これってやはり化石? 私のライフスタイル! さん プロフィール

  •  
これってやはり化石? 私のライフスタイル!さん: これってやはり化石? 私のライフスタイル!
ハンドル名これってやはり化石? 私のライフスタイル! さん
ブログタイトルこれってやはり化石? 私のライフスタイル!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/dandy-hidechan52
サイト紹介文ひともすなるブログなるものを、われもしてみむとてするなり
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/01/01 12:05

これってやはり化石? 私のライフスタイル! さんのブログ記事

  • ホラーな体験が続いて ・・・ クルマのドアがロックされた
  • 鹿児島を離れる日は、朝から雷ゴロゴロ土砂降りになりましたクルマを停めている駐車場は、屋根無しで玄関から直線でも15メートルほど離れています荷物を運び入れるのに、玄関口からクルマのロックを、遠隔解除しました鍵は玄関に置きっぱなし荷物を持って車のところへ行くと、ロックがかかる音がして、勝手にかかってしまいましたわけがわからないまま、雨の中をまた玄関まで走り、再び遠隔解除もう一度、車まで行くと、同じように [続きを読む]
  • ホラーな体験 ・・・ お一人様で過ごした鹿児島の家で
  • 15日から6泊7日で鹿児島でほぼお一人様で過ごしました。殆ど、庭の手入れやら家の管理やらその中で、ひやっとする体験をしてしまいました鹿児島の家は、壁が極端に少なく、掃き出し窓だらけ。さらに玄関は4枚引き戸、勝手用玄関は二枚引き戸、台所から裏に出る勝手口と棟続きの小屋への入り口は一枚ドア入り口だけで4箇所もあるあるのですが。連日カンカン照りで、窓は開けずエアコン入れっぱなしそんな中、午前中の庭の草取りを [続きを読む]
  • プーさんに会いに ・・・ 旅行を兼ねて
  • 6月後半から7月前半にかけて、プーさんに会いに行ってきました最初はトトさんも一緒にプーさんからの土産のリクエストは、特になかったものの、私の妹からの手土産やら、親として持って行ってやりたいものなど、ついつい増えた荷物は、段ボール二箱元気に楽しく動き回れたのは、とっておきのサプリメントのおかげもあるような追い追いアップしていこうと思っています昨年我が家の一番大きなキャリーケースは、プーさんが持って行 [続きを読む]
  • 兄の思いやり ・・・ 四月の思い出 その2
  • 三月末に、息子からプーさんにメッセージがありましたプーさんがパリに旅立ってから初めてのメッセージそれは、来月出張でパリに寄るから、欲しいものがあったら、親にリクエストして準備してもらいなさいそんな内容だったらしいプーさん、びっくり何しろ、兄に渡欧の件をメールで伝え、親に何かあった時は連絡くださいと頼んだところ、『了解』とだけ返信があったらしいから兄に気を遣って、少々のリクエストしかしなかったプーさ [続きを読む]
  • 半衿をクレンジングクリームでお手入れしてみたら
  • 正絹の半衿は、全体が黄ばんでくるのを覚悟で使っていますが、中性洗剤だけで洗っても、いまいちクビやアゴあたりが触れて汚れた部分が、綺麗になりませんそこで、水で落とせるタイプのクレンジングクリームをたたき込ませて、しばらくおいてから、洗い流し、改めて中性洗剤で洗ってみたら、かなり綺麗になりましたもう少し綺麗に洗い上げたいと思っている、セルフメンテナス派の方は、試してみる価値がありますが、あくまでも自己 [続きを読む]
  • 2月に着た着物の覚え書き ・・・ 2017年
  • 一回目 用があって 鹿児島へ 寒いので 着物。 母が亡くなった後、父が仕立ててくれた大島紬 帯は八寸真綿の帯で 一見 渡文風だけど、締め心地がやはり渡文ではない ( どうしたのだろう、この帯 もらいもの?) 防寒コートに ショール 皮の手袋 長襦袢は相変わらず 二部式だけど、下はシルクのステテコ これが ほんとに温かい 朝のあわただしい時間に着た着物は 背中に斜めのしわが入っている トトの母様に  [続きを読む]
  • 3月に着た着物の覚え書き その2 ・・・ 2017年
