カエサル さん プロフィール

  •  
カエサルさん: アメー造巣
ハンドル名カエサル さん
ブログタイトルアメー造巣
ブログURLhttp://town18.blog.fc2.com/
サイト紹介文世の中を住み良くするには、地方政治が大切です。その身近な地方政治をの問題点を、改革していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2015/01/08 06:53

カエサル さんのブログ記事

  • 館林市 県議補選 茂木候補政策懇談会
  •  館林市の県議2名が市長選に回ったために、議席が2名欠員を生じその補選が行われることになった。 その補選候補として、茂木さんが前回の県議選の次点であったことから、今回補選に立候補を表明となった。 他の候補として、高橋さん、多田さん、泉澤さん、(何れも市議)と4名で2議席を争うことになる。と懇談会の席上で発表となった。 懇談会は6時30分から9時近くまで、民進党系の議員さん達による激励の「お言葉」を頂戴し [続きを読む]
  • かき菜畑にキジの巣 その2
  •  キジが卵を産んで、約1週間が過ぎようとしてる。鶏は3週間で雛がかえるとあるが、キジも同じ様かな。? あと2週間ある。そして3〜5mの巣に近づかないように、目印のポール建てて、分かる様にしている。従ってその場所のかき菜はのび放題である。 キジにとって一番の敵は人間である。その人間の私を威嚇して、そして私を協力者にしたつもりでいる。 2番目の敵は近くの民家で飼っている猫である。そう言えば昨年から猫を [続きを読む]
  • 隣との境に建てた屏の法律
  •  以前に屏に関して、ブログに載せたが、表現に納得がいかないという方の要望に付き、全内容削除して新たに掲載するに事を要望され、その打ち合わせを行った。 この問題については最高裁まで審議して貰ったが、納得いかない内容のため検討依頼があったものだ。 土地の境界に関する件は誰でも身近にあって、それなりに、長い人生の中で、多かれ少なかれ皆様は経験して勉強されていて、法律的にどの様になっているか等は、専門家に [続きを読む]
  • かき菜の収穫とその技術
  •   かき菜は最盛期を過ぎ、今2番芽をつみ取る作業が終わろうとしている時期にある。約5畝に収穫時期をずらすために3回に分けて種を蒔いた。 その二巡目が終わろうとしている。色々と、解らないことをプロの方に指導をして貰いながらの作業だ。ものの本とか指導してくれる人は、一般的な事しか云わない。 つみ取るときは二葉を残して、袋に入れたときに適正な長さになるように30?目安とする、とある。しかし、三番芽の事を [続きを読む]
  • ウォーキング1日8000歩、20分(目標のチェック)その2
  •  (目標のチェック)その1で挙げた結果について今後どの様にやっていくのか明らかにして、実施するのかしないのかを明確にする。以下のように×が出来ていないことで、如何にしていくか考えてみた。 ①万歩計(The i5 Plas Smartband)の有効利用(走行、睡眠、メール受信、サイレント呼び出し、タッチセレクト、カロリーその他)○ ②カロリーの管理× ③明確な目標を立てる。△ ④苗場でスキーをやる。× ⑤重い靴を購入 [続きを読む]
  • かき菜畑にキジの巣
  •  私の畑は集落の縁にあって、田園風景のまっただ中にある。昨年まではヒバリのサエズリが聞こえるのどかな場所である。 又、今年の冬には、籾殻堆肥を作っている山の上の頂上に、狸がきょとんとした顔で、こちらを見てる風景を見るのでした。 そして今日は、かき菜を収穫している最中に、何か黒いものが飛び出してきて、思わず「ワー」と驚きの声を出してしまった。その黒いものの正体はキジだった。そして羽を広げて威嚇して追 [続きを読む]
  • ウォーキング1日8000歩、20分(目標のチェック)
  •  今年の初めに、ウォーキングの目標を立てて活動したが、中間のチェックと是正と評価を行ってみた。(以下の1/5の内容がどうなったか○、△、×で評価してみる。) ウォーキング8000歩20分で体の変化は(地獄の3丁目からの復活=医者に寿命だと云われて、16/06に日赤医師) ①足がふらつかなくなり、階段が怖くなくなった。2段降りが出来るまでになった。(全力疾走は?。)○ ②快眠が得られた。(これが健康 [続きを読む]
  • ミーシャ2世誕生
  •  誕生と言っても、15歳の野良猫である。 我が家には、昨年まで”ココ”と言う名のアメショウがいた。10歳でなくなった。 ミーシャ1世は約40年前に、約15歳でなくなった猫である。私の独身時代に拾った野良猫の名前である。私が若かりし頃、結婚して子供が出来、人生の充実した時期に、傍にいた猫である。(写真もあり、ペットの墓にも埋葬した猫である。) そんな中、この2世は、どっかのノラ猫の雌が、納屋に子猫を [続きを読む]
  • 大気の汚れで、クシャミ鼻水その2
  •  昨晩は、喉の痛みと鼻水で、AM1:00頃から一睡も出来ず、夜が明けた。 昨晩からの雨で、花粉症、大気の汚れNOx、 PM2.5、は良い方向に向かったと思われる。 症状も内輪になり、明け方には、大分症状も治まった。 振り返ってみると、朝方ブログを書いて、それから畑に出掛けるものだから、ちょうどNOxが最盛期となる時間帯(AM9:00〜11:00)に作業をしたためと解った。そしてその影響が、かき菜にも見ら [続きを読む]
  • 大気の汚れで、クシャミ鼻水
  •  毎年、今の季節になると、トローチとちり紙が離せない。 何故なのかと言うことで医者に言っても、「風邪かな、トローチとうがい薬、風薬5日分出しておきましょう。」で終わってしまう。昨年はアレルギーの血液検査を行って貰った。 結果は、杉花粉が2度、ハウスダストが1度の結果であった。杉花粉の季節は終わったのに何だろうと思って何時もいる、そして時期が過ぎれば、治ってしまう。そしてすっかり忘れてしまう。 昨日 [続きを読む]
  • 交通網の完成?
