カエサル さん プロフィール

  •  
カエサルさん: アメー造巣
ハンドル名カエサル さん
ブログタイトルアメー造巣
ブログURLhttp://town18.blog.fc2.com/
サイト紹介文世の中を住み良くするには、地方政治が大切です。その身近な地方政治をの問題点を、改革していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供331回 / 365日(平均6.3回/週) - 参加 2015/01/08 06:53

カエサル さんのブログ記事

  • 館林市 暑い 暑い 3日連続日本一
  •  新聞では、暑い 暑いの記事が踊っている。この情報を如何に扱うかは、行政の手腕の見せ所である。 これは一大チャンスと捉え、動かなければならない。 それは、市民のため、全国民をお客様と捉え、観光としてどの様に捉えるかに、行政は動かなければならない。 今までも暑い、暑い、と言って市役所の入り口に大きな温度計を設置しただけに過ぎない。では何をしたらいいかについては、市政が考えなければならない。(現状では [続きを読む]
  • ウォーキング1日8000歩(一期一会を考える)
  •  ウォーキングの立ち寄りの場所が、休憩場所を兼ねて折り返し点に、スーパーがある。いつものベンチで休んでいると、「よー久しぶり」と言って、挨拶をした旧知の友に2人もあった。1人は3年ぶり、一人は10年ぶりか? 二人とも奥さんと2人で買い物に来ていて、話し込むことはなかった。 一人で来ていたなら久しぶりの会話に花が咲いたものを?と考え、ふと、4,5ヶ月前出会って、1〜2時間も話し込んでしまった一人は92歳の男性 [続きを読む]
  • 憲法の勉強会ではもう遅い その3
  •  先にその1で「勉強なんかしなくても、「世界に於いて、恒久の平和を乱してはならない。」と直ぐに解ります。この事から独自の防衛システムが、開発できるのではと考える。」とあげているが、以下のように更に考える。 今現在、北が危ないおもちゃ「核ミサイル」を盛んに開発を急いで、実験を繰り返す中、日本はこれを防がなければならない事が急務である事は皆様おわかりであると思います。(言葉で言っても北は云うことを聞か [続きを読む]
  • 憲法の勉強会開催その2
  • 文字色 パネルディスカッション形式の勉強会が、民進 長谷川常任委員、共産、渋沢常任委員の、中央への集約意見提案者を迎えて活発な意見発言、集約を行った。 しかし、期待した憲法問題は、各論に流れてしまい、又各論に終始してしまったのは残念な結果だったと思います。ディスカッションの流れがつかめず、憲法問題の発言の機会を逃してしまったからです。文字色 これから再度憲法を主題にして、中央に提言できるよう勉強会 [続きを読む]
  • ウォーキング1日8000歩、足取り軽く
  •  ウォーキングを始めて、早7ヶ月になる。70歳過ぎたら何も要らない「健康が第一」と兎角云われますが、私も多分に漏れず、その中の一人である。 今まで、馬車馬の如く働いてきて、心身共に疲れ果てた不健康な体になっていた。何処が悪いというわけではないが(1年前に全身が鉛のように重たく、夜眠れず、気持ちも不安定で、急患で日赤に掛かったとき医者に云われた言葉である。) その後、ウォーキング1日8000歩と言う健康 [続きを読む]
  • トマト苗 ようやく大きくなる
  •  今年は転句不順で4月末に種を蒔いたものが、ようやく大きくなってきた。 4月中頃種を蒔き、トンネル内で促成栽培をねらったところ、蒔いた直後の大風で、トンネル破損により種がとばされ、再度蒔き、目の届く我が家に置いて、安定させてからトンネルに移した。 ここに来て日照時間が増えたために急速に伸びた。ミニトマト(アイコ)の種は高価なために、大きな損失である。 例年では、なすの苗を購入し、300〜400本植わっ [続きを読む]
  • 食事会 ○○ハウス
  •  久々の夫婦の食事会である。何時も豪華な雰囲気の中で贅沢な気分を味わいながら食べることで、会話もそれなりの内容になる。 しかし食事の内容は、最低料金のスパゲッティと五目ラーメンである。(質素な) ふと、斜め前の10名ぐらいのコーナー席に、年配のそれなりの身なりのグループは、食事が終わって、くつろいでいるところに、先に○○議員選挙に当選した先生が現れて、そのグループのまとめ役の人と挨拶を取り交わして [続きを読む]
  • 憲法の勉強会ではもう遅い その2
