大船渡 折々の記 さん プロフィール

  •  
大船渡 折々の記さん: 大船渡 折々の記
ハンドル名大船渡 折々の記 さん
ブログタイトル大船渡 折々の記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/m-o3973
サイト紹介文大船渡の風景、釣り、菜園、日々の献立
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供59回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/01/05 11:42

大船渡 折々の記 さんのブログ記事

  •  291 歌声 7月最後の例会
  • 今日7月23日(月)の大船渡地方のお天気。終日雨、時には激しく。気温24℃~21℃。日照無し。湿度高く、室内の除湿器の雫のしたたりが聞こえる。  7月20日は、7月最後の歌声の例会。この時期は、所用の常連多く参加者9名の少数精鋭? 選曲は ①海(松原遠く…) ②われは海の子 ③牧場の朝 ④朝だ元気に ⑤花火 ⑥さくら貝の歌・浜辺の歌 ⑦箱根八里 ⑧鎌倉 ⑨隣組 ⑩男の純情 ⑪長崎物語 ⑫誰か故郷を想 [続きを読む]
  • 290 えっ、ポトフだって
  •   この暑いさなか、差し歯が痛み出し、食べ物を噛み砕けず難儀をしている。朝食時に見かねた連れ合いが、「今日はポトフだ!と宣って、早速炊事を始めた。「ポトフって何だっけ…」との問に、「野菜のごった煮だべ!」とのこと。    朝食の献立:ポトフ?、野菜のサラダ、ナスやニンジンの煮付け、生ナス、ショウガの刻み    ポトフだって?    野菜のサラダ    我が家の夏の定番:生ナス、みょうが、青南蛮(少 [続きを読む]
  • 289 元気アップ教室 老化の進行に棹さして
  •   今年はフレイル(加齢に伴う心身活力の低下)に棹さすべく、市の地域包括支援センターで主催する「元気アップ教室」に参加の申し込みをした。概ね65歳以上、主治医に運動参加の許可を得ていることなどが条件で、5月〜翌年3月までの11回教室と長丁場。 因みに 1回目の5月は 運動で「脱・心身の老化」宣言 と称して股関節・太もも・ふくらはぎの筋肉トレーニングと拮抗体操 2回目の6月は、~手のひらからも変えられる [続きを読む]
  • 長谷寺 オラホの宝 「絵馬」講演会
  •  長谷寺は創建以来千二百有余年、栄枯盛衰を繰り返し、地方の人々の心の拠り所として、また、学問伝授、施薬など地方文化の中心的存在として知られた古刹である。  また長谷寺には、祈願寺として多くの仏様が祀られ、県や市の貴重な文化財として指定を受け、地域の誇りとして地域住民の善意によって護持され今日に至る。 この度7月8日は、当寺に納められている大型の「絵馬」にスポットを当て、文化講演会を開催した。講師は、 [続きを読む]
  • 287 春?野菜(2) 朝採り
  •  7月2日 今日の大船渡のお天気 晴れ時々曇り  気温最高31℃ 最低21℃ 降水確率10~20% 湿度60~70%。    朝から日ざし強く、うだるような暑さ。朝の涼しいうちに隣接の畑に降り、一巡。調理用とおすそ分け用に若干の野菜を採る。 ブロッコリーは頂花蕾から側花蕾、インゲン、キュウリはなり始め。 桃太郎大玉 一段目 ナスは柄だけ大きくなって、 [続きを読む]
  • 朝市でー このお値段って、どう?
  • お天気に誘われて、朝食前に盛町の朝市に出かけた。少し早目だった故、出店も人出もいまいちの感。さすがにこの時期、野菜・花等の苗物は少なく、自家生産の野菜、乾物、山菜類が多かった。畑作物の自給自足を自負しているだけに,野菜類の出来具合とどんな値で売られているのか、ちょっぴり興味があった。            少し早かったのかな? 出店も人出もまばら  この花屋さんは商売 [続きを読む]
  • 春野菜(1) 収穫
  • 梅雨シーズンを前にぐずついた天候の続く岩手・大船渡地方。晴天日を選んで倒伏一週間近くの玉ねぎを収穫する。家に隣接する野菜畑の気安さで、収穫中または収穫間近の野菜にカメラを向ける。 昨年晩秋10/22~25植え付けのネオアース  昨年10/13植え付けた 青森県産・福地ホワイト六片種 3/30 播種の大根「春蒔き総 [続きを読む]
  • 6月の例会も楽しく!