  •  二昔前の物流は、鉄道が主流だった。そしてモータリゼーションが叫ばれた一昔前の物流はトラック輸送に、変わった。 しかし道路という主目的が、都市と都市を結ぶ鉄道と次元が同じ考えだったために、その都市の中心を経なければ、次の都心へはいけないために、市街地の交通渋滞に時間が割かれてしまった。 その考えをなくしたのが、高速道路である。しかし、幹線道路網の不便さが解消されていなかった。それが東京都の環状線と [続きを読む]
  • ミニトマト栽培 種まき
  •  世の中は、米朝のけん制合戦一触即発が極限に達しているニュースを見る。 そして一番の被害に遭う隣国韓国では、大統領選にしのぎを削っている。 それどころではないと思うが、我関せずの気持ちでいるのか?(元国連代表は何をしているのか) そして、私の場合、農業は待ってはくれない、昨日も1日農作業で1日掛かった。 草取り、トンネルの準備、ミニトマトの種まき、etcと多忙な1日だった。 かき菜の反省点は、土作 [続きを読む]
  • 歴史を振り返って、勝てば官軍なのか?
  •  今北朝鮮問題で、世界は混乱のどん底になろうとしている。 そして、日本の科学振興予算?を約20倍の金額を計上しようとしているニュースを見て、なんて馬鹿なことをしようとしているのだろうかと疑問に思った。 それは、軍事目的の内容が入っているという説明があった。 戦前のいつか来た道を歩もうとしているから、非常に危険な道と云うことが理解できなくなっている政府ではないか。? 日本は、平和憲法9条を捨てるつもり [続きを読む]
  • ウォーキング8000歩農作業
  •  世の中、今将に近隣の北朝鮮で戦争が始まり、日本もその標的になる?ニュースが飛び交っている中、のんびりと農作業をやっていた。 最低の仕事として作物は収穫だけにして、出来るだけ余分な作業を省いていため、草取りまで手が回らず、1日草取りに追われた。 今までの付けが全部きたものだから、体がいくつあっても足らない状況だ。 それに、トマトの種まきの準備でトンネルを準備した。 日が暮れて漸く一段落である。体は [続きを読む]
  • 入園式も終わって桜が満開(ウォーキング8000歩・・・)
  •  昨日は真冬並みの寒さで桜の花も、満開で凍えていた。 かき菜の収穫に追われ、桜の花の満開な事に気付かず、久々にウォーキング8000歩を行う道すがら、満開な桜に気を止めた。それは、館林市来た幼稚園と、長良神社にある見事なソメイヨシノである。 幹の径は1mと太い、花の咲いた枝の径は10m以上に及ぶ見事な咲きッぷりである。 ウォーキング8000歩を初めて半年を超えてきている。始めたときに明言していた。春 [続きを読む]
  • 豊洲安全→都民感情知らずその4
  •  豊洲市場関係者の百条委員会が開かれてから、約20日が過ぎようとしている。 その基本となる発言は、石原元都知事の以下の発言につきると思う。(先にその2でも挙げている。) これは都の問題だけでなく一種の文明論。一方で科学があり、もう一方に人間の心がある。この2つの要素に相克がある限り、この問題は終わりません。人間も科学も全能であれば安心も追求できましょうが、いずれも全能じゃないので、そういうことを踏 [続きを読む]
  • かき菜 即売始める その2
  •  早速、購入してくれる人が多くいた。待ちかまえていたように買ってくれる。 嬉しいことである。汗水垂らして作りがいがある。 今がかき菜の旬である。 かき菜を作るに当たっての思いは。 多くの人に支えられて、販売にまで至った経緯は、子供の時の思い出に遡る。 冬の間は、味噌汁の具について、簡素なものであった。 それは「かき菜の味噌汁」である。 将に、春を告げる野菜としてかき菜があったという思い出がある。学 [続きを読む]
  • 豊洲安全→都民感情知らずその3
