英悟 さん プロフィール

  •  
英悟さん: 英悟のTOEIC VICTORY 990
ハンドル名英悟 さん
ブログタイトル英悟のTOEIC VICTORY 990
ブログURLhttp://ameblo.jp/kumoeigo/
サイト紹介文満点目指すサラリーマンのブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/08 10:02

英悟 さんのブログ記事

  • バンコクでTOEIC受験
  • バンコクTOEIC 受験明日は日本、韓国でTOEICですね。今日はバンコクでデイリーの試験を受けてきました。非公式IPですが、日曜、祝日以外毎日開催されてます。予約してなかったので早く起きて8時前に到着。アソークにあるBBタワーの19階にあるTOEICセンターへ。まずは一階のファミマでいつもの健康ドリンクとチョコを補給。エレベーターで19階へ。このエレベーターはパネルで19と入れると、AとかGとか表示され乗るエレベーターが指 [続きを読む]
  • ゼロ秒思考
  • TOEIC初級、中級者にとっての悩みは時間内に最後まで読んで問題を解けず塗り絵となること。私自身も900点前後までは同じように経験して来た。そうすると早く読もうとしたり、マークシートを早く塗るためにシャープペンの太さに拘ってみたりするんです。普通に読んで意味が理解できないのに、慌てて読んで余計意味が入ってこなくなり、同じところを何度も読んだり。しかし、今よく考えてみると速く読む、解答塗るのを早くすること [続きを読む]
  • 潜在学習と顕在学習
  • 意識にはのぼらずとも身体は学習しています。TOEIC受験回数を重ねるうちに、自然にそのパターンに気がつくようになります。驚くべきことはパターンに気がつく前から読解、解答時間が短縮し、これを潜在的学習といいます。誰かに教えられるわけでもなく、自然に身につけ、さらに、身に付いていることに気付かないのが潜在学習です。言語化できないけれどルールを知ることで、素早く正確に判断できるようになるといわれています。語 [続きを読む]
  • TOEICと潜在学習
  • TOEICを学習していると必ずPlateau(プラトー)が来ます。スコアも右肩上がりに直線ではなく、階段のように途中で平らに(プラトー)になる期間を体験をします。TOEICスコアの壁と言われることもあります。安心してください。スコアが停滞しているときも力はついています。実際に目に見える成果としては,直接その実効が現れない形でなされる学習のこと潜在学習と呼びます。 たとえばネズミに餌なしに何日間か迷路を探 [続きを読む]
  • 次回がある TOEICでいきましょう編
  • 次回があるさ 次回があるこんなオレにも夢があるいつかきっと いつかきっと満点とれるだろう次回がある 次回がある 次回があるさ満点とった奴がいる満点のがしたオレがいるあせることないさ あせることないさ自分に言いきかす次回がある 次回がある 次回があるさ 新形式テストは難問化小手先のテクニックも通用しないこれはチャンス これはチャンス勉強しなおそう次回がある 次回がある 次回があるさある日突然考 [続きを読む]
  • ないた赤鬼フォーム
  • 山の中に、一人の赤鬼フォームが住んでいました。赤鬼フォームは、TOEICerたちとも仲良くしたいと考えて、自分のうちの前に、     「やさしい赤鬼フォームのうちです。      どなたでもおいでください。      リスニングに3人の会話、図表問題、意図問題      がございます。リーディングにはチャット      問題、一文挿入問題、トリプルパッセージも      用意してございます。英語力が変わ [続きを読む]
  • 答え合わせ=採点?
  • 答え合わせ=採点?大事なのは何を間違えたかではなく、なぜ間違えたかを考える事。TOEIC問題集に取り組むとき①問題を解く②答え合わせする③不正解した問題の解説を読んで、理解不足を補い正解に至る道程を覚える④なぜ間違えたかを考えるダメTOEICerに意外に多いのは③④をしないことです。答え合わせは、正解の解答に丸を、不正解した問題に正しい解法を書くのが基本です。これをいい加減にして答え合わせを適当にしてもスコ [続きを読む]
  • どうする?プレミアムフライデー
  • どうする?プレミアムフライデー日本では月末の金曜日に早期退勤を奨励して消費を喚起する「プレミアムフライデー」が26日、導入から4回目を迎えたそうですね。今のところ大きな消費喚起は見られず、目に見える効果が表れていない。経済効果は限定的だとの声も。「プレミアムフライデー(プレ金)」の“軍資金”として、全社員に各1万円を支給する計画の会社があるとか!裏山「1万円を使ってプレミアムフライデーに勉強をし [続きを読む]
  • 敵の名は?
