サント さん プロフィール

  •  
サントさん: 時がたてば
ハンドル名サント さん
ブログタイトル時がたてば
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/foo_lai_bow
サイト紹介文ぼちぼち再開しようかと考え中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/01/12 09:00

サント さんのブログ記事

  • 事故にでも遭ったの?
  • 私が関わらなくなる事で、義父の苦悩はなくなったのかな?気持ちは楽になったのかな?私は宙ぶらりんな感じに終わったけど、これで良かったのかも。なんて考え、落ち着きを感じていた頃、元々会うはずだった日(母の精神科診察に、私が送り迎えをする予定だった)の昼過ぎに母の携帯から数件着信がありました。私は勤務中だった為、初めは気付かず…。気づいた時は『??どういう事?』と驚きました。念のためかけ直してみると、電 [続きを読む]
  • 義父の苦悩
  • あと数日で次の診察、となったある日。義父から連絡がありました。「サントちゃんに連絡をするなって、お母さんに毎日言われてて困ってる」相当言われてるみたいで、この連絡すらかなり悩んでの事でした。理由は?と尋ねても、あまりはっきりとは言わないようで、ただただ『連絡をするな』とヒステリーになるようでした。義父は、母の身の回りの事をしてくれてる上に、いろいろ改善策も考えてくれています。感謝しかありません。そ [続きを読む]
  • 本当に鬱なの?
  • 施設選びはいったん保留。今回は母の鬱の話。鬱の診察へ、私も同席することになりました。娘である私に、今の母のあるがままを見て欲しいと思ったとのこと。義父は新しい診療内科を探してくれました。車でも行けるし、バスを使ったとしてもバス停から近い。評判の良い女医。初診が取りにくくやっととれた予約。私は2回目からの診察から同席です。私は診療内科がどんな事をするのか興味津々でした。診察を待ってる間に、母と2人で話 [続きを読む]
  • 認知症では無かった
  • 専門の病院で診察してもらった結果、認知症では無いことがわかりました。いったいこの騒ぎはなんだったんでしょう。一安心なのですが、現実的にはいろいろと厳しい事もあり、今後のことに備える為まずは施設の見学に行くことにしました。私が勤めている会社内で、サ高住の部署があるので、そこの方に事情を話した上、見学も一緒に行ってもらいました。介護業者の雰囲気も良く、施設の設備も良く、値段も妥当。何かあれば、社内に私 [続きを読む]
  • 線を引く
  • 母に認知症の疑いがあること。母は骨折してから、鬱がひどくなってきているし、身の回りの事が出来なくなっていること。義父も体調があまり良くないこと。それを、私に伝えてきたこと。絶縁は無理だと理解したこと。今回のことを乗り切れば、きっと母から解放されると思った。でも、私にはできることと、できないことがある。義父にはきっぱり伝えました。『お金はだせない。母の面倒は見れない。だから、私はSさんの為に動く。車 [続きを読む]
  • 認知症???
  • 絶縁したつもりだった母から電話がありました。『認知症になったみたい。アルツハイマー型の…。だから、子供にはちゃんと報告しなさいって、Sさん(再婚相手)に言われて電話しました。』「は?どういうこと?」『Sさんがね、病院さがしてくれて、月〇〇円くらいなら出してくれるって。ありがたい、ありがたい。Sさんに電話かわるね…』「あの、どういうことなの?も少し詳しく教えてもらえますか?」この後義父から話を聞いたの [続きを読む]
  • 絶縁って何?
