野々内 美加 さん プロフィール

  •  
野々内 美加さん: 走るナースプラクティショナー
ハンドル名野々内 美加 さん
ブログタイトル走るナースプラクティショナー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/missy0806
サイト紹介文診療所だけでなく診療車で街を走りながらメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療
自由文日本には馴染みが低いナースプラクティショナーとしてカナダ、BC州で働いています。地域でプライマリーケアプラクティショナーとして患者さんの健康向上、維持を目的にケアを提供しています。仕事が大好き。
日本で看護師歴8年後カナダへやって来たのは1998年。カナダ人の夫と子供3人の家族は宝物。
全く英語ができなかった私がカナダで看護師となり2013年には大学院卒業。修士号を取得。努力は必ず報われる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/01/05 07:16

野々内 美加 さんのブログ記事

  • ラクダ
  • メールをもらったのは2週間前。シニアコンサルタントからだった。ナースプラクティショナー(NP)のリードから紹介されたからと。んん?プロモーションビデオ出演の依頼はあったけどウエブ会議???で、今日は2人会議。今度リードが企画するNPの活動報告がウエブ会議であるとか。視聴者は保険機構のお偉いさんたち。未だにNPのことを知らない幹部が多いのでこう言う運びになったとか。で、実際例として3人出演という事でまたもや白 [続きを読む]
  • 患者中心のケアの補足
  • 先日患者中心のケアについて書きました。補足を。日々のケアの中で患者が求めるものを実行するのが患者中心のケアと呼んでいたのではありません。以前傾聴について書いた時のようにただの聞くだけなら医療者である必要はないのです。例を挙げてみます。医療のケアの目標を健康とします。健康の定義は人それぞれです。喫煙は体に及ぼす害が多い嗜好品です。なので禁煙する事が健康へ一歩近づきます。しかし体に悪いと思っていてもや [続きを読む]
  • シャワー
  • シャワーって聞くとお風呂のシャワーを思い浮かべますよね。そのほかの意味はギフトを沢山浴びるほどもらうという意味でBridal showerBaby showerと言うものがあります。なんでも今の形式は1980年代に始まったものでアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドで今も行われているとか。参加者は女性のみ。ブライダルはお嫁に行く前。ベイビーは出産前。ギフトを持ち寄りますが、ギフト選びには色々。レジストリーと言い、 [続きを読む]
  • 患者中心の医療
  • 8月も半分が過ぎ、夏の終わりを感じる今日この頃。昨夜は野外コンサートへ行ってきました。出演者はMother Mother。サイコーでした。末娘もロックコンサートデビューでご満悦。オーバードースの対策会議の参加者の中には重要な参加者が。それは現在もしくは過去に薬物依存の経験がある方です。経験者の意見なしには絵に描いたよ餅になりかねないと、彼らの意見を重視して会議は進められます。医療の中で何が一番抜けていると思いま [続きを読む]
  • 種を蒔く
  • オーバードースの対策会議も大詰めでインフォメーションセッションの詳細決めで忙しい。目標は薬物依存に関する偏見と障害を減らすことだが、会議参加者の1人がこのセッションで衆民の考えが変わるように、、、、変えるためには、、、と言うので一度参加したからって考えが変わるとは思わない。こういう活動の積み重ねが何年もかけて人の考えを変えていくかもしれない。そのきっかけ作りを作っていくのが大切だと思う。セッション [続きを読む]
  • 知るか知らないか
  • 潮溜まりにいるイソギンチャクを 私は20代の頃スクーバにはまっていてお金と時間を随分つぎ込んでいました。水中で喘息発作が出るようになり辞めなければならなくなりましたが、、、。日本も海外も潜りまくっていました。その頃一番長くとった休暇が8日間。モルジブへ行く為でした。そんな長い休暇を取る人はいなくて冷たい目線を受けました。祖父が亡くなった時田舎なので葬儀の後も親族は行事が色々あって追加の休みを取りたいと [続きを読む]
  • 成長
  • 水曜日の夜は勉強会。夜9時近くまで白熱する楽しい時間でした。お題は麻薬依存の治療。講師は以前一緒に働いていた医師。今は家庭医を辞めて依存症治療のスペシャリストへ。久しぶりに会って話しも弾む。実は今日の勉強会は私もパネラーと言うか補助的な役割で招待された。講師は専門だが地元の情報はあまり持っていない。そこをフォローする為だった。自分でも驚くほど堂々喋っていた私。やっぱり自分が燃えている依存についてだ [続きを読む]
