cheetarpapa さん プロフィール

  •  
cheetarpapaさん: キャンプの時間
ハンドル名cheetarpapa さん
ブログタイトルキャンプの時間
ブログURLhttp://cheetarpapa.naturum.ne.jp/
サイト紹介文チータパパが気ままにお出かけの足跡を 実体験に基づいて、個人的主観でレポしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/01/10 11:39

cheetarpapa さんのブログ記事

  • 野口オートキャンプ場 20170624
  • 2017.6.24 ☆☆☆ 【HP】恐るべし、和歌山県の河川敷キャンプ場。チープなイメージからは程遠い、まともなキャンプ場。おまけに、広々としていて、芝の手入れに余念が無い感じ。個別サイトとフリーサイトの2種類だが、合わせると100人以上は余裕で利用できそうな感じ。これだけ広大なフリーサイトなら、なかなか他人と干渉せずに済む。一方で、区画サイトの一つのサイトの広さもピカ一。大型テントとタープを3セット張 [続きを読む]
  • 煙樹海岸キャンプ場 20170617
  • 2017.6.17 ☆☆ 【HP】ナビが無いとちと分かり難いコチラ、紀伊水道に面する海岸。※上のHPの アクセス を参考に。海岸のキャンプ場にありがちな、サイトは 松林の中。ということは、ランダムに生えた松の間を申し訳無さそうに、 お邪魔しますよ~ って。この松のおかげで、海からの強風も和らいでいるんだな~ここで、プチ情報〜〜〜  日本の海岸の代名詞的景観の松林、どこも古くからあるものだが、ここの松はな [続きを読む]
  • 水口スポーツの森 20170402
  • 2017.4.2 ☆☆ 【HP】だいぶ暖かくなり、そろそろシーズンイン って事で、今回はスポーツの森を紹介。スポーツの森と言うだけのことは有って、コチラはスポーツ施設が充実。野球場、陸上競技場、グラウンド等、大きな施設が ギュッと集まっている。この辺りではちょっとしたイベントも開ける場所の様。キャンプ場はスポーツ施設を見下ろす高台に年末年始だけは営業中止との事で、さすが 市営の施設。それ以外は、頑張 [続きを読む]
  • 境港公共マリーナ 20170205
  • 2017.2.5 ☆☆ 【HP】数年に一回、全国ニュースに出る鳥取の冬。高速や一般道で数百台の車が立ち往生 って。そんな鳥取にして、年中オープンのありがたい施設を今回は紹介。そう言えば、砂丘の近くにも有ったっけ、ココ。ただし・・・  冬でも使えるからって、真冬の日本海をなめるとひどい目に会うので。そこは天候・気候をみて出撃を判断するべし。北からの風を遮るものも無く、そもそも、その風から町を守る防風林 [続きを読む]
  • 2016年回顧録 20161231
  • 2016.12.31毎年恒例の一年を振り返り。色々行きまして・・・ 知らず知らず 今年も 27サイト のレポアップ。並べてみると、これも今年の事〜?あっ、これもか〜。そして、北海道上陸も今年の事。そんなこんなを、簡単なコメントを入れて、並べてみました。 興味ある記事は、本編で・・・♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪ 2016キャンプの足跡 ♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪2016.3.5 田の浦野営場 … キャンレポとして [続きを読む]
  • 権現総合公園キャンプ場 20161123
  • 2016.11.23 ☆☆☆ 【HP】久しぶりの兵庫県ネタを アップ。冬はお休みで 3月からシーズンインするキャンプ場は多いが、こちらも来月 12月から2月までお休み。さて、キャンプ場の名前にもある、権現。権現湖っていう、湖のほとりにある。正確にはほとりでなく、見下ろせる高台に位置している。湖とは書いたが、実は農業用の灌漑に使われているが主な役割だそうだ。だから、ここで釣りやボートで遊ぶって訳にはい [続きを読む]
  • 洞爺湖曙公園キャンプ場 20160828
  • 2016.8.28 ☆☆ 【HP】久しぶりのアップで、しかも、少し前のネタでごめんなさい。という事で、前回と同様に、北海道から・・・今度は洞爺湖、湖畔のキャンプ場。湖畔、つまり、湖にそのまま行けるキャンプ場。前回アップした グリーンステイ で不満だった、湖との一体感がココにはある。されど、道と湖との猫の額ほどの帯状のキャンプ場。ここは、洞爺湖目的以外には考えられないはっきりとした立ち位置を主張する。 [続きを読む]
  • グリーンステイ洞爺湖 20160828
