大橋むつおのブログ さん プロフィール

  •  
大橋むつおのブログさん: 大橋むつおのブログ
ハンドル名大橋むつおのブログ さん
ブログタイトル大橋むつおのブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/ryonryon_001
サイト紹介文思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2223回 / 365日(平均42.6回/週) - 参加 2015/01/11 07:10

大橋むつおのブログ さんのブログ記事

  • 高校ライトノベル・新 時かける少女・9〈S島決戦〉
  • 新 時かける少女・9〈S島決戦〉 「そんなバカな!」 と、お父さんは言ったらしい。 らしいというのは、遊撃特化連隊に連絡将校として派遣されている米軍将校からの連絡だ。 素人で、まだ半分ガキンチョのあたしが聞いても分かる。 敵の上陸部隊は、一個中隊180名ほど。 これに対し、政府の緊急安全保障会議では、同規模の一個中隊の派遣が認められただけだ。 島は、城といっしょで、戦術的な常識では、敵の三倍の兵力 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ライトノベルベスト・真夏ダイアリー・13
  • ライトノベルベスト・真夏ダイアリー・13『スキャンダル!? 1』          やがて、メンバーのみんなが現れた。 リーダーのクララさんが目配せすると、あっと言う間に、わたしはメンバーの中に混ぜられて、バスに乗せられた……。 黒羽さんというチーフディレクターの人が、バスガールみたいに立ち上がって、みんなに言った。「手短に言うよ。みんなも知ってるとおり、そこに居る冬野真夏さんと、潤はそっくりだ。こ [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・41』
  • はるか 真田山学院高校演劇部物語・41出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 『第五章 ピノキオホールまで・2』「だめ!」 パンプスを蹴飛ばすように脱ぎながら、お母さんは宣告した。 あおりを受けて、わたしのローファーがすっとんだ。 くだくだしく言っては、言いそび [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・新 時かける少女・8〈ガーディアン〉
  • 新 時かける少女・8〈ガーディアン〉 「始まったわね」 オスプレイの機内で、エリーが呟いた。そして、指揮官らしい将校に何か言ってる。「エリー、あなたって……」「あたしは、愛のガーディアンよ」「ガーディアン?」「愛を守るために、去年から那覇中央高校にスリーパーとして潜り込んでいたの」「うそ、あたしのため?」「南西方面遊撃特化連隊ができたときから。K国もC国も、この部隊ができたときに、日本は本気なんだと [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ライトノベルベスト・真夏ダイアリー・12
  • ライトノベルベスト・真夏ダイアリー・12『潤のタクラミ』         わたしの心のモヤモヤはまた大きくなってきた……。 モヤモヤに耐えきれずに、その晩、お母さんに聞こうとした、ごく日常的に。「お母さん……あのさ」「なに?」 パソコンに向かっていたお母さんは、無防備な背中で返事をした。「あの…………………………………………」「なに…………………………………………」 互いに、すごく非日常的な間が空 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・40』
  • はるか 真田山学院高校演劇部物語・40出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 『第五章 ピノキオホールまで・1』「……もう大丈夫ですから」 そう言うと、タマちゃん先輩は優しく手を放してくれた。 その温もりを胸に包むようにして下足室を出た。 タマちゃん先輩が声をか [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・新 時かける少女・7〈オスプレイ緊急試乗〉
  • 新 時かける少女・7〈オスプレイ緊急試乗〉 「じゃあ、一発乗って確かめてみるか!」 の、エリ−の提案は、なかなか実現しなかった。あたりまえっちゃ、あたりまえ。あんなのに簡単に試乗できるわけがない。 大きなのと小さなのと、二つの気がかりがあった。 大きな気がかりは、那覇に来るときに宇土さん。この人は正体不明だけど、あたしの命を狙っていた。そして、海に飛び込む寸前に言った言葉「……それは、愛ちゃんが総 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ライトノベルベスト・真夏ダイアリー・11
  • ライトノベルベスト・真夏ダイアリー・11 『小野寺潤の秘密』           わたしはパソコンで小野寺潤を検索した……。 ひょっとしたら……という勘がしたから。 小野寺潤:1999年11月11日/さそり座/東京出身/AB型/155.5cm HIKARIプロ所属、AKR2期生。2014年10月に研究生から、抜擢され選抜メンバー入り。 当たり前のことしか出てこなかった。「小野寺潤、本名」で検索……本名も、小野寺潤だっ [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・39』
  •  高校ライトノベル はるか 真田山学院高校演劇部物語・39 職員室の前まで来ると、乙女先生の罵声が聞こえてきた。「ちゃんと生徒らは時間通りに集まっとったでしょうがな!」「しかし、空気を読ませることも、教えなあかんのんとちゃいますか!」 どうやら、相手は細川先生のようだ。「どんな空気やのん!?」「あんな写真撮影は、水物です。流れと空気があります。一生でいっぺんの卒業写真、笑顔で写してやりたいやないで [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・新 時かける少女・6〈ナンヤティンナイサ部〉
  • 新 時かける少女・6〈ナンヤティンナイサ部〉  エリーといっしょにナンヤティンナイサ部を作った。 正確には、今のあたしたちの状態が中途半端なので、部活のような名前にした。ナンヤティンナイサというのは沖縄の方言で「なんでもできる」という意味で、要はなんでもアリってな意味。 大方は放課後ぶらぶら好きなことをやってるわけで、帰宅部にニュアンスは似ているけど、アクティブという点で違いがある。 大概は、下校 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・『はるか 真田山学院高校演劇部物語・38』
  •  高校ライトノベル はるか 真田山学院高校演劇部物語・38出版された『はるか ワケあり転校生の7カ月』の原話ノーカット版。いかにはるかは生まれ変化していったか!?アハハと笑いながら読み、高校演劇の基礎とマネジメントが分かる高演ラノベ! 『第四章 二転三転8』 明くる日の稽古は梅雨明け宣言の日だった。 なんだか心機一転、気持ちがいい。  そして、新しい仲間が増えた。 正式な部員ではないが(わたしも、 [続きを読む]