  • レッテル
  • ホームレスシェルターに居るからと他の奴らと一緒にしないでくれ!とお怒りの誰かさん。そりゃあそうだ。この方は仕事中に1・5トンもあるアスファルトの塊が足の上に落ちてきて骨折こそしなかったものの(スティールトーシューズと言う鉄入りの作業用靴を履いていたから) 足は晴れ上がり、青あざ、神経症状あり。それにまだ受傷後たった10日目。しかし痛み止めを処方してもらったのはたった2日。ホームレスだという理由で誰も痛み止 [続きを読む]
  • やる気ある職場作り
  • この方のブログでなるほどと思った。やらされている感が半端ではない、生活の糧の企業囚人とは痛いお言葉。これは日本で働く人の事。この方が書いているように北米では転職は良くあること。新しいチャレンジを求めて!条件の良い仕事へ!やりたい仕事へ!こんな理由で転職をします。成人してから大学へ戻る人だっているし、就職時期だって日本のように決められていないので、大学を済ませて旅行を(2-3ヶ月とか1年)してから就職も [続きを読む]
  • お茶談義
  • 8月6日放送の行ってQはバンクーバーだったのですね。遅くなりましたが見ました。カナダの人は優しいでしょう。これがカナダの良さです。困っている人がいると助けてくれる。そんな国に住んで19年。私もカナダ人化したのか日本で困っている外国人を見つけると声をかけてしまいます。で、そんな優しい国でも英語で嫌な思いをする事もあります。先日食事の後にお茶を注文したかった私。いつもはウエイターが聞いてくるまで待つのです [続きを読む]
  • Atomic Blonde
  • 土曜の夜は久しぶりの映画デート。映画館に滅多に足を運ばない2人。行くときはスパイもの、アクションなど大音響、でっかいスクリーンを100%楽しめるものに限定。アートフィルムはもっぱらお家で鑑賞。こんなんだから良い映画が減って行く世の中なんですよね。で、今回行ったのはシャーリーズ セロン主演、そしてプロデュースの Atomic Blonde。ベルリンの壁が崩壊した1989年のスパイ映画です。イギリス、ソ連、アメリカ間のコー [続きを読む]
  • どこから始める?
  • アメリカやカナダでナースプラクティショナー(NP)が始まったのは過疎医療から。リモートと呼ばれる地域は小さな街や村が国中に点在し、隣の街まで何百キロなんてザラだ。そんなところで必要される医療者として発展していった。医師がいれば一番。しかしいない現状。必要に迫られて始まった職業と言っても良いだろう。いわゆる決められた枠の中で解決策を求めるのではなく枠を飛び出て見つけた解決策だ。そして必要としていたのは国 [続きを読む]
  • 役割が変わる
  • ハチドリ3連発。凄い羽音を立ててビュンビュン飛ぶのに木に止まってピーピー鳴くところを。同じハチドリなのに角度や姿勢で随分変わる。面白いですねー。首もビヨーンと伸びて花の奥の蜜が吸えるようになっているんですね。もちろん飛びながら蜜を吸っているところも写そうとしましたが高速過ぎて普通のカメラでは無理でした。大きさは5cmぐらい。この大きさでメキシコやカリブ海まで飛ぶ渡り鳥なんだから大したもんです。さて、昨 [続きを読む]
  • わがままではない
  • 夏の間の密かな楽しみはペディキュア。1月に一回ネイル屋さんでやてもらいます。カナダでサンダルやオープントーのシューズが履けるには3ヶ月ぐらい。だから夏の3ヶ月間の贅沢ですね。摂食障害も鬱の治療も上手くいき、仕事も順調、恋人からプロポーズを受けた彼女は幸せ絶頂。しかし体重も増えているし (この人は体重計を見たくないタイプ)、何か引っかかる。最初は何も変わっていない、と言ったが具体的に聞くと、家族によるスト [続きを読む]
  • 他人が若く見える時
  • 旅行から帰ってきました。もうエビはいらない!って言いたいほど海老を沢山食べました。大好きなダンジェナスクラブも生きのいいのが手に入って満足。カナダで釣りをするにはライセンスが必要です。別に試験を受けるとかそう言うことでなく、お金を支払ってライセンスを買うと言うことです。1日から数日、1年パスなど期間によって選べます。海釣りと淡水(川や湖)でライセンスは異なります。サーモンはサーモンチケットを別に購入し [続きを読む]
  • 過疎医療
  • これ何だと思います?潮の満ち引きで発生する渦潮です。緯度の高いカナダ沿岸は干満差が大きい。特にここは大きな入江の入り口。入江と言っても日本では考えられないような大きさ。そこの入り口がとても狭くて満潮時に流れ込む水量が半端でないので渦潮が発生。渦潮だけでなく波まで起る。波の高さは2mにもなりサーファーがサーフィンをできるほど。そしてホワイトカヤッカー(急流でするカヤッカー)にはたまらないポイント。携帯カ [続きを読む]
