pelleas さん プロフィール

  •  
pelleasさん: サーシャのひとり言
ハンドル名pelleas さん
ブログタイトルサーシャのひとり言
ブログURLhttp://ameblo.jp/pelleas2016/
サイト紹介文音楽や絵画など日々見たり聴いたりしたことの備忘録的ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供407回 / 365日(平均7.8回/週) - 参加 2015/01/09 21:33

pelleas さんのブログ記事

  • 「Sing」ユニバーサル・スタジオ
  • アニメーション映画を見るのは実に久しぶりでしたが、面白かった!です。当初は字幕版を見に行こうと思っていたのですが、ちょっと行く機会を逃しているうちに、徒歩圏内のシネコンは字幕版上演が夜1回になってしまい、吹き替え版を見ることに…。でも、吹き替えに全然違和感なく楽しめました。これはHappyでおススメな映画ですよ。 客足が遠のき倒産寸前の劇場の支配人、コアラのバスター・ムーンが主人公。何とか劇 [続きを読む]
  • 寺社を巡るー73 青森・蕪島神社、ウミネコの繁殖地を訪ねて
  • 青森旅行の最後は八戸市内の蕪島神社へ。蕪島は島と呼ばれてはいますが、1942年の工事で本土と陸続きとなりました。天然記念物のウミネコ繁殖地としても知られています。残念ながら、島の頂上に立っていたこちらの神社は平成27年11月の火災で全焼してしまいました。現在では、蕪島海浜公園入り口付近に臨時の社務所が設けられています。毎年3月から8月頃まで、ウミネコが飛来して子育てを行います。八戸ではウミネコは、漁場を教 [続きを読む]
  • 寺社を巡るー72 青森・櫛引八幡宮
  • 日帰り青森旅行の午後、参拝しました。八戸市内にある櫛引八幡宮は、鎌倉時代から南部家(青森県南部・岩手県北部)の総鎮守として尊崇されてきました。境内とその周囲には多くの見上げるように立派な杉の樹が生えています。正門を入ってすぐの場所にある夫婦杉。拝殿施された彫刻も生き生きとして見事です。神明宮 天照大御神を祀ります。本殿脇にある三本杉。眼病に御利益ありと聞き、深々とお参りする私。これ以上近視や [続きを読む]
  • 青森・八戸日帰り旅行の巻ーイエス・キリストのお墓?!
  • 日曜日は八戸に日帰りでお出かけ。最近、どこで読んだのか、日ユ同祖論に興味をもった夫がそれに関連してどうしても一度、青森にあると言うイエス・キリストのお墓を見てみたいと言い出しまして・・・。泊まりで行った方がスケジュールは当然楽ですが、かたやどうしても家でゴロゴロしていたい、イエス様のお墓は興味ないと言い張る中3が居たので仕方なく日帰りで。始発に乗って東京駅から新幹線はやぶさ。いやはや、でも青森はや [続きを読む]
  • モーツァルト「魔笛」神奈川県民ホール
  • 以下演出についての記述があります。 モーツァルト「魔笛」2017年3月18日神奈川県民ホール指揮   川瀬賢太郎演出   勅使川原三郎神奈川フィルハーモニー管弦楽団キャストザラストロ   大塚博章夜の女王   安井陽子タミ―ノ    鈴木准パミーナ    嘉目真木子パパゲーノ  宮本益光パパゲーナ  醍醐園佳ダンス&ナレーション 佐東利穂子 毎年恒例の神奈川県民ホールのオペラ。今日は [続きを読む]
  • 寺社を巡るー71 高尾山薬王院
  • 風は冷たいものの雲も殆ど無く気持ち良く晴れた昨日は、お休みの重なった夫と高尾山へ行ってきました。行きの海老名SAでメロンパンをゲット!昨年、友人とゴールデンウィークに来た時は大変な混雑でしたが、昨日はウィークデーという事もあり朝の人出はまばらでした。8時のケーブルカー始発に乗車。高尾山駅を降りると薬王院を目指し歩きます。山内に18箇所ある六根清浄石車。6回転ずつ回すと108となり人の煩悩の数と同じになり [続きを読む]
  • ハローキティのにんげんだもの
