Konnichiha さん プロフィール

  •  
Konnichihaさん: 女一人旅と自然の楽しみ
ハンドル名Konnichiha さん
ブログタイトル女一人旅と自然の楽しみ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/saidakyoko
サイト紹介文定年後、生きる力をためすため一人旅、里山ハイキング、自然にしたしんでいます。
自由文家族はみんな独立していって、老いた母の介護と仕事にはげむ体力の落ちて来た夫への配慮の生活。自分の世界を築いて、ストレスを解消することをもとめて、里山に親しみ、神社仏閣教会を歩き参拝して、鳥や草花に心を和ませでいます。歴史が大好きで、ほぼ毎日、古代史や西域、宗教関係の本に楽しんでいます。友人の輪をもっと拡げることが課題ですが、引っ込み思案中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/01/10 10:56

Konnichiha さんのブログ記事

  • 比叡山「 道元禅師の得度の地」へお参りに
  • 比叡山へ登ったら私がその教えに共鳴して 最近、一生懸命勉強しようとし始めた「道元禅師」の「得度された地」というところへ行ってみようと昨日、その日うだるような暑さ そよ風もない 全身汗でずぶ濡れでも「きらら坂」を登る途中から5人の京都の会社の人々と前後して登り親しくお話しするツツジが丘は夏草やしげる木々で鬱蒼としているどこを見ても青々 日本の夏の美 緑ギリシャのハゲたような木の少ない山を見た後にはこ [続きを読む]
  • テッサロニキ 11.エデッサ(水の町へ)
  • 7月18日 テッサロニキ郊外のエデッサとペラへドライブした前夜に地図とにらめっこしてどの道から街を出てどの道から帰ってくるかと研究エデッサまでは92km 地図では道路は1本でわかりやすいことになっているでも 実際に走ってみると なんのなんの街を 村を 迂回したり入ったりしていくので 途中がややこしくなるブログの油食林間さんのページで少しばかり勉強していったギリシャ語の文字達これがこのときとても役に立 [続きを読む]
  • テッサロニキ 10.ビザンチン博物館
  • 考古学博物館の隣にはビザンチン博物館があるここには 古い時代からのイコンがぎっしりと展示されていた残念ながら表示はあまりないのでよくわからなかったが 年代がはっきりとしているものは少ないようだあちこちの古い廃止になったような正教会からのものなどもあるおおよその時代がわかる長いトルコ支配の間 イコンはきっといろいろなところで人々にかくまわれていたのだろういくつかをお見せします暗くて写真が撮りにくかっ [続きを読む]
  • テッサロニキ 9.テッサロニキの博物館巡り
  • 7月18日は オリンポス山からディオンの遺跡を見て、テッサロニキへ帰って体を休めたテッサロニキにはたくさん博物館があるが、有名なのは考古学博物館とビザンチン博物館、そしてホワイトタワーにあるマセドニアの歴史館このうち 時間が足りないので 考古学博物館とビザンチン博物館へ行った1100BC の鉄器時代から展示がある続いてマセドニアの首都であったアイガイ(ヴェルジナ)からの遺物、BC400年からのペラからの遺 [続きを読む]
  • テッサロニキ 8.聖地ディオンからの出土品
  • ディオンの遺跡の入口には 遺跡から発掘された物を展示する博物館がある興味を引いたものを順次お示しします(イシス神殿に属する子供 後ろの髪型が特異であると」)(見につける宝石類 目玉のがらがある 今もトルコなどで指輪やネックレスにしている物だ)(乳母が子供を抱いているのだろうか)(白鳥??レダかな 戦っているのは)(古代の楽器)(ディオン遺跡のモザイクフロア) [続きを読む]
