問が。「うちの子は〜か月になりました。○○ちゃん、歩くよう [続きを読む]
  • 「準備」を仕組み化するための考え事④
  • 今日、6月14日のとっておき家事は《一時保育の迷いをなくす④》でした。最近、おままごとの延長で「かき混ぜる」などの調理を一緒にしています。ちょうどいただきもののエプロンがあったので毎回つけるのも楽しみ。今日のとっておき家事ノート一時保育関連のテーマ、4日目。今回は「魔法の家事ノート」に作りたいログの構想です。家事ノートのログを考えるのは、ちょっと手間のかかる作業です。「これを備忘録に用意できたら便利 [続きを読む]
  • 「準備」を仕組み化するための考え事③
  • 今日、6月13日のとっておき家事は《一時保育の迷いをなくす》でした。このテーマでは3日目。今日のとっておき家事ノート今日考えた3つのこと。①電話帳の整備スマホの電話帳に、一時保育やファミサポなどの番号を入れて整理しておきます。友人は「あ〜わ行」で振り分けていますが、友人・知人以外の番号は「その他」カテゴリになるようにフリガナの頭に「.」などの記号をつけます。②情報を家事ノートにまとめる『魔法の家事ノー [続きを読む]
  • 「準備」を仕組み化するための考え事②
  • 今日、6月12日のとっておき家事は《一時保育の迷いをなくす②》でした。今日のとっておき家事ノート今回考えた「もやっとつぶし」は3つ。①もらった書類の保管法一時保育やファミリーサポートを利用すると、何時ごろになにをしたのか、様子はどうだったかなどの書類をいただけます。レールファイルに挟んで1年スパンで保管することに。キングジム レールファイル10冊パック シンプリーズ A4S 512SP10シロ [オフィス用品]キングジ [続きを読む]
  • 「準備」を仕組み化するための考え事①
  • 娘が大きくなったこと、打ち合わせや取材など対面でのお仕事が増えたことから、一時保育やファミリーサポートをはじめて利用してみました。そこで今日、6月11日のとっておき家事では《一時保育の迷いをなくす①》をテーマにしました。これはシリーズとしてしばらく続きます。今日のとっておき家事ノート今回考えたのは、書類の管理方法、忘れものをなくすための工夫、そして基本的な情報の見える化です。ファミリーサポートと保育 [続きを読む]
  • 『魔法の家事ノート』にたどりつく前の失敗と学んだこと
  • 『魔法の家事ノート』は、はじめから今の形だったわけではありません。著書でご紹介したやり方にたどりつくまで、何年も試行錯誤を重ねました。↑5月末時点での『スケジュール』。基本は変わりませんが、新しく便利な機能をつけたりもしています。はじめてのノートはたくさんの失敗と学びがあった最初に記録をはじめたのは大学2年のとき。そのときは用意した1冊のノートに、その日のTo Doに見たテレビの記録、やりたいこと、持 [続きを読む]
  • 空き箱でオリジナルの暫定収納ボックスを作る
  • 空き箱や空き缶はいくつかとっておくようにしています。それは収納を変えるときの暫定的な入れ物として役立つから。逆に、最初からおしゃれな収納ボックスを買っても、サイズ感がいまいちだったり、あとで(動線的な理由で)定位置を変えたりして、むだになってしまうことがあるからです。つまり、お試しボックスのようなものです。今日、6月9日のとっておき家事では《収納ボックスを作る》をテーマにしました。今日のとっておき家 [続きを読む]
  • デッドスペースを有効活用する
  • 狭いわが家を暮らしやすくするためには、工夫が必要。とっておき家事を通して、日々「もっと使いやすくできることはないか?」と見直しています。今日、6月7日のとっておき家事では《定位置を変える》をテーマにしました。仕切りのカーテン裏に、エアコンのリモコンをかけるフックを設置。これまでは、テレビボードの上に置いていました。ある日「なんだか今日は暑いね」と夫と話していたところ、なんと暖房がついている(しかも28 [続きを読む]
  • 梅雨対策:除湿剤を設置する
  • 季節に合わせて行う家事。小さなことでもとっておき家事にしてしまえば忘れません。今日、6月6日のとっておき家事は《除湿剤を設置する》でした。画像左奥、トランクと壁との隙間に設置しました。今日のとっておき家事ノート「とっておき家事」をはじめる前は、物事のほとんどが計画倒れでした。うまくいくようになった理由の一つが「1日1つ」ということ。無理しないペースで行い、また、細分化したことで、計画倒れになるものが [続きを読む]
  • 無印良品の「壁面用ハンガー」で梅雨どきの室内干しに備える
  • 家事のなかでも、洗濯には特に悩んできました。気を抜くとすぐに服が山のように溜まってしまうのです。いわゆる「服塚」ができなくなった今、振り返ってみると、ほかの家事とは違い、私の性格というよりも、「ハンデ」が原因だったように思います。洗濯が苦手だった理由① ハンデハンデはなにかというと、部屋の狭さです。狭いわが家(13.5畳のワンルーム)では、室内用の物干し竿を使うと、クローゼットがつぶれたり、ベッドに行 [続きを読む]
  • すっぴんレシピの活用法を考える
  • 料理を毎日続けていくのに大切なのは「応用力」なのだろうな、とこのごろ思います。「自炊をするほうが食材を余らせるし、いろいろ買うしで、結局コンビニや外食のほうがコストがかからないよ」自炊をがんばっていた学生時代、友人に言われたひとこと。そのときは「自炊のほうが安いと思うけどなあ」と思っていましたが、家事ができなかった数年前は料理もまたできなくなっていたのでした。そして友人がいうように「コンビニや外食 [続きを読む]
  • ふだんと朝食のテイストを変えてみる
  • 余っていたアメリカンチェリーで昨夜作っておいたジャムで、カリッと焼いたイングリッシュマフィンに、クリームチーズと一緒に乗せて食べました。ふだんは紅茶派だけど、カフェオレといっしょに。今日、6月3日のとっておき家事は《ジャムについて考える》でした。今日のとっておき家事ノートジャムは好きだけど悩みがありました。そこで、これからは食べる分だけ手作りで気軽に作ってみたいと思っています。先日、野菜ジャムのレシ [続きを読む]
  • セルフ塾「薬膳入門I」⑥ 弁証
  • 自分でカリキュラムを作り、自分で学ぶ。「セルフ塾」開講5日目。▼セルフ塾とは?大人のための勉強術 『セルフ塾』のススメ今回私が選んだテーマは"薬膳入門”。6コマ目の今日のテーマは「弁証」について学びました。ある日の今日のとっておき家事ノートここまででいろいろな用語が出てきましたが、それぞれの関係がわからず悩んでいました。2種類の本ではそれぞれ書いてあることがじゃっかん違う。どういうことなのだろう、と迷 [続きを読む]
  • 本は「やる気」を維持するためのスイッチ
  • 部屋が散らかっていたとき、私が日々なにをしていたのか。それは、図書館や書店で家事や片づけの書籍をたっぷり集めて読むことでした。今日、6月1日のとっておき家事では《片づけ関連書籍を読む》をテーマにしました。5月30日(日本記念日協会認定の「オーガナイズの日」)を繰り越しています。今日のとっておき家事ノート本だけ読んで片づけた気になってしまうから、散らかっているときに片づけの本を読むのはおすすめしない。先 [続きを読む]