  • 先日実家に遊びに行った時、リビングでキティちゃんの日めくりカレンダーを発見。思わずお揃いで買ってしまいました。相田みつをさんの言葉とハローキティのコラボレーションです。実の所、以前は相田みつをさんの人生訓的な言葉にちょっと引いていた時期もありますが、キティちゃんが語るとあら、不思議!とっても素直な気持ちで言葉がこちらに入って来る気がします。子供の頃、口の無いキティちゃんが苦手だったのが嘘のよう・ [続きを読む]
  • 「海賊」バイロン作、太田三郎 訳、岩波文庫
  • 岩波文庫からリクエスト復刊されたバイロンの「海賊」。いかにもなバイロニック・ヒーローである海賊コンラッドが主人公なのですが、読み終わってふと誰かに似ているような…。孤高の海賊、アウトロー、生涯でただ一人の愛する人…、そうキャプテン・ハーロックにイメージがそっくり!なのですよ。ちなみに、バイロンの「海賊」は夏にENBで見に行く予定のバレエ「海賊」の原作とされますが、全く別の世界観だと思います。 バ [続きを読む]
  • 最近のお買い物
  • ブルクハルトの「ルーベンス回想」を読んでいて、あまりの作品掲載の少なさに(文庫版なので仕方ないのです…)「ああ、ルーベンスのちゃんとした画集が欲しいなぁ」と思っていた私。 古書ですが、魅力的な本を見つけました。 1978年に岩波書店から出版された「ルーベンス」。フランス・ボードワン 著黒江光彦、磯見辰典、荒木成子 訳です。 今から約40年前の出版当時は14000円の高価な本でした。問題ない範囲の [続きを読む]
  • 「ミュシャ展」国立新美術館
  • 始まったばかりのミュシャ展を見に、仕事帰りに六本木まで足を伸ばしました。平日の午後なのでそれ程混んでいないのでは…と期待していましたが、これがまた結構な混雑。図録1冊購入するのに3列で並ぶ有り様でした。それでも見終わった3時頃、建物外のチケット売り場の横を通ると、私がお昼過ぎに購入した時とは比べ物にならないほどの長蛇の列でしたから、更なる混雑が…。日本でのミュシャ人気はすごいですね! 元々 [続きを読む]
  • 「メッシーナの花嫁」シラー 作、相良守峯 訳、岩波文庫
  • メッシーナは現在のシチリア島の都市。シューマンによる序曲「メッシーナの花嫁」として知られていると思います。(シューマンは当初オペラの構想を持っていたようですが、結局序曲だけが残されました。) メッシーナの国王が亡くなって以来、それまでは父王の権威で抑えられていた不仲な王子たちドン・マーヌエルとドン・ツェ―ザルの争いはエスカレート、街を真二つに分けての争乱が起こっていた。 実は王子たちの母 [続きを読む]
  • 「ねこぺん日和」宝島社
  • 昨年夏にスマホに替えるまでラインというものをしたことが無かったのですが、(今でも殆ど家族としかしてなくてそれ程進歩していません…)、ラインを始めて私にとって非常に画期的だったのがこの「スタンプ」というものです。 いや、ホントに可愛くて、メールではなかなか素直に言えない事などでも(ごめんね、とかありがとうとか…。ホントはきちんと口で言えば良いのですがなかなか年を取ると意固地になってしまいますよ [続きを読む]
  • 東京宝塚劇場 月組公演「グランドホテル」
  • 当初の予定には入っていなかったのですが、妹が急遽都合が悪くなりチケットをもらいました。最近、慌ただしい中で貴重な休日でしたが、こういうお誘いを断るはずもなく…。自分ではなかなか良いお席が抽選で当たらないので、宝塚の舞台を1階席で見るのは初めてかもしれません。妹よ、ありがとう!! 宝塚歌劇 月組公演東京宝塚劇場2017年2月26日ザ・ミュージカル「グランドホテル」脚本   ルーサー・デイヴィス作 [続きを読む]
  • 3月の予定なと
  • どちらかと言うと先々の予定には適度に余裕があるくらいの方がホッとする私としては、ここ数週間の慌ただしさは若干ストレスフル。でも、忙しいのもあと2週間ばかり、何とかつつがなく過ごせますように!さて、3月の予定としてはパリオペラ座バレエ団「シルフィード」パリオペラ座バレエ団「グラン ガラ」神奈川県民ホール「魔笛」新国立「ルチア」みなとみらいクラシックマチネ 金子三勇士です。久しぶりのピアノリサイタル、こ [続きを読む]