くれはる さん プロフィール

  •  
くれはるさん: アーユルヴェーダ案内人・くれはるのブログ
ハンドル名くれはる さん
ブログタイトルアーユルヴェーダ案内人・くれはるのブログ
ブログURLhttp://kureharizm.exblog.jp/
サイト紹介文毎日じぶんでできるアーユルヴェーダのアイディアをわかりやすくご紹介。白湯、オイルマッサージ、食事法
自由文ココロとカラダは大事な相方。アーユルヴェーダ案内人として「じぶんでできるじぶんメンテナンス」をテーマに、ブログやワークショップで活動しています。アーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラー取得。「アーユルヴェーダのレシピで作る南インドカレー」も出張ケータリングでご提供中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/01/04 12:12

くれはる さんのブログ記事

  • 文字オタク、活版印刷を体験する〜美しき活字の世界〜
  • 長年の憧れ、名刺の活版印刷を体験しました。ガイドをしてくれたのは、紙箱屋「玉匣(たまばこ)店主の清水八子さん。大磯にあるつきやまさん(大磯活版発信室)で、この日はゼロから活字を拾って、自分の版を組んでいきます。活字棚。名刺でメールアドレスなどを表すのに使う、小さい文字は8ポイント(約2.82ミリ角)!原稿を見ながら一つ一つ活字を拾っていきます。「文選(ぶんせん)」と呼ぶ... [続きを読む]
  • 旅するくれはるチャイ/高知へいく
  • 七輪で入れる朝のチャイ大好きな場所、高知を訪ねました。桜の季節に高知を訪れるのは初めてです。お友達のWさん&Kさんのおうちにお邪魔させていただきました。移住して、無農薬の農に取り組まれているお二人。ここはWさんが大事に手入れをされている畑に囲まれた、とても静かな集落の一軒家です。周囲にある田植えの終わった田んぼからは、カエルの声が聞こえます。旅の間、お世話になるお礼に... [続きを読む]
  • 「出会う」と「つながる」〜津久井在来種大豆でみそづくり
  • 企画開催している「くれはる&マッキーのカレー会」や「アーユルごはん会」。食イベントの柱となるのは、美味しく安心安全な野菜。その作り手であり、また頼りになる「つくい野菜」のコーディネータでもある石山草子さん(石山草子農園)。今日は草子さんとお仲間が大事に育てた「津久井在来品種の大豆」でみそづくりに参加しました。ご一緒したのはアーユルごはんannaの三浦麻貴さん。昨年夏、麻貴さ... [続きを読む]
  • 【永遠のQ&A】〜アーユルヴェーダってなんですか?
  • 「アーユルヴェーダって、、、なんですか?」その人は、おずおずと遠慮がちに私に聞いてこられました。目黒から数駅。カウンターだけ数席のお店で、友達とグラスを片手に話し込んでいた夜。お客は私たちしかいなくて、カウンターの中には30代男性の店員さん。私たちの会話を聞いて遠慮がちに口を開かれました。「アーユルヴェーダって、、、なんですか?」おっと!久しぶりに「永遠のクエッシ... [続きを読む]
  • 意識は結果を変える(N氏のビフォーアフターから)
  • 劇的にプレゼンテーションがうまくなった同僚がいます。40代男性の技術系営業のN氏。毎年秋、私たちの会社は全国で製品のご紹介セミナーキャラバンを行います。N氏はここ数年、社内からの講師として毎回登場、私はセミナーの運営側として、ずっと現場を共にしてきました。そもそも、N氏はもともと、とても「喋れる人」でした。決して口下手、プレゼン下手な人ではありません。いつもテーマに... [続きを読む]
  • 会いたい人なら会いに行け。【kureharu Lab.関西へ】
  • 先日のイベントに、大学時代の友人2人が関西から駆けつけてくれました。一人とは約2年ぶりの再会ですが、もう一人はなんと20年以上ぶりの再会でした。私たちは、関西にある芸術系大学のクラスメート。ともに青春の一時期を過ごした仲間です。その後、私は出身地である関西を離れ、一人東京に出、彼女たちは故郷である関西で、今も働きながら暮らしています。久しぶりの再会を喜び合いながら、私たちに... [続きを読む]
  • ずっと負けていた。
  • アーユルヴェーダに出会う前の話です。私は今よりもうんと「仕事依存症」で、大事なものを実現する道は、仕事で評価を上げることしかないと思って生きていた。残業上等&休日出勤は当たり前で、むしろ休日の方が、一人静かに集中して仕事ができるからありがたい、と思ってもいた。当時、私のカバンの中には、常にコンビニおにぎりが1〜2個入っていて、それは自分がお米好きってこともあったけれど、ち... [続きを読む]
  • 二十歳のきみへ。
  • 三連休の最終日。街に出たら、晴れ着のお嬢さんと、スーツ姿がカパカパ、どこか借り着のような青年たちが街にあふれていて、今日が成人の日だってことを思い出しました。晴れ着をまとって、同級生同士、久々の再会を楽しんでいる風なグループの脇を通りながら、自分の成人の日を思い出した。あーーーー。もしかしたら、あの時の私と同じような思いをしている、二十歳の誰かがどこかにいて何かのきっ... [続きを読む]
  • 【レビュー:映画】「この世界の片隅に」
  • 【レビュー:映画】「この世界の片隅に」大きいことは、強いことか?小さいことは、弱いことか?主人公のすずさんは、戦時下の広島から呉に嫁いできた。まだよく知らない男性の元へ。すずさんにとって、誰ひとり知った人のいない土地での生活が始まる。慣れない暮らしの中、奮闘する新米主婦すずさん。失敗も多々あって、そんな時すずさんの口癖は「あんれまぁ〜」。あーあーと言いながら、隣にいる人と「あはは」... [続きを読む]
  • 一年の始まりに。アーユルヴェーダのあるところ。
  • 新しい年2017年が始動し始めました。皆さんはどんな風に始まりましたか?上の写真は、お正月を過ごした実家で撮りました。甥姪が書いた書き初めが、子供部屋の天井からたくさんぶら下げられていたものです。(ナンで天井に貼っているんだ・・・)「美味しい食事」「楽しい毎日」。このほかに「一日一善」などもありました。予想外の景色に唖然としながら、はっと、気づいたこと。... [続きを読む]