小詩のつぶやき さん プロフィール

  •  
小詩のつぶやきさん: 小詩のつぶやき
ハンドル名小詩のつぶやき さん
ブログタイトル小詩のつぶやき
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/shotokushoshi
サイト紹介文日常茶飯事の囁き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供191回 / 365日(平均3.7回/週) - 参加 2015/01/06 11:43

小詩のつぶやき さんのブログ記事

  • 大雲院 銅閣
  • 信長親子を弔う寺境内にある山鉾を模した祇園閣の塔で知られる浄土宗のお寺正親町天皇の勅命により織田信長 信忠 親子の菩提を弔うため開山その後二転三転し昭和48年現在地に移転この祇園閣はもともと建っていたもので前の所有者の方が建てられたもの所謂五重塔のように寺に付属する施設ではない   [続きを読む]
  • 京阪電車 京津線
  • 大阪と京都を結ぶ京阪電車その路線の中に京都と大津とを結ぶ京津線がありますテレビでも紹介されたので行ってみました山科駅で乗車ここはジェイアールと接続しています来ました4連の電車です運転席が大型電車にもかかわらずなんか路面電車っぽい !この線路坂道ってことわかりますかかなり急です坂道にある駅大谷駅に降ります左右の椅子の足の長さ違います国道一号線と並行してます今度は下りますかなり急カーブ大津市内 [続きを読む]
  • 咲きました!
  • 今朝見てみたら咲いていました桔梗でしたそういえば昨年花が終わった茎をそれとなく畑の片隅に移し替えたのをすっかり忘れていました何の花だろうと不思議に思ってましたが解決しました多年草だったんですね [続きを読む]
  • 愛宕念仏寺
  • これはおたぎと読む境内には信者が奉納した1200体の羅漢像が並ぶ鳥居本集落化野念仏寺から愛宕神社の一の鳥居に至るおよそ一キロの街道沿いの集落茅葺の農家や昔の町屋風の建物が自然景観に溶け合う五山の送り火の一つ鳥居型を守り続けている愛宕神社の門前町でもある古い歴史を刻む茶店もある [続きを読む]
  • この花どんな花
  • この花まだつぼみですがどんな花でしょう梔子ですくちなし白い花が咲きます匂いもいいです歌の文句にもなってますね咲いたらまた報告します [続きを読む]
  • 龍谷大学 大宮校舎
  • 明治12年竣工の建築物で重要文化財真ん中の建物が本館で擬洋風建築と言われ外観上は石の柱が立ち並ぶが実際は木造で木部に石が貼り付けられている京都駅からも近いが大通りからは中に入っているので本願寺からは見えない西本願寺と興正寺の間の小路を西に進むと左側に見えてくる  [続きを読む]
  • 泉涌寺
  • 御寺と呼ばれた皇室の菩提寺月の輪山の山懐に抱かれた寺の境内には天皇の陵皇妃 親王の陵が築かれている皇室との関わりの深さから御寺と呼ばれる境内に涌く泉に由来して寺名が付けられた境内には唐の玄宗皇帝の妃楊貴妃をモデルにした観音が祀られその魅惑的な美しさに惹かれ訪れる人も多い今では皇室の御寺よりも楊貴妃観音のお寺としてのほうが有名      [続きを読む]
  • 縁の下の力持ち
  • 雑草ではないきちんとした花なのにどうして縁の下の力持ちのような咲き方をしたの去年このテラスのとこに鉢植えでおいたことがあるその時の種が隙間に入って芽を出したようです雑草のようなたくましさに脱帽ですその名は金魚草 [続きを読む]
  • とある私鉄沿線
  • ここはとある私鉄沿線の駅特にこれというものもないしいて言うと富有柿の産地かってBS放送の気まぐれ途中下車の旅で昭栄さんが降りた駅家から近いし無人駅なのに無線ランが繋がるそれでよく行く綺麗な可憐な花が小さく咲いていたここはどこでしょうか [続きを読む]
  • 独鈷水
  • 親猿が盲目の子猿の目を洗っている野を見た空海が深く掘り下げ霊水としたと伝わる楊谷寺柳谷観音で親しまれ毎月178日の縁日には多くの参拝者が訪れる [続きを読む]