  • テッサロニキ 7.オリンポス山麓の聖地ディオン
  • 7月15、16日とオリンポス山の主峯ミティガスが眺められるスカラ近傍まで登ったが下山して 翌日 オリンポス山の麓の古代遺跡 ディオン(Dion)へいった車ではリトホロから町を2つほど行ったところあたりは オリンポス山麓であり 緑が豊かで水があふれ泉が湧いているオリンポス山から地下をくぐって出てきた恵みの水、泉(ディオン遺跡から見たオリンポス山 この日は雨で霞んでいる)(水の中のイシス神殿)当時はこんな [続きを読む]
  • テッサロニキ 6.食紀行 エグナティア通りから海岸へ 
  • ホテルは テッサロニキ鉄道駅から10分ぐらいのところのアナトリア・ホテル サービスが良くてお部屋もきれいで、、ランガダ通り沿いに南へ 毎日、夕方には夕食を食べに海岸通り方面へ向かう途中に大きな市場もあって お魚も豊富たくさんのレストランが並んでいる今回はギリシャ料理のムサカや豆のスープなどは食べず(靴屋さんではありません チョコレートでできたハイヒールとバッグ)(スブラギ トルコ系 牛と豚とチキン [続きを読む]
  • テッサロニキ 5.アギオス・ディミトリウス教会
  • ギリシャ正教の教会巡りをしましたこの街の正教の教会のハイライトは 何と言ってもアギオス・ディミトリウス正教会ビザンチン時代の5世紀にこの街の守護聖人ディミトリウスが殉教した場所に建てられているディミトリウスは隣にあった公共浴場の釜で殉教したという7世紀と20世紀初頭に消失して 再建されたものである一部の天蓋や柱に 昔のモザイクやフレスコ画が残っている [続きを読む]
  • テッサロニキ 4.レンタカーを借りる
  • 旅行の一部として テッサロニキからオリンポス山への登山基地のリトホロへは90kmぐらいで、運転が必要登山に関して2泊を予定していたので、リトホロへの往復について一番困った(後でわかったことだが、リトホロのタクシー運転手さんなら片道110ユーロでテッサロニキと登山基地を往復可能だと テッサロニキでこういう風な話は日本では見つからなかった)そこで 日本で、Booking・com のレンターカー関連部門を介してネッ [続きを読む]
  • テッサロニキ 3.ローマ時代の遺跡
  • 2日目、午前、さらにあるいていくとローマ時代の遺跡が発掘してあった図に示すように 大きな広場(アゴラ)で、古代のテッサロニキの街の中心地BC3~2世紀からローマ時代にかけての遺跡裁判所跡や商店もあったそれほど大きくはないが 円形劇場もある道路も通っているひょっとして この道路をパウロも歩き、別の時代の別の場所ではローマの皇帝となったアウグスツスも通ったかも。(立派なん道路が通っている)このようなローマ [続きを読む]
  • テッサロニキ 2.パナギア・ハルケオン教会へ
  • テッサロニキ 1日目午前9時にブラブラとホテルを出てランガタ通りを南下して、ディモクラティウス広場を東へ曲がってエグナチアとおりを歩いてみた10分ほど歩くと古そうなアギオス・ハルケオン教会表には小さなローソクのともった小屋がありイコンが祀ってあるまるでお地蔵さんみたい11世紀設立の世界遺産 鍋釜製造人や鍛冶屋さんの集うところどの教会もほとんど古い教会は現在の地面より2〜3m 低いところにある(パナ [続きを読む]
  • テッサロニキ到着 ギリシャ旅行1日目
  • 高齢者となって、これからの第3の人生の出発に向けて究極の「女一人旅」を 人生の最後の挑戦としてやってみようかな、、とまずは感覚を忘れない前にと旅の3〜4日目に行ったオリンポス山(2918m)で登山を試み、苦しい体験をした報告をしました今日からは このギリシャ北部、マケドニア地方の中心地、ギリシャの第2の大都市テッサロニキに5日間滞在して体験したことを報告しますこの街に数多く残る古いキリスト教初期か [続きを読む]
