donsuke0624 さん プロフィール

  •  
donsuke0624さん: 路地裏の骨董カフェ
ハンドル名donsuke0624 さん
ブログタイトル路地裏の骨董カフェ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/donsuke0624
サイト紹介文アートとふるものに囲まれて日々癒されませんか。雑貨や古時計、蓄音機、油絵など、骨董カフェへようこそ。
自由文アートとふるもの好きが嵩じて、古時計と蓄音機などを趣味で修理しています。また、ヤフオクを中心に気に入った油彩を集めています。また、明治〜昭和初期の機械ものの骨董品が好きで、少しずつ集めています。これらの骨董は、はたして価値があるのか、ただのガラクタか信じるは自分の目だけなんですが、審美眼をお持ちのいろいろな方と情報交換できるとありがたいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供132回 / 365日(平均2.5回/週) - 参加 2015/01/04 03:11

donsuke0624 さんのブログ記事

  • 九州の滝めぐり3 大分県宇佐市安心院町 福貴野の滝と東椎屋の滝
  • 休日は、涼を求めて滝巡りをしています。大分県内もみごとな滝の名所がたくさんあります。宇佐市安心院町にある福貴野(ふきの)の滝です。この滝は、展望台からの眺めと、滝つぼからの眺めと2箇所から楽しめる滝です。上の2枚は、展望所からの眺めです。滝つぼへは、別の駐車場に車を止めて、ちょっとワイルドな自然散策道を歩いていきます。細い渓流に沿った歩道を歩くこと10分で、滝つぼに到着しました。高さは65mで、東椎屋、西 [続きを読む]
  • 昭和レトロ 金属縁のガラスのコースター
  • ふるもの屋さんの小物の類でいつも気にはなっていたのですが、デザインに好みのものがなくていつも眺めるばかりになっていたのが、昭和レトロな雰囲気たっぷりの金属縁のガラス製のコースターでした。いつものように、ヤフオクで雑貨を物色していたら、見つけてしまいました。金魚とあめんぼう、蓮の花と葉をあしらった、のどかで癒される可愛らしいデザイン。金魚の泳ぐ様とあめんぼうの適当な形、気泡の配置の妙があって、眺めて [続きを読む]
  • コロムビアポータブル蓄音機 №210のジャンクを修理しました
  • ヤフオクでコロムビアポータブル蓄音機№210のジャンクを入手しました。サウンドボックスはありませんし、ゼンマイ切れの可能性がありましたが、届いて確認すると、ゼンマイ切れはありませんが、部品取り後の片付け品のようです。取り付けビスは全てありませんし、オートストッパー機構や手動ブレーキの部品も取り外されています。また、モーター部分も速度調節用のガバナーがそっくり外されています。必要な部品が外された後の残 [続きを読む]
  • 1930年代 フェアファクスのトラベルクロック
  • 皮のケースにはいった、トラベルクロックです。裏蓋の刻印から、1937年に友人にプレゼントしたクロックのようです。ムーブメントは、スイス製ですが、フェアファクスアンドロバーツ社(fairfax and roberts ltd )という、ロンドンとシドニーに店舗を構える宝石商が、自社ブランドとして販売したもののようです。動かないジャンクでの入手ですが、保存状態が良くなかったのか、風防を外した際に、砂や埃がこぼれ落ちる状態でした。ヒ [続きを読む]
  • 九州の滝めぐり2 宮崎県高千穂町 真名井の滝と天安河原
  • 暑い日が続きますね。家にいて作業をしても汗が噴き出して能率があがりません。パワースポット巡りと緑と水の涼を求めて、宮崎県高千穂町に行ってきました。自宅からは、車で2時間半、県境は、国道も狭隘で道路事情が良くありませんが、カミさんと結婚前に行った切り、ほぼ30年ぶりに訪れました。今回のお目当ては、真名井の滝と高千穂峡を歩くことですが、もうひとつは、訪れるのが初めての、天岩戸神社と強力なパワースポットと [続きを読む]
  • 明治期 ドイツ ユンハンス製スリゲル柱時計のオーバーホール
  • 日本時計の明治期のスリゲル柱時計を修理してから、ロングタイプのスリゲルがなぜか恋しくなってきました。貧乏性の我が家にロングタイプのスリゲルが一本もないのは、ロングタイプのスリゲルはジャンクでさえ高価で取引され、とても手が出ずに敬遠していたからです。ヤフオクで、以前修理したタイプに似た、ジャンクのユンハンス社製のロングタイプのスリゲルを見つけました。擬宝珠がオリジナルを保っているうぶだし品の気配です [続きを読む]
  • ONKYO ブックシェルフ型スピーカーのエッジの補修
