TAKA さん プロフィール

  •  
TAKAさん: ぶら旅雑記帳 2016
ハンドル名TAKA さん
ブログタイトルぶら旅雑記帳 2016
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/baycity_2006
サイト紹介文風景写真撮影や車で行く旅のトピックスが中心のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2015/01/01 00:22

TAKA さんのブログ記事

  • たまには鉄道旅・青森・津軽半島・五能線
  • 3.5日の時間を作って、先ずは東北新幹線で青森を目指した。青森に夕方着いて外に出ると「寒い!」一応長袖シャツを着てきたが、これでも足りない感じ。関東の4月上旬といった感じであった。 翌日はこの切符限定のレンタカーを相当な割安価格で借りて津軽半島を1周する。車は新車のフィットハイブリッドだった。津軽半島を北上すると青函トンネルの入り口公園というのがある。撮影できるようにお立ち台が整備された公園で新幹線の [続きを読む]
  • CR-V 車中泊 iPad miniを手で支えずに寝ながら観れる固定装置の製作
  • iPad miniの固定を市販のフレキシブルアームを利用した固定キットを、ヘッドレストに挟んだ形の固定台座を木材で製作した。木材は2X4材を利用。フレキシブルアームは、ネットで色々調べると固定部分が樹脂製だと、強度不足ですぐに割れてしまうとのことだったので金属製を選んだ。ガッチリしてGood。うまい具合にヘッドレストの爪と合ってカチっと固定できた。 起き上がる時にiPad miniをよけられる様に、10mmボルトを支点に曲げ [続きを読む]
  • 冬の新潟奥湯沢へ
  • 宿は国道17号線から分け入った山に囲まれた清津川沿いにあって、秘湯の1軒宿の趣がありありで、おもてなしも良くお勧め出来る宿であった。秘湯の宿らしい佇まい写真は人が写っていないものを選んだので殺風景であるが、実はお客さんは多く館内は賑わっていた。翌朝は、スノーシューツアーに参加。これがヒルクライムありのカモシカに出会ったりと、なかなか変化に富んだ景色を楽しめて良かった。下の写真はスノーシューで出掛けて [続きを読む]
  • たまには鉄道旅で東北へ その2
  • 途中、山居倉庫に寄って昼食をとり、歩いて美術館と写真家の土門拳記念館に向かった。最上川を渡る出羽大橋は結構大きな橋で雪降る中歩いて渡るには寒すぎる。土門拳の記念館には実は7年ぶりに来たのだが、もう場所をすっかり忘れていて近くまで来て、美術館に立ち寄ったので、記念館に着くまで迷ってしまった。他のお客さんが少なかったので、ゆったり閲覧。中で記念写真程度は撮影してもよさげで、実際撮影したのだが、さすがに [続きを読む]
  • たまには鉄道旅で東北へ その1
  • 初日は秋田新幹線で一気に秋田まで行き、その後羽越線で南下し酒田経由で山形新幹線で帰ることにした。後から考えてみてどうせなら青森まで行って五能線に乗って日本海沿いに南下した方が面白かったかもと思った。とりあえず秋田から秋田土崎の道の駅に行き、NHKドキュメンタリー72時間で話題となった例のうどん自販機でうどんを食べることにした。というか宿の近所だった。現在は、道の駅セリオンの中に設置されている。うどんを [続きを読む]
  • 冬の奥会津にまた行ってきた
  • 一応カメラ、三脚を積んできたが、降りしきる風雪に負けて一度も外に出せず。ワイパーを横着してスノーワイパーに換えずノーマルのままにしていたが、案の定アイスキャンディー状態になって凍ってしまった。場所は只見町から檜枝岐方面に向かうR289。外はどんよりグレーの世界。コントラストの無い世界を走っているとかなり疲れる。スタッドレスタイヤはブリザックのDM-V2を履いているのだが、飛び切り性能が良いという感じでもな [続きを読む]
  • 冬の奥会津に走りに行く
  • 快調にCR-Vを走らせる。途中、会津田島のコメリに寄って雪国仕様の長靴を買った。靴底がやっぱし違うのである。いつもの檜枝岐温泉に向かう。段々と雪がひどくなり除雪も追いついていっていない様子。積もった雪にタイヤを取られる感じでVSAが効きまくり。4WDは効いているかどうか分からず。例に寄って檜枝岐温泉に入る。今日は他に客はおらず、雪見風呂独占であった。燧の湯は硫黄泉なのでほんのり硫黄の匂いがして心地よい。誰も [続きを読む]