  • 前回の電話で怒鳴り散らした一件で、私はかなりスッキリできました。今までも強い口調で話してきてたけど、本当にあの人には響かなくて…。いつも不完全燃焼。モヤモヤが残っていました。しかし、この一件の時は本気の本気でどなったので、あの人に伝わる、伝わらないまで気になりませんでした。やっと絶縁。もう話すことも会うことも無い。『もう連絡しない。さよなら』って言ったし‼気持ちが軽くなるのがわかりました。もう悩ま [続きを読む]
  • 転機⑤-2
  • 昼間のメールが頭から離れないまま仕事を終え、家に帰りました。なるべく考えすぎないようにと、いつものようにと心掛けました。しかし、帰宅直後携帯が鳴りました。母からです。心臓がバクバクし、血圧も一気に上がりそうです。『落ち着け…落ち着け。怒るな、私』と、電話にでました。母「サントちゃん、メール読んだ?もう市役所に連絡しないで。一呼吸おきなさい」私『(カチン!)一呼吸ってどういうこと?2、3日空けたら連絡 [続きを読む]
  • 転機⑤-2
  • 昼間のメールが頭から離れないまま仕事を終え、家に帰りました。なるべく考えすぎないようにと、いつものようにと心掛けました。しかし、帰宅直後携帯が鳴りました。母からです。心臓がバクバクし、血圧も一気に上がりそうです。『落ち着け…落ち着け。怒るな、私』と、電話にでました。母「サントちゃん、メール読んだ?もう市役所に連絡しないで。一呼吸おきなさい」私『(カチン!)一呼吸ってどういうこと?2、3日空けたら連絡 [続きを読む]
  • 転機⑤-1
  • 5)父親に会いに行くまでの間に、母親に対してブチ切れ。絶縁(たぶん決定)父の現状を知るためには、この時点では市役所の福祉担当者へ聞くことしか方法がありませんでした。何度か私から担当者へ連絡をとったところ、こころよく話を聞いてくださいました。そんな時、母親からメールが届きました。(一応今回の事は報告してました)母メール『市役所に連絡をするのはやめなさい。迷惑だと言っています。Kさん(父)も子供らに会い [続きを読む]
  • 転機⑤-1
  • 5)父親に会いに行くまでの間に、母親に対してブチ切れ。絶縁(たぶん決定)父の現状を知るためには、この時点では市役所の福祉担当者へ聞くことしか方法がありませんでした。何度か私から担当者へ連絡をとったところ、こころよく話を聞いてくださいました。そんな時、母親からメールが届きました。(一応今回の事は報告してました)母メール『市役所に連絡をするのはやめなさい。迷惑だと言っています。Kさん(父)も子供らに会い [続きを読む]
  • 転機④ー3
  • 父に会いに行く旅は、二泊三日が精一杯でした。短い間でも、できるだけ父の元に寄りました。半身麻痺でも、元々身体が頑丈だったので、麻痺していない半身はまだまだ筋肉も付いていました。リハビリも少しづつですが、効果があり指先も少し動くようになっていました。話すのも、最初は聞き取りにくかったのですが、上手に話すようになってもいきました。また、私達も耳が慣れたというのもあります。あとは、本人のやる気の問題です [続きを読む]
  • 転機④ー3
  • 父に会いに行く旅は、二泊三日が精一杯でした。短い間でも、できるだけ父の元に寄りました。半身麻痺でも、元々身体が頑丈だったので、麻痺していない半身はまだまだ筋肉も付いていました。リハビリも少しづつですが、効果があり指先も少し動くようになっていました。話すのも、最初は聞き取りにくかったのですが、上手に話すようになってもいきました。また、私達も耳が慣れたというのもあります。あとは、本人のやる気の問題です [続きを読む]
  • 転機④ー2
  • 父に会えた。やっと会えた。父を憎んだ頃もあった。避けてきたりもした。でも、心の底では『好き』だった。それに気づかないようにしていた。嫌いでないと、駄目だった。母側にいないと、生きていけなかったから。40歳を超えた今、やっと自分の気持ちに気づいたし、言えるようになった。22年ぶりに会った父は、当たり前だけど歳をとっていた。だけど、変わってないなぁっていう印象があった。大声で泣いた後、私達をしっかり見て『 [続きを読む]
  • 転機④ー2
  • 父に会えた。やっと会えた。父を憎んだ頃もあった。避けてきたりもした。でも、心の底では『好き』だった。それに気づかないようにしていた。嫌いでないと、駄目だった。母側にいないと、生きていけなかったから。40歳を超えた今、やっと自分の気持ちに気づいたし、言えるようになった。22年ぶりに会った父は、当たり前だけど歳をとっていた。だけど、変わってないなぁっていう印象があった。大声で泣いた後、私達をしっかり見て『 [続きを読む]
  • 転機ー④の1