  • 〇 お茶の稽古 藍染の小紋に 二部式の袋帯は紬地の帯で芯なしでとても薄い軽いが やはりボリュームにかけるのは 二部式のせいも〇 お茶の稽古 前回の稽古と同じ小紋に八寸の帯〇 出光美術館で開催されていた 古唐津の焼き物を観に行く茶碗荘りの稽古の時に、二回ほど唐津焼でカワクジラと説明のある茶碗を使ったことがある不勉強でカワクジラが皮鯨だったと初めてしる鯨の皮の下の脂肪からつけられた名前なんて 昔はほん [続きを読む]
  • 3月に着た着物の覚え書き その1 ・・・ 2017年
  • 左手を怪我して15日目に やっと抜糸が出来た抜糸したら 可動域が増えて楽にはなったものの、物が当たると痛みが走るゆっくりでいいから もとのようになって欲しい使えるようになると、じっとしていられず いろんなことを再開したくなる ・・・ 貧乏性 それでも 撮りだめた画像の整理を一気にやり終えることが 当面の目標〇 寒い一日で 家着物のまま トトさんのスマホの機種交換に出かける 対丈のコートを上から着て  [続きを読む]
  • 着物で食事用エプロンの製作 ・・・ ももちゃんの型紙で
  • 銀座うち山で、着物を着ていた私と友人のももちゃんに貸し出された 食事用のエプロン市販されているのは知っていて、真似っこしようかと思っていたところだったので、もちろんこの着物用エプロンの事でも話は盛り上がりましたデザートも終わった頃、ももちゃんがゴソゴソとバッグの中から 何かを印刷したA4のコピー用紙を取り出し、エプロンのアウトラインをその裏紙に写し取り始めました ( 個室でした?? )さすがのももち [続きを読む]
  • 5月に着た着物の覚書 ・・・ 2017年
  • 最初から単に変わった5月着物を楽しめるいい季節だが、着る回数は少なかった〇 とうきょうきものショー 誘われて、日本橋室町へ夏日の予報とお遊びということで、木綿の着物に半幅を締めた鰹縞の木綿は紺仁製 帯は結城の着物からの仕立て直し市販の半幅よりかなり長めで、幅も広め下着はあしべの汗取りとクレープのステテコいつもと巻き方を反対にして、麻の葉の柄の細かい方を下にして、割角出しで誘ってくれたリリーさんは、 [続きを読む]
  • 4月に来た着物の覚書 ・・・2017年
  • 左手が使いづらい無理して使うと良くないとわかってはいるものの、どうにかし使おうとする・・・ そういう貧乏な性分なのだろうでも、指をさほど使わずに済んで、溜ったものを片付けられるものもある ・・・ 撮り溜めた画像を整理し始めました〇 4月最初に着たのは、江戸小紋  母と父の法事 この日を最初に着る日と決めて、結城紬の白生地を染めと紋入れを染屋に出したのは、年が明けてすぐでしたが、染め上がって来ず という [続きを読む]
  • 100均の優れもの ・・・ リピートしてます
  • 伸縮包帯を買ったのは、100均ショップに用があり、たまたま見つけたからです本命は、なんでもキャッチー と名付けられた 長さ80センチほどの、物をつかむものですグリップ力は、100円の物と思えないほどあります。以前、ムカデが出てきて、このキャッチーで見事捕まえることができましたこんなものもつかめます 持ち上げています手の入らない隙間に物が落ちた時や、腰痛で かがむのが辛い時に、足元にあるものを取るのに重宝しま [続きを読む]
  • 自作の着物用襟留め
  • 小林布未子さんと言う着物スタイリストの方に、着付けのアドバイスをもらったことがあります。その時に、衿を留めるのに、コーリンベルトではなく、伸縮包帯を使えばお手軽で楽だと教えてもらいました以来、色々襟留めベルトは持っていたり、作ったりするものの、一番出番の多いのは、伸縮包帯で作ったものです難点は、伸縮包帯なので、伸びると、使い物にならないというか、効果が半減すること100均で、伸縮包帯を見つけたので、 [続きを読む]
  • 怪我して知った 足湯 ・・・ 病院のエントランスの前に
  • 『 そろそろ片付けて、さきに家に上がりなさい。』と、トトは、言ったのですが5時過ぎても日はまだまだ高く、やる事は山のようにあるので、排水路の掃除をしながら、伸びた垣根の枝を切ることにしたのです最初は剪定バサミを使っていたものの、まどろっこしく、買い直してあるものの使ったことのない電機トリマーを使おうと思っだのが、間違いでした一瞬にして、我が指を切ってしまってのですトトに運転してもらい、整形外科へレ [続きを読む]
  • マルベリーの実が豊作・・♪ あかとんぼ?に出てくる桑の実が
