イタリアワインかぶれの料理人〜ブログ さん プロフィール

  •  
イタリアワインかぶれの料理人〜ブログさん: イタリアワインかぶれの料理人〜ブログ
ハンドル名イタリアワインかぶれの料理人〜ブログ さん
ブログタイトルイタリアワインかぶれの料理人〜ブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/trepesci
サイト紹介文イタリアワインとモカが大好きな料理人が、途方に暮れるほど愉快が溢れるイタリアワインの魅力を伝えていき
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供80回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2015/01/01 11:31

イタリアワインかぶれの料理人〜ブログ さんのブログ記事

  • G1 シャキッソ
  • コーヒーローストの際は、大量の煙が出ます。家庭用のレンジフードでは能力不足、其処で考えたのが、さらに囲いを設けることです。しかし、用量を超えた煙は、当然漏れていきます。問題はモーターの処理量でした。ちょっとは室内に煙は充満しなくはなりました。今回は、G1 シャキッソを初めてローストしました。生産地はエチオピア連邦民主共和国シダモ州グジ地区シャキッソ村TadeGG農園です。品種は古からの原種、ウオリチョとク [続きを読む]
  • ピニャコルッセ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはピニャコルッセ(”Pignacolusse” Venezia Giulia I.G.T)2003です。ピニョーロのワインは20年くらいのエイジングが必要と伝えられていました。特に良年のワインは30年掛かる時もある、と言われていました。正に、辛辣に刺さるような酸、不機嫌な渋みと苦みがあり、若さを楽しめない数少ないワインかな、と思いました。しかし、甘さのある果実味だけで飲み干した感はあります。感想が何も [続きを読む]
  • カンポフィオリン
  • 今回、抜栓したイタリアワインはカンポフィオリン(”Campofiorin” Rosso del Veronese)2009です。先日、MASI社の講習会がありました。アマローネ好きの私にとってボトリティスの影響を受け入れるの否かは大きな問題です。マージは貴腐菌の特性を生かしたアマローネ造りをしているカンティーナですが、ホームページ上では徐々に触れなくなっていました。ここが気になり質問をする、とコルヴィーナは45%以上で100%にな [続きを読む]
  • ケルナー遅摘み
  • 今回、抜栓した北海道ワインはグランポレール 北海道ケルナー遅摘み2013です。バックラベルには好天に恵まれ、糖度と酸のバランスが調和した、果実味豊かなブドウが収穫されました、と記されています。遅摘みにすることで、さらに果実味を豊かなワインにしたかったのだ、と思われます。意図はズバリ的中していると思います。まず甘さが口蓋を占拠しますが、後を追ってくる可愛らしい酸が甘さの余韻を解すように、甘美な果実味 [続きを読む]
  • 珈琲豆ビルカマウンテン
  • 新しく購入したコーヒー豆を初ローストしました。産地はエクアドル共和国ロハ州ビルカバンバ村。村は標高1700mの地点にあります。白檀のような香木に、複雑でふくらみのある芳醇な香り。中南米の珈琲豆にしては、ほんのりとした酸を感じることが出来ます。何か突出したところがある訳ではないのですが、バランスの良さ奥深さに面白さのあるコーヒーだと思います。 [続きを読む]
  • バルベーラ ダルバ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはバルベーラ ダルバ Sup. “ロッケ デル サント”(Barbera d’Alba Superiore “Rocche del Santo”)2013。ビオ(Vino Biologico)に対応したワインです。このバルベーラは近年の特徴である、酸が目立たないタイプです。柔らかな果実味に鞣されたような滑らかなタンニンはボリューム感があり、構成もしっかりしています。酸はバルサミコのような柔らかでマーシュマローのような弾力がありま [続きを読む]
  • ワインリストに追加
  • ワインリストにアッレグリーニのアマローネ(Amarone della Valpolicella Classico `Allegrini)2012を追加しました。ヴェネト州の2012年は開花時期の雨と高温、夏場の猛暑への対応が試される年であるのではないかと思っています。酸の不足が想像されます。さて、どのようなワインに仕上げてあるか、見ものです。 [続きを読む]
  • ワインリストに追加
  • ワインリストにティニャネッロ(”Tignanello” Rosso Toscana)2013をワインリストに追加しました。この2013年のティニャネッロはイタリアのワイン情報誌の評価が押し並べて高く、ワインスペクター 2017 TOP100では8番目にクレジットされています。今は、トレ ヴェネツィエとブルネッロのワインに集中させていますが。取りこぼしたブルネッロの代わりにリストアップしました。 [続きを読む]
