亀道 汽船 さん プロフィール

  •  
亀道 汽船さん: 心の病を背負って
ハンドル名亀道 汽船 さん
ブログタイトル心の病を背負って
ブログURLhttp://camecatblog.blog.fc2.com/
サイト紹介文十代の後半に統合失調症を発症しました。そんなおじさんの写真と詩のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供333回 / 365日(平均6.4回/週) - 参加 2015/01/07 02:51

亀道 汽船 さんのブログ記事

  • 新聞やめる
  • この家のエアコンは、使ってないのか、室外機がずっこけています。この夏のエアコンの電気代は、安いものでした。しかし、それにしても無駄だと思うのが新聞です。新聞の必要性は実感できません。買い物のチラシなら、PCで調べられます。毎月払う新聞代を貯蓄していったら、一年間でどれだけお金が貯まるでしょうか。テレビで充分ニュースは確認できるし、8月いっぱいで新聞はやめようと考えました。朝日新聞を読んでいた頃が楽 [続きを読む]
  • 頭がおかしくて、いいよ
  • 僕が高校生の頃、在日の同級生で、パンのことを、英語でペーンと言うんだと自慢げに語っていた頭がいかれた少年がいた。パンは英語ではブレッドと言います。彼は一浪して、大学生になったけど、不幸になっています。僕でも、頭がおかしい。それで優生学なんてものがあり、障害者を大量殺戮するヒットラーがいた。頭がおかしくて、いいよ、神仏さえ汚さなければ・・・・。にほんブログ村 [続きを読む]
  • タバコの終わり
  • 関東は寒いそうだが、関西は異常に暑いよ。こんなに暑いと、汽船の脳は、異常に活発に動くのである。脳というスパコンが、どうして汽船はタバコが病みつきになってるのか、自動的に解析した。そのスパコンの結果を、ここに書いてはいけない。秘密にしておく。50年も不幸な人生を生きていたら、後の人生は幸運の女神は微笑んでくれるようである。本当にタバコの終わりがやってきた。やめられなかった理由が、解明されるまで、長い [続きを読む]
  • 犬は逝ってしまったんだろうね
  • 遠くから見たら、生きている犬かと思って、吠えられるんじゃないかなあと思いながら、恐る恐る近づいてみると、犬のオブジェだった。この家には家族から愛されたワン君がいて、亡くなり、もう犬を飼うのは死んだ時が悲しいからやめて、犬の置物を置いてるんだろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 害鳥
  • 害鳥カラス。困った鳥だ。人間でも、おるわ、おるわ、害のある人間が。なかには、魔術か、洗脳か、不思議な術をかけてくる馬鹿がいる。オウム真理教なんて、そんな馬鹿の集まりだった。オウム真理教の他、汽船に攻撃を仕掛けてきた極道も、もはや終わりの時代である。自然淘汰で、必要のない害のある者は、消えて無くなるのだ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 子供が欲しかった
  • こんなデザインの帽子は、女の子ちゃんかな? 帽子の側の丸いやつ、ハンドスピナーっていって、指で挟んでくるくる回転させて遊ぶ、世界中で流行ってる子供のおもちゃなんだよ。汽船にも子供が欲しかったなあー。食卓のテーブルに座って、自分の子供が、こんなおもちゃで遊んでいるなんて夢のまた夢か。今晩の夕食は、ざる蕎麦だけど、自分の子にも汽船が旨いざる蕎麦を食べさせてあげたかった。子供ができない代わりに、胎ませて [続きを読む]
  • イナカモンのご馳走だった
  • 僕の故郷は、悲しい田舎でした。東京に遊びに行って、マクドナルドのハンバーガーを食べたなんて事を自慢話にする中学校の同級生がいました。その頃の牛丼の吉野家は、首都圏にしかなく、全国的ではありませんでした。各駅停車の電車に乗って、日帰りで遊んでこられるくらい東京は近くなのですが、近くても遠い、微妙な距離感でした。でも、ネットで調べると、現在は、そんな故郷にもマクドナルドがあります。だいぶ都会になったと [続きを読む]
  • ぶっちゃけたこと
  • ああ、バイクに乗って、コンビニで買ってきたソバ焼きを落としたんだね。焼きソバでも、ソバ焼きだ。食べ物と言えば、魚も海が核兵器の放射能で汚染されないうちに、缶詰を買っておいた方が良いかなあ、と思うけど、何百万円分か買っておくお金はないから、何十缶買っておいても、すぐに食べて無くなってしまいます。ぶっちゃけたことを言えば、放射能に汚染されてるものを食べたって、なんともないんだよ。僕の親は、広島の放射能 [続きを読む]
  • それが、主イエスの影響?
