野々内 美加 さん プロフィール

  •  
野々内 美加さん: 走るナースプラクティショナー
ハンドル名野々内 美加 さん
ブログタイトル走るナースプラクティショナー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/missy0806
サイト紹介文診療所だけでなく診療車で街を走りながらメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療
自由文日本には馴染みが低いナースプラクティショナーとしてカナダ、BC州で働いています。地域でプライマリーケアプラクティショナーとして患者さんの健康向上、維持を目的にケアを提供しています。仕事が大好き。
日本で看護師歴8年後カナダへやって来たのは1998年。カナダ人の夫と子供3人の家族は宝物。
全く英語ができなかった私がカナダで看護師となり2013年には大学院卒業。修士号を取得。努力は必ず報われる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供369回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/01/05 07:16

野々内 美加 さんのブログ記事

  • 地域で働くか病院や施設か
  • カナダの医療は無料で家庭医制度です。病院は重症化が進み(徹底した早期離床、日帰り手術の主流化、2次、3次施設の増加)、病院は重度な病気の人が短期間で治してもらう場所で、ホスピス緩和ケアがあったり、リハビリが行われる場所ではありません。なので地域で働くプライマリーケアプロバイダー(PCP)の手腕が問われます。PCPは2つ。ジェネラルプラクティショナー(GP) と呼ばれる家庭医。そしてナースプラクティショナー (NP)。前 [続きを読む]
  • 臨床を学ぶ以外に重要な事
  • 私が通った大学院ではユニークな授業がありました。それはアメリカやカナダのNPの歴史に始まり、パイオニアとして活躍している現役のNPがどうやって自分のポジションを開拓してきたかの体験談、アソシエーションの代表が自団体の歴史を語ったり、カレッジのオフィサーがBC州のNPの経歴や将来を語り、厚生省の官僚を招待しNPの将来性や政府の姿勢などなど。つまりNPを取り巻くあらゆるアングルからの見解を教わりました。教授たちは [続きを読む]
  • BC州でのNPの始まり
  • 祝日の3連休は夏日に恵まれホームパーティーの連チャン。昨日は日中に1つと夜に別組。そして今日はランチどきにと、食いっぱなし飲みっぱなしの日々。活躍するのは新しく購入した外用の応接セット(って今も言うのかな?)セクションごとに分かれるので鍵形や並行などお客様の数で変更可能。大活躍しそう。先週していたシリーズものの続き。BC州にナースプラクティショナー(NP)が誕生したのは2005年。アメリカに60年、同じカナダの [続きを読む]
  • 覚醒系の薬による躁状態
  • 昨日の続き薬を白昼堂々と駐車場で使用して、オーバードースに至った彼。私が3年前にこの仕事を始めた頃から彼の事を知っています。彼の別名はミスターグランピー。超不機嫌なおじさん。慢性閉塞性肺疾患がある彼は救急室の常連さんです。それを止めて欲しいと (救急室に来なくて良いように地域でしっかりケアをしてという事)依頼も受けましたが私のケアを拒否し続けてきました。昨日、彼はヘロインと覚醒系の薬を混ぜて使用したよ [続きを読む]
  • 放っているように見えても、、、
  • シリーズは今日もお休み。脳の前頭葉の役割をご存知ですか?人間らしさを作り出すと言っていいほどの部分です。実行機能。今の状況を判断したり未来を踏まえて計画したり、良いことと悪いことの分別や、問題解決能力や、社会に適合しようと言うような行動はここから来ます。私の患者層の方々は日常生活の活動域が低下している人が多い。手足が不自由で低下しているのではなく、前頭葉の機能が低下しているから、そう言う面で社会性 [続きを読む]
  • 昔を思い出す
  • あーもークタクタ。疲れは絶好調。早く週末になあれ。今週末は祝日で3連休。待ち遠しい。両人の病気のためホームレスになった夫婦。60代です。傷病手当を申請し認可され、アパートを借りることができ、2年のホームレス生活からおさらば。とても幸せそうな2人。最近奥様の方が入院しなければならず退院後調子が悪く訪問診療をする事に。初めて訪れる彼らのアパートは清潔で家具は最小限。ホームレスのシェルター生活とは雲泥の差で [続きを読む]