  • ④6月に父親に会いに行き、22年ぶりに再会を果たす。兄と2人で会いに行くことにしました。父はとても遠いところに住んで居るので、旅費も移動時間もかかります。何度も2人で話し合い、さらに叔父さんとも連絡を取り、話を進めていきました。今回父が倒れた事で、弟である叔父さんにかなり助けてもらっていたようでした。準備もなんとかでき、いざ父の元へ向かいました。22年ぶり…。お互いがわかるかな?何を話そう。っていうかお [続きを読む]
  • 転機ー④の1
  • ④6月に父親に会いに行き、22年ぶりに再会を果たす。兄と2人で会いに行くことにしました。父はとても遠いところに住んで居るので、旅費も移動時間もかかります。何度も2人で話し合い、さらに叔父さんとも連絡を取り、話を進めていきました。今回父が倒れた事で、弟である叔父さんにかなり助けてもらっていたようでした。準備もなんとかでき、いざ父の元へ向かいました。22年ぶり…。お互いがわかるかな?何を話そう。っていうかお [続きを読む]
  • 転機ー③
  • ③年明けに母親が転倒し、大腿骨骨折。(この事実は5月に知ります)母の実家に居てる叔母さんに電話をかけた時に、チラッと聞きました。『お母さん、怪我して大変だったね』「何それ?知らないよ」『そうなの…。近くにサントちゃん居てるんだから、頼ったらいいのにね…。』あの母の事だから、いろんな事を考えた結果、子供達には黙っておく事にしたんでしょう。はい。だから私も訊ねません。 [続きを読む]
  • 転機ー③
  • ③年明けに母親が転倒し、大腿骨骨折。(この事実は5月に知ります)母の実家に居てる叔母さんに電話をかけた時に、チラッと聞きました。『お母さん、怪我して大変だったね』「何それ?知らないよ」『そうなの…。近くにサントちゃん居てるんだから、頼ったらいいのにね…。』あの母の事だから、いろんな事を考えた結果、子供達には黙っておく事にしたんでしょう。はい。だから私も訊ねません。 [続きを読む]
  • 向こう側
  • 長い休みがあると、よく聞かれる。『どこか行くの?』『家族旅行行くの?』『お盆は実家帰るの?』ニュースでは、空港内の海外に行く家族連れを映し、インタビューなんかも流してる。新幹線の乗車率も100%越えらしい。私は長い休みでも、実家に行く事は無い。車で小一時間。近くにあるようで、遠い実家。親からも特に連絡は無い。幸いにも会社は休みだが、旅行に行けるそんなお金も無い。でも、これが私の普通。向こう側の人たちを [続きを読む]
  • 向こう側
  • 長い休みがあると、よく聞かれる。『どこか行くの?』『家族旅行行くの?』『お盆は実家帰るの?』ニュースでは、空港内の海外に行く家族連れを映し、インタビューなんかも流してる。新幹線の乗車率も100%越えらしい。私は長い休みでも、実家に行く事は無い。車で小一時間。近くにあるようで、遠い実家。親からも特に連絡は無い。幸いにも会社は休みだが、旅行に行けるそんなお金も無い。でも、これが私の普通。向こう側の人たちを [続きを読む]
  • 転機ー②の2
  • 父への援助はしない決めたのですが、一度父親の住む市役所に訊ねてみようと思い、電話をかけました。通知を受け取ったこと、娘である事を伝え、『申請理由』を聞きました。『脳出血で倒れ、半身に麻痺が残り、働けなくなりました』ショックでした。信じたくないけど、事実なんでしょう。他にも話を伺わせてもらいました。最終的には、私の兄にも通知が届いていれば、この件でよく話ししてもらい、援助の事を決めて下さいという事で [続きを読む]
  • 転機ー②の2
  • 父への援助はしない決めたのですが、一度父親の住む市役所に訊ねてみようと思い、電話をかけました。通知を受け取ったこと、娘である事を伝え、『申請理由』を聞きました。『脳出血で倒れ、半身に麻痺が残り、働けなくなりました』ショックでした。信じたくないけど、事実なんでしょう。他にも話を伺わせてもらいました。最終的には、私の兄にも通知が届いていれば、この件でよく話ししてもらい、援助の事を決めて下さいという事で [続きを読む]
  • 転機ー②
  • 初めてのカウンセリングを受けた翌月の12月の下旬に、父親は脳出血で倒れました。しかしこの事実を知ったのは、5月でした。ゴールデンウィークのある日、ポストを見ると1通の封書がありました。父の住んでいる市役所からでした。心臓がバクバクし、手を震わしながら開けました。『生活保護』の件でした。父が生活保護の申請をしたようで、子供である私に援助の義務があるらしい、どれくらい、どんな援助ができますか?といった内容 [続きを読む]
  • 転機ー②
  • 初めてのカウンセリングを受けた翌月の12月の下旬に、父親は脳出血で倒れました。しかしこの事実を知ったのは、5月でした。ゴールデンウィークのある日、ポストを見ると1通の封書がありました。父の住んでいる市役所からでした。心臓がバクバクし、手を震わしながら開けました。『生活保護』の件でした。父が生活保護の申請をしたようで、子供である私に援助の義務があるらしい、どれくらい、どんな援助ができますか?といった内容 [続きを読む]