長谷川美樹(はせがわよしき) さん プロフィール

  •  
長谷川美樹(はせがわよしき)さん: 長谷川よしきのブログ
ハンドル名長谷川美樹(はせがわよしき) さん
ブログタイトル長谷川よしきのブログ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mikihasecarry
サイト紹介文現在、日本共産党三田市議会議員
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/01/11 21:55

長谷川美樹(はせがわよしき) さんのブログ記事

  • 地方独立行政法人化による病院経営視察
  • かなり厳しいいきさつを経て、地方独立行政法人化で病院経営をされている府中市の視察を終えました。 三田市民病院の状況(国が進める公立病院の統廃合による改革)とは、大きく内容が異なっていました。 一方で、高齢化社会(府中市では30数パーセントの高齢化率)に突入している自治体として市民生活をどすやって支えるかの観点にしっかり立脚して医療と介護に取り組まれていることが良くわかりました [続きを読む]
  • 党議員団主催の議会報告会
  • 連休最後の日曜日午後、福祉保健センターをお借りして、日本共産党市会議員団による「議会報告会」を開催しました。休日だったこともあったのか、20数名の参加で、もう少し参加いただければよかったのにとも思いつつ、それでもわざわざ参加いただいた方には感謝をしながら報告・質疑応答・意見交換を行いました。 主には、3月議会を中心に行いましたが、やはり市民病院の今後について大きな関心がありました。 また、キッピーモー [続きを読む]
  • 70年目を迎える憲法記念日
  • 日本国憲法ができて70年目を迎える今日、新神戸駅近くにある芸術センターで行われた「戦争させない、9条壊すな! 5・3兵庫憲法集会」に参加してきました。 沖縄のバンドグループ「ゆがふバンド」によるオープニング、心にしみる歌を楽しみました。 続いて、「あすわか」(明日の自由を守る若手弁護士の会兵庫支部)による「え、共謀罪?悪いことしてへんかったら大丈夫・・・よね!?」が上演されました。国民の日常の安全を守る警 [続きを読む]
  • 多摩自治体問題研究所の「議員の学校」ご案内
  • 多摩自治体問題研究所が5月9日〜10日に行われる「議員の学校」を紹介した多摩自治体研究所・議員の学校校長の池上さんからYoutube を通して案内していただいています。世界の動きから国内の動きなど、欲張った内容とのことです。私自身は、常任委員会の視察と重なっており、参加できません。大変残念です。過去、この学校へ参加させていただいた経験からは、ただ講演を聞くだけでなく、参加者の自由な意見を述べながら勉強していく [続きを読む]
  • 市民と野党の共同と改憲阻止の展望
  • 4月15日(土)午後7時から福祉保健センターにて三田革新懇主催による「市民と野党の共同と改憲阻止の展望」と題して冨田宏治先生(関西学院大学法学部教授)によるお話がありました。当日は京都での講演などをこなし、三田に駆けつけていただくというハードスケジュールをこなしての講演でした。 アメリカをはじめとするポプリズム政治に危機感を持ちながらも一方ではアメリカでのサンダース候補の大健闘など、かのアメリカで社会 [続きを読む]
  • 監視社会を許さない! 「共謀罪」は危険すぎる
  • 安倍内閣が今国会で成立を狙っているのが「共謀罪」。過去3回廃案になった政府なりの教訓から、国民の感情に訴え、名前を変えて「テロ等準備罪」として、あたかも「テロ」を防止するかのごとく装っている。そもそも現在の法律や警備体制で十分にテロを防止、政府が盛んに利用する「東京オリンピック・パラリンピックの安全」は、わざわざ新法を作る必要がない。わざわざ東京オリンピックを引き合いに出さなければ国民の共感を得ら [続きを読む]
  • 人間の尊厳が守られる社会へ
  • 「低すぎる生活保護費hが違憲だ」として、1957年に裁判を起こした朝日茂さん。私は高校の倫理社会の授業で初めてこのことを知りました。憲法25条が保障する「生存権」をどのように活かしていくのかが問われた裁判です。 朝日さんが亡くなり、婿養子が裁判を引き継ぎましたが、憲法で保障された権利は、そのままでは権利として保障されないどころか、常に権利を活かす努力をしなければ、権力者によって奪い取られるのが常。 「ヒ [続きを読む]
  • 一人でも多くの就業へ: 合同就職面接会
  • 本日2月16日(木)午後、JR三田駅前にある通称「キッピーモール」6回において、恒例の「三田知己合同就職面接会」がハローワーク三田と三田市との共催で開催されました。 午前中、宝塚市役所で阪神北地区の党議員団長会議が行われ、終了後すぐに駆けつけましたが、市長の挨拶が終了したところでした。前回(昨年11月)の面接会参加状況と比べると、若干少ないようです。求人に参加された企業数は35社でしたが、内「正社員」 [続きを読む]
  • 公立の病院の大切な位置づけ
  • 三田市内で唯一出産のできる病院、救急病院としての位置づけ、公立の病院として市民に責任ある医療を提供する市民病院として、なくてはならない重要な役割を果たしている病院です。 ところが「医療費削減」を最大の目的とした、「公立病院改革」と称して国が主導した「医療改革(?)」を推し進めようとしています。全国の公立病院、三田市にある公立病院としての市民病院がその対象となっており、現在三田市による「市民病院改革プ [続きを読む]
  • フィンランドの教育に学ぼう!