  • ギリシャのオリンポス山へ 安易な登山の反省記
  • 7月13日〜21日まで、純粋な「女一人旅」を試みた。目的は3つ:1. ギリシャ神話で有名なオリンポス山へ登る2. テッサロニキの街でギリシャ正教会の建物を見て、イコン参拝3. アレキサンドロス大王の遺跡をめぐる7月15日13時登山基地プリオニア出発 途中、お花の写真を撮りながらゆっくり息を切らして登る比較的多くの人々が登って行く上、道もわかりやすい夕方5時半頃に4時間半かかって、アピガトス小屋へ到着。小屋では [続きを読む]
  • 京都 北大路商店街のツバメ
  • 近頃では珍しいツバメ京都の北大路商店街の看板の上に 巣を作っている親ツバメが盛んに出入りして 食べ物を運んでいたりするこのお餅やさん 江戸末期?時代からあるそうだ私は時々 ここで「うどん』や 「丼」のいろいろを食べる(ツバメのツーショット)北大路の車の通る賑やかな道路すれすれに飛んでいる何か 小虫でも採っているのだろうか飛んでいる蚊を すいっと 飛びながら食べるのを見たことがある人間には益鳥と言わ [続きを読む]
  • 神戸森林植物園 長谷池のハスとコウホネ
  • 先日6月29日に神戸森林植物園へ行った時に見た長谷池の様子をお見せします2日前に行った友人によれば アジサイはもう盛りを過ぎていて今は 長谷池のハスの花が満開とのこと紅葉の新緑もすばらしいですモリアオガエルの卵ももう孵っているでしょう私は迂闊にも森林公園にカメラを忘れてしまった電話をかけると どなたかが届けておいてくださり公園事務所から自宅へカメラをとどけてもらうことができたこの場を借りて深く御礼 [続きを読む]
  • 神戸市立森林植物園 アジサイ満開!
  • 先週の木曜日 小雨の日友人たちと神戸の新開地に集合して 神戸電鉄に乗って北鈴蘭台へそこから無料バスで 森林植物園へアジサイがちょうど満開普通のアジサイからヒメアジサイ、ヤマアジサイまで (ヤマアジサイ)日本の原種のシチダンカ(シーボルトが採集したのと同じ種類)のいろいろ(シチダンカ)ツルアジサイも 薄紫のもの(アマチャ)アナベルという西洋種はやはり大ぶり(アナベル) [続きを読む]
  • 裏山に植えられた夏椿が咲きました
  • 20年以上前に93歳で亡くなった義母がいつの間にか植えていた夏椿いわゆる「シャラ双樹」のシャラと言われている樹大きな木になって毎年美しい白い可憐な花を咲かせてくれる平家物語に出てくるこの木は 咲いた花が夜には落ちてしまうだから 無常の木、花なのだその度に 懐かしい義母のことを思いだす義母は草花も潅木も木々も 花が好きだった一緒に暮らした20年は こちらも多忙な仕事の真っ最中で元気な頃のその生活を良 [続きを読む]
  • 映画「草原の河」。。チベットの田舎の現在
  • 友人の誘いで 十三駅から徒歩数分のところにあるシネマ系の映画館 第七芸術劇場へ チベット映画(残念ながら中国)「草原の河」を見に行った2015年のベルリン国際映画祭などから賞賛された映画とチベット人監督のソンタルジャ作品主演は小さなチベット族の女の子 ヤン・チェン・ラモ(6歳)草原の生活の中で 祖父と孫娘、父と息子、夫婦、女の子と母の胎児、友人たちなどの生活と心理が描かれている子どもの大人の中で動 [続きを読む]
  • 仲代達矢主演の「海辺のリヤ」
  • 時間が浮いたので、京都シネマへ行って仲代達矢主演の「海辺のリヤ」を見た元演劇俳優という認知症になってしまった父と父の認知と愛を求める娘、冷たい仕打ちをする長女と長女との間に挟まってウロウロとするその夫との物語出演者はここへちょっとだけ出てくる運転手を入れて5人のみ場所は海岸と老人ホームの玄関、その間の50mほどの淋しい道、と自宅の駐車場と玄関前のみ全てが仲代達矢の演技であるふらふらと海辺を歩く姿は [続きを読む]