  • 道南めぐり
  • 北海道新幹線はグリーン車を予約。53.85Kmの青函トンネルを25分でくぐり抜け函館北斗駅に到着した。コンコースに上がるエスカレーターがどうやら1本しか無いのか大渋滞になっていた。駅の構内にはうわさの北斗の拳のケンシロウの銅像が設置されていたのでパチリ。レンタカーを借り事前に送っておいたカメラ、三脚を宅急便の営業所へに取りに行く。その後大沼公園に行ってみたが駒ケ岳がガスっていて大判での撮影は諦めた。そのまま [続きを読む]
  • GWは福岡でのんびりと
  • 茨城空港メンバーズのキャッシュバックキャンペーンにより、10ポイント貯まるとつまり10回乗ると1万円キャッシュバックされる。フライトによりポイント2倍もある。通常往復利用すると2ポイントになる。今回で10回目になるので、1万円GETというわけである。いつもは、ハート機であるが、珍しくスペード機であった。実家に戻ってから翌日空港近くでコーヒー飲みながらのんびりと。。 ここは地元なら誰でも知っている所で、向かってく [続きを読む]
  • GW信州車中泊撮影旅 その2
  • GW信州車中泊撮影旅2日目。白馬から飯山に移動してきた。飯山は菜の花まつりで多くの観光客が訪れている。なのでそこは避け、少し先の戸狩温泉まで走って適当な車中泊ポイントを探すことにした。戸狩温泉はスキーシーズン以外は閑散としている。高台の田んぼに囲まれた見晴らしも良く静かな所である。日帰り温泉もあり広い駐車スペースがいくつもある。そして人影があまり無い。これは車中泊スポットとしては好条件である。先ずは [続きを読む]
  • GW信州車中泊撮影旅 その1
  • CR-Vに車中泊セットを積んで、大判カメラとと共に白馬方面に撮影に出掛けてきた。途中、枕を忘れたのに気が付き、長野市内のホームセンターでそば枕を購入した。今日は移動のみの予定だったので、先ずは鬼無里村まで走り鬼無里の湯に入って車中泊の場所を探す。(鬼無里の湯にRVパークがあるが温泉代別で2500円なのでパス)車を走らせていると国道406号沿いに全く誰もいない道の駅ならぬ「旅の駅」を発見!ここに車中泊決定。トイ [続きを読む]
  • 上発地の桜見頃です。
  • 上発地の桜は田んぼに囲まれた丘の上に、お地蔵様が桜を守るように佇んでいる印象的な1本桜である。今日はバックが青空で清々しい桜を見ることが出来た。上発地の桜は他の桜より開花が遅く4月下旬にかけて見頃となる。朝の斜光線の時か、日が落ちてブルーになる情景も絵になると思う。上発地周辺はこの桜以外にも桃などの花が咲いていて、丹念に撮影すると結構撮れると思う。 [続きを読む]
  • CR-V車中泊用シュラフ
  • コールマンの0℃対応の封筒型の綿シュラフ、収納するとデカい。それに封筒型なので肩廻りが寒い。という不満を改善する為、モンベルのダウンハガー 650 1番を購入した。バロウバックも検討したがやはりダウンの方が、コンパクトになるし収納がし易い。先ずは、シュラフの寝心地を試すのに久々にONLYSTYLEの車中泊マットをCR-Vにセットする。久しぶりなので、すぐには膨らまない。元々ウレタンベッドにしているのでマット無しでもい [続きを読む]
  • CR-V車中泊ベッド製作(セッティング編)
  • 写真の荷室モードのボードから車中泊ベッド仕様に変える。センターボードは開く様になっている。これをシーズンに向けて、車中泊ベッド仕様に戻す過程の写真を順を追ってアップしてみた。    ベッドのパーツは6枚。裏は、脱着を容易にする為、パイプジョイントをビスで留めている。    助手席のすぐ後ろにセットするスペーサーベッド。ちょうど枕のあたりになる。    前側のフレームは外した時に、部屋の中に持って入 [続きを読む]
  • レトロな自販機