  • スポーツでは対戦相手の最低限のDATAを知っておくことが重要。全くの前情報なしに戦うのはおろかです。しかし漠然とDATAを集めてもしかたない。重要なのは自分がなんの情報がほしいかです。もちろん、事前に研究するのと実際に対戦するのは大違いなので、実際にはリアルタイムで作戦をねったり、変えたりする必要がありますね。TOEICも研究は必要なんです。前田先生も、敵の姿がそこにあるのに研究しない方が間違っていると言って [続きを読む]
  • PART2は反芻(はんすう)でスコアアップ
  • 牛、羊、山羊などは、草を食べて体を大きくし、乳を生産することができます。その秘密は、反芻(はんすう)。反芻(はんすう)とは、一度飲み込んだ食べ物を再び口の中に戻して、かみなおして再び飲み込むことです。 TOEICerにも反芻(はんすう)が有効なんです。 PART2は短い会話文を聴く問題。スコアが取りやすい一方、ちょっと聞きのがすとおしまいという一面もあります。最初に流れるセンテンスを聴いて、答えとし [続きを読む]
  • PART1ってウォーミングアップなの?
  • 2006 年6月までのTOEICではPART1は20問でした。短文なので、得意だった人も多いと思います。残念ながら10問、新形式で6問と減ってます。この写真描写問題は写真の描写に一致する英文を4択から選びます。【稼ぎどころ】、またはETSが【ウォーミングアップ】のような感じで出題していると言う人もいますし、 ほとんど対策をしない人も多いかと思います。 しかし、私はPART1こそLCで最も大事なPARTだと考 [続きを読む]
  • じっくり コツコツ
  • どうも、圧倒的な学習量、揺るぎないスコアBeyonderです。(→なってない人。)時間がなかった〜と言っているみんな、では質問です。もし時間があったら全問正解できてましたか?できてない。そもそも満点とる力がついてないのに早く読もう、早く読もうと焦ってない?PART6もPART7もPART5のような短文の集まり。まずはPART5の短文が瞬時に理解できるように復習してみて、そしたらPART7の長文もすらっと読めるようになるから。限界 [続きを読む]
  • うまく使えば時間はいつも十分にある
  • うまく使えば時間はいつも十分にある。- ゲーテ -(ドイツの詩人、小説家、劇作家 / 1749〜1832) たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。これは私が長年、この眼で見てきたことである。- ヘンリー・フォード -(米国の実業家、フォード・モーター創業者 / 1863〜1947)何をするにも時間は見つからないだろう。時間が欲しければ自分で作ることだ。- チャールズ・バクストン -(米国の作家、政治家、醸 [続きを読む]
  • 毎日抜いてほしいって言われるんです、ワインの栓
  • E.GレターマンThe Sale Begins When Customer Says"No"営業は断られたときから始まるという有名な本がありますが、TOEICも間違った時から始まるんです。えっそんな事はない。間違ったときに終わっている?では、質問です。あなたは間違ったときに間違った理由を分析して分類してますか?答え合わせをして、次の新しい問題集に挑戦している? ダメTOEICer!良いTOEICerは間違ったときに、文法、語彙、語法、理解のスピード、読むス [続きを読む]
  • 解答速読
  • 鬼フォーム対策として同じような傾向の問題集を探して即読(そくどく)し始めた人もいます。また模試解きで読むスピードあげて粗苦読(そくどく)訓練する人もいます。 しかし、どちらも対症療法的であって根本的なち治療方法ではない気がします。 真に必要なのは解答速読書かれている事柄を瞬時に理解して要約できる。文中の語句や表現に気づき意味が理解できる文章内容や表現について道筋をたどって答えを出せる。&nb [続きを読む]
  • 英語は塊で捕らえよ2
  • 英語の上達が早い人は英語をかたまりで捉えることができるんです。上達の遅い人は英語を単語レベルで捉えようとします。 英語はアルファベットの集まりが1単語になっています。幸い分かち書きのため単語と単語の間にはスペースがあり単語の区切りは分かります。また、人はb a g g a g e を一つ一つのアルファベでトの認識しているのではなく瞬時に認識できるsite wordとして認識します。baggageを塊として認識できま [続きを読む]
  • 自分との戦い?他人との戦い? それが問題だ!
