little lamb さん プロフィール

  •  
little lambさん: 旅する子羊
ハンドル名little lamb さん
ブログタイトル旅する子羊
ブログURLhttp://tabisurukohitusji.blog.fc2.com/
サイト紹介文自閉圏に住む子羊のひとりがたり。
自由文ASの世界から外の世界に通いながら暮らしています。外の世界に疲れたときのためのカームダウン・スペースとして作りました。ふんわりとばくはつすることを心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供136回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/01/02 22:43

little lamb さんのブログ記事

  • 「風邪、引けるようになったね」(カウンセリング日)
  • 昨日、処方された抗生剤を飲み始めたら、やっと、白血球のたたかったあとの姿(?)を見ることができるようになってきました。すごい、風邪ひいてたんだー、免疫システム、働いてるー(喜)。「風邪、引けるようなったねー、熱もでるといいねー」と、パートナー(医師)にここ数年いわれてきました。彼にいわせれば(注:医師一般の見解ではありません)、かつてのわたしは風邪引いて熱もだせないくらい虚弱というか、免疫システム [続きを読む]
  • こんな日もある(風邪ひいてました)
  • 休暇も明けて仕事に戻りました。が、なんだか体調が落ち着きません。ひとりでいる分にはかまわないのですが、対人業務がいくつかあるため、勤務先近くのクリニックへ。うーん、メンタル系ではなく、耳鼻科です。ここは耳管開放でたまーにお世話になっているだけだったので、かなり久しぶりでした。花粉症かな??? とも思って。結果は、ふつーに風邪をひいて(先週、京都に行ったあたりからですね、やはり緊張して疲れが?)、そ [続きを読む]
  • ウトウトしています (休憩中)
  • t休暇なのに (だから?)、風邪? 花粉症? 熱はないですが、ノドが腫れていてだるいです。部屋でウトウト。リラックス。なにもしたくない、やりたくない。仕事メールも即レスできない。だるいとき、起き上がれないとには、枯れちゃったxエネルギーを再チャージしてるんだよ、必要なことだよ、と言ってくれたのは誰だっただろうか。また、ウトウトしてきました。季節の変わり目、みなさまもご自愛ください。お休みなさい???写 [続きを読む]
  • 「もっと、のびのび、生きてみたい」
  • 昨日、年若い友人 (with ASD)とでかけたときの出来事をお絵描き(って言えないレベルですみません!!)してみました。勝手気ままマイペースと思われがちで、実際にマイペースでもあるわたしたちですが、「知らない、他の人(たち)」がいる「公共」では、ぜんぜんマイペースではなかったりします。親密圏(おうち)では、激しい形のメルトダウンも見せるわたしたちですが、公共圏(お外)ではたいへんおとなしいです。しかも、た [続きを読む]
  • 就眠儀式をすこし新しく?
  • とてもよく晴れた日曜日でした。かねてからの約束で、学校を卒業したわたしよりもずっと年若い友人(with ASD)とおでかけ。わたしが人混みが苦手、聴覚過敏で混乱しやすいことをしっていて、「腕くんでもいいですよ、それが無理なら鞄につかまって」と。ものすごくしっかりガイドヘルプしてくれて、成長ぶりが嬉しかったです。ASDっていっても苦手なことはひとそれぞれで、この友人は方向オンチではまったくないし、感覚過敏もそん [続きを読む]
  • 視界を広げて、ゆっくり
  • 人生2回目、京都駅からバスで京大に行くことができました。初回だった前回は、さんざんな目にあい素晴しい迷いっぷりでしたので、今後もこれまで同様、タクシー往復と思いました。その珍事件&わたしの特性(迷子の天才)を知る友人から、今回、京都駅につく直前のタイミングで「little lamb、バスだめよ、タクシーだよ」と心配そうなラインが入ってきたりもしました。でも、京大業務が16時からで、京都駅についたのが13時半。予 [続きを読む]
  • 新しいことをするレッスン
  • おかげさまで、だんだん元気になってきました。ブログを読んでくださるみなさま、ありがとうございます。訪問先でもなかなかコメントを残せないのですが、つながりに感謝しております。さて、薬の調整、というか、自覚なきこだわりを緩めて、主治医の「(飲み損なっていた眠剤を) 処方にしたがって」服薬してみたら、よい感じです。前回の診察では、抗うつ剤を減らして (抜いて)いく見通しなので、その前に睡眠を「自覚的」に整えて [続きを読む]
  • 自分の弱さを伝えるレッスン
  • なんだか寒いですね。明日早朝、術後半年検診に行くのに困ったな、と悩みましたが、病院に行こうとして調子を崩すって変だな、延期かな、と気づいたところです。みなさまもお気をつけください。さて、このあいだの日曜日のコミュニケーションを通じて、新しい仕事が始まることになりました。とても嬉しかったです。ただ、初回の打合せの提案をきいて、冷や汗??「ざっくばらんな座談会形式、録音しましょう」ざっくばらん、座談会 [続きを読む]
