nabe さん プロフィール

  •  
nabeさん: 気ままに遍路旅
ハンドル名nabe さん
ブログタイトル気ままに遍路旅
ブログURLhttp://ameblo.jp/wnabe1956/
サイト紹介文車遍路で四国霊場とともに観光地、美術館等をグルグル。愛媛県のイベントも参加報告しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/01/01 11:54

nabe さんのブログ記事

  • 今治市民の森の桜と鯉のぼり
  • 4/14 (土)今治ICの近くにある今治市民の森です。  桜がすでに散り始めています。今週末が最後でしょう。  鯉のぼりが気持ち良さげに泳いでいます。  桜の下でお弁当を広げている家族があちこちにいます。きれいな風景の中でさぞやおいしいでしょう。   [続きを読む]
  • フラワーパーク大洲のチューリップ
  • 4/15 (土)愛媛新聞でフラワーパーク大洲のチューリップが満開との記事を見て行ってきました。約5万本の色とりどりのチューリップが咲き誇っています。    赤、黄、ピンク、白など様々な品種があります。    白はだいぶ散っているものもあり、今週が最後かも?  チューリップ畑に隣接してネモヒィラの薄青の花畑も見事です。  帰り道で見かけた大洲城。こちら側からは初めて見ました。黒い城と桜とのコラボは綺麗です [続きを読む]
  • 阿川のかかし in 徳島県神山町
  • 4/8 (土)国道438号沿線にかかしが設置された場所があります。「阿川のかかし」として知られています。年に何回もお色直しがなされ色々なテーマで趣向を凝らした展示がされています。  案内板の矢印に従って集落内に入っていくと地区内の各地の家の前などにかかしが置かれています。  まるで人間のように生き生きとした風景を見せてくれます。ボランティアグループ「28の会」の人たちの努力によるもの。これからも期待してい [続きを読む]
  • 神山町のしだれ桜
  • 4/8(土)神山町のしだれ桜が満開とFBで知り別格2番童学寺and12番焼山寺への遍路旅と合わせて鑑賞にやってきました。 まずは神山森林公園へ。  「イルローザの森」という名前がついておりこれはネーミング・ライツ(施設命名権)を取得した洋菓子店「イルローザ」(株式会社昌栄)が名付けたそう。  整備された公園内に桜が満開です。   続いて焼山寺へ向かう途中の国道438号沿線などが神山枝垂れさくら街道として、た [続きを読む]
  • 遍路旅H29.4.8(3) 11番札所 藤井寺
  • 4/8(土)12番焼山寺から11番札所 藤井寺へ。午前中はなんとかもったものの駐車場に着くと降り始めました。 山門前で外人のお遍路さんと会釈。自転車で回っている様子。雨で大変だなぁ。  名前の由来の藤は季節ではありませんが桜がきれいに咲いています。いつもは薄暗い雰囲気の焼山寺への登山口も雨が降ってはいても、桜のおかげでなにか明るい感じ。   参拝中についに本降りになってしまいました。  駐車 [続きを読む]
  • 遍路旅H29.4.8(2) 12番札所 焼山寺
  • 4/8(土)第12番札所 焼山寺へ。  四国八十八霊場で2番目に高い山上にあり昔は「遍路ころがし」と呼ばれていました。今は車道が整備され観光バスなど大型車にさえ出会わなければ快適に参拝ができます。  樹齢数百年の杉野巨木に囲まれた境内は清々しい、身が引き締まるような雰囲気を持っています。  御本尊は虚空蔵菩薩様。かつて火を吹く大蛇が人々を困らせていたところ弘法大師が虚空蔵菩薩の力を借りて退治したという、 [続きを読む]
  • 遍路旅H29.4.8(1) 別格2童学寺
  • 4/8(土)別格二十霊場の第2番札所 童学寺へ。 先日、火災があり、本堂などが全焼。御住職や御本尊が無事だったのは不幸中の幸いです。  山門を通って境内に入ると桜が満開です。  視線を左へ向けると桜の向こうに焼け落ちた本堂の屋根が見えます。見るも無残な姿・・・  山門脇の石碑に掲示があったとおり大師堂に本堂の表示板が置いてあります。  満開の桜が華やかな色を見せています。復興に向け寄進した人の名前 [続きを読む]
  • くままちひなまつり in 久万高原町
  • 3/18(土)久万高原町の「くままちひなまつり」にいってきました。徳島県勝浦のビッグひな祭りに刺激を受けて町おこしにお雛様を活用しようと企画し、今年が第3回目。商店街で開催しています。メイン会場のお雛様ピラミッドや大雛壇は本家には及ばないものの頑張っています。  面白いのはメイン会場ではなく、商店街の通り。  各商店や個人宅がそれぞれ趣向を凝らした飾りつけを行っています。  商店のお店の中では呉服と [続きを読む]
  • 遍路旅H29.2.18 別格5大善寺
