little lamb さん プロフィール

  •  
little lambさん: 旅する子羊
ハンドル名little lamb さん
ブログタイトル旅する子羊
ブログURLhttp://tabisurukohitusji.blog.fc2.com/
サイト紹介文自閉圏に住む子羊のひとりがたり。
自由文ASの世界から外の世界に通いながら暮らしています。外の世界に疲れたときのためのカームダウン・スペースとして作りました。ふんわりとばくはつすることを心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供177回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/01/02 22:43

little lamb さんのブログ記事

  • 言葉が見つからない。
  • 友人がこの世を去っていた。それも、2月に。5月にメールしたとき返事がなかったので、自覚なく何か不快なことをしてしまったのだろうか、と気に病みつつも、フォローアップしなかった。今朝、「偲ぶ会にエピソードを寄せてほしい」というメールが不意に届いて、にわかにそこに書いてあることの意味が分かりかねた。2月に亡くなったこと、急病による急逝だったため、お身内だけで送り出されたということや、友人がわたしの名前をよ [続きを読む]
  • 風が強いから、止まったり、休んだり。
  • 台風に影響を受けながらも、おおよその出張日程を終えて、新幹線で移動中です。振り返ってみると、キャパオーバーだったかな? というほど充実した時間をすごせました。行く前の日程がハードすぎて着くだけで精一杯かなと不安でしたが、体調のほうもほどほどです。軽い頭痛と眠気くらい。(疲れを把握できてない可能性もありますが、今週末、精神科定期通院。くずれたら、ドクターと一緒に、対応を考えればいいや、ということに)先 [続きを読む]
  • 今日も綱渡り、結果オーライ。
  • なぜこうも新幹線??に乗るまでに毎度毎度さわぐのでしょうか。(それは、発達さんだからですよ〜、というサポート陣の声が聴こえてくるようです)今回の出張は、チビ羊??連れです。チビ羊??は、心理検査等では凸なだけ、しかし面接などで不注意傾向が指摘されています。本日は、東京駅の新幹線改札口で待ち合わせるはずでした。しかし、実際に起きたことは、親子ともどもとんでもなく。わたし自身??: 「スマホと取材用ノート [続きを読む]
  • 疲れちゃって、とんちんかん。
  • 校務ピークの3週間もおわり、なんかちょっとまだ脳が興奮したままです。「行動や発言の抑え」が効かなくて、いつもよりも相当にハイパーな感じになってしまって、はずかしい。昨日の会議でもけっこうおとぼけ。あることをわたし自身が申請して審議してもらうという場面でのこと。声が通りにくいので頑張ってしゃべっていたのですが、皆さんは資料をぐるぐる回していて、なんかざわざわしたままになっている.........と感じられたの [続きを読む]
  • 拾いあった1日でした。
  • 今日は、いろいろなことがつぎつぎと起こり、ちょっとぼうぜんとなっています。そもそも共同作業系の校務の忙しさがピーク。でもこれは事前に分かっていて、手もうってありましたので、なんとか。(産業医相談サービスに感謝)。うきゃあ、となったのは、編著本の共著部分。「締切すぎたら天才」のみなさん、もはや(真の?)締切も踏み外しそう??第一編者なので、「ペペくん(仮名)とわたしに仕上げを任せなさい」と強くでて同意を取 [続きを読む]
  • すこし大丈夫な感じ(お見舞いに行って)
  • 日曜日に過集中モードになってしまい、結局、月曜日まで起きていたわたし。それでも明け方には寝落ちして、7時半にはアラームで起きました。親羊たちはかわいそうに思っていたようです。とくに、親羊??1号。同業者だったので、「データ消えたって大変だよなあ」と同情しきりだったみたい。(実際にはデータは拾って原稿書き直してからベッドに入ったのですが、その前にすでに親羊たちは寝ていたため顛末を知らず)。「オバ羊? [続きを読む]
  • 過集中に逃げた日曜日(それで大丈夫)
  • 先週の金曜日の夜、遺族外来を扱った番組を見ていて、泣いてしまいました。さらに、その後、とてもメンタルの具合がわるくて、ざわざわ。体調もちょっと不安定で夢も重苦しい感じ。そのときは、昨年亡くなった友人のことを思い出していました。ちょうど、その家族(も友人)宛てに手配したお肉が配送されたという連絡があったからです(蛇足ですが、本来は先週配送されているはずだったのですが、little lambアルアルで「送信」ボ [続きを読む]
  • 「悲しみや不幸を幸せに変える」