  • 2016.8。28 ☆☆☆ 【HP】蒸し蒸し暑い、ベタベタと肌にまとわりつく衣服。更に追い打ちをかける、肌を焦がすカンカンに照りつける太陽。これが日本の夏、本州の夏。暑〜〜〜い! 冷蔵庫に頭を突っ込むも、気持ち良いのはその時だけ。何とかならないか・・・  そうだ!北へ行こう!!そうだ、北海道へ。ってことで、今回は少し前の でっかいどう 上陸のレポを。湿度が低く、冷涼な北海道の夏のイメージ先行でパッキ [続きを読む]
  • 高篠山森林公園 20160730
  • 2016.7.30 ☆☆☆ 【HP】最近出来た訳では無い割に、綺麗にされています。つまり、手入れが行き届いてる ってこと。森林公園 っていうと、施設もワイルドなイメージがありますが、コチラは芝生の青さが目に染みる整備されたキャンプ場。ワイルドキャンプを目指す方には不向きでしょうが、家族やグルキャンには良いかも知れません。サイトは段々畑の跡を再利用したような、レイアウトですが・・・一枚の畑跡が2〜3サ [続きを読む]
  • グリーンライフ猿花キャンプ場 20160718
  • 2016.7.18 ☆ 【HP】グリーンライフ って、とっても惹かれる・・・どんなとこだろう???オゾン たっぷりで、居るだけで癒される・・・ みたいな。と期待に胸膨らませながら車を進める。微塵も感じることなく、突然 ナビが ”ここを左折” って。えーーー!このお家とお家の間の道〜?半信半疑で進むと・・・住宅街背後の高い木の乱立する施設。間口の狭い入り口を抜けると・・・昼間でも薄暗く不気味な上に、カ [続きを読む]
  • 北本市野外活動センター 20160718
  • 2016.7.18 ☆☆ 【HP】”野外活動センター” って、イメージからすると・・・すごい広大な自然の中にある、 双眼鏡を首から下げた サファリルックの職員さんがジープに乗って・・・偏ってはいるが、かなり アウトドア な施設 を思い浮かべる。あくまでも、個人的には・・・。ところが、ココは埼玉の住宅街の中にある自然公園。その片隅にキャンプ施設がある。片隅にある 程度なので、広ーい芝生の広がる・・・  [続きを読む]
  • 小野川湖オートキャンプ場 20160710
  • 2016.7.10 ☆ 【HP】このキャンプ場、実は名前が紛らわしい。キャンプ場では ”小野川湖オートキャンプ場” との表記しかない。しかし、公式HP を探すも・・・あれ〜? どれ??レイクビレッジ小野川湖オートキャンプ場 なのか、小野川湖オートキャンプ場レイクビレッジ なのか、 はたまた レイクビレッジ だけなのか・・・。ちなみに、 なっぷ さんでは「ライフタイム キャンプ&リゾート」、E-CAMP さん [続きを読む]
  • 庄助キャンプ場 20160710
  • 2016.7.10 ☆☆ 【HP】磐梯山の北側のリゾート地、小野川湖畔のキャンプ場です。れっきとしたキャンプ場だけど・・・  基本、こちらの 設備は然程大きくなく、必要最低限。施設は、管理棟周りのみに。じゃあ、こちらには何が?湖畔 という事で、夏はバス、冬はワカサギ・・・ と、釣り人が集まる場所なのです。だから、キャンパーよりも逆にバサーの姿が目立つ。やはりココは釣り人ターゲットの施設なんでしょう。 [続きを読む]
  • 宇賀野神明キャンプ場 20160702
  • 2016.7.2 ☆ 【HP】やって来ました、久しぶりの琵琶湖。最近は湖畔ネタも多いが、やっぱり、琵琶湖 ってでっか〜い!そんな琵琶湖畔のキャンプ場紹介だが、今はオフシーズンで、良くある 夏 だけの開場設定。じゃ、今年はいつから・・・?っていうと、 7/18 の海の日からオープンだと。場内看板にも 7月上旬から8月下旬 に営業 って書いているが、設定が変わるようなので、事前に要確認を。問い合わせ先 0749-5 [続きを読む]
  • 浄土平野営場 20160626
  • 2016.6.26 − 【HP】(休止とは書いてないけど)残念ながら、昨年に引き続き今年もお休み。えーーー!なんでーーー!どうやら、吾妻山がモクモク。噴火警戒はレベル2とやら。やはり、いつ活動が活発化するか分からない状態では楽しめないですよね。さらに、キャンプ場へ続く磐梯吾妻スカイラインが7月末まで一部区間通行止め。火山活動との関係が有るのか無いのか、路肩崩壊 って。さて、キャンプ場だが、低木がサイ [続きを読む]
  • 漁火の森公園キャンプ場 20160618
  • 2016.6.18 ☆☆☆ 【HP】幅広な道を進むと大きな NASA の看板。我が出撃人生で初めての海外レポか!でも、出国手続きも無く、いつの間に海外に来ていたのか・・・まるで、狐につままれた感じ。人知れず、NASA  の日本研究所なのか、はたまた 日本でもスペースシャトルが打ち上げられるのか。看板を曲がって山道をドンドン、人知れず山奥に・・・ってほども無く、あっという間に行き止まり。おーーー!これがNASAの施 [続きを読む]
  • 小石ヶ浜キャンプ場 20160612
