ナカリ母 さん プロフィール

  •  
ナカリ母さん: 無事にね!
ハンドル名ナカリ母 さん
ブログタイトル無事にね!
ブログURLhttp://nakarimama.blog.fc2.com/
サイト紹介文発達障害を抱える子2人(独立した成人&在宅のハイティーン)との日常や思い出を少しずつ記録していきます
自由文「無事にね!」は、下の子の口癖です。その本人のホームページとリンクしています。一般的には子育てを終えている年齢ですが、まだまだ当事者である子ども達から学ぶことばかりの毎日です。遠距離介護中でもあり、自営の仕事もあり、慌ただしい毎日ですが、少しでも記憶にとどめておきたいことや、似た経験をもつ方に伝えることで力になれるのではと思うこと、を書き残したいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2015/01/07 20:06

ナカリ母 さんのブログ記事

  • 発達障がいの人を、どう『悪意』から守るか
  • ご訪問ありがとうございます。残念なことですが、相続をめぐってトラブルが発生しました。それも、母方ではなく、先に亡くなっている父方の親族との間で、です。私が大嫌い!だった父方の親族。思いだしても父方の親族に対しては腹立たしい事しか出てきません。父が母よりも先に亡くなったので、これで縁が切れた、と思ってせいせいしていましたが、母が父から相続した債権をめぐって、それを更に相続した私との間でバトルになりそ [続きを読む]
  • 一人遺される不安、をどう軽減するか
  • ご訪問ありがとうございます。お相撲の記事を書いて気持ちが軽くなった後ですが、心配事について、書いて整理してみようと思います。今日、4月のナカリのショートステイを電話で予約しました。「一人で寝て、一人でご飯を食べて、親と離れて過ごす」練習、のため、です。今後も2カ月に一回のペースで利用を続けていくことにしています。前回初めて利用した際は、初日、施設まで送って帰宅後、少ししたら、「もう寂しくなったよ」 [続きを読む]
  • 大相撲春場所観戦記 息子とともに
  • ご訪問ありがとうございます。先週の今日、初めてナマお相撲を見に行ってきました。もともとは、相撲好きの息子のために、夫がチケットを取ってくれたのですが、夫自身は行ったことがあるから、お母さんと行っておいでよ、ということで、母息子の二人で観戦。チケットは早くに入手していたので、この間の帰省が通常であれば、母にも、「息子とお相撲見に行くんだよ〜」と、明るく報告できたのですが、実際にはそれどころではなく、 [続きを読む]
  • なかなか立ち直れない
  • ご訪問ありがとうございます。眠れない夜です。外は雨です。母の告別式を終えて、ナカリと二人で霊柩車に乗る際、急に降り出した雨。運転手さんが「いわゆる、涙雨ですね」と言ってくださり、雨の中を斎場に向かったのでした。母の死亡診断書での死因は「肝腎症候群」その原因が「うっ血性肝硬変」で、更にその原因が「心臓弁膜症」でした。幼い頃にリウマチ熱にかかったのがもとで、心臓弁膜症を患い、就職試験も健康診断で全部引 [続きを読む]
  • 世界自閉症啓発デーのポスター
  • ご訪問ありがとうございます。自閉症協会から届く資料の中に、毎年、大型のポスターが入っています。例年、室内に貼っていましたが、今年、初めて、玄関先に貼ってみました。隣りで壊れかけているのは、社会福祉協議会の掲示板・・・^^;(紙押さえがわりに重ねて使わせてもらいました。)ポスターを外に貼る、というのは、議員さんや政党のポスターを貼るのと同じで、何らかの立場表明になるかと・・・。我が家の娘は自閉症なん [続きを読む]
  • 通信制大学の試験問題 当事者の回答
  • ご訪問ありがとうございます。まだ肌寒いですが、陽射しは春が近づいていることを感じさせてくれますね。日曜の朝のコーヒー1杯の時間が戻ってきました(でも、おそっ)^^;科目履修生として学生証が使えるのもあとわずか。1月末に受けた試験結果が郵便で返ってきました。ナカリの回答を読むのは私も初めて。レポートを見ながら書いたので重なっている部分もありますが、本人一人の力で、試験当日、1時間少しかけて書き上げた [続きを読む]
  • ヒヤシンスの花が咲きました
  • ご訪問ありがとうございます。母の告別式から2週間、まだぼんやりしている私です。一昨日は初めての大相撲観戦という楽しい時間があったのに、まだ記事にできません‥去年、母の病院にお見舞いに来てくださった方からいただいたヒヤシンス、花が終わったあと、球根だけもらって帰り、庭に植えていたら、ちゃんと芽を出し花が咲いてビックリ!叔父に報告がてら、母に見せたかったな、と写メールしたら、叔父の家でも同じように植え [続きを読む]
