真壁ハナ さん プロフィール

  •  
真壁ハナさん: ごぶさたさんは考える
ハンドル名真壁ハナ さん
ブログタイトルごぶさたさんは考える
ブログURLhttp://rikonsonogo.seesaa.net/
サイト紹介文離婚という大きな失恋をこじらせた残念なオバサンの日記。
自由文ちょっとずつ軌道修正していけたらいいね!
ゴールは今ここにある幸せをしっかり楽しめるようになること。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/01/05 22:32

真壁ハナ さんのブログ記事

  • ひとりぼっち
  • 後輩のアキバ系男子に続き、同じく同僚の飲み友達の40代イケメン男性も彼女が出来た。彼は昨年入社したばかりで、最近飲み友達になった。背は低いが、40代とは思えない程若々しくオシャレ。そしてかなりのイケメン。独身と聞いて驚いたくらい。よくよく話を聞くと、以前に結婚を意識して長らく付き合っていた彼女がいたが、破局してしまったとのこと。適齢期にチャンスがぽしゃっちゃったパターンね。飲み歩くのが好きで社交的だか [続きを読む]
  • ダメな自分を受け入れろ
  • 何もないより、食事とセックスがメインのデートができる相手がいるだけましって思っちゃう。モテなくて、経験が少ないため、体の相性といったものがよくわからなかった。今でもわからないけどさ。元ダンナとも今考えると相性はまあイマイチであった。それは根本的な問題というよりは、歩み寄りで埋められたところもあったのかも。付き合っている時から、なんとなく消化不良感は残ってた。それはイクということができなかったからな [続きを読む]
  • 私って単純
  • 彼からデートの催促があって、中途半端な気持ちのまま結局会うことにした。我ながらダメなヤツ。でも今はしょうがないとも感じる。そして、リスケのことは許すのは今回だけだときっぱり言いたかったし。怒りが収まらないからね。怒りを表明したら、彼はなぜ?という顔をした。リスケの理由は女性じゃないと仕事がらみだと。「俺は基本的にリスケはしないようにしているよ。でも今回は仕方なかったんだ」と。そりゃあこれは嘘かもし [続きを読む]
  • 魔法使いからの脱却
  • 以前少しここでも触れた会社の後輩のアキバ系男子。彼は彼女いない歴=年齢のまま、30歳を過ぎてしまい、ここ最近はやさぐれていた。それでもゆるく街コン等の婚活はしていたようで。この夏、めでたく彼女が出来、魔法使いから卒業したとの事。彼の恋愛相談には度々乗っていて、縁結びのお守りとかもあげたりとかもしていた。背中を押してくれた私のおかげだって喜んでいた。私はあきらめるなって言い続けただけなんだけどね。なん [続きを読む]
  • 愚かだと自分でも思ってる
  • 体はスッキリしたが、心はスッキリせず。自分がおばさんになったなーって改めて感じる今日この頃。私は「もういいかな」って半分思ってる。別の女性との予定を優先したんだろうなって思ってるから。こっちは仕事や家庭の予定を調整して時間作ってるのに。そんな失礼なことをする人なんだーって。そして私はその程度の女なんだなって。まー当たり前なのかも。元彼女さんとも完全に切るつもりもなさそうどころか、彼女が一番なんだろ [続きを読む]
  • 目標ありきで進む。
  • うーん。彼と会ってからも頭痛が治らない。私は彼に感謝はしている。だから毎回欠かさず、会った後はお礼のLINEをしていた。でも、今回はしなかった。なんだか怒りのモヤモヤが残っていて、億劫に感じてしまった。明日でもいいかなって。でも翌日も送る気になれずにそのまま。彼はなるべく都合付けるよと、次の約束の候補日を教えてくれたけど、私は都合が確定していないと返事を濁した。でもきっと、彼はネガティブな気持ちにはな [続きを読む]
  • ちょっと考えようか
  • いや、本当はキッパリ決断するべきなんだろう。散々眠れない夜を過ごすことになった。もはや見捨てられ不安なのか欲求不満で身悶えているのかわからない状態。…たぶん欲求不満の方だな。エグいなー。彼はやっと連絡をしてきて、朝から会う事にした。軽くお茶してランチして。彼に会った時に湧き上がる感情で、自分が思った以上に怒っていて、拗ねていたってことが分かった。でも、それをきちんとハッキリ示せなかったかもしれない [続きを読む]
  • 苦しい。
