野々内 美加 さん プロフィール

  •  
野々内 美加さん: 走るナースプラクティショナー
ハンドル名野々内 美加 さん
ブログタイトル走るナースプラクティショナー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/missy0806
サイト紹介文診療所だけでなく診療車で街を走りながらメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療
自由文日本には馴染みが低いナースプラクティショナーとしてカナダ、BC州で働いています。地域でプライマリーケアプラクティショナーとして患者さんの健康向上、維持を目的にケアを提供しています。仕事が大好き。
日本で看護師歴8年後カナダへやって来たのは1998年。カナダ人の夫と子供3人の家族は宝物。
全く英語ができなかった私がカナダで看護師となり2013年には大学院卒業。修士号を取得。努力は必ず報われる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/01/05 07:16

野々内 美加 さんのブログ記事

  • 補足編: グッと地球便に出演して 3
  • 昔から私のブログや新聞、雑誌記事を読んでいる人にとってはさほど驚く内容ではなかったグッと地球便。その逆もあるわけで、あら!まあ!!となんて仕事をしている人なんでしょう!と思った方に送る補足編。ナースプラクティショナーって何?上級看護師???と思われる方はこちらへ どんな仕事? ホームレスの元へ訪問する私を番組の中では「経済的理由で診察に来れない患者のために」と言っていましたが、カナダの医療は無料です [続きを読む]
  • 自分を伝える
  • 番組の中で放送されたのは1つの届け物でしたが、母は他2つを用意していました。1つ目は私が4歳ごろ来ていた着物のミニチュア。台座も全て手作り。廃材を使いなんでも作り出す母にはいつも感心させられます。2つ目は帯で作ったセンターライナーとティーマット。この青い帯は母がよく着ていたものだと直ぐ気づきました。母が着物を着ていたのは祖父母と同居を始めた私が6歳まで。それなのに何故か覚えていました。渋いのは祖母の帯 [続きを読む]
  • 一期一会 :グッと地球便に出演して
  • グッと地球便を見てくださった方、ありがとうございます。私が視聴できるのはずっと先だと思っていましたが、友人のおかげで見ることができました。感想:現地取材に来てくれたディレクターの伊東さんとカメラマンの西村さんに脱帽です。ありがとうございました!医療番組ではないけれど仕事のことは正確に日本の方へ伝えたい、と言う願いを叶えてくれました。ブログと言う文面だけでは伝わらないものを映像で伝える事ができたと思 [続きを読む]
  • 熱くなれ
  • どうしたの美加?!今日はえらく熱いねーと言われた。だってお偉いさんたちも参加するオーバードースの対策会議。ここで何が問題なのかはっきりさせておかなければ!と躍起になったのでした。参加者は市長、市議会員、警察、消防、救急隊、医師会、そして私が属する医療機関からも8人。その他コミュニティーのNPOの代表者たち。うまいんですよ。こっちの人は。リップサービスって言いますが口先ばかり。それがまた流暢だから間を埋 [続きを読む]
  • トランズ プロ選手
  • ああ、やはりスキー旅行の後には風邪を引いてしまった。気温差、長湯は良くないですね。その上、旦那は週末なしの8日連チャン大きなプロジェクトの真っ最中。いつも8時間勤務なのに毎日12〜3時間働いています。と言うことは全ての家事、送り迎えが私の肩に、、、、。しんどい。家は荒地と化している。仕事ぐらい休めばいいのに休暇の後だし、大事な会議は入っているし、と無理をする。あああ、週末が待ち遠しい。寝るぞー!でも家 [続きを読む]
  • 耳掃除
  • 今回の内容はちょっとえぐいかも。要注意。日本ではおなじみの耳かき。欧米ではしないって知ってますか?耳の中に異物を入れることは非常に危険な事とされています。何故だかは知りませんが(でもだいたい想像はつきますが) アジア人の耳垢は乾燥していて、欧米人は脂っぽいねっとりタイプ (体臭も違うでしょ。誰かが言っていたな、白人の毛穴の大きさを。アジア人は肌がきめ細かい)。なのでシャワーやプールなど耳の中が濡れる時、 [続きを読む]
  • 後悔 2
