sebu さん プロフィール

  •  
sebuさん: 「めがね食堂」 血圧240/130mmHgからの脱出
ハンドル名sebu さん
ブログタイトル「めがね食堂」 血圧240/130mmHgからの脱出
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/shiz0524/
サイト紹介文健康サプリマニアの私が、なぜか悪性高血圧になってしましました。日々、改善策を探るブログです。
自由文「ゆっくりいきま〜す!悪性高血圧改善の道」から、タイトルを変更しました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供13回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/01/09 17:36

sebu さんのブログ記事

  • 未病 -「癖血(おけつ)」が1番の原因だった!
  • ちょっと体調が悪いんだけど、病院にいっても原因がわからず、「ただの疲れかな?」っていうときありますよね。「まぁ、栄養ドリンクでも飲んで、ゆっくり休めば治るかな〜?」と、強いドリンク剤飲み続けて、私はこんな身体になりましたが。。。ということで、今日は「未病」について調べてみたいと思います。<未病とは?>未病の語源は二千年前の中国・東洋医学の病理概念です。未病とは健康ではないが、といってはっきりした病 [続きを読む]
  • 脳卒中体質!? 血圧変動タイプの方は注意!
  • 高血圧でもない、糖尿病もない、減塩にも気をつけている、悪玉コレステロールも正常。それなのに、脳卒中が起こる人がいます。高血圧でなくても発症する「新型脳卒中」は、「脳卒中体質」と呼ばれる、ある特定のタイプの人に多く見られることがわかってきたそうです。「脳卒中体質」とは「血圧変動タイプ」のことで、一日中、ちょっとしたことで血圧が上がったり下がったりを繰り返します。●血圧変動タイプかどうかのチェック方法 [続きを読む]
  • 音楽で免疫力がUPする理由はこれだった! 「f分の1揺らぎ」
  • フォレスト・ヒーリング最近、自律神経を整えるCD等、音楽療法で体調を整えるというような商品をよく見かけるんですが、どういう仕組みなのか不思議に思いましたので調べてみました。<どうして音楽で免疫力が高まるのか>最近の研究では、音楽に免疫力を高める効果があることがわかってきています。カナダのDaniel J. Levitin教授が、音楽を聴くと神経科学的にどんな影響があるかを研究した結果、音楽は副交感神経に働きかけ、そ [続きを読む]
  • なぜ「がん細胞」ができるのか? (抗癌作用のある食材)
  • 2015年元旦、癌になる理由の第1位がサイエンス誌に発表されました。その1位とは「細胞の突然変異」だそうです。31種類の癌を調べたところ、そのうち骨、精巣、卵巣、すい臓癌、白血病を含む22種類においてこの結果が得られたと発表しています。突然変異したDNAが人体の各部位にたまって癌になっているケースが、全体の65%にものぼったと言うことです。<細胞が「がん」になるのはナゼ?>私たちのカラダの細胞は、約60兆個の細胞 [続きを読む]
  • 寒い時期の血圧管理(身体を温めるポイント)
  • 血圧は気候によって大きく変わりますが、一般に、暖かいときは下がり寒い時は上がる傾向があります。夏は汗をかき、身体のナトリウム(塩)も減少し、温かいので血の巡りも良いために血圧が上がりませんが、寒くなってくると徐々に上ってきます。。。 ということで、今日は「冬の血圧管理」について調べてみたいと思います。<寒さと血圧の関係>「寒さ」による血圧の上昇は、血圧が高い人ほど目立ち、通常の人なら夏と冬の血圧の [続きを読む]
  • 大麻(麻)から抽出したヘンプシードオイルが高血圧に効果あり
  • 最近ネットでヘンプシードオイルの原料である大麻が、ガンにも効くという記事をよく見ますが、アメリカの国立ガン研究所が大麻の持つ抗癌作用を認めたということです。【大麻には陶酔作用や幻覚作用など精神変容作用を示す成分が含まれるため使用は規制されていますが、カンナビジオールは精神作用も他の毒性も全く無い安全性の高い物質です。 (カンナビジオール(Cannabidiol)は大麻草に含まれる成分の一種です。) 最近の研究 [続きを読む]
  • 「爪もみ」 高血圧に効果あり!