  • 夕方になると寂しくなる
  • ご訪問ありがとうございます。今日は、午前中、若いママさんたちとたくさん会って、ナカリが小学校に入学した頃の事を思い出していました。親の会の様子も、昔と今ではずいぶん変わって、子どもの居場所の選択肢も増えて、その分、学校と、放課後デイや学童保育との情報伝達、連携といった問題が出ているようです。時代が変わってきても、親の悩みは変わらないな、としみじみ・・・古くからのママ友も二人参加され、もう成人したお [続きを読む]
  • カウンセリングにて 「悲嘆のプロセス」
  • ご訪問ありがとうございます。今日は、ナカリと1カ月ぶりにカウンセリングに行ってきました。先月のカウンセリングがちょうど同じ日付で、バスや地下鉄に乗ったのも、ほぼ同じ時間くらい。その途中で母から電話があって、それが、しっかりハッキリ普通に交わした最後の会話になってしまった、と思うと、その時の「ナカリを誉めてやるんよ」が母の遺言だなあ〜と、ナカリと改めて話。先生に会う前から胸いっぱいで、どう報告しよう [続きを読む]
  • 日曜日の午後
  • ご訪問ありがとうございます。今日は、母の携帯の解約に行く予定です。死去に伴う解約の場合は証明書があれば違約金が発生しない、とかで、書類をそろえたあと、長く使い続けた母の携帯を改めて眺めています。この携帯・・・ほんとによく使いました。待ち受けはナカリがまだ中学1年だった頃のUSJでの1枚。ストラップはナカリが小学生の頃にハマっていたゲーム「ラブ&ベリー」の人形です。片手が取れてしまっているけれど、ずっ [続きを読む]
  • 平穏に過ごすことで、恩返しする
  • ご訪問ありがとうございます。今日は震災の被災者の方々に対する鎮魂の日ですが、私は、中学高校時代の友人に会いに、神戸三宮まで出かけていました。阪神淡路大震災から立ち直った街・・・。震災はナカリが生まれる前の年でした。そのナカリは、今日は自宅で留守番。洗濯物を取り込む、という課題を無事にやってくれていました。友人の一人は、昨年、突然の病で、パートナーを亡くしています。京都で学んでいた娘さんが無事に薬学 [続きを読む]
  • 親が子どもの世界を理解しようとすること
  • ご訪問ありがとうございます。今日2回目の更新です。夜になると、(というか昼間でも)、ふとした瞬間に寂しさがこみ上げます。二度と通じることが無い携帯電話。日曜日には解約のためにショップに行きます。ほんとに・・・油断してた、慢心してた、あれほどずっと気にかけ続けていたはずなのに。ごめんなさいお母さん。こんな私を赦してね、見守っていてね。親というものは、幾つになっても子どもを理解しようと努めるものだとい [続きを読む]
  • 支えられている
  • ご訪問ありがとうございます。以前にも書いたかと思いますが、6年前の3.11はナカリの中学の卒業式で、それを避けるように、愛媛に帰省していました。夫は出張で山形。息子は京都で一人暮らし。家族が各地に散らばった中での震災。まだ元気だった父親(母は入院中)と、テレビの映像に言葉を失ったのを覚えています。夫との電話もすぐに繋がらなくなり、その夜は山形のホテルも停電で大変だったとのこと。電車で移動中だった息 [続きを読む]
  • 「なってみないと分からない!」と言われる側の気持ち その2
  • ご訪問ありがとうございます。日常が少しずつ戻ってきました^^週の中日に帰宅した夫と、昨夜、久しぶりに再会。今朝早く彼を仕事に送り出して、ごみを出し、洗濯機を回して、コーヒーを一杯。パソコンをつけてコメント返信をして、記事を書きたくなりました。(ナカリはいったん起きたけど、体重だけ測って「減ってない」と嘆いてまた二度寝中。)先週の今日は、雨の中、告別式を終えて斎場に向かったんだなあ。よく言われる、「 [続きを読む]
  • 自閉症の娘とともに、肉親を失った経験を乗り越える
  • ご訪問ありがとうございます。昨夜は、母が亡くなって1週間という節目で、その「時刻」が近づくにつれて落ち着かなくなり、告別式で追悼の言葉を述べて涙してくださったクリスチャンの方に電話してしまいました。私自身は、洗礼を受けていないので、母の教会での兄弟姉妹の方々との交わりについては、そう多くを知らないのですが、同じクリスチャン同士、家族親族の悩みまでいろいろ語り合っていた様子です。何かあったらまたいつ [続きを読む]
  • 「自分の母親が亡くなる時が一番悲しい」と言ってくれた息子
