野々内 美加 さん プロフィール

  •  
野々内 美加さん: 走るナースプラクティショナー
ハンドル名野々内 美加 さん
ブログタイトル走るナースプラクティショナー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/missy0806
サイト紹介文診療所だけでなく診療車で街を走りながらメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療
自由文日本には馴染みが低いナースプラクティショナーとしてカナダ、BC州で働いています。地域でプライマリーケアプラクティショナーとして患者さんの健康向上、維持を目的にケアを提供しています。仕事が大好き。
日本で看護師歴8年後カナダへやって来たのは1998年。カナダ人の夫と子供3人の家族は宝物。
全く英語ができなかった私がカナダで看護師となり2013年には大学院卒業。修士号を取得。努力は必ず報われる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/01/05 07:16

野々内 美加 さんのブログ記事

  • お葬式に参加して
  • お葬式に行って来ました。式はホームレスシェルターのチャペルで行われました。30人ぐらいは来ていたでしょうか。クリスチャン式のスタイルだったので、みんなで歌を歌い(今回はアメージング グレイスでした)、参加者が故人を語り、パスターが最後をまとめ、会食に移ります。驚いたのは、後から後から故人を語る人が絶えなかった事。やんちゃで喧嘩早く、どちらかと言うとアウトロー的な人でしたが、やはり人間。関係は思い出を作 [続きを読む]
  • 完璧主義とインポスター症候群
  • 昨日書いたインポスター症候群。思いの外アクセスが多くてびっくり。で、ついでにインポスター症候群の表れの1つである完璧主義について一言。以前にも書きましたが北米では完璧主義にはネガティブなイメージがあります。英語ではperfectionist と言いますが、自分がそうであると人前で言わないように!完璧を追い求めると言うより、自分を過小評価し満足できない、自信のない人に取られるからです。他にも働きすぎは仕事効率が悪 [続きを読む]
  • 成功者とインポスター症候群
  • インポスター症候群をご存知ですか?社会的に高い地位を持つ方、特に女性に起こりやすいとか。詳しくはこちら。この言葉を知ったのはNP学生時代の2年目。卒業に備えて知っておくべき用語を選んで二人組でプレゼンをしなければならず、担当になったのがこの言葉でした。簡単に言えば、思いの外高い地位に登りつめた自分を信じられなくて、周りが過大評価をしていると自分を認められない。はたまたま自分の実力が肯定できないのに周 [続きを読む]
  • 早期発見に繋がるように
  • 小林麻央さんのご冥福を。彼女のブログを通して励まされた方、愛する人が同じように闘病していた姿を思い出した方、様々だったと思います。私も今の土地に越して来て初めてできた日本人友達を同様に亡くしました。30代で発病し幼き子供たちを残して。麻央さんのブログを読むたび友人を思い出していました。彼女が亡くなって12年。時の経つのはとても早い、、、。以前に検診についてブログを書いています。乳房検診についてはこちら [続きを読む]
  • 医療者の心のケア
  • つい先日、北米の医師についても書いたばかり。そしてマッチングに失敗してレジデンシー(研修医)プログラムには入れなかった人が自殺したニュースが。それに関連したものを読んでいるとマッチングで研修先が決まるのは希望者のたった50%だとか!昼休憩の時に医師2人と研修医1人と話していた。その年度によって入りやすい科が違う、と。研修医の彼が卒業した時は放射線科を希望した3人の友人が全員外れたとか。外れた時、専門を変え [続きを読む]
  • プライマリーケアって何?
