大船渡 折々の記 さん プロフィール

  •  
大船渡 折々の記さん: 大船渡 折々の記
ハンドル名大船渡 折々の記 さん
ブログタイトル大船渡 折々の記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/m-o3973
サイト紹介文大船渡の風景、釣り、菜園、日々の献立
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/05 11:42

大船渡 折々の記 さんのブログ記事

  • クリンソウの群落
  • 先日5月19日、お天気も上々。「クリンソウが咲いたよ!」との電話をいただき、早速連れ合い共々参上。このクリンソウの群落を鑑賞するのは、今回で3年目で、この間にかなり株数を増やし、周辺一帯に咲き乱れる景観は実に素晴らしい。          山間の原っぱに咲き乱れるクリンソウの群落      輪生する花の姿が仏塔の先の九輪に似ていることが名前の由来とか       仏塔の九 [続きを読む]
  • つくり置きレシピ考
  • 食事づくりの「5分あ〜れば、なんでもできる…」の連れ合いの鼻歌の根源は、作りおきのおかず類にあることは自明の理であるが、漠然と「なんで、つくり置きなの?」と考える。 子育てや共稼ぎ世帯の現役バリバリででもあれば、「時間をかけて調理する時間がない…」との悲鳴も理解できるのだが。 さて、老々世帯の我が家の場合は、一食の量が少量であること、食材が豊富であること、定時までに献立を揃えることの時 [続きを読む]
  • ニンニクに異変&長芋植え付け
  •  昨秋、専門店より青森県産「福地ホワイト六片種」を購入。10月13日植え付け(約40粒)。11月10日約90%発芽を確認する。 以降厳寒の時期を経て順調に生育のつもりが4月ころより異変あり。①葉先が黄色くなって ②成長が止まったように株が大きくならない。春腐病やさび病でもないようですし、肥料切れか肥料焼けだろうか?そんな株が数本あり。 収穫期を前に悩み多し。 葉先が萎れ、成長が止まったような株 [続きを読む]
  • 山の幸 シドケ採り
  • 例によって、友人の泉氏から「シドケ取りに来ませんか…」のご案内。否やのはずもなく、家内ともども早速、参上した次第 素晴らしい日和で、木立ちを吹き抜ける風も心地よく森林浴?を満喫。泉夫妻、我が夫婦と4人でハイキング気分でのおにぎりを食べながらの歓談もまた良し。(5/2) 倒木や木立のそこかしこにシドケの群落が。  同行者、泉ご夫妻と連れ合い [続きを読む]
  • また、買い込んだ朝市!
  • 早朝から心地よい日ざし。連れ合いはりんご、私は2.3の野菜苗と購入する品を決め、いざ!朝市へと出陣。 しばらくぶりの市日である。新鮮な魚介類や乾物、果物、野菜、苗、山菜そして花々類が出品され、賑わいもまずまずか?     結構な人出である。今日のそれぞれの購入目的は何かな?      野菜果物、飲料水などなんでも並べている釜石のおじさん  末崎の苗っこやさ [続きを読む]
  • ニンジンの播種(Dr カロテン5)
  • いつの間にか梅の季節が過ぎ、桜も葉桜となり、季節の移り変わりのはやさに唖然とする。県内陸部の気温に比べて、沿岸部は若干低温に推移しているこの頃。さて、北国の大船渡地方も、春野菜の種まき、植え付け時を迎え、なんとなく心騒ぐ季節を迎える。 先日は、少々時期遅れ気味であるがニンジンの種まきをした。ここ数年は粉体でコーテング加工したペレット種を使用している。  (播種日  4月22日) [続きを読む]
  • 月2回のペースで、34回目の例会
  • 4月。近隣県までの桜開花情報はあるものの、県内情報は未だなし。大船渡市の標準木の開花宣言は4月7日。それ以降市内の、所謂通称「さくらの名所」の開花情報なし。例年比でやっぱり寒いのかな? そんな中、我が歌声の会は4月12日、43回めの例会を迎えた。  今回の選曲は ①春の小川 ②かすみか雲か ③さくらさくら ④①1年生になったら ⑤花 ⑥朝はどこから ⑦花の街 ⑧あざみの歌 ⑨人を恋うる歌 ⑩カチュー [続きを読む]
  • やっと ジャガイモの植え付け終了!