  • リスケの後の連絡が予定が具体化しないままお盆に突入。春の見捨てられ不安の時と同じような心身の不調。彼のちょっとした反応でネガティブな気持ちになる度にこんな体調不良を繰り返してしまうのだろうか。本当に嫌だ、こんな気持ち。だけど、多分よっぽど気の利くマメで愛の深い男性でない限り、相手がだれであろうと、真面目な付き合いかそうでないか関係なくこの気持ちを味わう事になるんだろうな。彼と繋がっていてもいなくて [続きを読む]
  • 彼氏は仮氏
  • 案の定、体調が悪くなったからリスケになって正解だったんだけど、モヤモヤ、イライラしてる。欲求不満?あーあ、もうどうしてくれるのよ。セクシャリティの癒しなんて着手して、本当に良かったんだろうか。引くも辛く進むも辛いってやつかな。この先、明るい未来が待ってるかもわからないのに。まだ心の隅っこで何故リスケになったのかもモヤモヤするし。静かに過ごしたいのに、仕事以外でもくそ忙しいし子供は騒がしいし。ただ仕 [続きを読む]
  • リスケ
  • 次のデートの約束をリスケされた。外せない用事ができたそうだ。その後は仕事が立て込んでいるからお盆過ぎに会えないかと。実は、これは私にも都合がいいことだった。予定の日は、生理になりそうだったから。けれども、怒りの気持ちをぶつけてやりたい気分になりなんだかすごく落ち込んでもいる自分がいる。外せない用事って、仕事じゃないってことだよね。友達と飲み会にでも誘われたか、他の女性との予定を入れたかだと思う。私 [続きを読む]
  • 女性性が開いたら
  • ご無沙汰を卒業して、セクシャリティを封印していた蓋がパカッて開いたら。なんともどエロな私が出てきてしまった。おばさんのエロ話ほどみっともないものはないから、なるべくぼかしておく。ごぶさた時代も迷走していたけど、ごぶさ卒業後も迷走してるな。この先どうなっちゃうのかねえ。死ぬまでにまともなパートナーシップを得ることができるのかなあ。離婚するときに諦めて、捨てたはずなのに。だけど好きだった夫に愛されてな [続きを読む]
  • セカンドパートナー
  • 同僚の同年代の女性。彼女は高収入の男性と自然な出会いの末に再婚に成功し、40代で駆け込み出産で立て続けに二人子供を産んだ。治療に大金はたいたそうだ。前の夫との間に子供はいない。再婚相手には子供が三人いる。彼女は再婚相手の前妻の子供とも最初は会っていたらしい。けれども彼女が妊娠した頃に、子供たちは会う事を拒否しはじめたそう。当たり前だよね。前妻の子供に会うなんてちょっと私の感覚にはない。ある意味自分勝 [続きを読む]
  • それが私
  • 前回の記事を書いて、なんとなく気分が沈んだまま眠ったところ。起きたら返事来てた。「嬉しいよ。そうだね、俺も会いたいと思っているよ」だって。可もなく不可もないって感じでしょ。それでもひとまずホッとしてしまうけど。ベストではないけれどベターって感じ。私って好きになると結構面倒くさいヤツなんだよね。元夫には若いころにこれで困らせたこともあったと思う。以前にも書いたけど見捨てられ不安は強いし、制約の多い恋 [続きを読む]
  • 本当はまともな恋愛がしたいんだけどな
  • あきらめてはいるけれど、本当はまともな恋愛がしたい。私は結構彼のことが好きになってきている。そうなると、彼のこと独り占めしたい気分になる。春に出た、見捨てられ不安の波が過ぎてからは、それほど嫌な気分にならずにすんでいた。こうやって執着や不安な気持ちを手放せるように頑張ろうと思う。彼のことを独り占めはできないことはほぼ確定している。相手はそういう主義じゃないから。毎週会わなくってもかまわない。毎日連 [続きを読む]
  • 答えは出ないけど
  • 彼とのオトナの付き合いについて、何となく自分の中で折り合いがついてきた。元彼女さんに対する罪悪感なども、徐々に薄れてきた。良い事なのかわからないけど。そもそも彼にも(直接話したこともないけど)元彼女さんに対しても感謝の気持ちしかない。一対一では無い付き合いについても、考えるのをやめることにした。楽な方に流れていると言われればそれまでだけど。本当は相手がだれであろうが、男女の関係であるなら一対一の関 [続きを読む]
  • 未熟な自分
  • 彼に会った時に見捨てられ不安について話した。これはあくまで私の問題であることも伝えて。この気持ちは自分は味わいたくないのに湧き上がってくると。彼にそんな気持ちになった事はないかと尋ねてみたけど、そういう思いは殆ど無いという。自己肯定感が高いみたいで、別れがあっても、自分は大丈夫。きっと次があると思うみたい。すごいな。彼は独立前は一流企業に就職していて、勉強も出来たらしい。人間関係はどうだったかまだ [続きを読む]