  • もう、2年くらい前だろうか、精神科の診察待合所にある喫煙所になってるバルコニーで、僕より10歳くらい年上のおじさんがいて、いろいろと世間話をした。靴が、ボロボロのスニーカーで、よくそんなの履いて歩けるなあ、と僕は内心、驚いた。お金にも困ってるようなことを言っていた。僕は、5千円を財布から出して、「これで靴を買いなさい」と言おうとしたけど、思い留まり、危ないところで、ぎりぎりブレーキをかけた。僕の優 [続きを読む]
  • 当たったらおかしくなる
  • 親から高額な資産を相続したり、宝くじなどで大金が当たると、大体の人間は、脳が麻痺し、浪費して、使い果たします。高額当選し、減った分を取り戻そうと、競馬など賭け事を始めるのです。人生の成功って、何だろうね。自分が仕事に成功し、お金持ちになって、死後、愛娘と結婚した男が、相続した資産を、使い果たして、結局、愛する娘が不幸になる。人生って何だろう、人間って何だろう。金持ちじゃない平凡な家庭が幸せなんだ。 [続きを読む]
  • ワンちゃんの過去
  • 汽船君、悪いことしたことある? 高校生の頃、同級生が僕にそう尋ねました。僕は、悪いことしたことあるよ、と答えました。僕が真面目そうに見えたのか、会話を続けるのが困難でしたが、若者らしいお話になりました。そんな話しに付き合えるだけ僕は、健全な青年でした。犬としての本当に悪いことが見えてこないように、人間としての真に悪いことが僕には解りません。現代の日本人のように生き物の命を絶って食べ物にすることは、 [続きを読む]
  • 北朝鮮にはない風景
  • 北朝鮮では、恋人同士が街を並んで歩くなんて事はないそうだ。夫婦と子供が仲良く歩くことはあるのかなあ。だけど、北朝鮮には、こんな絵はないんだろうね。こんなこと言ってたら、北朝鮮に逮捕されて殺されそうだね。先の大戦で散っていった英霊のお陰で、平和な現代の日本。汽船は、学校でのイジメに精神病院での虐待。現代に、戦場を生きてきたと考える。だけど、過去は終わった、そう考えて、日本は、アメリカの仲間にもなった [続きを読む]
  • 豪雨の翌日
  • 雨がたくさん降って山々がそれを吸い込み、翌日、気温が上昇して水蒸気としてもやが出ているようです。このウチの近くの山は、戦国時代に合戦があった地域です。関西地方とは歴史がある土地ですね。話は飛びますが、アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮に本気で攻撃を考え始めた。そしたら中国が、ロシアは、どう出るか? 世界最終戦争が勃発するのでしょうか。僕には見てるだけしかできませんが・・・・。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 台風は去った
  • 台風が来て去って行きました。汽船が住む大阪のこの町は、天災の甚大な被害がほとんどなく、神仏に護られた良いところだと感謝しています。台風の日に、とうとう、タバコをやめる決断をしました。この決断を先送りしていては、病気や死が待っているだけなのです。お金の問題にしても、タバコ代は大金になります。汽船がいままでいくら禁煙本を読んでも、禁煙できなかったのは、人間性が未熟だったからだと思います。精神科の老師が [続きを読む]
  • 死に、また生き
  • 今朝は、台風の為、雨が降り、早朝ウォーキングに行けなかった。これは昨日の朝の映像です。セミが死んでいました。セミは来世もセミで、猫は来世も猫。犬も人間も同じです。悪い人間がゴキブリに生まれ変わることはなく、地獄に行くのです。悪い人間が、罰として犬に生まれては、それをペットとして愛する人間はヘンだということになります。悪人が地獄に行かず、虫に生まれ変わるのなら、罪は軽いということになります。僕は仏教 [続きを読む]
  • ペンギンだって この暑さ
  • ペンギンも、サングラス。僕が知ってる限りでは、30年以上前から、夏が来るたびに例年にない暑さ・・・・、とマスコミは雑誌やテレビなどで言い続けてきた。暑い、暑いと不平不満を言ってるわけではなくて、毎年、地球温暖化で気温が上がる、うなぎ登りを続けているんだ。学校や社会で迫害され、警察官にまで不法逮捕されて精神病院にぶち込まれていた若い頃は、地球が終わりに近づくことで、めでたいくらいに思っていた。それに [続きを読む]