  • https://youtu.be/qK20_-MDJYcテスト・テストに追われ、全国平均と比べて三田市の子どもの学力は上をいっている。これが自慢になるのでしょうか?ぜひ写真の下のURLから youtubeを見ていただきたい。アメリカの映画監督・マイケル・ムーアしがフィンランドの教育現場をインタビューしている様子が見られます。かつて、NHKてれびで(?)で北欧の保育園・幼稚園の子育てについて放送していました。そこでも、子どもの好奇心を引き出す [続きを読む]
  • 歴史的党大会が始まりました
  • 憲法の勝手な解釈をし、その上歴史に逆行する狙いを持った改憲を目指す、平和と民主主義、個人の尊厳を踏みにじる安倍政権をこれ以上続けさせないため、国民の暮らしを守るためには、野党と市民が力を合わせる必要がある。こうした重要な使命を持った日本共産党の第27回党大会が今日から18日までの4日間の日程で開かれます。 党の大会に野党の代表が参加することは初めてのこと、岩手県・新潟県・沖縄県の知事から連帯のメッセー [続きを読む]
  • 日本農業新聞(電子版) コラムが面白い
  • 「日本農業新聞」(電子版) 2016年12月28日付よりそのまま転記します。ご一読を!コラム 詳細コラム:地方の眼力【小松泰信 岡山大学大学院教授】2016.12.28 "隠れ共産党"宣言一覧へ 本紙12月24日のインタビューにおいて、JA福岡中央会倉重会長は、「『JAは政治に中立であるべき』ということを十分承知の上で、敢えて言えば選挙での農政連・農政協推薦は、今後は政党中心ではなく組合員のための政策中心であるべきと思ってい [続きを読む]
  • 新年あけましておめでとうございます
  • 2017年、新年あけましておめでとうございます。なんと、10月中旬以来ブログを更新できていませんでした。フェイスブック(FB)に頼っていたという言い訳を新年早々からしてはならないと思いながら、やはり自分の弱さが出ていました。改めて今年から少なくとも週1回のブログ更新を維持していきたいと思います。どうぞよろしくお願いします。今年1回目は、「よしき通信」の27号の記事です。昨年9月には市議選があり、ニュースの発行が [続きを読む]
  • 建設業者の皆さんが市に要望・懇談
  • 10月17日(月)午前11時から阪神土建組合の皆さんによる三田市の商工担当部局と懇談し、要望書を提出しました。 日本共産党の議員団も同席させていただき、推移を見守りました。 要望内容は、 ① 住宅リフォーム助成制度を創設すること・・・経済の活性化に最も有効であり、近隣市でも実施。 ② 公契約条例の制定をすること・・・低賃金・低単価による現場労働の実態があり、「働くルールの確立」と若年労働者の育成が重要 [続きを読む]
  • 会場いっぱいの参加者で日本共産党の演説会
  • 三田市議選を前にして、8月27日(土)午後6時から福祉保健センターをお借りして、日本共産党演説会を開催しました。衆議院議員・宮本たけし氏を招き、参院選で野党の共闘、共産党の躍進など、その後の国会での様子など迫力あるお話をいただきました。前半では、中田議員が今季限りで退任を前にして、この間の共産党の果たした役割と感謝を述べました。国永議員・長尾議員はそれぞれの立候補する決意を議会活動、日々の活動を通して [続きを読む]
  • 新しいチャンネル
  • 参議院選挙中盤の今日7月3日(日)午後5時、三ノ宮大丸前で日本共産党の街頭演説に参加してきました。身動きが取れないほどの人。なんと5,000人が参加。会場に到着した時には、すでに市民連合の19歳の女性が訴えていました。志位委員長を迎え、比例代表の大門みきし候補、兵庫選挙区の金田峰生候補が訴えました。選挙になったとたんに憲法を改定することのだんまりを決め込んだ安倍首相や自民党候補の人たち。しかし、すでに自民党 [続きを読む]
  • 元自衛官を招いての講演
  • 第17回目の「市民のつどい」が福祉保健センターにて開催されました。主催は「秘密保護法に反対する三田市民の会」で、元自衛官・泥 憲和さんを迎えて(2回目)講演いただき、質問にも丁寧に答えていただきました。お話から分かったことは、いかに国民がマスコミの情報を信じ込まされているかということ。また、その情報は政府の都合の良いものが恣意的に流され、真実が隠されていることです。つまり、政府に都合の悪いことは報道さ [続きを読む]
  • 住民との連携した自立への支援を・・・CSWのとりくみ(視察)
  • 様々な要因で生活困窮に陥る人が格段に増加しています。「自分は全く関係ないし、それなりの経済力もあるから生活困窮にはならない」とほとんどの人が思っているのが現状ではないでしょうか?ところが実態は「だれもが生活困窮となる」可能性があるのが現在の社会状況となっています。「失業」「離婚」「病気」「退職後の社会とのかかわり減少」等々から社会生活ができなくなって来ている人が増えてきています。こうした問題を地域 [続きを読む]
  • 熱気あふれる演説会!