  •  憲法の前文にも書いてある。前文②項 日本国民は恒久の平和を祈念し・・・とある。 とその1で述べているが、更に前文②項を読み進めると、『われわれは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と辺境を地上から永久に除去しようと勉めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。』とある。 そして、『われわれは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免れ、平和のうちに生存する権利を有する事を確認する。』と言 [続きを読む]
  • 柚の木伐採 とげで負傷
  •  私の家は、町の中の狭い敷地に坪庭がある家構えである。 この坪庭はおじいちゃんが、植えた植木を引き継いで手入れをしている。昔は羽振りが良かったのか毎年植木屋が何人も入って手入れをしていたのを覚えている。 そして、脇の潜り戸から中にはいると、左手に手洗いがあり、その脇に1m位の剪定で造られたモミジが植わっていた。 そしてその前には濡れ縁があり、訪問者とお茶を飲みながら世間話に花が咲いていたのを子供心 [続きを読む]
  • 憲法の勉強会ではもう遅い
  •  今、日本国民は、毎日のようにミサイルに怯えながら生きている。そして、頭の上をミサイルが飛び交うニュ−スがしきりである(今現在有事であると思う。=大それた意見で済みません。) 一日として平穏な日はない。 先に憲法の勉強会をアップとあるが、今から憲法の勉強をして、政府に提言して、政府を動かして平和な世界を作ろうと言った悠長なことは、云っていられないのではないか。(もう、安倍総理、トランプ大統領の域は [続きを読む]
  • かき菜畑 キジの巣立ち
  •  昨日は1日冷たい雨降りで、畑に行っていない。キジが卵を産んで3週間が過ぎた。昨日は気になっていたが、今朝一番で畑に行ってみるとキジの巣は空である。 昨日、雨の降る中巣立っていったのだった。卵の殻だけが巣の回りにコロガッテいる。 キジは生まれて直ぐから、鶏のひよこと同じように自分で餌を食べて育つ、そして何時までも巣の回りにいない。 親と一緒に雨の中を餌場に向かって、移動していったと思われる。もう辺り [続きを読む]
  • 憲法の勉強会開催
  •  世の中、日本は平和でのんびりと平和憲法のおかげで暮らしてきた。今までは、近隣諸国での紛争程度で収まってきたが、しかし、先に述べた北朝鮮問題にいたって、にわかに平和が脅かされてきた。 日本国憲法の伝家の宝刀憲法9条を振りかざして、「平和・平和・戦争反対」と叫んだところで、北が核のボタンを押して日本を攻撃しいたら日本は座して死ぬのみである。 ミサイルに対して防衛システムが完備していないからである。そ [続きを読む]
  • 館林市 県議補選 その5
  •  館林市中央公民館(仲町14ー1)で個人演説会に参加してきた。 その演説会の後で対策会議が行われ、電話作戦、チラシ配布の件が議題となり、実施をお願いされた。その他、駅前から各地区をデモ行進ならぬ、気勢を上げて後進を行う提案が為されて、それも実施することになった。 その他現状の世論調査の結果では、多田候補の次の2番手に付けているようだが、泉澤陣営が公明投票を500票まとめた追い上げている。うかうかし [続きを読む]
  • 館林市 県議補選 その4
  •  選挙戦も終盤を迎え、館林市各地区の公民館で個人演説会を開催してきて、本日は、私の住む旧市内地区公民館(仲町14ー1)で実施される。 出席して、応援してきたい。 添付資料に選挙はがきが届いたが、その公約文の先頭に子育てと言うことが謳われている。一番先頭に上げることは、本人が一番重要視して取り組む問題としてあげていると思います。 子育て支援も重要と思いますが、一歩進んで「人づくり」に取り組み館林市東 [続きを読む]
  • 日本の戦後
  •  今現在、私たちの最大関心事は、豊洲豊中問題でもなく、憲法改正ではないでしょうか。次に北朝鮮問題ではないでしょうか? 我々市民にとっては、かなり高度な政治的、歴史的、国際的観点に立たなければ、中々理解しずらいしピント来ない。しかし、北の問題だけは、米国の対応如何では一触即発し、何時ミサイルが飛んでくるか分からず背筋が凍る思いである。 テレビの特番でも、毎日のように北の情報ではしきりである。何故急に [続きを読む]
  • 大気の汚れで、クシャミ鼻水その3
  •  クシャミ鼻水が改善→何が?  杉花粉、大気の汚れNOx、 PM2.5、は良い方向に向かっており、黄砂の情報もあまりされていない。 今朝の喉の痛み、クシャミ鼻水は大分内輪になってきている。なにが良い方向にあるのかを考えてみると、杉花粉が時期が4月末で無くなったこと、及び黄砂の発生を聞かなくなったことが上げられる。又データではNOxの減少が大きい。 それから大きな要因として、昨晩は久しぶりに朝鮮飯店でカル [続きを読む]