  • 2/18 (土)高知県須崎市の別格二十霊場第5番札所の大善寺へ参拝しました。高知県内の別格二十霊場はここだけです。 街中にあるお寺の駐車場に縁起が掲示してあります。残念ながら2つの巨石は長年の土石の堆砂や防波堤設置等で地中に埋まって今は見えないそうです。道路脇にあるのは大師堂です。本堂は山頂にあり、下からは鐘楼が見えます。  狭い急な階段を登ると山腹に大師像とボケ封じ観音像があります。  やっとの思 [続きを読む]
  • きくま人権啓発フェスティバル in 今治市菊間町
  • 2/12(日)きくま人権啓発フェスティバルが開催され漫才師B&B島田洋七氏の講演が行われました。会場は中央公民館が耐震工事中のため自宅近所の菊間中学校体育館です。  演題は「がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!        〜笑顔がつなぐ、みんなの和」(残念ながら撮影禁止のため、公演中の写真はありません)さすがは話のプロ。失敗も笑顔に変える。人生、谷があるから山がある。など含蓄ある話がいっぱいちりば [続きを読む]
  • 遍照院弘法大師御尊像御開帳 in 今治市菊間町
  • 2/11(土)地元の遍照院で開基本尊厄除弘法大師御尊像の御開帳が行われました。前回は平成7年で、21年ぶりとのこと。拝観料千円を納め小さな白旗のようなものに名前、年齢(数え年)、願い事を書き本堂で入口のお坊さんに渡します。おそらく御祈祷時に炊き上げるのだろう。  本堂内に座って御祈祷を受けた後正面奥の弘法大師御尊像の前に進む拝観しました。次に見れるのは21年後。数え年82歳!生きていることかどうか。  [続きを読む]
  • 客神社弓祈祷 in 今治市菊間町西山
  • 2/11(土)建国記念の日、菊間町西山地区の客神社で毎年恒例の弓祈祷が行われました。  本殿内での神事の後、本殿横で行われます。当番の若い人に年配者が手順等を最終チェック。  羽織袴の3名の男性がお神酒を受けた後いよいよ開始です。  神主は加茂神社の池内宮司です。射手を後ろから見守ります。  最初はなかなか的に当たらないけど何本も放つうちにだんだんと当たるようになってきました。  終わり頃に3本とも [続きを読む]
  • 遍路旅H29.2.4 (2) 別格13仙龍寺、12延命寺 and 65三角寺
  • 2/4 (土)引き続き遍路旅。別格13番札所 仙龍寺です。県道から狭い道を注意して登ると本堂の前まで行けます。この本堂、好きな堂宇の一つです。まるで「千と千尋の神隠し」の湯殿のよう。境内には地形を利用していくつものお堂や仏像が立っています。    本堂は靴を脱いで2階の本堂内陣へと進みます。これは他の札所にはない形式です。  本堂2階の御本尊前。御本尊は弘法大師さまです。座ってお参りします。この横に納経 [続きを読む]
  • 遍路旅H29.2.4 (1) 別格15箸蔵寺、14椿堂 and 66雲辺寺
  • 2/4 (土)暗いうちに2か月半ぶりの遍路旅に出ました。途中で日が昇ると石鎚山が綺麗に見えます。今日はいい天気のようです。  向かうは徳島県の別格15番箸蔵寺。箸蔵寺から西に向けて別格二十霊場と途中の八十八霊場に参拝予定。まずは別格15番札所の箸蔵寺。ロープウェイでお寺を目指します。  愛媛から来た別格札所めぐりの団体さんと一緒になり臨時便に同乗させていただきました。  この石段が難敵!普段でも一気には [続きを読む]
  • 遍照院節分厄除大祭 in 今治市菊間町
  • 2/3 (金)地元今治市菊間町の番外霊場 遍照院で節分厄除大祭が行われました。  昨年は数え年61歳の還暦大厄で今年は後厄となります。すでに1月中に厄除祈祷は受けています。雪こそありませんが非常に寒いです。古いお札などを焼く火が暖かい。  同級生の奥さんなど今年還暦の女性たちがお揃いの赤いちゃんちゃんこ、ならぬ赤いセーターできめています。  山門からホラ貝を先頭にお坊さんたちが登場。瑞興住職や瑞壽副住職 [続きを読む]
  • かかしの里 (奥祖谷名頃地区)
  • 1/7 (土)徳島県の奥祖谷、名頃地区の「かかしの里」へ行ってきました。 昨年11月の愛媛新聞に掲載され一度行ってみたいと思っていた所です。有名な祖谷のかずら橋からさらに東へ25Km。離合困難な個所も多く運転に気を使います。まあ結果的に対向車は少なかったですが。 地区に入るとすぐに家の前で座る人たちの姿が。これがかかし(人形)でした。    畑で農作業している人が居ると思ったらこれもかかしです。  通 [続きを読む]
  • 遍路旅H281210 別格9文殊院 and 46浄瑠璃寺〜48西林寺