  • プライマリーケアってよくここで書いていますが、どんな事なんでしょう?日本では、あまり見かけなくなったかもしれませんが、いわゆる町医者。家庭医。なんでも知っていて手に負えない時には大きな町の病院へ患者を送る。往診にも来てくれるし。赤ちゃんの出産から高齢者まで。家族全員が診てもらっていた。そんなイメージをしてください。で、書類などに仕事の内容を書かなければならない時はPrimary and secondary disease prev [続きを読む]
  • きっかけ作り
  • 彼女の事は今の仕事を始めた当初から知っている。街頭で時々話すだけで一度も診察に来ない。彼女のホームレス歴も5年となり年季が入ってきた。何度も予約を入れても診察には来ない。そんな事を3年続けていた。で、先週無料の食事を配るところで見かけ声をかけたら、その後すぐ診察に来た。診察中に今後の事を聞いた。具体的な目標や計画はあるのか?何かをしてもしなくても時は同じように過ぎていく。振り返ってみれば5年、10年な [続きを読む]
  • 差別するのはやめてください
  • 薬物依存になるのは心が弱いから、と思う人が大勢います。社会のクズだとも。依存がある方にレッテルを貼る為ではないですが、一般の人を納得させるのには薬物依存は病気であると言うとわかってもらえます。糖尿病も高血圧も高脂血症も喫煙による慢性閉塞性肺疾患も生活習慣病です。これらの病状や予後を左右するのが生活習慣の改善。言うのは簡単。しかし食事量を減らすのもお酒の量を減らすのも、減塩するのも、禁煙するのも運動 [続きを読む]
  • 母になる悩み
  • この方、他の女性を妊娠させました。今度はずーっと若い子です。もちろんホームレスの彼女。彼は赤ちゃんの父親で現在の恋人。彼女の妊娠を確認した時、中絶もオプションとして話しました。だって赤ちゃんの両親共にホームレスで薬物依存者ですもの。彼女は言います。彼に相談しないと。で、4日後、彼に話したら怒られて、、、、。彼の子供だから、、、、勝手にしろとは言われたけど、、、私の体なんだから自分が決めろって。彼に [続きを読む]
  • 資格
  • 昨日までのシリーズ番外編。北米で医師になるにはサイエンス系の学士を終了した後に医学部へ進学できます。ここが難関で何年も待たされる人や永遠には入れない人が。医学部は4年。この後に医師になる事が出来ますが、一人前になる前に2年の研修が待っています。この研修をするためには大学の卒業後の医学部に属さなければならず、受け入れ先が限られているのでそれにも四苦八苦するのが現状。マッチングもあるので、サイエンス系の [続きを読む]
  • 診療補助
  • カナダBC州にはないが他の州やアメリカにはPhysician Assistant (PA) がある。名前の通り医師のアシスタントをするのが仕事で、救命救急士や軍隊の医療チームで働いていた人そしてもちろん看護師出身者が多い。 ナースプラクティショナー(NP)は看護師の資格が必要なのに対して、PAは医療分野であれば専門を問わないという事。さて昨日の続き。看護師は医師のアシスタントなのか?答えはイエス。医師の診療補助と言う役割があります [続きを読む]
  • アシスタント
  • 先日タスクシェアリングとして 多職種でチームとしての医療について書いた。書き忘れた職種があった。ユニットクラーク(UC) 病棟秘書とメディカル オフィス アシスタンス(MOA)診療所のアシスタント。UCは病棟に1人いて、電話の対応や面会人の対応そして医師からの指示を薬局に送ってくれて薬物の処方記録に書き込んだり、検査を呼んでくれたりととても助かる存在。しかしUCがしていることは転記。薬の知識も疾病の知識もなければ検 [続きを読む]
  • SNSの恐ろしさ
  • 昨日の続き。この学生さんのツイッターで愚痴の事をかっこ書きで八つ当たりと書いてありました。病気の回復過程が上手くいかず怒りをあらわにされる方がいる事は確かです。しかし怒りを人にぶつけるのは暴力の1つ。看護師だから患者の暴力に耐えないといけない?それには断固として反対します。どんな職業であっても (ホテル業、飲食業、サービス業でも何でも)、状況であっても人は暴力の対象になるべきではなく、暴力のない、も [続きを読む]
  • 看護師のイメージ
  • みなさんにとって看護師ってどんな存在ですか?医師の診療補助をする人とか博愛とか献身???私の周りには医療関係者は無縁で高校3年生の時に突然、人間相手の仕事がしたい!と進路変更。この道への始まりになったわけですが、看護学生の頃から博愛とか病院の花的存在とか、医師の言われる通りとか、そう言う考えが全くありませんでした。私の考えは看護とは人間相手のサイエンス。プロとしての仕事でした。なので実習指導者や先 [続きを読む]
  • 別れ
  • 人間だもの。私の患者さんだって、出会いもあれば別れもあるのは当然。この2人、隣町で住むところを見つけ傷病手当ももらえるようになり、丁寧にお礼の挨拶まで来てくれたのはいつだっただろう。彼の方が診察に来た。彼女と5ヶ月前に別れて以来薬も服用せず調子が悪いと。あんなに仲が良く支え合っていたのに、、、、。なんだか衝撃的だった。彼女はオンタリオへ戻り、彼は両親が住むこの町に頻繁に来るようになった。親に勧められ [続きを読む]
  • 継続的なケアと幻覚