  • 涙をためる
  • この家では、あまどいから雨水をタンクにためています。その水を何に使うのか、知りませんが、節約家の家なんですね。汽船は、幼い子供の頃から、青春時代から、極悪な精神病院時代から、ひどい人生の涙を心のどこかにある大きな器にためてきたように思います。変質者の在日ストーカー達への復讐心は、もう消えました。高校は変態達からのイジメで、中退し、大学なんてひどいもので、人生の半分は捨てる為にあったようなものです。 [続きを読む]
  • 嫌な文字 気持ち悪い
  • たばこ、こんな文字に、昔は夢とロマンを感じていた人が多かった。この昔の看板の文字にしても、親しみが持てるような字で書いてありますね。汽船は、最近、早寝早起きになり、酒にも魅力を感じなくなり、タバコもヘビースモーカーだったのが、一日一箱にしました。すると、タバコの正体が見えてきたのです。まるで、初恋が、実は陰謀であり、恋でも愛でもなかったことが中年になって解ったように。少なくとも汽船にとって、生きる [続きを読む]
  • 暑中お見舞い
  • なんとなく涼しい感じで、こんな写真を、皆様への暑中お見舞いの葉書とさせていただきます。スマホは便利ですね。マイクに向かって、「暑中お見舞い、いつまで」と語りかけると、瞬時に答えの文章と、それを音声で読み上げるのです。僕は積年の悩み、苦悩が、この夏に氷が溶けるように解消して、それによって、タバコ病も解消してゆくのでしょう。いくら毎日、薬を塗っても治らない傷のように痛んでいた心が、治ったのです。大げさ [続きを読む]
  • リュウ君も早起きだね
  • 夏はコンクリートの地面で寝てる方が、涼しいんだね。以前のリュウ君は、カメラを向けると立ち上がり、身構えていたものだけど、もう、顔見知りになったから、朝のリラックスした姿のままでいてくれる。犬の君も、進化していまの姿になったし、人間の僕も進化してこうなったんだ。ダーウィンの進化論が正しいのなら、神が生き物を創ったというのは嘘になると言われていた頃もあったけど、結局、進化の過程でさえも、神によるものだ [続きを読む]
  • 熱波の朝 太陽
  • 半島の国では、核戦争を念頭に置いた真夏の太陽で燃えている。いまの平和を喜ぶしかない僕は、最近、早寝早起きになって、昨日は夜10時に寝て、今朝3時に起きました。朝5時30分から早朝ウォーキングに出かけ、40分くらいのカメラ散歩をしています。だけど、朝早くから暑いですよ。酒でも飲んでなきゃやってられないと思うこともある日々ですが、酒よりも気持ちが良いのが眠ることです。夏い、暑い・・・・。やる気が出ない [続きを読む]
  • 遠い昔の風物詩
  • 夏の子供用簡易プールというのは、昭和の時代でも昔の時代は、子供が水浴びしているところをカメラをやってるおじさんが写真を撮っていても、夏の風物詩の一コマを撮影しているということで、ごく普通のことでした。だけど昭和でも後期からですね、写真を撮ってたら、おじさんが変質者扱いされるようになり、もうそれは、遠い昔の風物詩になりました。汽船は、なんだか悲しいような、淋しいような気がしますが、それが時代の移り変 [続きを読む]
  • こ・ど・も
  • 子供がいないのも僕の道。生まれる前に自分でそう決めたことは解ってるんだ。だけど、子供ってかわいいね。こんど、ウチの近所で夏祭りがあるそうだから、子供の写真でも撮ってみようと思う。だけど、今どきは、顔が写ったらいけないとか、ややこしいね。顔にぼかしを入れるようじゃあ、つまらないなあと思うしね。何でもない夏祭りの写真になると思いますが、撮ってこようと思います。だけど、夜の祭りだからフラッシュ発光するし [続きを読む]
  • 「グッ」とくるとき
  • 僕はパチンコではグッときません。それよりも、新しいカメラやレンズを買って、箱を開けて手に取ってみると、グッときます。若い頃はパチンコに狂っていたこともありました。このあいだ、久しぶりにパチスロをやってみたら、店内のすごい音量で頭がふらふらして、もう肉体がパチンコには対応しないのです。パチンコも一生分やったような気がするし、酒も一生分、大酒を呑んできたと思います。後はタバコだけが残ったね。だいたいや [続きを読む]