モノたちの輝き さん プロフィール

  •  
モノたちの輝きさん: モノたちの輝き
ハンドル名モノたちの輝き さん
ブログタイトルモノたちの輝き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sobamumon
サイト紹介文どんなモノでもどう切り撮るかで生き生きと輝いて見える。そしてアートになる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供303回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/01/06 10:05

モノたちの輝き さんのブログ記事

  • 美術館3
  • ベネッセハウスミュージアム界隈野外外観は撮影OK?当然ほとんどの美術館は撮影禁止融合と対立?自然を拒む人工的無機質工作物と自然の融合コンクリートと自然石の融合例えば他人のアートを切り撮って自分のアートにするなんてえのはご法度でしょうか?パロディというアートもある!非日常というアートもあれば日常というアートもあるいろんなイズムが混在していてつまりはなんでもいい!?私ごときが悩むことはない かどうぞご自 [続きを読む]
  • 美術館2
  • 美術館というところは人が動かないところで口も動かせないところ厳かなところなのです置いてあるものが全て芸術おっかなびっくりですこれは人ですかなり長い時間このフォルム?で気になってついシャッター押しましたこの椅子座って良いものか悪いものか悩んで座りましたフレンチレストランと美術館はなぜか?緊張します [続きを読む]
  • 美術館1
  • インスタレーションこの部屋が芸術非日常の世界に包み込まれる空間奈義町現代美術館ここは撮影禁止ではない?みたい龍安寺の石庭が左右の壁?見るまで想像がつかないのが凡人という常識人間しかし常識的でないからこそ芸術なのだ〜っ!ですか? [続きを読む]
  • こんな岡山の平野で?
  • えきつね?ええまさかというわけで帰ってモニターで確認したらまさにきつねでしょうこのシッポ見つめ合って慌ててカメラを構え直している間にそそくさと二匹は草むらに消えて行きましたここは私が自転車で走るコースの川べりこんなところです山からは程遠いところです今朝も何かないかとカメラ担いで自転車で約30キロほど走ったのですがまさかきつねに出会うとは [続きを読む]
  • かけかけのつき
  • 月地球に一番近い星不思議がいっぱい46億年狂いなく同じ面しか見せず回り続けて居ますかけかけの月は量感や球を感じる人間も同じかも?完璧な人間ほどつまらんものはない?などとただのやっかみですがしかし宇宙は完璧に時を刻み狂いは無い?ただ今見ている星の光は過去の光太陽 8分19秒前おいぬ座のシリウス 8.6年前北極星 400年前さそり座のアンタレス 550年前アンドロメダ座の大星雲 230万年前宇宙で最速の光ですらこ [続きを読む]
  • カナブン2
  • コガネムシは金持ちだ?金蔵建てた蔵建てた〜?こがねもちも金持ちだ?爪先燃やして金貯めた?こがねもちはブンブン?肩で風切ってブンブン?こがねもちは金持ちだ?見栄はり生活破綻した?いやあのどかな那岐山散策空梅雨の夏日でも山の風さわやかひんやりあまりののどかさに能天気に無邪気な心人間も気軽に空を飛べる日は近い?かも [続きを読む]
  • 切り撮りシリーズ7
  • 創作は亜流であってはならないみつける感覚は人それぞれ常に冒険者でありたいが?ひらめきは泉のごとく溢れ出るもの同じところに留まらない川の流れの様に心境の変化で同じものでも違った価値観となる美に定義はあるのか!?心の移ろいとともに変化するもの?観点の違いで変わるもの?…そもそも写真に創作性はあるのか?時とともに変化していく”味”破壊されしもの [続きを読む]
  • 切り撮りシリーズ6