  • ONKYO製のツーウェイのブックシェルフ型のスピーカーのウレタンエッジが劣化して聞けない状態になっていました。ウレタンエッジを入手しましたので、補修することにしました。六角レンチで固定ボルトを外して、劣化したウレタン部分を取り除くことにしました。劣化したウレタンは、容易に外れますが、残ったエッジの張り付いた部分を、カッターで根気よく取り外しました。シールはがしを試してみましたがあまり効果はありません。 [続きを読む]
  • 九州の滝めぐり1  熊本県小国町黒渕 鍋ヶ滝 なべがたき
  • 暑い夏は、涼を求めて少し遠出をしました。熊本県小国町にある鍋ヶ滝です。落差は約10m、幅は20mあります。滝の裏側を歩いて回れる、裏見の滝としても有名です。うだるような暑さですが、滝の周りはひんやりとして、水冷で温度が全然違います。裏に回ると、細かいしぶきが宙を舞っていて、霧を全身で浴びる感じになります。ぐるりと、いろんな角度から滝が眺められます。多くの観光客が訪れて、人気のスポットです。結構、アジアの [続きを読む]
  • 昭和レトロ タイガー機械式計算機 手回し式計算機
  • タイガーの機械式手回し計算機です。ヤフオクで作動未確認のものでしたが、届いて確認したらやはり回転ドラムが固着して簡単に回転しないジャンク品でした。回らないということで、さっそく蓋のビスを外して、回転する機械部分をチェックしました。ドラムには、汚れや油が固着しておリ、まずは潤滑油を差して様子を見ましたが、容易に回転しませんでした。次は、パーツクリーナーで、汚れと油分を洗い流し、清掃後必要箇所にグリー [続きを読む]
  • 桑原正昭 くわはら まさあき 油彩F8号 ブルゴーニュの運河
  • 桑原正昭(くわはら まさあき)先生の油彩F8号「ブルゴーニュの運河」です。ブルゴーニュは、フランスの東部、ワインの産地としても有名ですね。ブルゴーニュ運河は、全長 242km。セーヌ川とソーヌ川をつなぐ運河として、 1775年に建設が開始され,1832年完成したそうです。ブルゴーニュの抜けるような鮮やかな青を基調に、街並みと運河が美しく描かれています。画歴1927年東京に生まれる。60年に初めての渡仏。アンデパンダンテン、 [続きを読む]
  • 昭和50年頃ブームの短波放送 BCLのベリカード
  • 母から、古いノート類を片付ける際に、古いファイル帳が出てきたけれど、処分するかどうか訊かれました。昭和50年頃、中学生の私たちのブームと言えば、BCL(Broadcasting Listening / Listenersの略)でした。短波放送を聴いて、受信報告をし放送局から送られてくる受信確認証(Verification Card)略してベリカードをみんなで競うように集めていました。ファイル帳に入ってたのは、懐かしいベリカードでした。当時は、ソニーやパナソ [続きを読む]
  • 今年も風蘭が咲きました
  • 今年も風蘭が咲きました。昨年より、花の数も増えました。太陽と風と適度な水で、放ったらかしではありましたが、この時期に一斉に咲き始めました。甘い香りが時々します。匂いに誘われて、蟻がウロウロしているので、軒下から室内に動かしました。しばらく、花を楽しめます。 [続きを読む]
  • 別府市 志高湖と神楽女湖で森林浴
  • 日曜日は、梅雨の晴れ間でようやくお出かけ日和となりました。先日歩いた、志高湖周辺が我が家のお気に入りのコースになっていて、森林浴とウォーキングを兼ねて再び訪ねました。近道で行くと30分で着くんです。市街地と比べて、湖畔と高原の温度は少なくとも5℃位は違います。水冷の吹いてくる風が、自然で心地よさは格別です。雨が数日続いたせいか、いつもの木陰が心地よい小さな丘は、日曜日のお昼時ですが、キャンプ客や観光 [続きを読む]
  • 伊万里焼 幕末明治期 金襴手手毬紋 なます皿 
  • 梅雨で、アジサイが満開の季節です。湯布院の骨董店の「和」さんでみつけた、幕末〜明治期の伊万里焼金襴手のなます皿です。手毬紋で花はアジサイが描かれています。紫陽花は、大手毬、小手毬などと丸い花の形から呼ばれるように、古来から手毬と関連する植物なんでしょうか、手毬紋に一緒に描かれています。細い筆で、紫陽花のかわいい花びら(ガク)まで描いていますし、葉脈の多い紫陽花の葉の特徴も捉えて描かれています。手毬に [続きを読む]
  • 昭和レトロ 木製折りたたみ ちゃぶ台
  • ヤフオクで、かわいらしい「ちゃぶ台」をみつけました。折り畳みの直径65cmの丸型です。黒い色と全体の感じから、昭和初期の頃のものではないかと思います。ヤフオクでの紹介写真はこんな感じでした。蔵や倉庫から出てきたままの、薄汚れた状態です。届いて、雑巾で拭くことにしましたが、色落ちが著しい。雑巾がみるみるうちに真っ黒になります。土や埃の汚れではなく、塗装が劣化して色落ちしてくる状態です。まるで、墨が溶けて [続きを読む]
  • 昭和レトロ 肘掛け椅子(アームチェア) 時代不詳
