ラックコンサルティング さん プロフィール

  •  
ラックコンサルティングさん: 新潟の社会保険労務士「Blogセミナー」
ハンドル名ラックコンサルティング さん
ブログタイトル新潟の社会保険労務士「Blogセミナー」
ブログURLhttp://niigata.livedoor.biz/
サイト紹介文会社を儲かる!社員が元気になる!本では読めない「現場で使える知識」の事例集です。
自由文動画による無料セミナーも公開しています。
「社会保険労務士 新島チャンネル」
http://www.niijimasatoru.biz/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供70回 / 81日(平均6.0回/週) - 参加 2015/01/08 20:10

ラックコンサルティング さんのブログ記事

  • 電通残業過少申告、検察が立件方針 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。今日は以下の記事についてです。-------------------------------広告大手の電通が社員に違法な長時間労働をさせていた労働基準法違反事件で、厚生労働省は25日、長時間労働で自殺した高橋まつりさんが在籍したインターネ [続きを読む]
  • 退社時刻宣言をする 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。私は今日、19時に帰ります!このように退社時刻宣言することを始めた会社がありました。この会社は花王株式会社です。誰もが知っている有名な会社ですね。個々の社員が、自分だけでなく、部下や同僚の労働時間を意識する仕 [続きを読む]
  • 70%の法則を使う 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。計画はバッチリだったのにどうしてなんだ・・・・会議で課長がこう言いました。働き方改革においていきあたりばったりではなく、計画的に業務を進めようという話になりました。そこで、重点業務が確実に終了することができる [続きを読む]
  • 10:90の法則 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。成功者は10:90の法則を活用していこう! このような取り組みをした会社がありました。誰でも1日24時間、使える時間は平等に与えられています。お金持ちも、そうでない人も、偉い人も、そうでない人も、お年寄りも、 [続きを読む]
  • NTTドコモが分断勤務制度導入へ  働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。今日はニュースからです。NTTドコモが分断勤務制度導入を決めたという報道がありました。----------------------------------NTTドコモは20日、働き方改革の一環として、一日の勤務時間を分割して働くことができる「分断 [続きを読む]
  • 会議の人数を減らす 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。4、5、6これは何の人数だかわかりますか?会議を有意義にするには、4人〜6人が最適と言われています。無駄な時間を減らすためには、どうすればいいかという議論の中で会議を減らそう!という提案をしていたら、これ以上 [続きを読む]
  • モーレツ社員を否定? 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。産経ニュースの記事で次のように述べていました-----------------------残業規制は二の次。仕事をやらされるのではなく、自ら仕事をつくってモチベーションが上がれば、それで忙しくてもストレスにならない。モーレツ社員を [続きを読む]
  • 邪魔されない時間を作る 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。私は知りませんが、ドロンします!という言葉が流行っていたことがあったようです。このドロンします、は時短をする上では非常に有効な手段となります。ドロンしますと言って家に帰るわけではありません。ドロンと言って存在 [続きを読む]
  • 思い込みが無駄を招く 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。言ったはずだ!そんなこと聞いてません!上司と部下の会話でこのような話を聞いたことがありますか?また、上司が言ったとおりに書類を作ってみたものの、〇〇ができていないじゃないか!このように怒られる。こんな経験はあ [続きを読む]
  • まず、やってみる 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。計画が立てられないんですけど・・・・計画的に仕事をするように指導をしていたら、このように言われました。とは言っても、計画が全く立てられないということではありません。初めて取り組む業務について、経験がないので計 [続きを読む]
  • パレートの法則 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。優先順位をどうつけたらいんだ?どれも大事なんだが・・・・このように部下に言われて困っている上司がいました。部下は多くの業務を抱え、急がしい毎日を過ごしています。その一方で使える時間は限られています。そうなると [続きを読む]
  • この仕事はいらなかったの? 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。人が減ったら仕事もなくなった!じゃあ、この仕事いらなかったの?以前勤めていた会社でこのようなことがありました。例えば誰もがオンライン端末で見られるデータを再集計して見易くする。会議に必要だからという名目で自己 [続きを読む]