  • 5月22日(日)神戸のポートアイランドにある国際展示場を会場にて、日本共産党の演説会が開かれました。「憲法を破壊し、国民の生活を苦しめる安倍政治を倒してほしい。野党は共闘を!」の願い実現へ、会場に集まった皆さんの熱い熱気が伝わる、元気の出る大集会となりました。これまでになかった、市民団体による激励挨拶をいただきました。シールズ関西・市民連合の大野至さん、 安保法制に反対するママと有志の会@兵庫の引川欣 [続きを読む]
  • 怒りを込めて糾弾する!
  • またもや米軍基地があるがゆえに、沖縄で許すことができないことが起きた。20歳になったばかりの女性が元海兵隊のアメリカ人によって殺害された。沖縄がアメリカから返還されてから5,800件を超す米軍関係者による犯罪、このうち570件を超す凶悪犯罪とのこと。どれだけ沖縄の人が我慢をしたら日本政府は「日本人」が被害を受けていると認識するのか?私の周りにも「本土の安全のために沖縄には犠牲になってもらうことはやむを得ない [続きを読む]
  • 学生のまち、金沢に学ぶ・・・委員会の視察
  • 視察2日目は、金沢市が進める「学生のまち・金沢」の推進について、「金沢学生のまち市民交流館」を訪問し、金沢市職員から瀬悦明を受けました。金澤は、明治19〜20年(1886〜1887年)に、全国5学区の官立の高等中学校が設置された5都市のうちの1つ。学生のまちとしての歴史があり、現在では市内人口46万人のうち、37,000人の学生が在籍しています。学生と市民との相互の交流や悪政と金沢のまちとの関係が深まることで、賑わいと活 [続きを読む]
  • 常任委員会の視察で福井市へ
  • 所属する市議会常任委員会の視察で初日の今日は福井市役所を訪問し、「空き家等対策」について、担当課の職員から説明を受けました。  JR福井駅に到着すると、改札口近くで恐竜がベンチに座っている姿で出迎えてくれ、駅舎の外から振り返ってみると、なんと駅コーナーに3種類の恐竜がいるだけでなく、駅舎には大きな恐竜が描かれていました。 我が三田市でも農村地域・旧市街地・ニュータウン地域のいずれもで、「空き家」 [続きを読む]
  • 記事のタイトルを入力してください(必須)
  • http://sekai-shinryaku.jp/アメリカの大統領選挙の共和党候補・トランプ氏が過激な発言で、国民の不満を吸収しているようですね。その発言に日本政府も気になるのか、「日米安保条約」について石破大臣の発言も報道されています。「アメリカは日米安保条約で日本を守ってやっている。だから駐留経費は全額日本が負担すべき、さもなければ米軍を引き上げる」と。米国内に向けての発言は共感を得ているようです。しかし、そこは正確 [続きを読む]
  • スマイルピックで楽しく
  • 昨日までの雨が上がって、快晴とまではいきませんでしたが、時折日差しが出てきた中で障がい者の方々による体育大会「第36回スマイルピック」が城山公園で開かれました。日差しがなくなると風が冷たく感じられました。 「君よ輝け! みんな輝け! つながれ 笑顔の輪」としたテーマで開催されスマイルピック。 総勢500名ほどの大きな大会で、参加された皆さんは笑顔いっぱいで一緒に楽しむことができました。多くのボランティアの [続きを読む]