はぎじろう さん プロフィール

  •  
はぎじろうさん: はぎじろう 歌います!
ハンドル名はぎじろう さん
ブログタイトルはぎじろう 歌います!
ブログURLhttp://05755.way-nifty.com/_hawaiian_mele/
サイト紹介文はぎじろうがハワイアンソングを勝手に解釈して日本語訳します。
自由文はぎじろうです。
ハワイ好きです。今すぐでも行きたいくらいです。
ハワイアンの音楽も好きです。
でも、ハワイ語はわかんないし、英語もよくわかんないし、でも、好きなんです。
そこで自由に解釈をして日本語訳することにしました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/01/07 19:38

はぎじろう さんのブログ記事

  • モアナと伝説の海
  • 昨日公開の[モアナと伝説の海]を見た!一言で言えば神話をベースにモアナの成長を描く物語だ。ディズニーのアウラニでプロモーションをやっていたりしたので、ハワイアンな話なのかと思っていたが、ポリネシアの海を渡る物語だったディズニー得意の動物キャラがカワイイとか、モアナの髪がリアルとか海がキレイとか、曲もタヒチアンな感じでいいとか、フィッシュ フックのペンダントが欲しいとか、ちょっとジブリっぽい感じはき [続きを読む]
  • Aloha Ka Manini
  • Aloha Ka Manini はIZが歌っているのがよく聞くバージョンだが、Makana Sons of Niihau時代にもレコーディングしているところを見ると(聞くと?)お気に入りのナンバーだったのではないだろうか。ハワイでよく見られる(食べられる?)魚達が登場して、さらにその魚の美味しい食べ方まで教授してくれる歌だ ハワイアンにとってはソウルフルな一曲に違いない。まさにIZにピッタリの曲だちなみにはぎじろうはKawika Alficheがウクレレ [続きを読む]
  • Makana Kalikimaka
  • Kumu Kawika alficheのクリスマスアルバムを入手した。タイトルは"Makana Kalikimaka"  mele kalikimakaに少しかけているのがちょっとイイ。おなじみのクリスマスソングありの、オリジナルソングあり。ハワイアンスタイルなんだけど、アメリカ的なおしゃれな感じもありつつの親しい人たちと過ごすクリスマスに聞くのにいいアルバムだと思う。まさにMakana 、kumu kawika からの贈り物のような1枚だ。手作り感満載のジャケット [続きを読む]
  • プルメリア 咲いた 咲いた
  • 今年のプルメリアはいっぱい咲いてくれた。ベランダには、とても良い香りが漂い幸せな気持ちにさせてくれる。といっても、これは先月の写真で、今は満開を過ぎ、ボチボチ咲いている感じだ。先日、家から出かけようとしたところ、この近所にお住まいとおぼしき年配の女性が声をかけて来た。「ねぇ、あの花きれいなんだけどさ、何てぇの?目立つから気になっちゃってさー」勢いに押されながらも、「ハワイのプルメリアというお花なんで [続きを読む]
  • はぎじろう印
  • はぎじろうです。ご無沙汰しています。元気です。ハンコをいただいた。印面は好きな名前で作れるというので、「はぎじろう」と作っていただいた。なかなかいい感じで気に入っている。しかしながら、出来上がって来てから約一か月、意外と使う機会がない。 [続きを読む]
  • Yo-Hos cafe Lanai
  • 今日は阿佐ヶ谷にあるYo-Ho's cafe Lanaiに行って【オックステールスープ】をいただいてきた。同じ都内にあってもちょいと行って来るかという距離ではないので、年に数回しか行かれないのだが、美味しいものを食べさせてくれてなおかつ居心地のいい店だ。この看板いい味出してますやろ〜孤独のグルメの井の頭五郎が来た当時はバイトを雇うほどの賑わいだったが、ブームも落ち着き予約も取れるほどになってきた。ここのハワイの味を [続きを読む]
  • Ka Makani Kā?ili Aloha