  • ウォーキング1日8000歩、20分 天候の急変
  •  いつものように、PM3時頃よりウォーキング8000歩を始めた。 西の空の雲行きが怪しい、しかし雲は切れているので雨が降ってくることはないだろうと云うことで、ウォーキングを続けることにした。 今日は、渡良瀬川の方角で北に向かって歩きはじめた。何か北西の空が真っ暗で足利方面は降っているのかあたりが靄って霞んできている。 あれは、雷で局地的に降っているなと推測しながら、北に向かってウォーキングを進めて20 [続きを読む]
  • 館林市 県議補選 その3
  •  5/5の事務所開きには、私用で1日都合が付かず昨日挨拶に伺ってきた。 事務所は添付案内にもある館林市堀工町964−1(ジョイハウス南約500m)に開設している。 以下挨拶状と個人演説会日程を戴いてきた。参考にアップいたしますので、ご参照いただき、演説会には多数ご参加いただきたく案内申し上げます。<御案内> [続きを読む]
  • ウォーキング1日8000歩、20分 靴底剥がれ
  •  2年前に買って、下駄箱にしまって置いたホーキンスシューズを2ヶ月履いたときに靴底が剥がれてしまった。2年も経過してしまっているので、靴屋にも言えず自分で修理を行うことにした。 剥がれた状況を見ると、接着剤が膨潤してしまっている。そして接着状況を見ると、靴底の材質とアッパー側の材質に差が見られる。 単なるゴム系の接着剤で貼り付けているようだが、上手く張り付いていないようである。 ホームセンターに行 [続きを読む]
  • 朝鮮半島は何処に向かうのか
  •  今世界は北朝鮮問題で、触発寸前である。何でこの様な事になってしまったのか。(間違っていたら、認識不足の発言としてお許し下さい。) 北朝鮮は孤立させずに、もっと日本は、責任を持って面倒を見てやるべきではなかったか。?違った方向に導けなかったのか。 米国の顔色をうかがわなければならない事は分かります。かつては、日領朝鮮ではあったので、今まで、日本が朝鮮を影となって面倒を見てきた事は分かります。 しか [続きを読む]
  • 一期一会の酒
  •  義弟のお通夜に振る舞われた清めの席で、又一期一会の酒に出会った。過去に出会った地酒は、やっぱりお通夜の席で出会った酒だった。 この感覚は、前橋の叔父さんが、約30年前に亡くなった時の通夜の席でそれはソックリであった様に思い出す。 その時の酒の銘柄は「福だるま」であったと思う。その酒の印象は、なんて芳醇な香りが、五感で感じるその味は、皮膚にも染み込むようであったのを覚えている。 極親しい身近な人の死 [続きを読む]
  • 館林市 県議補選 その2
  •  県議補選出馬の2名の方から案内状が届く。 茂木候補の事務所開設案内と、高橋候補の選挙パンフレットである。 何れ劣らず、館林市になくてはならない、行動力と輝かしい実績の両名であると、支援と賛美のエールを送りたい。 「フレ・フレガンバレ!!」 「フレ・フレガンバレ!!」 <茂木候補の事務所> <高橋候補パンフ> [続きを読む]
  • 館林市 県議補選
  •  5/14投票日の日程でいよいよ、保守・革新・無所属の三つどもえで、選挙戦の舌戦が、各公民館で繰り広げられ、各政党の宣伝カーが、盛んに町中を、連呼に余念がない。 直接の連呼は控えているが、それを連想させる内容のアナウンスは聞こえてくる。そして街角にも、自民党、民進党の立て看板にそれぞれの顔写真が、町中何処に行っても、お目に掛かる。個人では出さず、党として連名としている。 市長選でも、県議補選でも、 [続きを読む]
  • 豊洲安全→都民感情知らず その6
  •  石原都知事も責任は認めている。残るは、小池都知事にいかにその後を引き継いで、禍根を残すことなく進めるかに有ると思います。 この点に関して、兎角日本人の心の有り様は、非常に難しいし、深淵な深層心理を見る事に成りはしないかと心配される。 それは、多くの方々関わり、利害関係に影響を及ぼすからである。方やこの件を「是」とした人達は、「非」を認めることはないであろうと思うからである。 それは、「忠臣蔵」と [続きを読む]
  • 豊洲安全→都民感情知らず その5
  •  豊洲市場関係者の百条委員会が開かれてから、約40日が過ぎようとしているが、一向に表立った動きは見られない。 その基本となる発言は、石原元都知事の以下の発言につきると思う。(先にその2でも挙げている。)とその4のブログでも述べている。 これは都の問題だけでなく一種の文明論。一方で科学があり、もう一方に人間の心がある。この2つの要素に相克がある限り、この問題は終わりません。人間も科学も全能であれば安 [続きを読む]