  • ああ、もう疲れちゃったのかなー、何もかもがうるさくて気が変になりそう。落ち着いて本も読めないし、だからといってポーッと休めもしない。なんだか、ただただ落ちつかない、メルトダウンきそうでこない、先回りしてお玉でクッションを叩くこともできない。誰かにメールして窮状を訴えることもできないし、そんなこと迷惑だからしちゃいけないし、頓服もなんだか飲めない、飲めばいいのに、飲んじゃダメ??????そういう落ち [続きを読む]
  • ちょっこと日記(自分で抱えないことが、ベスト)
  • みんなが乗ったバスに乗り遅れ、かつ自分の家に戻れない迷子になる夢をみた。泣いてはいなかった。ちょっと、これは、無理かなあ。でも、それでいい。スケジュールを見ていて、しみじみ。しみじみ、ですんでいることにもしみじみ。主治医に感謝、たしかにもし抗うつ剤の減薬や断薬に「がんばって」いたら、しみじみとはちがう状態になっていたと思う。産業医、臨床心理士さん(職場&職場外)にも感謝。それぞれアプローチは違うの [続きを読む]
  • ゆっくり、いそいでみた日(スキマで休むこと)
  • *******追記:どこ時間か不明ですが3日、詩人のジョン・アシュベリーさんが逝去。Academy of American Poetsのプロフィールページ。2005年のThe New Higherが、今日の詩に再掲されていて気がつきました。詩を残して去る。ずっと生きている。******Festina lente! (ゆっくり いそげ)。『もうひとつの「王様と私」』(石井米雄著+飯島明子解説、めこん、2015)の解説の最後に記されている、故石井先生のお言葉。この著作は遺作。 [続きを読む]
  • 休養日(カウセリング記録)
  • 昨日の夕方、仕事帰りにカウンセリング(臨床心理士、定期)を受けに行きました。ずいぶん落ち着いてきているかな、という見立てをいただきました。ものすごい多弁とかは今回はなく、呼吸しながら、音声においていかれることなく、思考と言葉がタイミングよく生まれてきて、話せているという感じをもてました。すごく忙しかったけれど、「上手に風邪を引けた」し。つまり、本当に久しぶりに熱をちゃんと出せて、くったりと倒れ込む [続きを読む]
  • 休養日 (朝のお絵かき)
  • 六連勤、思ったよりもうまく乗り切れました。これがあと2週間つづくのですが、なんとかなりそうです。最初に風邪をひいて、週1日でもしっかり休む(緩める)と後がよいと実感しています。昨日のカウンセリング記録は後でいいや、ということにして、今朝のお絵かきをすこし。ふだん世界を文字で埋め尽くすことで存在の不安から逃げようとしているので、文字じゃないものに短時間でも毎日集中するのは、リフレッシング。チビ羊?先 [続きを読む]
  • こだわりスイッチオンは、疲れのサイン。
  • やはり疲れているのでしょうか、他者からスイッチを入れられがちです。こだわりの。昨日の朝、スタバに寄って、顔見知りの店員さんだったので安心しつつ、[めずらしく甘いドリンクが欲しいです。でも、スモアは重いかなあ]と言ったところ.......「あ、なんか、いまスモアの発音にしびれました?? 英語得意ですか?」と、かえってきました。いまにしてみれば、店員さんにしてみれば軽いやりとり(=挨拶)だったのですが、想像力 [続きを読む]
  • ちょこっと日記(事務サポート)
  • 今週は、苦手なアドミン業務続きです。昨年、産業医のお世話になり、今年も産業医のお世話になり、と書くと、なんか何も成長していないようですが。ある部分は、成長しました。それは、わたし自身の事務スキルのアップではなく、事務サポートの受け方です。要するに、<苦手なことは、それが得意な人に任せる>ということです。身も蓋もないのですけれども、産業医面接を重ね、関連の「上の人」にも相談して対策を練っていくプロセ [続きを読む]
  • 過集中を緩める、自分のために、まわりのために。
  • 今日の19時すぎ、帰り仕度に取りかかったところに、チームでやっているタスクが回ってきました。メールでです。文字情報なので、慌てがちなわたしもひと呼吸ついてから、リプライを考えることができました。うーん、急ぎだわ。でも、急げとは書いていない。急ぎといっても今すぐ返して誰が受けるの? 最終期日まで、正確には、いまから1日半ある。わたしは、……、今日もいつもどおりに眠って、明日もいつもどおりに7時台に出勤 [続きを読む]
  • ちょこっと日記 (みかん??みかん)
  • 風邪、びっくり、治っちゃったみたいです⁉?1日半ほど、自宅の刺激のない空間に閉じこもって、うつらうつらしてたのがよかったみたいです。精神科の先生、処方ナイス、感謝。「まーまー、まだお昼ねしてるのー」というチビ羊??をかまってあげられなかったのは、たまにしか会わないだけに申し訳なかったのですが。親の脆弱さを見せるのもよいのよ、とシニア羊??たちがかばってくれました?? 常日頃から脆弱さを見せまくって [続きを読む]
  • お休みの日に(通院記録)