  • 看護のアカデミア
  • 一昨日の続きアカデミアってアカデミアをする人。つまり大学でどっぷり研究や論文書きに浸かっている人たちです。北米での大学ランキングは学習の環境、施設、そして幾つ論文がパブリッシュ(雑誌等に掲載される)されたかによります。教授や講師陣は年間に何本載せることができるか、どれだけ格の高い雑誌に載るかがとても重要です。そう言う意味で大学院で教授として生きて行くことはサメのタンクに住むことと同じ。食うか食われる [続きを読む]
  • 汚文字
  • 誰かーこの雨を止めて!!!と叫びたくなるほど雨降りの日々です。秋冬の雨は当然ですが春夏のカラッと晴れわたった空がBC州の良いところなのに、、、、これでは夏が楽しめないどころか洪水警報や土砂崩れが、、、、写真はVancouver Sun よりシリーズからはちょっと休憩。最近はまっている日本のドラマ!ツバキ文具店最後に手書きの手紙を書いたのはいつですか?んんーと思うくらい昔なのは私のこと。しかし私だけではないと思いま [続きを読む]
  • 看護師 プラス アルファ
  • 昨日の続きカナダの正看護師はRegistered Nurse (RN) と呼ばれます。専門的な分野で働くとカナダの国の認定に申し込むことができます。certified nurse と呼ばれます。条件は5年その分野で働き試験に合格する事です。試験と言うことは自己学習をしなければなりません。更新は5年ごとになります。私はホスピス緩和ケアの認定を持っています。なのでRN時代、私の名前の後には RN CHPCN (c) とついていました。認定は20種類あります。 [続きを読む]
  • 看護の団体
  • 日本の看護とカナダの看護。何が違うのか?看護に関する団体や教育機関について知っている限り書きますね。カナダの正看護師の免許はアメリカと同様、州ごとに発行されます。試験はケベック州を除き統一されている国家試験。それぞれの州に免許を発行し看護の水準を保つ機関があり、カレッジと呼ばれています。カレッジの最大の目的は一般市民を守ること。そのための看護師の質の確保です。免許の更新は毎年。免許料は保険料も含ま [続きを読む]
  • 忙しいのは、、、
  • 毎年5月と6月はとても忙しい。忙しい理由は子供の学校行事と夏休みの準備。末娘のバレエのコンペは3月下旬から始まり、それが終わると年度末のショーに向けての準備。6月中旬まで続く。バイオリンもコンサートが数回。学校の合唱部のコンサートそして吹奏楽のコンサート。その上、末娘の誕生日に誕生会。誕生会は2回。友達と親戚のバージョン。友達はお泊まりになるので2日は潰れる。母の日も5月。長女の大学の卒業式は6月。学会を [続きを読む]
  • ど忘れか実力か
  • 昨日の外回り。土砂降りの中で新患さんと傷病手当について話ををしていました。過去に何度か申請をしようとトライしたけど、一度も申請していない。申込書は2冊(枚じゃないですからね。本のように厚いのがこの申込書)持っていると言う。Did you or someone else fill the form?誰か記入をしましたか(3つのセクションに分かれていて、それぞれ記入できる人が異なる)?と聞いたが意味がわかってもらえなかったので、Is it empty? と [続きを読む]
  • ポジティブなフィードバック
  • 長い冬の後も快晴になる事は少なく雨が多い。雪解けと長雨のせいで湖も川も水位は上昇。カナダ全土で洪水、または洪水警報が出ています。こちらのオカナガン湖も先週の時点でかなり水位が高かった。週末の豪雨を前にしてケローナ市は緊急事態宣言を出した。ポプラグローブと言うワイナリーから。さて前回の事で妄想や幻覚の方へのアプローチについて悩んだので、仲の良い精神科看護師にフィードバックを尋ねた。難しいよ。よくやっ [続きを読む]
  • 薬物依存学会: 親の目線で
  • 今年の冬はホント長かった。5月だと言うのにまだ、こんなに雪が残っている。道路脇に残雪があるところもあった。週末の学会の話題はこれで最後。両親の目線でと題して息子をオーバードースで亡くした2人の母親がスピーチをした。1人は有名大学へ入学し親元を離れた時、パーティードラッグからどんどん深みにはまり、もう1人は高校卒業と共に気晴らしで始め次第にはまっていたっとか。どちらの両親も中流階級で息子がそんな道の深み [続きを読む]
  • 上流で何が出来る?