  • 昨日の続き。医療者として働いて27年になろうとしている私。死に立ち会ったことも、死体を発見したこともある。この時だって皮膚の温度、硬直している体から死後数時間が経っていることがわかり、心肺蘇生などはしなかった。では、一般の人はどうだろう?パッと見ただけでそんな判断がつくのだろうか?麻薬の拮抗剤は拮抗作用で麻薬の薬理を断つ事で命を落とすのを防ぐ。死んだ人を生き返らす薬ではない。何故彼女のような事が起こ [続きを読む]
  • 後悔
  • 麻薬のオーバードースで命を落とす人を防ぐために、麻薬を使わない人たちにもトレーニングをして拮抗剤のキットを渡すようになった。誰でもと言うわけではなくて依存者の家族や友達だ。彼女をトレーニングをしたのは2ヶ月前。またホームレスの人が週末に亡くなったと聞いていた。彼女がよく寝泊まりする場所の近くで。今日、怒りに震えながら泣く彼女に会った。その亡くなった方に拮抗剤を投与してマウス ツー マウスをしたのは彼 [続きを読む]
  • じゃじゃ馬
  • 私の人生は綱渡りみたいと何度か言われた事がある。危なっかしくて落ちそうなのに落ちない。運が良いというか、周りに恵まれているというか、ラッキーな人間なのかもしれない。今回のスキー旅行。初めて行くところだったのでリゾートの全景やスキーランを全て把握していなかった。地図を見てこのランに挑戦してみようと話して進む。思ったより面白くなさそうなので、次を目指す。次の中級者のランを見つけて進んだ。見た目はパウダ [続きを読む]
  • グッと地球便
  • 放送まであと1週間になりました。読売テレビの公式サイトで予告映像が見れます!4日間の取材で700分のビデオを回したと聞きました。そこから18分の映像になっているそうです。そして実家の両親とぐっさんの取材。どんな番組になったか知らないので、とても楽しみです。と言っても私が見れるようになるのはずっと先ですが、、、関西圏の方、ぜひ感想をお聞かせくださいね!こちらは関西圏の新聞記事。ホント全国放送でないのが残念 [続きを読む]
  • 一理あるけど
  • 昨日の方、20代の頃から慢性疼痛で麻薬のお世話になっている。過去にトラウマの経験があり不安症からベンゾ系のお薬のお世話にも。使用量はうなぎのぼりで、一度高用量を使うとそこから減らすのが難しい。救急では依存症と呼ばれ、処方してくれる医師もいなくなった。で、私の患者になってからベンゾ系の薬を減らす事になったのだ。説明をしている時、私は61歳。こんなに様々な病気に悩まされているから長生きはしない。もうすぐ死 [続きを読む]
  • ごめんなさい。私のせいです
  • 恒例の春休みスキー旅行。自宅から5時間半ドライブのシルバースターと言うスキーリゾートへ来ています。快晴と零下でスキー日和。楽しい!宿泊先の窓から見える景色が素晴らしい。遠くにオカナガン湖とカラマルカ湖の両方が見える。で、毎回のことなのですが、私の留守をカバーしてくれる人がいないので、毎日少しずつ働かなくてはなりません。昨日は急いでしなければならない仕事はなし。しかし今日はすごい数のタスク(今日やるこ [続きを読む]
  • 器用な旦那
  • 先日話した手先が器用な我が家の旦那様。リカーキャビネットを作ったのでここで紹介。素敵でしょ?これで趣味の日曜大工だから大したもんです。ファミリールームとして作られた部屋をダイニングルームとして使ってるのでエンターメントボックスにキャビネットを入れていました。こちらも昔の家に合わせて旦那が作ったもの。昔のは長女が自立した時に持っていくそうです。そこへビルトインで新しいのを作ってみました。下の棚に酒類 [続きを読む]
  • アウチ
  • もう、ええやん!と言う声が聞こえて来そうですが、これが最後です。BC州の性転換のケアは都市集中型です。専門のセンターがあって、そこへ行かないと治療してもらえない。しかしカナダは広い。BC州だけと言っても日本が何個もすっぽり入る大きさだ。バンクーバー近郊に住んでいる人は良い。しかしそれ以外の人は?それを解消するために、専門医のケアからGP/NP型 (家庭医やナースプラクティショナー)へ変更しようとなり、各地でこ [続きを読む]
  • 不一致がもたらすもの
  • さあ、ここまで基本をみっちり読んだら実践編といきましょう!14歳の彼女は数年前にカナダへ家族で移民としてきました。近年鬱になり学校へも行けない日が続いています。ゆえ成績も徐々に下がっていきていました。抗鬱剤を処方されましたがあまり効果が出ず、自傷行為もするようになりました。胸やお尻に丸みが出てきて思春期が始まり彼女は困惑しているからです。こんな胸なんかいらない、女になんかなりたくないと思う気持ちが日 [続きを読む]
  • 男らしさと女らしさ