  • 日本が是正勧告を受けている? 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。是正勧告を受けた!どうしよう・・・・このような相談がしばしば社会保険労務士に寄せられます。是正勧告とは、労働基準監督署が、会社の労働基準法違反に対し改善を指示するものです。時には多額の未払い賃金の支払いを指示 [続きを読む]
  • パートタイマーを活用する 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。人を増やしてください!働き方改革で残業を減らそうとするとき、このような要望が出てくることが多々あります。分析した結果、確かに人手が不足している。そういうことであれば社員を一人増やそう。この考え方は間違えてはい [続きを読む]
  • 「脱時間給」成立見送り 働き方改革と一体審議?
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。今日は、日経新聞記事の話題です。政府・与党は労働時間ではなく仕事の成果に給料を支払う「脱時間給制度」を盛り込んだ労働基準法改正案の今国会成立を見送る方針を固めた。7月の東京都議選を控え、与野党の対決が見込まれる同法案の審議は得策ではないと判断した。秋に予定する臨時国会で、残業時間の上限規制などを含む「働き方改革関連法案」と一体で審議し、成立をめ [続きを読む]
  • 代行を決める効果 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。管理職は5日連続の有給休暇取得を義務とする。このような取り決めをした中小企業がありました。この話を聞いた管理職は、「そんな無茶な!」といって、みなさん困惑していました。しかし、この制度が定着してからは、みなさ [続きを読む]
  • 突発業務に振り回されない 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。「私は頼まれた仕事は、 ついつい引き受けてしまうんです」「電話が来ると全てその案件から      はじめてしまうんです。」「自分の仕事ができず 気がついたら6時と言うことが多い」以前、このような相談がありまし [続きを読む]
  • 限界にきたビジネスモデル 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。生き残りをかけて働き方改革を行うこのような企業が増えてきました。先日、日経新聞の記事において人手不足で、日本型ビジネスモデルが限界に来ていると言う記事がありました。ヤマト運輸が人手不足で一部時間帯の配送をやめ [続きを読む]
  • 時間を味方にする 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。いつやるの、今でしょ!今も流行っているのかわかりませんが、一時期流行しましたね。この言葉は結構好きですが、働き方改革において大きな成果を短期間で求めると失敗することがあります。どちらかというと、日本では長時間 [続きを読む]
  • 働き方改革がジタハラになる?  働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。昨日、ヤフーニュースを見ていたら働き?改?の裏で急増中の「ジタハラ」実態はパワハラだったこのような記事がありました。実効性を伴わない「早く帰れ」という働きかけにより精神的苦痛、パワハラに発展することを指摘され [続きを読む]
  • 副業・兼業を認めると定着率アップ? 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。働き方改革を進めるための政府の取り組みの一つに副業・兼業の拡大という項目がありました。正直に言いますと、恥ずかしながら、私の頭の中には全くなかったので驚きと新鮮さを感じました。と同時に、一体どのような効果があ [続きを読む]
  • 簡単な事からやらない 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。簡単な事からやるな!と言われたらどうしますか?必ずしも間違ってはいないと思いますが・・・・長時間残業が常態化している人の作業内容について、ある一日の作業を洗い出して見ました。実に沢山の作業をこなしていますが、 [続きを読む]
  • パワーポイント禁止令 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。パワーポイントの使用を禁止することにする!このような決まりを作った会社がありました。何かの雑誌に書いてあったそうです。だれがはじめたかわからないが、社内でパワーポイントを使う人が増えてきているとういう。そのパ [続きを読む]
  • 同じことをしていて勝てるのか? 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。どうやったら良い人材を採用できるのだろうか?中小企業の社長から何度もこのような質問があります。なかなか良い答えが見つからない質問ですが、一つはっきりしているのは、普通良い人材は安定している、給料の高い、そして [続きを読む]
  • 早く帰れたら何をする? 働き方改革の事例
  •  おはようございます、新潟の社会保険労務士、新島です。働き方改革リーダーとして実際に業務に携わっていた経験と、社会保険労務士として、お客様の事例をもとに、働き方改革の成功法をお伝えしています。早く帰れたら何をする?ある会社では、働き方改革をするにあたり、社員にこのような質問しました。人は変化を嫌うことが多い。その理由には、脳が同じことを好むということがあると言われています。そして変化によってストレ [続きを読む]