  • 昨日から風が吹き荒れている。風にまつわる歌はいっぱいあるけど、今日はKa Makani Kā?ili Aloha な気分だ。愛しい人を風が奪ってしまうというこの歌は元になるストーリーがあるようで、妻に捨てられた夫がカフナに相談した所、2人がよく訪れたマウイの海に愛の秘薬を投じるように勧められ、その通りにすると妻が戻って来たという話だ。浮気した妻を風が奪ったというふうに例えた辺りは夫の優しさを感じるが、捨てられてなお「私 [続きを読む]
  • Maui Loa
  • 今回もまたジモト愛の曲だ。GWで実家に帰ってきているせいか、こういう曲を歌いたくなる。こういう曲はライナーノーツによれば、mele aloha ?āinaもしくはmele panaという一つのジャンル(って言っていいのかな?)になっている。先祖や根ざした土地と深いつながりから紡がれる曲だそうだ。mele panaもともとカヒコの曲における歌のジャンルのようだが、そのほかにもいくつかジャンルがあるそうだが、それについてはまた今度。( [続きを読む]
  • Lei Kō?ele
  • 今日は5月1日メイデーであり、ハワイではレイ デイ Lei Dayでもある。アタック25でも今日はハワイでは何の日でしょう?と問題に出されていたので、はぎじろうもレイをタイトルにする曲を日本語訳にしてみた。ちなみにこの曲、書かれた当時はスローな曲だったのが、ワイプナのアルバムNapiliではイントロとかついちゃって、アップテンポなアレンジメントでいい感じに仕上がっている。そんなLei Kō?eleの歌詞を勝手に日本語訳に [続きを読む]
  • Hilo, My Home Town
  • ヒロで行われたメリーモナークが終了した。今年はストリーミング配信をじっくりと見ている時間が無かったので、はぎじろう的にはちょっと盛り上がりにかけたが、一番印象に残っているのはマークケアリイホオマルのmissだ。こんなことを言っては大変失礼だが、高得点は獲れないのはわかっているだろうに、そこはクムのスタイルを貫く所が素晴らしい。(本当に失礼ですみません)ハウマナはクムのフラに惚れ込んで信じてついていくし、 [続きを読む]
  • Mohala Ka Hīnano
  • 今回はNちゃのリクエストだ。はぎじろうが2000年に初めて見に行ったメリーモナークのミスアロハフラで踊った人がいたというので、VHSのビデオを見たら映っていて驚いた。全然覚えてない…… 2015のミスアロハフラの1st runnner upになった方もそうだけど、この曲を踊る方は皆さんラウハラの帽子にクラシックなスタイルの衣装だ。1989年に書かれたとういう曲なので、昔の…というわけではないのになんでだろう? Jonny Lum-Hoの思 [続きを読む]
  • Ho?i Hou Mai
  • 今年になってから頭の中で同じ曲がエンドレスでリピートしている。Kawika alfiche の Ho?i Hou Mai iだ。この曲はkumuのお気に入りのナンバーでライブの時は必ず歌ってくれる。タイトルを和訳すると「私のもとへ戻って来て」となり、離れ離れになっていた二人が試練の期間を乗り越え、再び愛をはぐくむようになったという素敵なラブソングだ。 なぜこの曲が頭の中をぐるぐる回るのかというと、はぎじろうにも再会した人がいる [続きを読む]
  • Polinahe
  • 2月の終わりにクイーン リリウオカラニ ケイキ フラ コンペティション日本大会に知り合いのお嬢さんが出るというので応援に行った。どの子もどの子もみんな頑張っていたし、可愛かったが、はぎじろうが一番気になった子はPolinaheを踊った子だ。ケイキの場合、まだ子供なので恋愛を扱った曲はまず選曲しない。クイーンとかプリンセスのロイヤルファミリーの歌や土地の事を歌った歌などが王道である。そこをあえて(なのか?) [続きを読む]
  • プルメリア
  • すっごく久しぶりの書き込みです。手始めに近況など。拙宅のプルメリアちゃんが伸び放題になってしまったので、室内で越冬させるために枝を切り落としたのが昨年の秋口の話。 切り落とした枝は挿し木にしてみた。本来ならば挿し木は暖かくなる時期にするようだが、暖冬のおかげで上手い事に根付いたらしく健やかなことこの上ない。最近では花芽がついたので、このままいけば今年もプルメリアのお花を拝めるらしい。 ・・ [続きを読む]
  • 「ぼくのおじさん」が映画化!