  • ここまで毎日性転換や性の選択の自由について書いてきたなら、どんどんいっちゃいましょう!自分の性に疑問を持たず、好きになる人も異性だから(こういう人のことをシスジェンダーと言います。cisgender)、わかんない!と思われる人は多いはず。では、こういう角度からはどうでしょうか?北米で男らしい男性像を聞くと、体がでっかくて、ホッケーなど体がぶつかり合うようなスポーツをしていて、スポーツバーでビールを飲みながら [続きを読む]
  • ジェンダーブレッド
  • 昨日あげた写真のジェンダーブレッド。ジェンダーとは性別。ジンジャーブレッドクッキーは人形の形をしたクッキー。その二つをかけてジェンダーブレッドと呼んでいるモデルについて説明。異性を好きな事をへトロセクシャルと言い、同性を好きなことをホモセクシャルと呼ぶ。これは好きになる対象に関することだけ。絵の中ではAttraction と書かれています。さてこの対象も二つに分かれる。性交の相手として女性か男性かに分かれ、 [続きを読む]
  • 性を選ぶ自由
  • 2日間の研修を無事終え、次は性転換ケアをしているクリニックで実習を2日終えれば、資格がもらえる。あともう少し!2日目は1日目に抱いていた疑問、質問に答えが出て良かった。性転換と聞くとみなさんは何歳ぐらいが対象だと思いますか?おっと、その前に性転換と聞くと、手術を思い浮かべる人が多いかと思います。内服でもできるのですよ。そもそも性転換と言うと完全に性を変えてしまうことを想像するかと思います。実際は少しだ [続きを読む]
  • 新しいプラクティス
  • 旦那がいないのに私の研修が2日ほど被ってしまいました。仕方がない、長女にすがるしかないのだ。ありがとうね。で、この研修の目的は性転換に治療の準備ができているかを知るアセスメントができるようになる事。ホルモン治療ができるようになる事。初日を終えて深く考え込む事が一つ。私の仕事の一つは診断をして治療をする事。そのためにアセスメント項目を使う事があります。例えば認知症の度合いを知るためのMoCA。鬱にはPHQ9 [続きを読む]
  • かっこいいのはどっち?
  • 我が家の車は3台。長女の車は彼女が自分で新車を購入しました。日産のマイクラ。日本名は知りません。ちっちゃくて可愛い車です。2台目は日本からやってきたデリカ エクシード。今年25歳になります。10年前に輸入した時にマイレージが低くとても良いコンディションでした。それ以来、改造したり部品を入れ替えて、今もしっかり現役。旦那が始めて日本に行った時に見かけて気に入り、今に至っています。デザインが一番なのはこの時 [続きを読む]
  • 身分証明書
  • カナダに住んで19年近くになりますが、実は私アルバータ州より東へ行った事がないのです。行く計画は2度ありましたが、2回ともドタキャンで、、、。今回も旦那の出張に着いていく!と目論みましたが、東はこの時期はまだ冬だから楽しくないよ、の一言で却下。で異常気象の今年。BC州は今も雪なんですが。東より寒いかも。行ってみたな〜カナダ東部〜いつか。身分証明書。パスポートとか運転免許書とか。最近BC州では免許書と保険番 [続きを読む]
  • 周りを堅める
  • 今日から旦那はしばらくオタワへ出張。とても久しぶりの出張。最近はビデオ会議とかで済ませることがほとんどだけど、今回は本部へ行かなければという事で飛んでいってしまいました(時差3時間だから、カナダはでっかい)。娘2人とお家をお守りします、と言えるほどしっかり者ではない私。さあ、どうなるんでしょうか?!何が起こっても天地がひっくり返るわけではないのだから大丈夫。なんとかなるでしょう。そう、この開き直りが私 [続きを読む]
  • 日本の伝統を伝える
  • 不思議ですよね。日本から離れているからこそ、日本の良いところも悪いところも良く見えるようになり、離れているからこそ日本の文化を大切にしたいと思うようになりました。お茶もお花もしない私ですが、何故か20代前半に着つけ教室に通ったので自分で着物を着ることが出来ます。だからカナダへ着物と浴衣を持ってきています。パーティーとか演劇鑑賞とか、上の子2人が小学生の頃、学校に日本の文化を教えてくださいと、折り紙を [続きを読む]
  • 歯車がくるう
  • ホームレスの方々。それぞれホームレスとして生まれて来たわけではなく、どこかで歯車がこちらへ向いて来てホームレスになるのです。なのでホームレスになった成り行きを知ることはとても大切です。だってそこを改善しなければ抜け出すことは難しいから。抜け出すことはたいせつです。生活環境が健康に与える影響は大きいですから。で、彼はカナダでよくあるホームレスの背景に当てはまらない。借金もなければ、薬物依存も、ギャン [続きを読む]