  • 2016.6.12 ☆ 【HP】(公式HPが無いので なっぷさんで)県道に看板が無いと決して入り口が分からないコチラのキャンプ場。細い田舎のあぜ道を進む。当然、車は対向出来無い。向こうからやってきたらどうしようと不安を抱えながら進む。上がっていったと思ったら、今度は下り坂。そして、湖岸へ。湖水浴場にもなっているようで、続く砂浜は適地かも知れない。アクセスの道も狭いおかげで、ジェットスキーなので人工的な [続きを読む]
  • 秋山浜キャンプ場 20160612
  • 2016.6.12 ☆ 【HP】(コチラも なっぷさん で)湖畔の道を進むと・・・ ありました!ココも、無料 みたい。湖水浴も可能で、7月下旬から1ヶ月間の昼のみ、 ブイの内側でって。でも、夏に ブイ って出るのかな〜?市の管理みたいだけど、無料 遊泳場でそこまでしてくれるのか・・・まだ、シーズンオフなので実際のところ不明だが。設備は、簡単な炊事場と、トイレは有り。それと、 脱衣所 って書かれた建物 [続きを読む]
  • 舟津公園キャンプ場 20160611
  • 2016.6.11 ☆ 【HP】(花見も良いかも)猪苗代湖畔の無料キャンプ場。駐車場に停めて・・・ 歩く。 200mほど離れたコチラはキャンプ場といっても、防波堤際の猫の額ほどの草エリアがそこ。狭い上に、松が生えているので、グループでファミリーテントが立ち並ぶ って訳は無いって事。やはり、ツーリングの利用者が目立つのもうなずける。ん?看板の意味が・・・この先は泊まりはダメ?ってことは、ココまでか〜って! [続きを読む]
  • 天神浜オートキャンプ場 20160611
  • 2016.6.11 ☆☆☆ 【HP】でっかい、猪苗代の湖畔のキャンプ場。真っ黒に日焼けした腕っぷしの良い体格の方々が集まる、ココはジェットスキー天国。入り口の看板からしてえーー、ジェットスキー で遊ぶ目的じゃないのに〜 って?大丈夫ですよ、ココはきちんとジェットと遊泳のエリアが分かれており、ちゃんと管理されています。そして、天神浜 ならではルールが決まってて、安全にみんなが楽しめるようになってます。 [続きを読む]
  • 清水公園キャンプ場 20160605
  • 2016.6.5 ☆☆ 【HP】公園入口に広がる駐車場。左が運動場利用者、右が公園利用者 って、何で分かれてるんだろう。分かり難いとこだが、キャンプ場利用者は そのどちらの駐車場でも無く、そのまま進む。木立が増えた来た辺りで、キャンプ場の看板が。施設自体大した事は無いが、ここのサイト、 区画がでかい。真四角ではないので何とも言えないが、 公表数値6m×10m よりも大きく見える。奥行きがあるので 枠 [続きを読む]
  • 羽鳥湖畔オートキャンプ場 20160522
  • 2016.5.22 ☆☆☆ 【HP】山道をドンドン上がって、こんなとこに湖?標高 900mの高原にある羽鳥湖。行く道中も、スキー場の看板を横目に見ていたが、冬は結構降雪が見込まれる。ってことは、当然 夏は涼しい ってことで。夏の避暑地として、最適なロケーション。疎らではあるが、そんな高原でよく見る 白樺。 その白い木肌が清涼感を一層増している。名前にも使われている羽鳥湖。キャンプ場は、その湖畔にある [続きを読む]
  • 大子広域公園オートキャンプ場グリンヴィラ 20160514
  • 2016.5.14 ☆☆☆☆☆ 【HP】言わずと知れた、人気の高規格キャンプ場。人気が高いため、週末の予約を取るのは至難の業。3か月前から電話受付の為、がんばって電話するしかないみたい。さて、場内だが・・・ゲートを抜けると目の前に広がるサイト群。公園型なので、すべて見渡せる範囲に施設が平面的にレイアウトされている。一目見て、きちんと管理されているのが分かる。場内は、揃いのオレンジのポロシャツを着たお [続きを読む]
  • にしごう家族旅行村キョロロン村 20160508
  • 2016.5.8 ☆☆ 【HP】キョロロン? なんとも奇妙な名前のキャンプ場に到着。名前を聞くと奇妙な感じはするが、行ってみると分かる。小さな子供に受けが良い ネーミング だと。ゴーカートやスライダーがあって、家族で遊びに行く設定のアミューズメントパーク的な存在か。こじんまりとした、片田舎の遊園地の雰囲気だが、結構な家族連れで盛り上がっている。そんな自然の遊園地から数百m離れた所の高台にある、キャン [続きを読む]
  • 西郷村第一・第二キャンプ場 20160508
  • 2016.5.8 − 【HP】(民間サイトですが、元気な紹介が物悲しい)橋を渡ってすぐ左にあるのが第二キャンプ場。未曾有の災害から5年経った今でも復興は続いています。そして、公的施設の悲しい宿命。瓦礫や廃棄物らしき ブルーのフレコンバックが山積みに。こちらの施設も使われるようになるには、まだまだ時間がかかりそうです。でも、希望は捨てちゃダメですよね。がんばろう、福島。がんばろう、日本!ちなみに、近く [続きを読む]