  • 昨日は通院日(精神科・定期)でした。それほど待たずに診察に呼ばれました。いつもの通りにメモを出したのはよかったのですが、それは診察の2日前に書いて者だったので。<おかげさまで、とても元気です!>メモを先生に渡す前から、そのメモがわたし自身の特殊な状態、つまり「もはや疲れすぎてわけわからなくなり、過活動。ハイ (high) になっている」が表しているという自覚がありました。でも、もう風邪でめちゃくちゃだった [続きを読む]
  • お休みの日に(オープンダイアローグ)
  • 風邪を引いてしまったので、今日はひさしぶりに自宅で休んでいます。歯医者さんとか友人とのお茶とか荷造りとか翻訳とか原稿下調べとか、きちきちきっちりと入れておいたスケジュールは全て、昨日のうちにキャンセルしたり延期したりして、グーグルカレンダーに「休養日」というブロックを入れました。休むのは苦手なのですが、たまたま通院日で、しっかりドクターストップをかけてもらえたのがよかったです。自分では休めないので [続きを読む]
  • ちょこっと病院(整形外科)
  • 一昨日、久しぶりに整形外科クリニックで受診しました。この2週間ほど左手の痺れがとれないからです。痛くないし、可動域も大丈夫だし、眠れているし、大丈夫ではありますが、来週からとても忙しいので念のために。あと、自己管理で運動するときに禁忌な動きがあるかどうかの確認に。ちょうど共同でやっている入稿作業について一瞬の空白(待ち時間)が生じたので、思い切って行きました。スケジュール変更による変な不安や迷子リ [続きを読む]
  • 多弁・多動は疲れのサイン(ちょっとずつ休もう)
  • ちょっと無理がかかっている感じです。出張から戻ってきたその日、直帰で休むはずだったのに、自宅ではなくオフィスに直帰。<すごい勢い=ほぼ意識飛んでます状態>で、出張中お世話になった方々へお礼メールを送り、お菓子を送り、写真を送り、動画を送り、すごく苦手だけど電話が好ましい場合には電話もしました。それから、勤務先に飛行機の半券を提出、ウェブで出張報告。さらに、来月の出張申請をして、それから同僚にお菓子 [続きを読む]
  • 旅ができる幸せ (帰宅途中より)
  • 3泊4日の出張を終えて帰路にあります。今回、初めて同行した友人は、相性がよくて、とってもうまくいきました。アイヌのお祭りのプログラム、全体のだいたい半分くらい、自分自身にとって大切なものにがんばって参加しました。会場が超満員となる儀礼などは、感覚飽和で眠くてしかたなく、目を閉じて聴くことに専念。すると、まわりの高校生たちに! 具合わるいですかと気遣われたので、感謝&手短かに事情説明 。(発達障害系用語は [続きを読む]
  • ちょこっと日記(明日から出張です)
  • 身体の痛みが強かったので寝たり起きたりしながら仕事してて、分からないことがあったので友人にメール。友人は、国際会議で諸国巡回中でした。やりとりのなかで、ふっと、うらやましくなっちゃって。つい、書いちゃいました。「ナナくん(友人仮名)とか、リンリン(パートナー仮名)とか、大変だと思うけれど、世界中動き回って、社会を変えていってて、うらやましいなあ」ふたりとも身体ぶあつくて、エネルギーに溢れてて、声量もふ [続きを読む]
  • ふだんどおりに生活する
  • 今日は職場の夏期一斉休業の最後の日です。戦争についてさまざまなことが想起されますが、書き出すと想起されすぎて????になりそうです。家族構成もあって、どこの誰に視点をおいて想起するかということ自体が複雑です。また、アジアからの留学生に英語で国際関係史を教えることもあるので、「8月15日」の意味づけがいろいろだったり、その日だけではないの、というから切り返しにあったり.......。黙祷の放 [続きを読む]
  • 休養日(カウンセリングの後で)
  • 今日は日曜日。仕事をするつもりでしたが、休養日にしました。昨日、臨床心理士カウンセリング(定期)で、すっかり副交感神経優位にもっていかれてしまったようです。やったのは、フォーカシングというか、自律神経訓練法というか、名づけはないものの、リラクゼーション系のワーク。ふだんなら寝椅子を使うところを、ふつうの椅子にふつうに腰かけた状態でおこないました。いつもは30-40分くらいお話してから、のこりの10-20分で [続きを読む]
  • ひとりで文字を奏でながら小嵐
  • 文字が奏でる音楽が好きです。別に、なにか共感覚みたいなものがあるわけではなく、成長過程で学習したものです。だから、ほどほどに使えるレベルまで習得した言語でしか生じません。日本語、英語、スペイン語、南の故郷の言葉いくつか。(同じようなことは五線譜の楽譜でも生じます。オーケストラのスコアとかはぜんぜん無理ですが、二台ピアノくらいまでならば脳内再生できるかも。これも、大学時代、三学期間だけ音楽副専攻ピア [続きを読む]