  • バンクーバーには依存薬物を自己注射する施設がある。政府公認だ。カナダで唯一の施設だったが、最近のオピオイドクライシスでオンタリオのトロントをはじめBC州でもビクトリア、サーレーと建設が予定されている。バンクーバーの施設がオープンして10年。評価の研究が発表されたばかりだ。で、今回参加した学会でのセッションの1つがこの施設についてのクリティークだった。クリティークとは批評。批評をしたのは公衆衛生予防学の [続きを読む]
  • マリワナ合法化の先に
  • カナダでマリワナが合法化されるまで一年となりました。色々な学会に行きますがそれに対する医療界の態度が鮮明になって来ていることを感じます。タバコ、お酒も合法化されている。しかし健康に害を及ぼす事がはっきりしているので、医療的には嗜好品としてどこまで許されるのかは、はっきりしている。新参者のマリワナにもそれが明らかになりつつあると言う事。しかしながら以前にも言ったように、確証性の高い研究が多くないので [続きを読む]
  • 氷山の一角
  • ああああ、初めて参加する学会ってとても新鮮。もちろん過去に出会ったスピーカーや内容もあったけれど、学びの日々でした。名言も沢山。一番心に染みたのがIt wasn't my problem. It was my solution.私にとって薬物は問題ではなく解決策だった。薬物依存を問題視するのは医療、司法、社会。しかし、その真っ只中で苦しんでいる人にとっては体を襲う様々な症状を和らげる解決策だと言うことだ。症状といった時、退薬症状を言って [続きを読む]
  • 湖とワイナリーの街で
  • 週末は学会でケローナ、湖とワイナリーの街に来ています。家から350km。車で4時間ぐらいですが、例のごとく寄り道をして(遠回り)をしてワイナリーへ寄って来ました。3〜4軒は回れる自信があったのに濃霧に雷雨と豪雨に何度も見舞われ、すっかり遅くなり2軒で試飲と購入をして目的地に到着。泊まりで行く学会にはなかなか許可が下りないけれど(参加費や旅費を教育費から頂くのでボスの許可がいる)、今年は州から別枠でナースプラク [続きを読む]
  • ストリートネーム
  • 外回りの時に会うホームレスの人々。殆どの人がストリートネームと呼ばれる名前がある。ニックネームの様なもの。ロック (Rock)とか フェザー(Feather) とかティアドロップ(tear drop) とかたむろっていいる人が多い。慕われている人、尊敬されている人、一目置かれている人、色々だ。言っておくが麻薬の製造や売人の人たちはホームレスではない。彼らは商売で潤っている人で、依存者からお金を巻き上げている。なので私の患者に [続きを読む]
  • 旅の準備
  • 日本はGW。FBやブログで旅のお知らせを楽しんでチェックしています。あっという間に一年の1/3が過ぎちゃいました。こんな調子だとあっという間に夏が来てしまいそう、と慌てて夏の計画を立てています。子供の休暇は2ヶ月ちょっとあるし、短い夏を楽しまなくちゃ!特に連休となる週末はしっかり押さえておきたいし。で7月と9月の連休は決まり。8月は?ちょうど私の誕生日と重なるし、、、、案は色々出てきて検討中。4日ぐらいのお出 [続きを読む]
  • 修行に行きたい
  • 難しい。実に難しい。自覚のない患者と向き合うのは本当に難しい。妄想がひどい方はそれを真っ向から否定する。もちろんそうだ。実際には起こっていないことが、その方にとっては事実なのだから。しかし疾病手当を申し込むのであれば、本人が自覚しているいないは別にして、ある程度過去や状況を理解する必要がある。だから答える答えないに関係なく一応一通りの質問はする。患者はそれにイラつき、爆発する。こういう人は社会から [続きを読む]
  • 歯の事情 その2
  • 昨日の続き。私の患者層は歯がない人や虫歯だらけの人が殆ど。なぜでしょう?薬物依存が多いからです。アルコール依存も含まれます。 唾液の重要さをご存知ですか?唾液は口腔内の湿度を保ち歯や歯茎を乾燥から守ります。体が脱水症状になったり口の中の唾液量が減ると、喉の渇きのサインが発生し、水分を補給するようになります。と、ここまでは正常な人間の反応。薬物依存の人たちは薬物を使用中に、覚醒や鎮静に陥るので口渇の [続きを読む]
  • 歯の事情
  • 先日、肌の健康について書いている時に歯並びや歯茎の事を書いたので、もう少しその事を。北米では歯並びを大変重視します。歯並びが悪い事を恥ずかしい事と思われるぐらい重要な事です。なぜなんでしょうか?私もよくわからないのですがニコっと笑った時に見える歯は白くて並びが良い事を期待されます。なので矯正は当たり前。高い治療代がかかるので、それができない人は収入の少ない人、保険のない様な仕事に従事している人と思 [続きを読む]
  • 登山靴
  • 長年愛用していた登山靴とさようならの時が来ました。2001年カナダに来た後に購入だから16年愛用していたことになる。毎日履く靴の寿命って6ヶ月って言われるのにね。十分お勤めを果たしました。旦那と色んなところに行ったよなー。これが初めて行ったハイキング。コカニ氷河州立公園。現カナダ首相の弟君が眠る(バックカントリースキー中に雪崩に襲われ、長さ1200m 幅400m 水深100mの湖に転落 1998年11月。23歳)コカニ湖横の崖道 [続きを読む]
  • 加齢とシワとシミ
  • 金曜日の午後は勉強会。今回のお題は老人医療。私の患者層の平均年齢は男女とも50歳前後で若い。70代以上の患者は多分10本の指で数えれるほど。なのであまり関連のないお題だったけれど、全く関係ないわけではないので知識を常に最新のものにするためにもいかなければと足を運んだ。しかしながらこれといった新しい研究結果や新薬があるわけではなく、診療所に戻って記録でもしようかと思いたくなった。しかしそれをしなかったのは [続きを読む]