  • 幻覚がある方のケアは難しい。自覚がないから。そしてその幻覚から逃げるため、もしくは誰も信じてくれないから居心地が悪くなり引越しをくりかえす。引越しをすると、新しい土地でケアをしてくれる人を見つけなければならない。1からの振り出しに戻る。そう言う繰り返しなのでなかなか治療に結びつかない。で、この方もそのお一人。近所の人が言動を心配して私の患者となった。ひどい幻覚だが本人や他人に危害を与えるものではな [続きを読む]
  • 抗炎症剤と頑固者の仏心
  • 抗炎症剤は手軽な薬だ。頭痛、骨折や捻挫、打ち身、関節痛、筋肉痛など局所の痛みに使う。一時的に使うのは良いが、長期的に使うとなると気にかけになければならない事がある。例えば胃出血。抗炎症剤は胃粘膜の層を守っている物質にも影響を与える。大出血になったり、少しずつ出血したり。大出血になれば一目瞭然。しかし大さじ一杯ぐらいの出血では症状がない方がほとんど。しかし徐々に貧血症状が出たりする。なので頓服で処方 [続きを読む]
  • 放射能を浴びる
  • 先日夏日だったのに、この方のブログを読んでどうしてもたこ焼きが食べたくなり、汗をかきながら作ったたこ焼き。美味しかった。残りのタコはこうして酢のものへ。材料さえ手に入れば自分で食べたければ自分で作る。これが海外生活日本人の鉄則です。腰椎のCTの予約が入っている彼女が、どうせ撮るなら背骨全部撮ってくれる?と聞いてくる。長年、首も肩甲骨の間も痛いのよーって。CTは放射線を使う画像診断。レントゲンの何倍もの [続きを読む]
  • 卒業おめでとう
  • 私の大学院卒業式も雨でしたが長女の大学卒業式は土砂降りでした。それも彼女の大学はお山の上。雨雲にすっぽり包まれていました。きわめつけは式がお外。素敵なコンコースですがかわいそうなのは卒業生。屋根のないお外を歩いて壇上へ上がる、、、。それでも気持ちは晴れ晴れでしょう。久しぶりに大学と言う学び舎を訪れ気持ちが揺さぶられる私。雨が降っていたせいで、大きな講堂へ出入りする学生。外から見えるセミナー室も良い [続きを読む]
  • 子供を亡くして
  • バンクーバーの緯度は北緯49度。稚内市が45度なので、もっと北になります。緯度が高いと潮の満ち引きも大きくなります。あと2週間で夏至になるので最大の干満差になろうとしています。この日、潮がずっと引いて桟橋の先端近くまで歩くことが出来ました。長く住んでいますが、こんな経験は始めてでした。息子が死んじゃった、と私の患者が泣きながら診察室に入ってきました。司法解剖の結果はまだ出ていないけれど、状況からオーバ [続きを読む]
  • モナ
  • 今の仕事を始めて診察中に救急車を呼んだのは3回。3回目は先週だった。主訴は胸痛。先月2度同じ主訴で救急室を訪れている彼女。その日はそのフォローアップの診察だった。待合室に呼びに行くと顔色が悪い。彼と友達に付き添われ診察室まで歩いたが胸が痛いと襟元を掴んでいる。崩れるように椅子に座った彼女。脈を測ると135-137。すぐ酸素を始め迷わず救急車を呼ぶ。診療所は診療所。病院のようにモニターなどありません。ここで対 [続きを読む]
  • 医療用マリワナ
  • 金曜日の学会で一番興味深かったのは、cannabis つまり医療用大麻について。講師はもちろん医師で専門は疼痛。メサドンも含む全ての痛み治療を行い、近年研究と実践をしているのがこの cannabis。ヘンプ。健康食品や服の素材として使われる。ヘンプもCannabis 系の食物だが精神的作用を起こすTHCが低い分類だ。で、このヘンプは土の掃除屋と言う異名がある。なぜかと言うと土の不純物を吸収して分解するので汚染された土地に植える [続きを読む]
  • 愚痴を聞く
  • 学会帰りに大学院の級友と夕食を共にした。卒業して4年。14人のうち5人が集合。近況報告に花が咲く。盛り上がるのは給料の話。州の6つのHA(保健機構)はそれぞれNPに払う給料が違う。私が所属するHAが実は一番高額。しかし教育費は一番下とお粗末。本業以外に副業をしている者もいる。地価高騰で持ち家を持つにはもっとお金が必要と皆叫ぶ。そして愚痴はRN(正看護師)の方が総合的に儲けている、と口を揃える。そうなのだ。RNは労働 [続きを読む]
  • 新しい痛みの概念
  • 金曜日は学会。お題はメンタルヘルス。新しい痛みの概念を知った。3人のスピーカー(題材)に出て来た。それはCentral sensitization痛みの発生経路が正常でないものの概念で、下記の病気に当てはまります。日本語訳は省略。FibromyalgiaChronic Fatigue SyndromeFunctional Gastrointestinal DisorderTension Type HeadacheMigrainesTemporomandibular DisorderMyofascial Pain SyndromeRestless legs SyndromeMultiple chemical se [続きを読む]
  • ウルトラマン
  • 先週の医師会会議は仕事の後から夜の8時半までだった。会議と言っても参加者も多いし、傾向を掴むためにアンケートに答えながらディスカッションをする方式だった。質問は全部で41問。嫌いです。簡単な質問なら大丈夫だが長くて難しい質問と選択回答は何度も読まないと質問が消化できない時がある。この日のお題はプラクティス(診療)やチームワークについて。質問も回答も長くて、まさに嫌いなタイプだった。ディスカッションもあ [続きを読む]