  • 12/10 (土)  ※アップを忘れてました。(^-^;昨晩、忘年会があり松山宿泊し早朝からプチ遍路です。 まずは別格第9番の文殊院へ。正式には大法山(だいほうざん) 文殊院(もんじゅいん) 徳盛寺(とくじゅじ)といいます。  四国遍路の開祖とも言われる衛門三郎ゆかりのお寺で衛門三郎夫婦の像やその伝説を伝える石画があります。   次に第46番の浄瑠璃寺へ。県道から駐車場への道が整備され入りやすくなっています。感 [続きを読む]
  • ながこう水族館 (愛媛県立長浜高校)
  • 11/19(土)愛媛県立長浜高校では水族館部が教室内に水族館を設置し毎月第3土曜日に一般公開しています。  以前からその存在は知っていましたが公開日が第3土曜日と限定されているためなかなか都合が合わず今に至りました。  やっと念願のながこう水族館に来ることができました。  予想以上に沢山の人がやって来ています。  クマノミ類の展示が豊富で小さい子供たちも映画でよく知っているため「ニモだ!」「ドリーはど [続きを読む]
  • 遍路旅H281119 別格6龍光院〜8十夜ヶ橋 and 41龍光寺〜43明石寺 
  • 11/19(土)次の遍路旅は三回目(公式?)の別格二十ヶ所をメインにして併せてその周辺の八十八ヶ所を従として回り二十ヶ所を回り終えたら残る八十八札所を十二回目として回るということにしました。 そのスタートを愛媛県の最初の別格札所の6番龍光院としました。宇和島市のJR駅の近くにあります。  山門はなく石段の左右に仁王像が立っています。  ここは八十八札所の第40番観自在寺の奥の院ともされています。  &nb [続きを読む]
  • 遍路旅11-13 10切幡寺〜1霊山寺 結願
  • 11/5 (土)久し振りの遍路旅です。今日は10番切幡寺から打ち始め1番霊山寺へと逆打ちで向かいます。 10番 切幡寺  名前の由来は、空海が僧衣を縫うために機織り娘に布切れを所望したところ織りかけの布を差し出したので娘に得度式を行ったところ千手観音になったという。  本堂と大師堂の間の観音像が私は好きです。 9番 法輪寺  田園地帯の中にこの境内がぽつりとあります。   8番 熊谷寺  参道脇の [続きを読む]
  • 風早祭のダンジリ in 松山市(旧北条市)
  • 10/7(金)〜10(月)松山市北条地区(旧北条市)の秋祭りです。 10/8(土)は4年に一度の統一かき比べがありました。いつもは夜、北条港に見に行っているんですが4年ごとと言うので今回初めて行ってみました。北条中学横の道路に市内の全てのダンジリが集合です。    何か足りないと思ったら屋根に笹や国旗の飾りがないんです。きっと上空の電線に当たるので禁止なんでしょう。    やはりダンジリは夜の方がきれ [続きを読む]
  • 海道よさこい祭 in 今治市
  • 10/9 (日)今治市商店街周辺で「海道よさこい祭」が開催されました。 20年ほど前から「商人(あきんど)まつり」として今治市の商店街でイベントが行われていますが昨年から海道よさこい祭が加わりました。本場高知県はもとより愛媛、香川、岡山など瀬戸内海各県から30数団体が参加してよさこい踊りを披露してくれます。 商店街では各連が踊りながら進んでいきます。  高知県から「ゑびすしばてん連」です。  香川 [続きを読む]
  • 幻の37番札所 吉蔵寺 (愛媛県八幡浜市)
  • 9/24 (土)今、高群逸枝(たかむらいつき)著の「娘巡礼記」を読んでいます。著者は昭和初期に平塚らいてうと共に女性運動に活躍された方ですが二十歳過ぎの大正7年に熊本市から四国巡礼に旅立ちその紀行文を九州日日新聞に連載していたのが「娘巡礼記」です。その中に、八幡浜港で四国へ上陸し最初に訪れたのが「第三十七番札所大黒山吉蔵寺」であると記しています。三十七番札所といえば現在は高知県の岩本寺。何故愛媛県八幡 [続きを読む]
  • 遍路旅11-12 20鶴林寺〜11藤井寺
  • 10/18 (日)昨日に続いて、本日は20番鶴林寺から打ち始め。早朝の豪雨はひとまず治まり降ったりやんだりの雨模様。今日はどこまでいけるやら。 20番 鶴林寺7時過ぎで早くも駐車場には沢山の車が。ほとんどが四国外のナンバー。昨晩のTVでも「今年は逆打ちで御利益MAX」ってやってました。   19番 立江寺「四国の総関所」と言われ邪悪な心を持つ者は先へ進めないそうです。四国八十八ヶ所の根本道場として栄え [続きを読む]
  • 遍路旅11-10 27神野峯寺〜21太龍寺
  • 9/17 (土)今日は27番神峯寺から打ち始め室戸岬を回って徳島県へ向かいます。 27番 神峯寺本堂まで急な石段ですが脇のよく手入れされた庭園が心癒してくれます。   26番 金剛頂寺山門までの石段は男厄、女厄と同じ段数。今年還暦の厄年の私は段数を数えながら登ります。   25番 津照寺高知県最後の難関。いつもこの石段前では本堂の参拝はパスしようかと心がくじけそうになりますが気合を入れなおして登 [続きを読む]