  • 高血圧改善に「爪もみ」がいいということで、ずっと続けているんですが、「なんで?」と思いながらしていました。。。 ということで今日は、「爪もみ」について調べてみたいと思います。「爪もみ」を考案したのは著書も多数書いている免疫学の権威の新潟大学 安保徹教授と医師の福田稔さん共同研究によるもので、「爪もみ」は様々な身体の不調に効果があります。・自律神経を整える爪の生え際には神経が密集しています。ここを刺 [続きを読む]
  • 歯周病が高血圧の原因にもなる!?
  • 「口」と「身体」の健康はあまり関係はないように考えられているように感じられますが、実は歯周病が高血圧の原因にもなることがあるという研究報告があるようです。口のなかというのはとっても特殊な環境です。虫歯や歯槽膿漏になってもひどくならなければ大した痛みもなく放置することが可能です。虫歯も歯槽膿漏もなってしまえばその部分には普通に怪我をするように傷が存在します。しかもその傷の上には口の中という湿った環境 [続きを読む]
  • 血圧を下げる食材(6) 柿
  • 果物が美味しい季節になってきましたねぇ。私は柿が大好きなんですが、東北の震災があるまでは、福島の実家の柿が楽しみでした。震災後、柿の木の枝を全部切り落としたので、柿の実が実るのはあと何年かかるのかなぁと…。 ・・・ということで、今日は、血圧を下げる効果のある食材「柿」について調べたいと思います。「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われますが、この言葉のとおり、柿は良質な栄養分が豊富な食品です。その [続きを読む]
  • 二次性高血圧(2) 内分泌性高血圧
  • 今日は、血圧を上げるホルモンについて調べてみたいと思います。<ホルモンとは>ホルモンは体の健康維持のためいろいろな機能を調節していますが、主には個体の生命と活動性の維持、成長と成熟および生殖機能を担うはたらきをしています。体の中には100種類以上のホルモンがあると言われていますが、それぞれが異なるはたらきを持っています。体の健康を保つ為、いろいろな機能を調節している、一種の潤滑油とでも言って良いでし [続きを読む]
  • 自己治癒力 - 自分の身体、信じてみませんか?
  • 「米国防高等研究計画局(DARPA)はこれまで、自軍兵士を屈強のものとするため、特殊な装置を兵士の神経回路器官に自動制御調節装置を埋め込み、自己治癒能力を高めるという開発をしていて、「エレクトRX(エレクトリックス)」プロジェクトと呼ばれている。。。」という記事を読み、「やりすぎだわぁ」と思いながら「自己治癒力」について調べてみました。<自己治癒力とは>自己治癒力とは、人間がもつ生命力そのもので、体を健 [続きを読む]
  • 血管の大部分は「コラーゲン」 
  • 高血圧になってから、最低限のサプリ以外は摂取しないよにしていたんですが、髪や肌もパサついてきて、潤いの「自給自足」が難しくなってきたので、「コラーゲン、また飲み始めようかなぁ。。。」と思い。。。ということで、今日は「コラーゲン」について調べてみたいと思います。<コラーゲンとは>コラーゲンはたんぱく質の一種で、体を構成している全たんぱく質の約30%を占めています。体内における全コラーゲンの約40%は皮膚 [続きを読む]
  • 自律神経(5) 秋バテ
  • 最近はめっきり涼しくなって過ごしやすくなってきましたが、「秋バテ」でなんとなく不調という方が多いようです。・・・ということで、今日は「秋バテ」について調べてみたいと思います。<秋バテとは>秋バテは、暑さが落ち着き、涼しくなってきた頃に、体に不調が起こることをさします。夏バテと似た症状が出ますが、暑さが落ち着いてきているにもかかわらず、「なんとなく調子が悪い」と感じたら、秋バテの可能性があります。秋 [続きを読む]
  • 自律神経(4)副交感神経が過剰に働いた場合はどうなるのか?