  • ご訪問ありがとうございます。やっと大阪に戻ってきました。この2週間余り、今でもまだ夢の中にいるような気持ちで、写真の整理をして、少し気持ちが落ち着いたところです。先週のちょうど今頃は、死亡宣告を受けて、葬儀社と牧師さんとに連絡をして、母の身体を拭いて、病室を後にしたころでした・・・残った写真を見てみると、確かに意識がはっきり残っていた頃に母と向き合えていた、と、改めて確信出来て、また、父親とは会え [続きを読む]
  • 親の家を片付けながら
  • ご訪問ありがとうございます。タイトルと同じ書名の本を手にとったのが数年前。実際に、同じ立場になり、昨日から少しずつ断捨離を実行中です。今日は、最期を一緒に看取ってくれた叔母(母の一番下の妹)が、他の叔母たちの分も含めて、形見分けを手伝ってくれました。母は、私と違ってお洒落な人だったので、靴や鞄や服や、いろいろ揃えて保管してありました。最後の数年は入院の繰り返しで、パジャマで過ごすことが多かったので辛 [続きを読む]
  • 人は必ず死ぬ
  • ご訪問ありがとうございます。病室で、朝、ドキドキしながら、ひとつ前の記事を書いたその日に、母は召されました。点滴を中止して一晩、でした。荒い呼吸が徐々に弱まり、午後から指先や手が冷たくなり、心臓が限界に近づきつつある中、叔父に勧められてナカリと私は歩いて病院近くの喫茶店までお昼を食べに行ったのでした。この間、ナカリの外食のハードルが下がり、驚いています。看取りの瞬間の状況が読めないので、ドクターと [続きを読む]
  • 母が遺してくれた(ている)もの
  • ご訪問ありがとうございます。昨日、子ども二人を連れて帰省しました。初めて横並び席がとれず、縦に3列、三人席の真ん中でした。ナカリは両脇に知らない男の人が座ったけど、頑張って無事に過ごしました。病院に着いてからは、少し母と会っただけで、家族用の控え室にこもって、横になったり、自分の作品を並べて見たり、音楽を聞いたり…。上の息子も、しばらく母の側についていましたが、鼻炎で頭も痛くなり、頭痛薬を飲んで、 [続きを読む]
  • 明日がある、幸せ
  • ご訪問ありがとうございます。昨夜はナカリを休ませるため、付き添いを叔父に頼んで、実家に連れて帰りました。先の予定が分からないと不安が増すナカリですが、頑張っています。母も昨日覚醒してからは、まだ頑張っています。もう楽にさせてあげたいのと、心残りなのと、せめぎあいです。明日が必ず来ると思える幸せ、というのが、今はしみじみ感じられます。今日は、また泊まりのつもりでナカリを連れて行きます。ナカリを一番気 [続きを読む]
  • お母さんお父さんが死んだら生きていけない、と泣く娘
  • ご訪問ありがとうございます。帰省してすぐ病院に向かうと、個室を空けないといけないとのことで四人部屋に移動中。落ち着いてすぐ、母にごめんねを伝えることができました。が、母は頷くだけで声は出ず、心配で離れられないので、ドクターにナカリの事情も説明し、家族用の部屋を借りてナカリと二人で病院に泊まりました。翌日は、朝から昏睡状態で、ドクターからも、検査結果がかなり悪いと説明があり、回復は期待できないから、 [続きを読む]
  • 「リアルで恋人(友達)がいない、って寂しいかな?」
  • ご訪問ありがとうございます。母の病状が気になりながら、とにかくも、帰省の前夜になりました。今日は牧師さんもお見舞いに来てくださり、少し意識が戻ったそうで、ホッとしています。片道切符で帰省するのは、父を看取った時以来です。今回、何とか落ち着く方向でめどが立って、1週間ほどで帰れるといいのだけれど・・・で、しばらく父娘が会えなくなるのが寂しくて、今日は「お父さんデー」。朝から気持ちいい青空だったので、 [続きを読む]
  • 「いのちの理由」
  • ご訪問ありがとうございます。母の様子はあまり芳しくないようです。昨日今日、叔父が泊まり込みで側についてくれているので助かっていますが、感染症による高熱のため、また意識がない状態にもどってしまい、本人の体力がどこまで持つか、心配です。私とナカリは、とりあえず片道分、月曜朝出発の切符を買ったので、来週、出来る限りゆっくり側に居てあげたいです。少しでも回復してくれることを願いつつ・・・。落ち着かない中、 [続きを読む]
  • 感情的になるのは仕方ないけれど、悔いを残さないようにしたい
  • ご訪問ありがとうございます。ホームに入所中の母の様子が、あまり良くない感じ、というのは、今週ずっと気になっていたことでした。月曜のカウンセリングに向かう途中、バスと電車の隙間に電話がつながって、少しだけ話をしたっきり、その後はいつ電話してもつながらない、向こうからもかかってこない、叔父の電話で様子を聞くと、ぐったりして元気がない、叔父が受話器を母の耳に当てて私との電話を介添えしてくれても反応がない [続きを読む]