  • 建物の中は、昭和40年代後半に流行ったうどんとラーメン、トーストの自販機が鎮座していた。人気があるせいかうどんは売り切れだった。中のうどんはうどん屋さんが調理したものを運んできて補充している。せっかく来たので再開するまで待つことにする。実は自販機の廻りはお客さんでいっぱいであった。皆スマホで撮影していた。それから、500円玉は使えません。500円硬貨が無かった時代の自販機なので。うどんと隣にあったラーメン [続きを読む]
  • CR-V車中泊ベッド製作 ベッドボードの寸法
  • CR-V用として製作した車中泊ベッドボードは、5枚の21mm厚ランバーコアで構成されていてトランク側のセンターボードは蝶つがいで開けられるようにしている。ボードとパイプの接続はパイプジョイントを使用する。センターボードの蝶つがいもこのジョイントを利用している。このパイプジョイントのおかげで簡単にベッドをイレクターパイプから脱着することが可能となる。 [続きを読む]
  • CP+に行ってきました。
  • 土日は混みそうなので、金曜日を有休にして出掛けてきました。午後になるとどっと人出が多くなり各ブースは順番待ちに。目当てはニコンD5。NIKON D5のカットモデル実はD5導入を検討中。 しかし自分にはオーバースペックかも。D810にしとくか。サブでD500もありかも。PENTAX K-1のブースは人だかりで近寄れず。金曜日でこれなので土日はもっと混むと思う。どのメーカーも体験コーナーに並ぶと触れるが、人気があるカメラは希望者 [続きを読む]
  • ぶらり裏磐梯・ある2月の桧原湖
  • ワカサギ釣りが最盛期であるが、こんなに天気が良い日は全く釣れないらしい。吹雪いている方が良く釣れるとのことであった。凍った湖の上には、スノーモービルが行き来する氷上の道路が設定されていた。 氷の厚さは40cmとのこと。とぼとぼと歩いて湖の半ばまで行ってみた。氷上を歩いていると、時折積もった雪を踏み抜いてドキっとすることが何回かあった。磐梯山がキレイだった。宿泊先は米沢市内であったが、帰りに福島の高湯 [続きを読む]
  • ぶらり新潟
  • 新潟市街を抜けて海岸まで行ってみた。断続的に雪が降っていて寒いです。日本海は寒々とした風景が広がっていた。新潟市内で一泊した後、せっかくなので、前々から行ってみたかったうわさの怪しい(いや楽しい)ビジネスホテル兼ゲーセンと懐かしい自販機がある公楽園に寄ってみた。周りは雪が積もった田んぼが広がっている。 まさに「田んぼの中のオアシスホテル」であった。トーストサンドの自販機がありハムサンドトーストとチ [続きを読む]
  • 栃木の温泉
  • 泉質は、単純硫黄泉でほんのり硫黄の匂いがする。かなり山奥なのだが泉質の良さと施設がきれいなので、お気に入りのひとつである。今日の露天風呂は雪があって風情があった。お客も少なくゆったりと入ることが出来た。山道の雪景色もGoodであった。前日光つつじの湯は、お勧めの温泉です。 [続きを読む]
  • -8度の奥会津
  • 奥会津は、福島県の南西部、栃木県と新潟県に面した辺りである。東北道を入って白河ICで降り、西に行って甲子温泉から下郷に抜け、戸赤集落で雪もやんだので車を降りて撮影した。冬の戸赤集落は趣きがある。しかし、この後、昭和村に抜ける為、舟鼻峠を上ると雪がもの凄い降り方になってきた。下記の写真のごとく車を降りて写真を撮っているうちは、まだ視界がそれほど悪くなかったが、峠を越えた辺りからは正にホワイトアウトにな [続きを読む]
  • 雪の無い奥会津
  • 1月にこんなに雪が無い風景を見るのは初めてである。燧の湯は自分以外にお客さんはいなく独占状態であった。(いつも少ないけど)ここのお湯は単純硫黄泉でほんのり硫黄の匂いがしていい感じ。露天風呂は14時からになっていた。雪が無いので、尾瀬檜枝岐温泉スキー場には誰もいない。所々地肌が見えていた。村は閑散としていた。いつもの茅葺小屋のある風景も冬らしくなく。来週はもっと雪がある所に行ってみよう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 炭鉱跡
  • ここは、遠くからも見えるが、近くに来ると廻りは公園になっていて、寂しげに建つ竪坑やぐらとは裏腹に家族連れや子供達が賑やかに遊んでいた。竪坑やぐらはフェンスで囲まれていて立ち入り禁止となっている。カラーで普通に撮るとこんな感じである。 [続きを読む]