  • ピニョーロ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはヴェネツィアのピニョーロ(”La Magnolia” Pignolo delle Venezie)2012です。ピニョーロは栽培に困難が伴い、バラ房ゆえに収量は少なく、見返りが多いとは考え難いワインである、と認識でした。それが、2000円強のプライスに興味をそそわれ、経過を見たい、と思いました。フルーティーな香りは甘く漂い、黒胡椒のようなスパイシーな香りがあります。それにバルサミコ、桑の実の香り [続きを読む]
  • ワインリストに追加
  • F. O. C.ピニョーロ(Friuli Colli Orientali Pignolo di Buttrio “Vig. Ronc di Juri” )2010をワインリストに追加しました。カプリーリ社とカパンナ社のブルネッロを一緒に注文したのですが、すでに売れ切れ。予約をしていれば、と後悔しています。このピニョーロ、20年は抜栓をためらうワインである、と教わっています。気の遠くなるようなワインですが、それも楽しみの一つであり、ピニャコルッセがそろそろ抜栓して [続きを読む]
  • バローロ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはレヴェルサンティのバローロです。通常のカタログに無いワインで、アメリカ向けのバーロみたいです。西友で売られているバローロよりはわずかに強めの価格が付いています。ヴァニラの香りを追いかけるようなターメリックの香りに桑の実、たばこの香り。酸とタンニンは滑らか、もう少しアタックが強めでもいいのに、と思えるほど造りは優等生です。安っぽさを感じることはなく、かといって抜群のコス [続きを読む]
  • A. A. ヴァッレ イサルコ ケルナー プレポージトゥス
  • 今回、抜栓したイタリアワインはアルト アディジェ ヴァッレ イサルコ ケルナー “プレポージィトゥス”(Alto Adige Valle Isarco Kerner “Prepositus”)2010です。このワインは遅摘みのケルナーから造られます。甘さを結構感じますが、残糖感と言うよりは輪郭のくっきりしたスケールの大きい果実味に感じます。舌の上を柔らかさがコロコロと遊ぶような酸に。オレンジ ピールもしくは、マーマレードの滑らかなほろ苦さは [続きを読む]
  • これからローストするコーヒー生豆
  • 今回、購入したコーヒー生豆はエクアドルのヴィルカ マウンテンとエチオピアのモカ “シャキッソ”G-1 ナチュラルです。ヴィルカ マウンテンはエクアドル共和国ヴィルカバンバ村産。品種はブルボン種、ティピカ種です。シャキッソはエチオピア連邦民主共和国シダモ州シャキッソ村TadeGG農園産、天日乾燥。品種は古来の原種、ウオリチョ、クルミ、品質等級はグレード1です。どちらも初めてローストする豆です。モカは美味し [続きを読む]
  • レ ヴォルテ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはレ ヴォルテ(”Le Volte” Toscana I.G.T.)2001です。このヴィンテージはサンジョヴェーゼ50%、メルロー35%、カベルネ ソーヴィニヨン15%、今のゼパージュはメルロー主体になっています。熟成感を期待してのエイジングではなく、何処までワインの体裁を保ってくれるかに、興味があり、セラーに納めていました。ほっとかれ感は否めませんが、ピークが過ぎている訳でもなく、構成 [続きを読む]
  • 新着ワイン
  • カッペッラッチョ2010とピニョーロをセラーに納めたところです。プーリア州のアリアニコから造られるカッペッラッチョは2500円クラスのワインにしては、直ぐに味わってもタンニンと酸を楽しむことが出来、尚且つ経年経過を楽しむことが出来ます。エクセレント2010年、予定では1ヶ月もすれば、まとわり付くような果実味と味わいを楽しめるはずです。ピニョーロはブットリオでもロサッツォでもないけれど、フリウリ [続きを読む]
  • オルヴィエート カンポ デル グアルディアーノ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはオルヴィエート クラッシコ スペリオーレ “カンポ デル グアルディアーノ”(Orvieto Classico Superiore “Campo del Guardiano”)2006です。このオルヴィエートは24ヶ月間の瓶熟の後に出荷をされます。セラーには2010年に納めたワインです。途中経過のチェックを一度もせずに初の抜栓になります。味わっている最中は途中経過を見て措けばよかった、と思いました。それは、当初のコ [続きを読む]
  • グレーコ ディ トゥーフォ “クティッツィ”