  • マルベリーを植えたのは、一昨年前の頃今年の春にたくさんの花が咲いていましたそして、今実が赤く、黒くなっています早速初摘みでした藪の中では木苺も赤くなっていて、あっという間に食材調達ボットでトトが種まきし、地植えしたサニーレタスも、立派に育っていましたなぜか、自分で育てた葉物類はとても柔らかくて、甘いのです冷蔵庫の野菜室にストックしておいた甘夏も剥いて、朝食のヨーグルトは、果物一杯になりました??ス [続きを読む]
  • 花材を探す ・・・ 田舎に帰ってきたら、する事
  • ゴールデンウィークに植えた、さつまいもや里芋の生育が気ががりな事と、そら豆やジャガイモの収穫も気になって、鹿児島の家に帰ってきました。トトさんより二泊早く帰ってきて、まずは庭の草取り庭仕事しながら、家の中に飾る花材を探すのも楽しみです私はリビングと勝手口は、花を入れるのですが、トトさんはトイレも洗面所も何がしか探してきます父もそうでした開放的な戸建ての田舎の家だと、自然の光が優しく家の中に入ってく [続きを読む]
  • 続けようと思える添削 ・・・ 書の稽古
  • 日曜の午後に投函した書の稽古したものが、早くも昨夕、添削されて戻ってきました。それぞれ一枚は取り置いて本部に提出してもらうシステムのようです今回は提出諦めようかなぁとも思ったのですが、気持ちを奮い立たせて稽古して出して良かった我が書の師匠は、何もかもお見通しで、揺れる心をしっかりと受け止めて添えられた文には、頑張ってるとお褒めの言葉の後に、これからの稽古での留意点も書いてあります何もかも課題山積の [続きを読む]
  • 網戸張り替え ・・・夫婦二人三脚で
  • 網戸を張り替えようか! と、提案されたのは四、五日前トトさん自ら、網を買いに行き、昨日 朝食前から本体外して、風呂場でフレーム洗い張り替えは朝食後和室に広めのピクニックシートを広げて、フレームを置くピンチで網を四ヶ所止めた後は、私がローラーで入れ込んで行く余分な網をカットするのも、設置も後片付けもトトさん ルンルン??としてくれたぶきっちょさんで、大雑把だけど、ポイントを教えて、コツのいるところを [続きを読む]
  • 両親の法事 ・・・・ 四月の思い出 その1
  • 今月ももう終わりだなぁと思いながら、うれしかったことを二つほど ブログに残しておこうと思います一つは 母の三十三回忌と父の七回忌を一緒に執り行ったことです法事は 私たち夫婦と妹とこじんまりと行うつもりでしたが、息子に話すと息子家族も参加するとのことでしたそこで 妹を通して 妹の子供たちにそのことを伝えると 甥っ子たちも来てくれるというのです母の命日は 三月十二日 父の命日は 四月六日 法事は いろ [続きを読む]
  • 帯のお直し 2本 ・・・・・  袋帯と名古屋帯
  • 3月のあるお茶の稽古の時ですが、先生の締められている帯が話題になりました素敵な帯(お茶仲間からの回ってきた帯だそうです)なのに 垂れより下にお太鼓のあまり部分が見えているのです『 付け帯にしてあって おかしな帯だと締めながらわかったけど、しょうがないからそのまま締めたのよ 』そんな話でした捨てようかなと言われるので、『 もっと締めやすい形に直せると思います 』 と 余計な一言を発してしまいましたそ [続きを読む]
  • 琉球絣の胴抜き仕立ての着物 ・・・・ 4 / 2017
  • 着物を一枚仕立て終わりました着物の柄の中で いくつか好きな古典柄があります一番好きなのは 麻の葉柄次が 雪輪そして 七宝や亀甲や燕の柄です古典柄というか 昔からある柄で 日本独特の美意識で長く日本人の中に受け継がれてきた柄ですツバメの柄は 置賜紬で一度 袷を縫いましたでも はやりツバメといえば琉球絣か浴衣かで 数年前に買い求めた琉球絣をやっと仕立て上げることが出来ました縫ってみて 米流とよばれる山 [続きを読む]
  • 天ぷら鍋を新しく --- 40年使って限界となりました
  • 社会人になったときに、母から 片手鍋を大小二つ、南部鉄の鋳物を月替わりでとっていた物の中から未使用の天ぷら鍋を準備してもらいました。テフロンのフライパンもありました。以来使い続けて40年、こびりついた油膜をこそげ落としても、取り切れず、とうとう煙が鍋の外肌から立ち始めたので、新しくすることにしました揚げ物は場合によっては、多層鋼のフライパンや片手鍋ですることもあるものの、やはり専用が一つは欲しい悩み [続きを読む]