  • 使い込まれた雰囲気の鋲打ちの肘掛け椅子(アームチェア)です。時代は不詳です。いろいろと正体不明な謎の部分があり興味が尽きない面白い椅子です。一見古そうですが、よく見ると80年代頃の居酒屋にあってもおかしくない椅子のような感じもあり、わざと、アンティーク感を出した品かもしれないという可能性があって、自分の眼が確かだったか不安にさせられる椅子なんです。手すりの塗装の剥げ具合や皮革の汚れ具合が時間の経た風合 [続きを読む]
  • スイス製腕時計エレクション めっき工房でケースのレストア 
  • スイス製の腕時計のエレクションですが、ムーブメントはちゃんと動くのですが、ケースのメッキが剥げて痛々しい状態になっていました。久し振りに、めっき工房でレストアしてあげることにしました。番手の高い紙ヤスリで、ひたすら磨きます。作業の第一段階で、かなりメッキが剥げた段差がなくなりました。このくらいまで磨いて、さらにバフで鏡面に仕上げました。まずは、電気的に脱脂を行います。次に、通電したピンセットで挟ん [続きを読む]
  • 蚤の市で見つけた古書 四冊 昭和初期〜30年代
  • 先週出かけた別府市の別府国際観光港「なんでも蚤の市」では、骨董品に交じって、一軒だけ古書も少しばかり置いていました。普段は素通りするんですが、どれでも100円と書いてあります。なにげに箱の中を見ると、薄汚れて日焼けした本が10冊程度入ってました。状態も良くない古本なんですが、何か気になるんです。一冊手に取って広げると、前付の写真にインパクトがありました。「東京 新橋の代表美人 鈴岩田 小きん」、昔の美 [続きを読む]
  • 別府市 菖蒲の名所 神楽女湖と新緑の志高湖
  • 別府市の市街地から車で30分、鶴見岳の麓に二つの湖があります。菖蒲の花が有名な神楽女湖(かぐらめこ)と志高湖(しだかこ)です。土曜日は天気もよかったので、早朝から菖蒲園のある神楽女湖を訪ねてみました。残念ながら満開からは1週間〜2週間は早いという状況でしょうか。まだ、菖蒲の花もちらほらという状況でした。せっかくですので、車を志高湖に駐めて、1時間半森林浴をしてきました。新緑が心地よい季節です。途中、木苺(ラ [続きを読む]
  • 昭和レトロ 理科系オブジェ 医療器具 金鵄高級吸入器
  • 今日は、恒例の別府国際観光港で行われた別府湾なんでも蚤の市に出かけてきました。いつもながら、アンティーク雑貨や骨董などがずらりと並べられて、多くの人で賑わっていました。最近は、蚤の市も人気があって、いいものはさすがにいいお値段がしますね。人も多くて、なかなか掘り出すのは大変です。ジャンクの時計もいくつかありましたが、今回はパスしました。今回入手したのは、レトロな医療器具です。私は、レトロな医療器具 [続きを読む]
  • 大津 英敏 おおつ えいびん リトグラフ 花を持つ少女
  • 大津英敏(おおつ えいびん)先生のリトグラフ「花をもつ少女」です。なかなか油彩には手が届きません。渡仏されてからは、二人の娘さんを題材にした「少女シリーズ」を描かれています。広く静謐な美しい時間を感じます。画歴1943− 昭和後期-平成時代の洋画家。昭和18年5月19日生まれ。山口薫にまなぶ。昭和46年「蹴まり」「彼女の休日」で独立展独立賞。48年独立美術協会会員。58年「KAORI」で安井賞。平成元年多摩美大教授。5年 [続きを読む]
  • 明治初期 Waterbury社 八角掛時計 YEDDO
  • 明治初期に作られた、Waterbury(ウォーターベリー社)の八角掛時計です。5月から6月にかけては、古いものが市場に出てきやすい時期なのでしょうか。4月までに引っ越したり、天気がいいので家屋の解体したりなど、家財道具の片付けなどで出てきた古物が、ネットのオークション市場に出てきます。しかも、いわゆるうぶ出しのようなジャンク品で、私にとっては心騒ぐ時期でもあります。このウォーターベリー社の掛時計もそのうちのひと [続きを読む]
  • 山アジサイの紅(くれない)色変わり
  • 5月の連休の頃に入手した、山アジサイの紅(くれない)です。最初は、可愛らしい白の綺麗なガクが見事に開いて、そのうち次第に赤く色付いてきました。今日見たら鮮やかな濃い紅に染まって、青いイメージの紫陽花と違って、とても新鮮です。今後、植え替えたり、手入れをして毎年楽しめるといいのですが、育てるのが難しいとある人から聞きました。うまく育てられるといいのですが…。こちらは、高崎山の山頂に自生する山アジサイで [続きを読む]
  • 昭和初期 精工舎 12吋丸グレシャム 文字盤の張替え
  • ブログ更新も気が付いたら一週間開いてしまいました。週末に、ヤフオクで入手した精工舎の12吋グレシャム丸型の掛時計が届きました。欅の寄木細工が美しい丸時計ですが、文字盤の手書き補修が目立つかわいそうな状態です。前の持ち主さんが、マジックで文字を上塗りしたようです。巻き鍵なしのジャンクですが、文字盤を外して状態を見てみました。汚れはありますが、幸いゼンマイ切れはありませんでした。油切れと振りが片方に寄っ [続きを読む]