  • 平野啓一郎氏の討論会を聞きに 「マチネの終わりに」
  • 手首を骨折していて、何をしても楽しくないと言うか 最低限度の家事をこなして 仕事に出る日以外は家にいる私は平野啓一郎氏が作家デビューをされた時から、つまり芥川賞作品の頃から半分ぐらいの彼の本を読んできた今日突然、ツイッターを眺めていると京都で 午後2時から 平野啓一郎氏と工学部出身だが演劇集団の劇団ヨーロッパを率いておられる石田剛太さんとの「トークショウー」があると出ていたこれだ! と早速地下鉄で [続きを読む]
  • 右手首の骨折 豆状骨が真っ二つ
  • 6月4日の日曜日 滋賀県比良連峰の雄 武奈岳1214m へ登った。頂上は圧巻の景色 琵琶湖が、伊吹山が、竹生島が 全てくっきりと琵琶湖は きっとスイスの山の湖よりも ブルーだった感激して さあ お昼を食べよう! 一歩踏み出して「つるり!」と滑って右手をついて、尻もちもついて 激痛が走ったレントゲンで右手の小指側の付け根にある豆状骨が割れていたギプスの生活が始まった以前、左手の手首を骨折したが 右手 [続きを読む]
  • うねる毛と頭のマッサージ 「日経ウーマン」より
  • 髪のうねりを「2分」で解決する頭皮ゆがみとりマッサージ2017年6月8日土台をしっかり整えておけ
    ば、髪質もそれに応えて変わっていく!http://wol.nikkeibp.co.jp/images/n/wol/2010/leaf/sns/btn_natena.pnghttp://wo
    l.nikkeibp.co.jp/images/n/wol/2010/leaf/sns/btn_tw.pnghttp://wol.nikkeibp.co.jp/images/n/wol/2010/leaf/sns/btn_fb.png雨の多い
    時期に悩まされる、うねり毛・ペシャ髪の原因のひとつでもある頭皮のゆがみ。毎 [続きを読む]
  • ベニドウダンつつじ咲く武奈岳
  • 先の日曜日、初夏の武奈岳 1214m へ友人を誘って3人で登った薄曇りと真っ青な空と杉林を抜けてどんどん高度を上げて武奈の若葉の美しい尾根へと御殿場山への尾根筋にはヤマボウシ、タニウツギの花が満開である白い花も咲いているもう草花は終わりで潅木が花を咲かせていたホトトギスが ウグイスの真似をして鳴いていたホトトギスの声でも、、御殿山から西南稜へ大好きな広々と開けた尾根道オレンジ色のレンゲツツジ や赤 [続きを読む]
  • 「ミュシャ展」 スラブ叙事詩 へ
  • 東京の国立新美術館へ 東欧のチェコから 「ミュシャ展」がやってきている5月25日と26日の1泊2日で この「ミュシャ展」を入れて4つの美術館をはしごしてきたせっかく東京へ行くのであるから と欲張って、、JRのジパングの切符、3割引を有効活用 まるでこだま号のような「ひかり」に乗って、、美術館では二つの展覧会が同時進行で 人人人の波 行列は7重ぐらいで外まで続いていたが案外進むのは早くて30分で入場で [続きを読む]
  • 韓国の原発の所在地と日本の関係 特に関西地方
  • 油食林間さんからのコピーです。重要と思われますので転載します。これは一部です。全文は油食さんのページへどうぞ。もしかしたら世界は後2日で The End.クリップ追加 2017/4/25(火) 午後 3:35 時々に! 軍事2もし、米国が北を攻撃したら、北は僅かの残存兵力で何をするかは明白です。例の金日正の王道教育の基本原則は「わが国は米国には勝てない、しかしもしわが国が滅びるなら世界も同時に滅ぼす。」という物でした [続きを読む]