  •  「◯◯さんのうちで、イモの植え付け 終わったってよ。うちではいつ植えるの…」。例によりこの節は、れ  合いのまだか!まだか!のコール。 天候をみながら焦っているのは当のご本人なのに。 植え付けに至る経過を記す。 ①種イモの購入 3/6、 キタアカリ8kg、2,100円  ②植え付け畝の耕起3/16  ③種イモの浴光催芽 3/6〜  ④購入種イモの分割 4/3   ⑤植え付け4/5  種イ [続きを読む]
  • 4月の霜の朝
  • 4月に入り、桜前線北上のニュースを聞く昨今、ここ”岩手の湘南 大船渡”のさくら情報は皆無?。早咲きの紅梅が散り、白梅が今盛ん。道端のスイセン、庭のクロッカスがようやく花びらを開き始める。 今朝の大船渡、畑は降霜で真っ白。寒冷地の東北地方ゆえ「遅霜」には当たらないだろうが、作物には少々のダメージあり。           電線に降りた霜が朝の陽光を浴びて、まるで蜘蛛の巣状に輝いている、    [続きを読む]
  • ご馳走様! 即席の一品(野菜編)
  • 畑から上がって家に入ると、「お昼、何食べるの?」と、連れ合い。「いつものように、パンと牛乳でいいよ」と返事する。 暫時して、「予定変更!ジャーン…」というので、食卓を覗くと、味付けいなり揚げ、ネギ、トロロに生卵をぽとんと落とした讃岐うどんが登場。それに生協の「栗おこわおにぎり」。自家製の一夜漬けを添えて…。            ネギ、トロロ、漬物の具は自家の保存野菜。流石におにぎりは [続きを読む]
  • 海の幸 メカブ
  • 雨が降り出した夕食時、「メカブ持ってきたが食べるが…」と、綾里の山口さんが顔を出した。大好物なだけに否応もなく頂いた。採りだてのバキバキの新鮮なめかぶだった。 めかぶは、わかめの一部分を切り取った「ワカメの根元の部分」で、濃い茶色をしている。当地では3〜4月がめかぶの旬で最も美味しい季節である。  生きのいい新鮮なめかぶである。  み [続きを読む]
  • フジの種子の旅立ち
  • 陽気に誘われて、山の畑に出かける。目的は春蒔き野菜の畝づくりと紅梅、福寿草の観察とバッケの探索。 紅梅と福寿草は盛りを過ぎ、もう終章を迎える。バッケはちょこんと芽を出した可愛らしいのを10個ばかり採取。  暫時 クワで畑土を掘り起こしていると、パチッ、パチッと空気を切り裂くような乾いた音に気づく。あたりを見回しても何の気振りもなく、しばらくして、またパチッ、パチッとものの弾ける音が続く…。はて面 [続きを読む]
  • 陽だまりサロンに参加して
  • 地域の高齢者や住民が集まって、お茶っこのみ話や手芸、ゲームなどを楽しみ、居場所づくりをすすめることで健康づくりや生きがいにつなげたいとの発想で、市の社協のお世話をいただきながら地域公民館を会場に行われるサロン活動。 「男の人がさっぱり参加しない!」 との連れ合いの言葉に刺激を受けて、会場の下中井地域公民館に出かけ、「陽だまりサロン」に参加した。(3.17) 参加者は、地域から私を含めて10人、 [続きを読む]
  • ご馳走さまの一品(磯物編)
  • 例によって、「5分あ〜れば、なんでもできる…」と、余裕をもって炊事にとりかかったものの、つくり置きのおかずのないのに気づいて大慌ての連れ合い。そんなときに出されるのが手のかからない即席のひと品。 つい昨今の食卓からパチリ!  わかめ、新たまねぎ、かに玉をお酢で和えた一品  めかぶ:さっとお湯を通して刻み、醤油or酢醤油で食す       わかめ:お湯を通し、 [続きを読む]
  • 早春の花木
  •  今日の大船渡 気温11℃〜-1℃、降水確率0~20%、風無し。久しぶりの陽気にカメラ持参で「春の気配」を探して家の周りを散策。 寒さを凌いでようやく開花の季節を迎えた花木をみつけてレンズを向ける。   路地の椿は未だ硬い殻に覆われているが、早咲きの一輪をを狙ってパチリ!  いっぱい花びらをつけているが、殆どが頭を垂れている。凛としている一輪見つけた! [続きを読む]
  • 歌うって楽しいなぁ〜
  • 月2回の例会日。今日3月1日(第1水曜日)は、月初めの例会日。初めて参加する大和田夫妻を加えて総勢16名で、歌声を堪能する。 早春、お雛様、そして地区の高校の卒業式などがあり、今回の選曲は季節性や社会行事等の関連から  ①どこかで春が ②春よ来い ③うれしいひな祭り ④早春賦 ⑤蛍の光 ⑥仰げばと尊し ⑦カチューシャの唄⑧ゴンドラの唄 ⑨東京行進曲 ⑩影を慕いて ⑪青い背広で ⑫港の見える丘 [続きを読む]
  • 雨水の季節 その他の野菜