  • 今はこれがベストらしい
  • 見捨てられ不安は数日経って落ち着いたけど、その後一週間ほど体調が悪かった。次の約束が来るとしても一ヵ月ほど先になるだろうから、当初は気が遠くなりそうだった。でも、彼は出張から戻ってくるなり次のデートの連絡をしてきてくれて、会うまでの日は案外あっという間に過ぎた。二日候補日を上げてきて、どちらも都合がつくと答えたら、じゃあ両方会わないって。これは一体どうしたことだろう。勿論すごく嬉しかった。けれども [続きを読む]
  • ごぶさたを卒業した日のこと
  • セクシャルな事に凄い罪悪感があって、ぼんやりとしか書けていなかったけど卒業した日の事は記しておこうかと思う。10年以上も「何もなかった」状況が一応動いた瞬間でもあるからねえ。 [続きを読む]
  • つぎは無いといつも思う。
  • 色々考えすぎてて頭が痛くなってきた。執着するのは、今まであまりにもあんな風に欲しいものを与えてくれる男性がいなかったからだ。去年色んな人と会っても、とてつもなく物足りなかった。これってなんでだろ?相手がひたすらイケてなかった。それもあることはあるんだけど。例えば、今は疎遠になった人畜無害な彼。言動は悪くなかったんだけど、それ以上の関係になりたいと思えなかった。直線的な言い方をしてしまうとエロスを感 [続きを読む]
  • 癒しの進展
  • この事に関して、私はやったーっと思ってる。変でしょ。ついていけないでしょ。彼を男性として最低限嫌じゃないってところから、「良い」に傾いたとたんに浮上した見捨てられ不安。そしてこの不安、元夫と付き合っていた時に常に感じていた不安。もっとさかのぼると、はじめてデートした彼に理由もわからず音信不通になってフラれた時の底なしの寂しさ。なぜか結婚した後は見捨てられ不安は無かった。やきもちは妬いたけどね。離婚 [続きを読む]
  • ゴールが遠いよ。
  • リーディングカードを引いたら「相互依存」と出てきた。全てのパートナーシップのゴールはここじゃない?しかも誰もがたどり着けるわけじゃない。恋愛下手だからそんなゴールにたどり着けるとは思えない。未だに。依存状態になることを避けてた。人を好きになることが怖いみたい。だって好きになったらさ、些細な連絡が来ないと気になっちゃったりするじゃん。そういうのもう嫌なんだよね。来ない電話を寂しく待った末にあきらめる [続きを読む]
  • 見捨てられ不安
  • 最後に例の彼と会った後、帰宅後にいつもやり取りする軽い挨拶のLINEが来なかった。こんなことははじめてだった。表面上はいつもと変わらないデートだった。私も今までならそんなに気にしなかったと思う。彼はその時に一瞬だけチェックしているスマホを無意識に隠すような動きをした。その画面はLINEで、彼が仕事でそれを使用することはほぼなく、LINEの画面にはスタンプらしきものも送られていた。確認したわけじゃないけど、やっ [続きを読む]
  • ただ、それだけの関係だから
  • 浮かれちゃいけない。いや、浮かれてもいいけど、執着しちゃいけない。執着すると、自分を失う。これは課題なんだなって思った。私は異性と縁が薄い。若い頃、結婚まで何とかこぎつけたものの、失敗した。選択肢が無いなりに相手を選んだけど、最後はビックリするほど粗末に扱われた。それも自分の問題だったんだろうなと。カウンセリングを受けて、セクシャリティの癒しに着手してから、やぶれかぶれでごぶさたも卒業。そして現在 [続きを読む]
  • あきらめた、はずなんだけど。
  • 一週間以上過ぎても、ドライブデートのワクワクの余韻が残ってる。よっぽど楽しかったらしいよ、内なる私は。特に帰りの海ほたるで、スタバのラテをご馳走になった時も、内なる私はウキウキしてた。彼氏が出来たら、スタバのドリンクをご馳走して貰うって一つの憧れだった。どうしてかわからないけど、街でそういう風景を見かけて、その時の二人が凄く楽しそうだったから。強烈に印象に残っていたみたい。実のところ、私はこの関係 [続きを読む]
  • ドライブデート
  • 例の彼からドライブに誘われた。今年に入ってアウトドア仕様にカスタマイズしたバンを購入してからひとりドライブ旅行を楽しんでいるそう。私は車を持っておらず、長らく自家用車に乗る機会がなかったため、自由にサービスエリアに立ち寄ったりとかに憧れていたから、凄く嬉しかった。どこへ行きたい?ときかれたから、一度も行ったことの無い「海ほたる」をリクエストしてみた。前日まで普通に楽しみにしていたけど、当日、彼の車 [続きを読む]