  •  豊洲問題に関して、先日は「百条委員会」が開かれ、真理を究めるために行われたようですが、あまりにも年月が経ちすぎたため、それぞれの個人の中で日々培われてきた心情の変化が、それぞれの思いと相まって、正当化する弁となった。 その一方では、「築地改修案」の一つの方向を取るために「“豊洲”“築地”…都専門委員が両案を説明」とあるように以下の内容が論議された。 「築地改修案」で小島座長は、完成まで7年、総事 [続きを読む]
  • かき菜 即売始める
  •  冬の間は農産物が出来なかったので、即売所は閉鎖していた。 かき菜がとれだしたので、早速即売所を開設した。 場所は、台宿町セブンイレブン前の我が家に設置した。 ワンコインで店番無しとしている。 何にしても市場へ出す前の商品ゆえ、鮮度抜群である。 通常の場合、最短でもスーパー店頭に並ぶのは2日は掛かる。 其れが、取ってきて数時間で店頭に並ぶ。将に取れたてそのままである。<かき菜即売所> [続きを読む]
  • 選挙公約文書けずその2
  •  選挙の公約文に、誹謗中傷が入っているので、記載できないと云うことで、市の選管とすったもんだがあり、直前の3日間と言う貴重な時間を浪費してしまった。 その為に、一切の準備活動が止まってしまい。ポスターの掲示その他の活動が1日遅れのスタートとなった。そして、集まって活動を共にしていく人達に動揺が走ってしまった。 公職選挙法では「第百四十二条の七  選挙に関しインターネット等を利用する者は、公職の候補者 [続きを読む]
  • 遠田農園
  •  選挙に協力してくれた方々を回る中、特異な農業形態を見る。其れは自然を相手に、昆虫、キノコと言った自然を無理に自分に引き寄せて行う、従来の農業と異なり、調和している姿を見る。 其れは遠田農園(館林市大谷町2906−5)を即売方式で行っている。期間も限定されており、夏・秋季の短期間である。 品目はキノコ、ヒラタケに限定して10月11月の2ヶ月である。生産方式は自然を農場内に再現して、木の切り株(大きいも [続きを読む]
  • 選挙の後始末
  •  朝から、選挙でお世話になった人の所へ粗品を持って、伺った。 色々な選挙期間中の相手陣営の裏話などが聞こえる。m候補などは、相当金を掛けて、当選すれば元は取れるが落ちてしまっては、相当な痛手だ。「再起不能」と言った言葉も聞こえる。 更に、選挙好きな人の情報通な人の「痛烈な批判」を聞く。 相変わらず地方の選挙は、既得権確保と金権政治で凝り固まっている。今までの市長選は無選挙と言った事が長年続いた地盤 [続きを読む]
  • 孫の五体満足な姿に一安心
  •  選挙戦の最終日に生まれた外孫に合いに、昨日は選挙の後片付けもそっちのけで、朝から選挙カーの看板外しの手伝いを行うや否や、高速を蹴って病院に駆けつけた。 母子共に健在で一安心、電話では既に聞いていたが、見るまでは心配である。そして、出産の瞬間までの奮闘記を娘は晴れ晴れしく語る。選挙戦の敗戦の疲れは、一気にすっ飛び、その出産の喜びの会話に心癒される思いで、心の疲れも吹っ飛んだ。 話では初めの子供より [続きを読む]
  • 豊洲豊中の風吹かず 館林市長選
  •  新聞記者2名が、pm9:00の開票時間に訪れ、開票の結果をと言うことで、ネットで見ることにした。 開いてみると、大差で負けの結果であった。 質問の内容は、出馬の動機と、敗戦の感想と言った内容だった。 出馬の動機につては、「館林の政治は間違っている」と言う市民の熱い声に押されて「市民の手に政治を」と言うスローガンの内容の通りであると説明。 敗戦の感想はと聞かれたが、振り返ってみてどうだったか問われ [続きを読む]
  • 「評決の時」 館林市長選
  •  あの有名なアメリカ映画、不朽の名作「評決の時」になぞらえた、将に其れは私の館林市長選であった。 映画作品は、当時白人社会における、黒人の置かれる立場での裁判は、劇的なストーリーと歴史を作った作品として、高い評価を受けたことで知られる。 選挙戦は二人の自民系の県会議員を相手に戦わなければならない。其れはひよこが、双頭の鷲に戦いを挑む姿に似ている。 勝てっこないから止めとけ、と言った知人友人達の箴言 [続きを読む]