そうく さん プロフィール

  •  
そうくさん: あをべにブログ -Fp.
ハンドル名そうく さん
ブログタイトルあをべにブログ -Fp.
ブログURLhttp://sawque.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々廃墟と甘いものを求めています。廃墟写真が中心のブログですのでよろしくお願いします。
自由文伝承としてこの瞬間を記録する。
Folklore/Fragile の廃墟学。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/01/04 00:55

そうく さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ブロンズ像のある廃医院 2
  •  違和感が主張をはじめ、此処に居ては不味いと訴える、 その違和が、想像しがたい何者かの存在を脳に産み出して、 ずっっと此方を睨み、息を殺して窺っている、 そんな張り詰めた緊張感を、常に覚えていた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • R光山S福院
  • 香川県のとある場所、一年以上の月日を経ての再訪。この一年で色々と変わったなぁとしみじみ感じながら、あの日の足跡を、いまあらためて、なぞってみる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 小さな産婦人科の廃医院 2
  •  終戦後、間もなく建てられた医院。 床は踏み込むたびに、扉は開けるたびに、ぎぃ、と鈍い音を響かせる。 現れたのは、落ち着いたツートンカラーに施された手術室。 敏感に研ぎ澄まされた五感が、解かれ、和らいでいく。にほんブログ村 [続きを読む]
  • S医院
  •  大正7年にこの地に開業し、一般診療を行っていた医院が在った。 その姿は私の視界を一瞬で古ぼけた景色に変え、風化した世界を魅せてくれた。 己で耐え、死後を生きるという想像を隔絶した虚しさにふれて。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 旧三縄発電所
  •  険しくそそり立つ祖谷の渓谷、その忘れられた森のなかに煉瓦造の水力発電所が在った。 大正元年に操業を開始し、香川県全域へと電力を届けていた当時四国最大の発電所だったそうだ。 想像を越える時間をこの場所で積み重ね、その蓄積のなかに、ことばもなく埋もれている。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 南三陸シーサイドパレス の終わりに寄せて
  •  宮城県北部の海岸沿い。 かつて、ここにはこの辺りで唯一の「南三陸シーサイドパレス」という遊園地が在った。 昭和47年に開業したのち、十数年の僅かな営業期間を以て閉園に至っている。 その後、遊具は撤去され、敷地内のホテルを含むいくつかの建物のみが残されていた。 2011年3月。 この地域は東日本大震災による大津波に飲みこまれた。 津波はすぐそばの小泉海岸の砂浜に押し寄せ、風光明媚な松林をなぎ倒し、廃墟と [続きを読む]
  • H医院
  •  外観は変哲のない木造家屋でも、 そこには貴重な写真が幾つも残されていて、 かつて診療を行っていた跡が散りばめられている、 まるで、探すべきものが眠っている、迷宮のように感じられた。 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 瀬戸内の廃医院 5
  •  およそ一年越しの再訪。 あの時と変わらない、閉鎖された空間。 でも、探すべきものは見つけられず、 柱に掛けてあった古くも美しい時計は、信じがたくも無くなっていた。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 過去の記事 …