  • 2、3日続いた雨も上がり、今日は爽やかな日ざし。周りの木々も鮮やかさをまし、まさに初夏の感。 こじんまりとした歌声の会も、ギッククラ腰、グランドゴルフ、家事等で3、4人の定連がお休み。12人のメンバーで歌を楽しむ    今回の選曲は ①海 ②牧場の朝 ③おお牧場はみどり ④雨ふりお月 ⑤四季の雨 ⑥港 ⑦白い花の咲く頃 ⑧浜辺の歌 ⑨あざみの歌 ⑩思い出のアルバム ⑪酋長の娘 ⑫大利根月夜  [続きを読む]
  • 夏花壇の花苗植え
  • 5月下旬某日。抜けるような青空のもとで、地域のシニアクラブ「南天の会」会員による花壇の花苗、マリーゴールド2種類、ベコニアの90ポット×3 合計270本の植え付け作業。主要地方道綾里ー大船渡線沿いの40mほどの花壇。車の通行量や通学の小中高生なども多く、これからの長いシーズン 人々の目を楽しませてくれること請け合いの花壇作業である。      会の役員さんたちが、マルチや植え付け穴など事前に段取り [続きを読む]
  • クリンソウの群落
  • 先日5月19日、お天気も上々。「クリンソウが咲いたよ!」との電話をいただき、早速連れ合い共々参上。このクリンソウの群落を鑑賞するのは、今回で3年目で、この間にかなり株数を増やし、周辺一帯に咲き乱れる景観は実に素晴らしい。          山間の原っぱに咲き乱れるクリンソウの群落      輪生する花の姿が仏塔の先の九輪に似ていることが名前の由来とか       仏塔の九 [続きを読む]
  • つくり置きレシピ考
  • 食事づくりの「5分あ〜れば、なんでもできる…」の連れ合いの鼻歌の根源は、作りおきのおかず類にあることは自明の理であるが、漠然と「なんで、つくり置きなの?」と考える。 子育てや共稼ぎ世帯の現役バリバリででもあれば、「時間をかけて調理する時間がない…」との悲鳴も理解できるのだが。 さて、老々世帯の我が家の場合は、一食の量が少量であること、食材が豊富であること、定時までに献立を揃えることの時 [続きを読む]
  • ニンニクに異変&長芋植え付け
  •  昨秋、専門店より青森県産「福地ホワイト六片種」を購入。10月13日植え付け(約40粒)。11月10日約90%発芽を確認する。 以降厳寒の時期を経て順調に生育のつもりが4月ころより異変あり。①葉先が黄色くなって ②成長が止まったように株が大きくならない。春腐病やさび病でもないようですし、肥料切れか肥料焼けだろうか?そんな株が数本あり。 収穫期を前に悩み多し。 葉先が萎れ、成長が止まったような株 [続きを読む]
  • 山の幸 シドケ採り
  • 例によって、友人の泉氏から「シドケ取りに来ませんか…」のご案内。否やのはずもなく、家内ともども早速、参上した次第 素晴らしい日和で、木立ちを吹き抜ける風も心地よく森林浴?を満喫。泉夫妻、我が夫婦と4人でハイキング気分でのおにぎりを食べながらの歓談もまた良し。(5/2) 倒木や木立のそこかしこにシドケの群落が。  同行者、泉ご夫妻と連れ合い [続きを読む]
  • また、買い込んだ朝市!
  • 早朝から心地よい日ざし。連れ合いはりんご、私は2.3の野菜苗と購入する品を決め、いざ!朝市へと出陣。 しばらくぶりの市日である。新鮮な魚介類や乾物、果物、野菜、苗、山菜そして花々類が出品され、賑わいもまずまずか?     結構な人出である。今日のそれぞれの購入目的は何かな?      野菜果物、飲料水などなんでも並べている釜石のおじさん  末崎の苗っこやさ [続きを読む]
  • ニンジンの播種(Dr カロテン5)
  • いつの間にか梅の季節が過ぎ、桜も葉桜となり、季節の移り変わりのはやさに唖然とする。県内陸部の気温に比べて、沿岸部は若干低温に推移しているこの頃。さて、北国の大船渡地方も、春野菜の種まき、植え付け時を迎え、なんとなく心騒ぐ季節を迎える。 先日は、少々時期遅れ気味であるがニンジンの種まきをした。ここ数年は粉体でコーテング加工したペレット種を使用している。  (播種日  4月22日) [続きを読む]
  • 月2回のペースで、34回目の例会
  • 4月。近隣県までの桜開花情報はあるものの、県内情報は未だなし。大船渡市の標準木の開花宣言は4月7日。それ以降市内の、所謂通称「さくらの名所」の開花情報なし。例年比でやっぱり寒いのかな? そんな中、我が歌声の会は4月12日、43回めの例会を迎えた。  今回の選曲は ①春の小川 ②かすみか雲か ③さくらさくら ④①1年生になったら ⑤花 ⑥朝はどこから ⑦花の街 ⑧あざみの歌 ⑨人を恋うる歌 ⑩カチュー [続きを読む]
  • やっと ジャガイモの植え付け終了!