  • はぎじろうの愛読書であり、児童文学の金字塔(? ウソだね、子供に不条理を突きつける問題作だ!)でもある北杜夫 著「ぼくのおじさん」が映画化されるそうである。でもね〜、おじさん役が松田龍平であのずんぐりした体型でないどころか、イケメンなのと、雪夫が昭和の子供の素直さが失われてイマドキの妙に物分かりのいい子供になってやしないかという点でこっちのおじさんはとても心配だ。公開は2016年 秋。兎にも角にも期待する [続きを読む]
  • Lili?u Ē
  • 女の子がウクレレを弾くのを上戸彩ちゃんが教えてもらうというVisaカードのCMで使われた曲がこれ。夏にやっていたものが、また冬休みに向けて放映されている。元々はチャントだったものにメロディがつけられた曲だ。ハワイ王朝最初のの女王にして、最後の王位継承者 リリウオカラニ(1838-1917)を讃えた歌になるが、「良い」の基準が日本と違うからか、!?Σ(゚д゚lll)ほめてんのか?と思う内容もあるが、そこは大人の事情な訳で [続きを読む]
  • 箪笥と歌
  • この週末お天気が良かったので、おばあちゃんの和服の入っている箪笥の虫干しのお手伝いをした。はぎじろうは以前テキスタイル関係の仕事をしていた事もあって生地や美しい着物を見るのがとても好きなのだ。和服を粋に着こなした女性を拝見するのは言わずもがなだ。お手伝いは二つ返事で喜んで引き受けた。帯だけでもこんなにたくさん!おばあちゃんの箪笥の中は、一目見て高価だとわかるものもいくつもあったが、この内容からする [続きを読む]
  • Ula Nōweo
  • ?Ula Nōweoはフラを踊る方なら一度は習った曲なのではなかろうか。はぎじろうもすごーく前に教えていただいた。あの頃は今のようにスマホはもちろんの事、携帯電話すらもあまり普及していなかったころだから、録音はテープでなんて時代だったなぁ。でも、なんだか若いころの記憶というものは恐ろしいもので、先生からいただいたプリントを久しぶりに見ただけで、歌が口をついて出てきてしまうのである。なんか、あの、認知症にな [続きを読む]
  • Bossa Hula Nova
  • 今日はすぎさんの誕生日だ。友人の1人として、いつまでも祝いたいものだ。彼女のボサノヴァは素人ながら超一流で、小野リサにも負けず劣らずだと思う。そんな小野リサがハワイアンに挑戦したアルバムがコチラ。LISA’S ONO BOSSA HULA NOVA挑戦という言葉はこれには当てはまらないかもしれない。だって、ventとsolのある所、swingとswayしたら、leo nahenahe だね。いいよ〜。このユルい感じ。はぎじろうはすぎさんのボーカルとNち [続きを読む]
  • Ka Ua Loku
  • 先週までの秋晴れから一転、ここのところ雨が降ったり、ぐずついた天気が続く。そんな時についくちずさんでしまうのが Ka Ua Loku だ。景気づけに歌でも歌わないと気が滅入る。カウアイ島ハナレイに降る激しい雨の事を【カ ウア ロク】とよぶそうだが、直訳すると「バケツをひっくり返したような雨」。単なる長雨ではなく、どっちかと言うと短時間のゲリラ豪雨的な。日本だと雨が降ると革の靴は傷むし、寒いか、でなければムシ [続きを読む]
  • Malies Song / Hawaiian Lullaby
  • 優しさに満ち溢れたケアリィ レイシェルのナンバーMālie's Song と名曲Hawaiian Lullabyのメドレーとなっている。Ka Nohona Pili Kai同様、こういう誰かを想ったスイートな曲はケアリィの十八番だね。Mālie's Songのマリエとはケアリィをサポートしてくれていた女性の名前らしい。親戚とかそんな感じでもないらしいのですが、どういう方なのかは調べが足らずすみません。でもって、マリエさんが好きだった曲がHawaiian Lulla [続きを読む]
  • Ka Nohona Pili Kai
  • ご存知ケアリィ レイシェルの大ヒットナンバー。初めて聞いた時は、ハワイと日本が近い感じがしてなんか嬉しかった。イベントなどでこの曲がかかると、ハワイアンをご存知ない方でも耳を傾けていただける。ちなみに、友達ののっこちゃんがのこぎりでka nohona pili kaiを演奏をして、それに合わせてNちゃがフラという事をやったことがあったが、あれはいい感じだった。のこぎり演奏っていいね!ハワイアンにも合うね〜!今回はよし [続きを読む]
  • Sweet Memory
  • 松田聖子ちゃんのスイートメモリーではない。E Pili Maiと同じシリル パヒヌイとラリー リンゼイのコンビにブライアン ハッセーを加えた3人による作詞作曲だ。シリル自身がE Pili Maiとメドレーで歌っているyoutubeの動画も結構いいけど、これも先日のKamanawaの横浜のライブで歌われたナンバーだ。実は以前にこの曲を聞いて、いいなぁと思っていたら、次のCDにいれるから言っていて早4年。↓↓↓coming soon って書いてあるっ [続きを読む]