  • 今回、抜栓したイタリアワインはグレーコ ディ ディ トゥーフォ “クティッツィ”2010です。香りは高級果実満載、金星、マンゴ、パイナップル、洋梨。それに、わずかにセージ、サワークリームともサイレージとも就かない香り。構成は手の入れようのない、完璧さがあります。しかし、お高くすましているのではなく、寄り添うように静かで温かい、静穏なテクスチャーがあります。味わいも同じようにゆったりとしています。シャー [続きを読む]
  • ティンティリア デル モリーゼ “カタッボ”
  • 今回、抜栓したイタリアワインはティンティリア デル モリーゼ “カタッボ”(Tintilia del molise “Catabbo”)2007です。このワインは熟成を楽しむために置いたのではなく、四角四面な香りや味わいの変化を見るためです。印象は角が取れた、と思うくらいで。やはり大きく変化はしていませんでした。しかし、愚直なまでにストレートな香りと味わいは、ほのかな温かさを感じました。ほろ苦さを伴った滑らかなタンニンは、魚 [続きを読む]
  • エルバルーチェ ディ カルーゾ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはエルバルーチェ ディ カルーゾ “ラ ルスティア” (Erbaluce di Caluso “la Rustia”)2011です。かを、判断に迷うワインでした。呼称にあるエルバルーチェのエルバは草を意味します。香りの特徴はサイレージ、レモンバーム、レモングラスを感じさせ。干し草にサイレージと葉っぱ、柑橘系を組み合わせた香りが特徴的なワインです。香りの中にレモンバームやレモン最初にグラスを感じる、と [続きを読む]
  • 記事のタイトルを入力してください(必須)
  • ブルネッロ ディ モンタルチーノ “ウゴライア”(Brunello di Montalcino “Ugolaia)2010をワインリストに追加しました。リジーニ社は複数の畑を取り合わせたブルネッロと単一畑のウゴライアの2種類を造っています。2010年は天候に恵まれた年、そこで今回は奮発をして、リジーニの最も条件の良いウゴライア畑のブルネッロをリストに加えることにしました。 [続きを読む]
  • フラスカーティ “サンタ テレーザ”
  • 今回、抜栓したイタリアワインはフラスカーティ スペリオーレ “サンタ テレーザ”(Frascati Superior Secco “Santa Teresa”)2012です。サンタ テレーザは3年くらいのコンディショニングで香りや味わいの輪郭がくっきりと鮮やかになります。香りはセージ、グレープフルーツ、青りんご。ほろ苦さは心地よく落ち着き払っています。酸にも同じことを感じ、複雑では無いけれど、ほっとさせられる安心感があります。定番の [続きを読む]
  • ヴェルディッキオ プレーニオ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはヴェルディッキオ デイ カステッリ ディ イエージ クラッシコ リゼルヴァ“プレーニオ”(Verdicchio dei Castelli di Jesi Classico Riserva “Plenio”)2004です。エイジングを9年間したワインです。香りはバルサム、オレガノ、金柑、アンズ。華やかさはすっかり姿を消し、薄らいでいるのか繊細になっているのかを、判断に迷うような状態でした。酸も同じような感じでしたが、ほろ苦さだ [続きを読む]
  • ワインリストに追加
  • ワインリストにカルメネーロ(”Carmenero” Sebino Rosso Carménère I.G.P.)2008をワインリストに追加しました。この年は評価もほどほどに良く、天候にも程よく恵まれました。何より泡のストックがわずかになり、丁度よくフランチャコルタの特売に合わせて、ついでに納入しました。カルメネーレはカベルネ フランとして入ってきたと言われています。ボルドーで忘れられた、この品種には何故か郷愁を誘われます。結して洗 [続きを読む]
  • ワインリストに追加
  • ワインリストにカルメネーロ(”Carmenero” Sebino Rosso Carménère I.G.P.)2008をワインリストに追加しました。この年は評価もほどほどに良く、天候にも程よく恵まれました。何より泡のストックがわずかになり、丁度よくフランチャコルタの特売に合わせて、ついでに納入しました。カルメネーレはカベルネ フランとして入ってきたと言われています。ボルドーで忘れられた、この品種には何故か郷愁を誘われます。結して洗 [続きを読む]
  • セッコ ベルターニ
  • 今回、抜栓したイタリアワインはヴァルポリチェッラ ヴァルパンテーナ “セッコ ベルターニ”(Valpolicella Valpantena “Secco Bertani”)2003です。香りはダークチェリー、スモーク、桑の実、オレンジピール。酸とタンニンは滑らか、果実味もテクスチャーがしっかりしています。何より、エイジングをすることで、変化を楽しめるワインになってくれました。それにしても、味わいや風味はそれほど複雑ではありませんが、存 [続きを読む]