  • 立春、雨水も過ぎ、春の訪れ間近かというものの、ここ東北、大船渡はいまだ寒い日々が続く。今日2月20日の大船渡は、 終日曇り、時々弱雨、外気温-2~5℃、湿度60~90%、風速1~5。 畑の野菜たちは寒さという悪気象の中で健気にも成長を続けている…  つぼみ菜 昨秋 10/26 定植。虫害予防のため 網のトンネルで栽培  春どりキャベツ&ハクサイ  昨秋 10/20 定植  [続きを読む]
  • 厳寒明け 「雨水」を迎えるタマネギの追肥
  • 晩冬の時期を迎える。今日18日は24節季の「雨水」。雪や氷が解け出し雨が降り始める時期。春の雨は「花の慈母」といい、しっとりと土に浸み込み草木の根の生命力をかきたてる。  昨秋10/22〜25に植え付けた玉ねぎに (ターボ100本、ネオアース200本 計300本)最終の追肥をする。(2/18)  条間に1?30gの化成肥料(N.P.K 8-8-8)と少々の完熟鶏糞、施肥後覆土して終了。                [続きを読む]
  • 縮みほうれんそうづくり(4)
  •  前回投稿から20日経過のほうれんそうです。9月27,28日播種の「朝霧」「ほうおう」は、今年は失敗作かな?とくに「朝霧」は霜焼けが激しく、葉も縮みかげん。「ほうおう」も一部は葉焼け。  9/28播種の「朝霧」  収穫残部であるが、葉の縮みが激しい 9/27播種の「ほうおう」 朝霧と比べると葉焼けが少ない  一 [続きを読む]
  • いただきま〜す
  • 知人から「最近、食事の投稿がないけれど、何食べているの?」とのメールがあった。そういわれと確かにその通りだ。  寒さや天候不順で外出もままならず、てっとり早くブログを作成するには、この手が一番と、例により 我が家の食卓風景を写真に収めた次第…  朝食  かまぼこ・大根おろし・わかめのめかぶ・ブロッコリー・トマト [続きを読む]
  • 今年も元気で歌います。
  • 新しい年を迎えて、2回目の例会。参加者12人。今日は常連の5人が風邪、旅行等でお休み。人数の多い少ないには関係なく、集まった仲間で楽しく歌うのが原則。 今回の選曲   ①ふじの山 ②スキーの歌 ③トロイカ ④ペチカ ⑤雪の降る街よ ⑥冬の星座 ⑦灯台守 ⑧港 ⑨漁船 ⑩波浮の港 ⑪国境の町 ⑫蘇州夜曲 ⑬リンゴの唄 ⑭かえり船 ⑮誰か夢無き ⑯桑港のチャイナタウン ⑰さすら [続きを読む]
  • 下水道管の布設(2)
  •  ブログも所用のため1週間ほどお休みした。段々億劫さの募るのは歳のせいかな? 日差しがあるとはいえ、年中で一番寒い「寒中」の工事。ご苦労様以外の何物でもなし。  管の埋設箇所をパワーシャベルで堀削し、両側に鋼鉄の枠をはめ込み安全を確保して、約2.5mほどの深さ、幅1m程に掘り下げ、径250mmのビニール管を布設。また屈折個所に大小のコンクリート製の溜め?orマス?を組み立てながら埋設。 鋼 [続きを読む]
  • 縮みほうれんそうづくり(3)
  • 野菜づくりは甘いもんじゃないことを実感。昨年の縮みほうれんそうの成功に味をしめ、今年も挑戦したものの、メインの[朝霧](9.28播種)は失敗。厳寒期に向け葉長25cmはクリアしたものの、それ以降の対応が失敗のもと?。 ビニールと不織布のトンネル覆いを外した以降鳥害対策に網をかけただけで、四六時中防寒対策を講じなかったことが原因?と思うが…。     失敗作[朝霧]。 今冬の寒さに葉焼け症状がみられる。 [続きを読む]
  • 下水道管の布設(1)
  • 市内各所で進められていた下水道管敷設工事が、H29.1.11~21の作業期間でやっと我が地域でも始まる。家のすぐ前の市道が布設対象工区なのを幸いに、カメラとビデオを持ち出して記録することにした。 天気も良く、1.7t移動式クレーン車2台、各種レベルのシーティング(土止め枠)、3.6t積載ダンプ2台その他資材が運び込まれて作業が始まる。車利用の住民に配慮してだろうか。その日に施行する部分のみを掘削し、順次埋め戻し [続きを読む]
  • 休み明け初登校、凍てつく通学路
  • 5日の寒の入りから、20日の大寒を経て、2月の節分までの約ひと月が「寒中」。「寒中雨多ければ豊作」「大雪は豊年の兆し」とは古人曰くである。 昨日は日中でも真冬日。今日17日は最低ー3℃、最高3.6℃。日中日差しあり。体感的にも比較的暖か。 近くの猪川小学校は今日から3学期はじめ。20日間ばかりの冬休みを終えた子どもたちの登校風景をカメラに収めるべく、かじかむ手でシャッターを押す。     班長さんの指 [続きを読む]