  • 水川の流れや焚き火の炎は見ていて飽きないのはなぜ?どちらも様々に形を変えて楽しませてくれる?と言うか人間が水や火を見て心地がいいのは心が野生に戻るからなのでは? [続きを読む]
  • 切り撮りシリーズ5
  • 赤 黄 青 黒絵の具のチューブから色を絞り出して色を作ってキャンバスに塗りつけて模様を描く路面の白線は長年踏まれたり風雨にさらされていずれは消えていきます色はいつか色褪せてしまいます特に赤は紫外線により色褪せやすい色そして紫外線は原子と原子の結合を破壊して様々に物質を変える物質を破壊する紫外線ですが紫外線がなかったらビタミンD欠乏となり大腸癌 乳癌 卵巣癌 くる病の原因になるらしい [続きを読む]
  • 切り撮りシリーズ4
  • ある高名な版画家は偶然の美を求めて朽ちた木や錆びた鉄を版木に使ったならば私は自然の営みを切り撮ることで表現しようと40年前から切り撮りアートを始めたのですこれらはほとんど水(雨)が表現したもの水は万物を溶かし万物を接着するもうひとつアートとは作者の意図とは関係無く一人歩きするその証拠は私はいくらでも見て来た [続きを読む]
  • 切り撮りシリーズ3
  • あえて人為的でない新しい画風を探し求めても模索する自分の意識や作為を消して描いた絵が自分であってはならない人為的でない偶然の美と言う一つの考えであるならば空気や雨や時間が作り上げたこれらは素晴らしい偶然のアートなのだと…自然が作り上げたテクスチャーの偶然を意図的に切り撮る偶然の美の最たるものは焼きあがってくるまで分からない陶炎と空気による化学反応で生まれる計算できない景色の美 [続きを読む]
  • 切り撮りシリーズ1
  • 大好物の切り撮りです意味のない造形やビジュアルこそがアートなのだと思ってるので理屈抜きの心の目で撮りました”切り撮りシリーズ”ガラスのような心?今やガラスは弾丸より強い!中から見える風景が映ってる内なるものが心に映る?!見事に侘び寂びを演じて居るカビです [続きを読む]
  • 山の表情
  • 自然は春夏秋冬朝昼晩違った表情を見せるそれは空気と気温と言う気象現象によるもの?植物は人間より気温や時間を気にしてるそうですそんな植物たちが四季を告げる人はそれにより田植えや種蒔きをする人間が宇宙を知らない暦もない頃植物は時間を知っていた? [続きを読む]
  • やっぱり初夏は草花が気になる
  • 毎年気になるこの草な〜んか宇宙を感じる?子供の頃あったかなあ?30年ほど前初めて見てからずっと気になる草やっと!やっと今調べたらやっぱり帰化植物ただし江戸時代末期からあるらしいけど…ヨーロッパ原産シソ目オオバコ科オオバコ属”ヘラオオバコ”もっと調べたら意外な事になんと”コスモポリタン雑草”となってる外来要注意植物やっぱりエーリアン?ですまんざら宇宙と関係ないわけではなかったのです世界中に分布とのこ [続きを読む]
  • 気になる雑草?
  • これは雑草なのか?私は草花をよく知りません常々思うこと様々な造形美を表現をする草花種子なのか?とんがり帽子の様なこの形も面白いそして葉が赤い小さな花シリーズで紹介した草花たちも野山で人知れず小さくとも個性的独自の造形美を競ってるやっぱり花と一番密接な関係にあるのは昆虫?昆虫にアピールするための花の形や色なのでしょうか?そして次は種まき甘い実で鳥や獣を誘ったり動物にひっついて運んでもらう工夫をしたり [続きを読む]
  • たね
  • 雑草の種まきは誰がする?獣や小鳥を利用する中でもハコベは動物に踏まれる事を好み?その足にタネを着けさせて運んでもらうらしい雑草は逞しいそして風を利用するモノもいる [続きを読む]
  • メカニカル
  • 世の中には”小さな花”で紹介しました健気で清楚な花もあれば人為的なものなのか?それとも南方系?豪華絢爛な花もある以前バレリーナや魔法使いの様な花を紹介しましたが今日の花は民家の生垣に咲いて居た花なんと言いましょうか複雑でメカニカルな花コッテコテのデコレーション心境の変化なのか?花の巧みな造形に魅せられる今日この頃です [続きを読む]