  •  「◯◯さんのうちで、イモの植え付け 終わったってよ。うちではいつ植えるの…」。例によりこの節は、れ  合いのまだか!まだか!のコール。 天候をみながら焦っているのは当のご本人なのに。 植え付けに至る経過を記す。 ①種イモの購入 3/6、 キタアカリ8kg、2,100円  ②植え付け畝の耕起3/16  ③種イモの浴光催芽 3/6〜  ④購入種イモの分割 4/3   ⑤植え付け4/5  種イ [続きを読む]
  • 4月の霜の朝
  • 4月に入り、桜前線北上のニュースを聞く昨今、ここ”岩手の湘南 大船渡”のさくら情報は皆無?。早咲きの紅梅が散り、白梅が今盛ん。道端のスイセン、庭のクロッカスがようやく花びらを開き始める。 今朝の大船渡、畑は降霜で真っ白。寒冷地の東北地方ゆえ「遅霜」には当たらないだろうが、作物には少々のダメージあり。           電線に降りた霜が朝の陽光を浴びて、まるで蜘蛛の巣状に輝いている、    [続きを読む]
  • ご馳走様! 即席の一品(野菜編)
  • 畑から上がって家に入ると、「お昼、何食べるの?」と、連れ合い。「いつものように、パンと牛乳でいいよ」と返事する。 暫時して、「予定変更!ジャーン…」というので、食卓を覗くと、味付けいなり揚げ、ネギ、トロロに生卵をぽとんと落とした讃岐うどんが登場。それに生協の「栗おこわおにぎり」。自家製の一夜漬けを添えて…。            ネギ、トロロ、漬物の具は自家の保存野菜。流石におにぎりは [続きを読む]
  • 海の幸 メカブ
  • 雨が降り出した夕食時、「メカブ持ってきたが食べるが…」と、綾里の山口さんが顔を出した。大好物なだけに否応もなく頂いた。採りだてのバキバキの新鮮なめかぶだった。 めかぶは、わかめの一部分を切り取った「ワカメの根元の部分」で、濃い茶色をしている。当地では3〜4月がめかぶの旬で最も美味しい季節である。  生きのいい新鮮なめかぶである。  み [続きを読む]
  • フジの種子の旅立ち
  • 陽気に誘われて、山の畑に出かける。目的は春蒔き野菜の畝づくりと紅梅、福寿草の観察とバッケの探索。 紅梅と福寿草は盛りを過ぎ、もう終章を迎える。バッケはちょこんと芽を出した可愛らしいのを10個ばかり採取。  暫時 クワで畑土を掘り起こしていると、パチッ、パチッと空気を切り裂くような乾いた音に気づく。あたりを見回しても何の気振りもなく、しばらくして、またパチッ、パチッとものの弾ける音が続く…。はて面 [続きを読む]
  • 陽だまりサロンに参加して
  • 地域の高齢者や住民が集まって、お茶っこのみ話や手芸、ゲームなどを楽しみ、居場所づくりをすすめることで健康づくりや生きがいにつなげたいとの発想で、市の社協のお世話をいただきながら地域公民館を会場に行われるサロン活動。 「男の人がさっぱり参加しない!」 との連れ合いの言葉に刺激を受けて、会場の下中井地域公民館に出かけ、「陽だまりサロン」に参加した。(3.17) 参加者は、地域から私を含めて10人、 [続きを読む]
  • ご馳走さまの一品(磯物編)
  • 例によって、「5分あ〜れば、なんでもできる…」と、余裕をもって炊事にとりかかったものの、つくり置きのおかずのないのに気づいて大慌ての連れ合い。そんなときに出されるのが手のかからない即席のひと品。 つい昨今の食卓からパチリ!  わかめ、新たまねぎ、かに玉をお酢で和えた一品  めかぶ:さっとお湯を通して刻み、醤油or酢醤油で食す       わかめ:お湯を通し、 [続きを読む]
  • 早春の花木
  •  今日の大船渡 気温11℃〜-1℃、降水確率0~20%、風無し。久しぶりの陽気にカメラ持参で「春の気配」を探して家の周りを散策。 寒さを凌いでようやく開花の季節を迎えた花木をみつけてレンズを向ける。   路地の椿は未だ硬い殻に覆われているが、早咲きの一輪をを狙ってパチリ!  いっぱい花びらをつけているが、殆どが頭を垂れている。凛としている一輪見つけた! [続きを読む]
  • 歌うって楽しいなぁ〜
  • 月2回の例会日。今日3月1日(第1水曜日)は、月初めの例会日。初めて参加する大和田夫妻を加えて総勢16名で、歌声を堪能する。 早春、お雛様、そして地区の高校の卒業式などがあり、今回の選曲は季節性や社会行事等の関連から  ①どこかで春が ②春よ来い ③うれしいひな祭り ④早春賦 ⑤蛍の光 ⑥仰げばと尊し ⑦カチューシャの唄⑧ゴンドラの唄 ⑨東京行進曲 ⑩影を慕いて ⑪青い背広で ⑫港の見える丘 [続きを読む]