  • 自分が自分であること
  • なんだか気ぜわしい日曜日になってしまいました。先日ドクターから「お疲れ警報」が発令されたので、スローモードに切り替えようと自分なりに努力したのですが。昨日は、「休む前に、キリのよいところまでやる」というクセがでて過集中モード。いっけんさくさくと仕事が進むのですが、意識がどこかにふっとんいて、ときどき、はっ! ここはどこ、わたしはだれ? 解離というか、だれかに自動操縦されているような感じになってきて [続きを読む]
  • まずはよく眠りましょう(通院日)
  • 本日は通院日でした。仕事の合間に、午前中は形成外科(あまり痛くはないですが、命にかかわらないのに放っておけない難治性の疾患)への定期通院。担当医の先生は、今日は「痛い処置」をしたかったそうですし、わたしもしてほしかったのですが、わたしの都合により、それは次回まわしに。なんのために予約通院してるのか不明。予約変更できなかったあたりが、わたしらしいかも。先生、すみません?? その都合というのは、本来、 [続きを読む]
  • 友人を大海に送りだす (わたしはわたしの旅へ)
  • わたしには、何人か、世界中を旅する親しい友人がいます。さいきん、そのうちの一人を送りだしました。出発の前日、短くメールしようと思っていたら、急に電話キター!!! びっくり!(◎_◎;)「あ、ごめん、電話するってメールできなくて。会いに行こうと思ったけど、急にって苦手でしょ」「長い滞在になるから、一度は会議で呼ぶね。ほかのにも来てね。little lambに見せてあげたいなあって場所がいくつかあるからさ」ありがと [続きを読む]
  • 小さい爆発はわるくない
  • 先週末は、疲れがたまってしまって、ポンポンと小爆発してしまいました。でも、そのおかげで、かなりスッキリして、また新しい気持ちで、生きていけそうという感覚をもてています。精神科ドクターや臨床心理士につながったばかりの頃は、「メルトダウンしてはいけない」という思い込みが強かったので、守りにはいりすぎてかえって感情的な抑圧や身体的な我慢を重ねてしまい、ドカーンとなりがちでした。その後、すこしずつ時間をか [続きを読む]
  • やっぱり、限界(らせん状に回復する過程で)
  • この2週間、チーム業務、会食(急な来客複数回含む)で、さすがにこたえたのか、やっぱり、限界に。「予告されたパニックの記録」(『予告された殺人の記録』G. マルケス)などというものをここにつらつらと書く気力も意欲もない感じですが、易刺激性による??発作なのに、自他境界めちゃくちゃになって、他者が自分の思い通りに動かないからといって、他者に強い言葉を直接むけないように。そういうことは理不尽だし、なにもよ [続きを読む]
  • そろそろ限界 (ひとりで草を食みたい)
  • 今晩は、たいしたことでもないのに、ヘナヘナ、イライラになってしまう自分のことがちょっと嫌い。今週は会食のない日がなく、「楽しい美味しい疲れたぐるぐる寝つけない夢生々しい昼間眠いなぜか涙しなにもかもいやだ消えちゃい頓服飲む」のサイクルを3回回したら、そろそろ、限界。まずいな、と自覚できたので、今日の外国からのゲストとの茶話会は途中で帰るつもりで行きました。主催者は付き合いの長い友人だし、わたし??が [続きを読む]
  • たわいもないことが苦手
  • 今週は、意外な落とし穴がありました。それは、毎日、会食アポがあることです。もっとも気楽なメンバーによるピッツァ会から始まり、フレンチ2回、初めてのゲストを囲んでのお茶、そしてさいごが家族&友人で和食。会食後、抗不安剤飲んで横になっています。誤解なきようですが、いやいやこなしているわけではなくて、それぞれ楽しく美味しいぶん、あとで感覚も感情もなんだかパンパン????????????ハイライトは、さいご [続きを読む]
  • 疲れたけれど想い出がふえた休日
  • 今日は休暇でした。いったんオフィスに寄って、明日のスケジュールを確認し (←構造化しておくと少し安心して休めます)、軽くお昼を食べ、短いお昼ね。それから、現代アートのラボの先生、仲間とアトリエで落ち合ってから、エクスカーションへ。銀座のギャラリーめぐり。3時間くらいたったところで、わたしは一足先においとま。いったん、オフィスに戻って、明日の来客に備えて、机まわりを軽く整頓。のつもりでしたが、エクスカー [続きを読む]
  • ほおとあごを、ゆるめる。
  • 気づかないうちに、このところ奥歯を噛みしめていたらしく、治療中の土台を割ってました。傷になって炎症。出血あとまであって、びっくり‼?先週、ロキソニン飲む! 抗不安剤ではなくて!という選択はわるくはなかったのですが、不安で緊張しまくっていたから奥歯の土台を割ったというならば。さきに、不安対策しておいてもよかったかも⁉?うん、でもまあ、ちょっと頭痛くらいで済んでるし (済んでないですよ??、と歯科医には [続きを読む]
  • 「 やり抜かない」レッスン?