  • 言葉ゲーム
  • 旅行に出かけるとやられるのが消化器系。外食が続くと胃の元気がなくなる。食べることは大好き。今でもそれは変わらないけど、なんだか胃が重くなり元気がなくなる。年をとるということはこういうことなのかも。旅行中って飲酒の量も増えるからかもしれない。カナダのランチの定番はサンドイッチ、スープ、サラダでしょう。旅行中に美味しいベーカリーやカフェを見つけるとラッキーとホッとする。ここのサンドイッチは分厚いけどパ [続きを読む]
  • 休暇の過ごし方
  • 欧米では長期休暇を取るのは当たり前。で、そんなに旅行をしまくっていてはお金は大丈夫?いえいえ、お金をかけずに休暇を過ごす手段はたくさんあります。その1-キャンプキャンプ場は多く施設も充実。使用料はロケーションや施設内容によって異なりますがホテル泊まりを考えれば格安。テントのキャンプが嫌であればキャンピングカーのレンタルだってありです。その2-B&B朝食付きの民宿と言いましょうか?おシャレで素敵な所はたく [続きを読む]
  • お誘い
  • フェリーに乗って行って来まーす。予約が取れず朝早く先着順の乗船を狙って早起きでした。家を7:30に出て9:00に乗れず、9:40も外し11:10に乗船しましたが15分遅れの出発。眠い!フェリーって言っても本当は陸続き。フィヨルド海岸線で道が繋がっていないのでフェリーで渡るのです。今日から風向きが変わって晴れると言う事でしたが、未だに煙の中。山並みは全く見えません。薬局から患者の事で電話をもらう。今までに話した事がな [続きを読む]
  • 煙の中で
  • 日本も連日酷暑。北緯49度のカナダでも酷暑が続いています。35度前後まで気温が上がります。日本のように湿度はないのでカラカラで、木々は乾燥して引火すればあっという間に大規模な山火事が始まります。今年も200箇所近い場所で山火事が同時に発生し懸命な消火活動でも鎮火することはできず、家を失った人、未だに避難生活を余儀なくされている人が大勢います。メキシコからも消防団の応援が来ています。そんな暑さの中で外回り [続きを読む]
  • 正確な診断のために
  • 前回のウエスト クートニーの旅。ダムも沢山見てきました。コロンビア ベイスン と呼ばれる地域でダムを作るのに格好な土地柄のため多くの水力発電ダムがあります。これもそのうちの1つ。大きそうに見えるけど、BC 州1のダムは同じ源流のもっと上流にあります。生産される電力は遠くカリフォルニア州まで送られています。昨日、問診の難しい患者さんの事を書いたせいか今日は前者の患者さんに当たりました。質問に答えない方。は [続きを読む]
  • コミの難しさ
  • コミュニケーションって難しいねえーって思わせてくれる患者は2種類。質問に対して全く違う事を答える人。他は質問に答える事が嫌いで自分の調子で長話をしたがる人。どちらも診察をする時、私をとても疲れさせてくれますが、後者は特に苦手です。だって長話をする割には辻褄が合わず、時間の流れも相互関係もメチャメチャ。一旦聞いてから何度も聞き直して1つづつの事実を明確にし、時間や相互関係を整理すると、ようやく何を話 [続きを読む]
  • 会議嫌い
  • 会議に参加するのは嫌い。管理職の方たちは会議に参加することがメインの仕事。私は臨床家。患者と接する事がメインの仕事。なのでクリニカルの時間を削ってまで行かなければならない会議は限られている。で、会議に来る方はそれなりの役職や学歴もある方なので、それなりの弁達力というものがある。私は熱意だけは人一倍だが何せ英語は第2言語。他の方と語彙力や表現力で対等ではない。その上興味を失うとすぐ英語が雑音化してし [続きを読む]
  • 親指
  • バンクーバーには夏の花火大会があります。3日間に渡り渡り3カ国が花火を競い合うのです。今年は日本、イギリス、カナダです。もちろん私は初日の日本を見に行きました。今年の警備はとても厳重でした。昔は大勢の観覧客が集まるのでクラウドコントロールが目的でした(群衆心理で暴力が発展しないように)。しかし警察、消防、救急の数も多いだけでなく、マシンガンを持って警備に当たる警官も。交通止めになっている交差点にはダン [続きを読む]
  • コード
  • 日本ではドラマ コードブルー シーズン3 が始まっていますが、英語で書くと Code Blue。心停止や緊急事態の事で、院内でこの放送がかかるとCode Blue のチームが現場へ急行します。で、このようにコードには色々あるので、私が昔働いていたところのコードを紹介。これらはBC州の医療機関全共通となっています。Code Red 赤Code black 黒Code brown 茶色Code yellow 黄色Code white 白Code green 緑Code orange オレンジとメージャ [続きを読む]