  • 自律神経にやさしい音楽血圧を下げるには、副交感神経を優位にさせてリラックスするといいといわれていますが、副交感神経の働きが過剰になった場合はどうなるのか?・・・今日は、副交感神経過剰の時にでる身体の反応について調べてみたいと思います。身体は、夜寝ている時でも、起きている時でも、意識しなくとも心臓は動いて、呼吸もしています。暑ければ、体温下げるために無意識で汗をだし、寒ければ体温を下げまいと震えたり [続きを読む]
  • 自律神経(3) 副交感神経を高める食事
  • 血圧の安定を保つために、自律神経について色々調べているんですが、自律神経のバランスが一番良いのは10代の時だそうです。その後加齢と共に機能が低下していきますが、調査してみると交感神経の機能は加齢による変化は見られなかったそうです。しかし副交感神経の機能は加齢と共に緩やかに下降していき、自律神経の力は10年でおよそ15%ずつ低下していくそうです。・・・ということで、今日は、副交感神経の働きを高める食事につ [続きを読む]
  • 体質改善(3)虚弱体質
  • 最近、まわりを見るとかなり細い女性が多いような気がします。「そんなに細い脚で大丈夫なの?」と、余計な心配をしてしまいますが。。。ということで、今日は虚弱体質について調べてみたいと思います。虚弱体質といえば、ひ弱な子供のイメージが強いと思いますが、意外と大人になってから体質が変ってしまい、不快な症状に悩まさている人が増えているようです。実は西洋医学では「虚弱体質」という病名自体が存在していません。で [続きを読む]
  • 体質改善(2)疲労物質「FF」と疲労回復物質「FR」
  • 最近、疲れを感じることが多いんですが、体力が落ちたからなのか?今日は、疲労について調べてみたいと思います。疲労の原因物質と言うと、これまで「乳酸」が有名でしたが、2004年のScience誌に掲載された論文で、乳酸が疲労物質であるという説は否定され、さらに最近では乳酸自体は疲労を和らげてくれる物質であるということもわかってきたということです。2008年、東京慈恵会医科大学の近藤一博教授によって、乳酸に代わる疲労 [続きを読む]
  • 体質改善(1)血液サラサラ
  • 降圧剤を休薬して3か月目になりましたが、来たる冬に向けて、日々、体質改善に励んでおります。 寒くなったら、どれだけ血圧が上がるのか?その前に少しでも血をサラサラに... と思っております。・・・ということで、今日は体質改善の中から「血液サラサラ」について調べてみたいと思います。人間の体は約60兆個の細胞からできています。この1つ1つの細胞の質によって、体質は決まってきます。?細胞の質が良い=良い体質?細胞 [続きを読む]
  • 血圧は両腕を測る!(血圧の正しい測り方)
  • 最近では、血圧は両方の腕を測定するべきだと言われています。左右の腕の最高血圧に差がある人々は、血管疾患が潜んでいる危険性が高くなり、さらに脳卒中などの心血管疾患か他の原因による死亡リスクも増加するようです。イギリスのエクセターペニンシュラ医科歯科大学の研究で、左右の収縮期血圧に 15 mmHg以上または 10 mmHg以上の違いがあることは、脚に血液を供給する動脈に狭窄か硬化がおきる末梢血管疾患および脳への血液供 [続きを読む]
  • 降圧剤中止ー2ヶ月目の経過報告
  • 降圧剤を中止してから2か月が経ちました。体調も良く、身体の中も、薬に作用された感じはなく、自然に稼働している感じです。日々の血圧の数値と、その日の行動&食事などもチェックしていたんですが、それらが血圧の数値に反映されてて興味深くてオモシロい!例えば、休日にどこにも出かけずに家でダラダラしていた日は、何故か血圧が高い!? ゆっくり過ごしたつもりが、ダラダラ過ごしてしまったということに対して、ストレスた [続きを読む]