  • あるお休みの日の晩、わたしが居間のTVで録画しておいたギリヤーク尼ケ崎さんのドキュメンタリーに見入っていると。「まーまー、<国語 (日本語)>の宿題、みーてー」と子羊の子羊??(以下、ちび羊??)が隣にすわりました。(英語圏の学校に通ってます)。えー、やだー、いま、ギリヤークさん見てるんだもん、ママ、お休みの日だから、お勉強モードになるのやだよー、脳みそ興奮しちゃうからー、それに、ちび羊のほうがママより [続きを読む]
  • やり切らない、明日のために。
  • 六連勤の三日目、てんぱってきてしまいました。そう自覚できることは、まず、わたしとしては素晴らしいです。セルフモニターきいてる。のどがいたい、頭もいたい、背中ぱんぱん。って、また風邪?! それは困る、そのパターンは避けたい、風邪引くなら来週にしたい。今週は定期通院はひとつもなく、知っているドクターに処方頼む機会もないのです。(職員等向けクリニックには内科も多分ありますが、産業医相談しか行ったことのな [続きを読む]
  • みんなと仕事したら、ひとりごはん。
  • 今日は、そこそこ、マイペースを貫けました。午後いっぱい、外部での研究会に出席して、10数名の方がたと過ごしたのですが。まず、開始時間より二時間半遅刻。これは本籍の職場で公務があったことによります。が、それが早目に終わったので、早目にランチして、少し仮眠してから、「駆けつけた」からです。研究会に到着したら、進行が遅れており、これから「みんなでランチ」。これをパスして部屋にのこり、1時間ほど資料を読んだ [続きを読む]
  • おでかけしたら、お休みしよう。
  • 先週末、予定内と予定外で、おでかけが続きました。ひとつは、前回エントリに書いた恩師の最終講義で、もうひとつは。その最終講義の最中に(いかなる理由であれ、スマホ見ていたのは事実です??)、「〜で誰か行ける人を探しているのですが、明日、〜に一緒に行きませんか?」と親しい友人からメールがあり、「行く!」とリプした結果のものでした。いまから思うと、「〜で誰か行ける人を探している」という前半部分だけが脳みそ [続きを読む]
  • 柔らかな鎧をまとって
  • 本日は、臨床心理士面接の日でした。このところおちついてきており、春になって日照時間が増えるか、南方向に出張か旅に飛べば、いま抗うつ剤でコントロールしているような症状は寛解するのではないかと思っています。セロトニン系弱し、寒さに弱し、学期末に弱し。また、先日、精神科主治医に思いがけず「臨床心理士さんにするようなナラティヴ(語り」をひきだされてしまい、さまざまなネガティヴな感情をそこそこ言語化してしま [続きを読む]
  • おとな羊??になれますように (通院日)
  • 数日前、通院日でした。電車を乗り間違えて早く着きすぎたので、午後の診察一番乗り。でも、わたしは先頭が苦手。すごく方向オンチなので、誰かの後について行きたいのです。そこへ、後から来た、待てなそうな動きの速い少年が。どうぞお先に??とジェスチャしたら、ぺこりとおじきして飛行機??みたいに受付に飛び込んで行きました。おかげで、待合室でひと息つけて助かりました。ほどよいタイミングで呼ばれたので、診察室へ。 [続きを読む]
  • 羊たちのすむ家(そして、みんなスペクトラム?)
  • Happy Valentine's Day!!と、わたしにしてはたいへんめずらしく、ちゃんと今日という日がなんであるか思い出し、朝、出勤前に、南の故郷にいるパートナーなどにメッセージを(1行ですが)送信したのは、とても偉かったです(と、自画自賛??)。ちょっと、おとぼけかもしれない、うちの家族、といっても、範囲がよくわからない(国内外に散っているため)のですが、そのなかから、日常的にコミュニケーションが多めのメンバー、 [続きを読む]
  • ドローイング2枚目(ねりけしをもって冒険に)
  • すこし前ですが、人生2枚目のドローイングを描きました。(はじめての記事はこちら)わたしは、「わたしはとっても手先が不器用です」という自己イメージをもっています。また、映像記憶はわりとよいとのですが、「映像記憶を絵として再現するのは苦手です」という自己イメージもあります。一方で、いまの仕事では、「映像記憶を文字をメディア(媒体)として表現する能力が高い」(文章が映像的、かつ具体的)という評価をいただ [続きを読む]