  • TOEICerにとって、悩みは常につきまとうでしょう。  ・どんな勉強をすればいいの? ・学校へ行くべきなの? ・スコアアップのために何をすればいいのか?  「これをやれば必ずスコアアップする」という魔法のような方法は存在しません。なぜなら、TOEICは他人との競争という一面も持ち合わせていると思うからです。どんなに自己の素点が上がっても、他の受験者も素点を伸ばせばスコアアップは保証されません。  [続きを読む]
  • 予定があるなら早めにワクチン!
  • ワクチン(独: Vakzin、英: vaccine)は、病気にかかるリスクを軽減するために感染症の予防に用いる医薬品です。病原体から製し無毒化あるいは弱毒カ化された抗原を投与することで、体内に病原体に対する抗体産生を促し、事前に感染症に対する免疫(細菌やウイルスに対抗する抵抗力)をつけるものです。 イギリス英語でヴァクスィン(英語発音: [væksín])、アメリカ英語でヴァクスィーン(英語発音: [væksí?n])と発音 [続きを読む]
  • 一人トイ勉
  • どうしたのクミちゃん?えっ、一人トイ勉に行きたいけど一人は寂しいって思われたくなくって行けないって? ダメTOEICer 一人が寂しい?じゃそんなクミちゃんに質問です。 恋愛って大人数でするものですか? 一対一の真剣勝負!恋はTOEICと一緒ちょっと時間をおくと熱が冷めちゃうの! 早起きして、毎日ケイゾク! 因みに品詞問題ってどれくらいでるか知ってる? PART5の約25%(諸説あり)&n [続きを読む]
  • 聴く耳持ってますか?
  • 聞く耳と聴く耳の違いは何でしょうか? 聞く耳は意識しないで自然に入ってくる音声を感じる耳 聴く耳は注意深く聞き聞こえた音声の内容を理解できる耳更には聞いた内容から発話者の思いを受け取れる耳 漢字でみると 聞く門構えの中に入っていて英語として認識できないと門を閉めて聞かない 聴く耳と目と心で聞く(十四の心で聞くなどの諸説あり)耳を突き出し真っ直ぐな心でよく聞く(これって耳ダンボ [続きを読む]
  • 時間がなくて解けなかった
  • この1年間新形式のTOEIC受験はできていませんが、毎回皆さんの受験感想を参照しています。難化、文章が多い、激難、鬼、、、。などのキーワードが多く時間がなくて解けなかったという声も。 でも本当にそうなのでしょうか? 時間がなくて解けなかった というのは時間がなかったと解けなかった原因を分けて考えて対策する必要があります。 時間がなかったという声には、PART5,6に時間をかけすぎてPART7が解きき [続きを読む]
  • TOEICer磨き楽しんでる?
  • どうしたクミちゃん?トイ勉してるけど、リスニング、リーディングPART毎のトレーニングする度に自分には満点無理なんじゃないかって思い始めてる? クミちゃん、一つ言わせてもらっていい?TOEICはインスピレーション。満点いけるかもと思った時点で、その炎既に燃えてる。Fire消防車呼ぶの早くない。できるかできないかを決めるのは理屈じゃない、本能。ちなみに満点って何点か知ってる?1019点。うそ990点。クミちゃんいい加 [続きを読む]
  • 味のしないガムとは違う
  • TOEICの英文は味のしないガムとは違う!どんだけ噛んでも味が長続きします。 自習用に用意した英文コピーが余ったので、問題を解いた後の利用方法を考えてみました。飽きずに同じ文章を繰り返し読むには、読むたびに視点を変えて読むとよいです。 まずは1. ぶっちぎり読み(スラッシュリーディング)2. SV読み(主語、述語動詞を意識して読む)3. 動詞読み(自動詞、他動詞に注意して読む)、自動詞と相性の良 [続きを読む]
  • 聴く力と読む力
  • かなり乱暴な言い方をしますが情報を頭の中に取り入れる(INPUT)という点でリスニングとリーディンは同じものと考えています。リスニングは耳からの音声情報の受信リーディングは目から文字情報の受信また他人に向けて発信する(OUTPUT)という点でスピーキングとライティングは同じものと考えます。スピーキングは口からの音声情報の発信ライティングは手書きで文字情報の発信 今日はINPUTについて考えてみます。先日の記 [続きを読む]
  • スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャスなTOEIC
  • 皆さんはもっとも長い英単語を調べた事がありますか?2位は1913文字!1位は化学の専門用語でタンパク質の一種です。その単語の長さは驚きの18万、あと9819文字です!!2位の1913文字と比べたら差が開きすぎててワケワカメです。6位に見慣れた単語を見つけました。Supercalifragilisticexpialidociousスーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)は昔よく聞いたBOOWYの曲で [続きを読む]