活かして生きる 〜山里の寺便り〜 さん プロフィール

  •  
活かして生きる   〜山里の寺便り〜さん: 活かして生きる   〜山里の寺便り〜
ハンドル名活かして生きる 〜山里の寺便り〜 さん
ブログタイトル活かして生きる 〜山里の寺便り〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/cotou
サイト紹介文娑婆世界を生きる智慧〜おシャカ様・禅・坐禅・法理・道のこと
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/01/12 10:50

活かして生きる 〜山里の寺便り〜 さんのブログ記事

  • 宗教の教えの根本2
  • 宇宙に存在するものはすべて、「山は高く、川は低く、水は冷たく、火は熱い、、、等々」というように「法則」があります。この「法則」に従って人類で初めてものの根源(真理)を見極められたお方を、おシャカ様(仏)と言います。そのおシャカ様が、「こうすれば、必ず真理に行き着きますから皆さん頑張りなさい」と、結果(悟り)を示してお説きになったのが、「法(経典)」なのです。 [続きを読む]
  • 宗教の教えの根本1
  • 「宗教」の「宗」という字には、根源とか、一番大事な事とか、一番尊いことという意味があります。従って、宇宙を含めて存在するすべての根源を見極める(実相を見定める)ことが、洋の東西を問わず、「宗教」の一番の大事です。ですから、是非善悪や、好悪(こうお)という人間(にんげん)の思考の上にたった追求では到底及ぶことは出来ません。人でも宇宙でも存在するすべての根源が見極められない限りは一切のものの実相は [続きを読む]
  • 精進2
  • 「因果の道理歴然(れきねん)として私なし」という道元禅師のお言葉があります。「今の様子」はその通りの結果として出ていることです。ですから、「良い悪い」という私たち衆生の判断をくっつけてみてはいけないのです。多くの方々は「道に転ぜられて(使われて)」います。「道を転じていく(使っていく)力」が少し足りないと思います。「志」と「根気」を持って「精進」していって頂きたく思います。 [続きを読む]
  • 精進1
  • このごろでは「精進する、一所懸命に成る」とか、「がんばる、努力する」というようなことは、どうも間違えて受け取られているような気がしてなりません。それは小さいうちから、家庭での教育、その他様々な教育を受けての影響もあるでしょう。出来るだけ努力とか精進ということをしなくても、楽な方法を見つけ出して、そして自分の思う様な事を早く結果として見たいというような、そういう傾向に一面ではあるからではないでし [続きを読む]
  • 自分の考え2
  • 指導してくださるお方の話を聞いて、そのように実行していくという、そういう姿勢にならないと「法」というものはなかなか実らないものです。実ってからあとは、今度は今まで培ってきた自分の知識がより大きく一般の人のために使えるわけです。今しばらく修行の間は、どこかにしまっておいてください。これは何千年の昔も今も、自分の考えを捨てない限りは、「法」を求めていく上においては過去の話ではありません。今のこ [続きを読む]
  • 自分の考え1
  • 確固たる自分の考えを持っている人がいます。あるいは、長い間培ってきた自分の思想、信条、教えというものを持っていて、それを放すことが出来ない人がいます。それを持ったまま指導者に「法」を尋ねられても自分の考えと話をしてくださる指導者の言葉とは大変違うものです。ですから「なんとかして、指導者の話を自分の考えでもって理解しよう、あるいは自分の考えの中に溶け込ませよう」と、努力をされます。それはそれで [続きを読む]
  • 成就
  • 慈明(じみょう)という和尚さんは、眠くなると自分の股に錐(きり)を刺して、一所懸命に坐ったそうです。「私が頼りにするものは、坐禅のほかにありません」と、こういうことだったんだと思います。だから、眠ってはいられなかったのです。慈明和尚さんは「眠ることも坐禅」であるということは分かっていてもそんなことはしなかったのです。「眠るのも坐禅だ、腹が減れば飯を食うのも坐禅だ」みんなそんなことは知(識) [続きを読む]
  • 仏の真言3
  • 現今では、「自我を満たす」ということから諸々のことが行われているので「孝順心」というお言葉を聞いても遥か遠い昔のことのように思い出される人があるかもしれません。まったくこういうお言葉をご存じない方があるかもしれません。「順ぜざれば孝にあらず」というお言葉があります。「すべてのことに真心をもって仕える」というふうに解釈していただきたいと思います。これは、仏教では「真言」です。「真言」という [続きを読む]
  • 仏の真言2
  • 今は「孝」の「孝行」ということは、死語になってしまいましたが、お父さんやお母さんを大事にするのは当たり前のことです。「孝」は「戒の元」だといわれています。お父さんやお母さんの気持ちは推し測って云々するということではありません。「大事にする」とは隔たりのないということです。「誠をもって尽くす」ことを「其の物に成る」といいます。ですから、「親しさの極まり」というのは、お父さんやお母さんと一つに成 [続きを読む]
  • 仏の真言1
  • 「孝順心」というお言葉があります。「孝」とか「順」とか、そういう字句が出て来るとなんとなくひと昔前の封建社会を想像する人がいるかもしれません。しかし、「法を求める私たち衆生」は封建とか、今の新しい思想に関係なく、これらのお言葉は「真心をもってそのお言葉に従う」という意味にとらなければなりません。おシャカ様を始めとして歴代の覚者の教えに従って「自分を無にして研鑽をしていく」という事がどんなに [続きを読む]
  • 「法」を求める態度
  • 修行をしている間は(修行に期間があってはなりませんが)まず自分を忘れなければなりません。一度自分の考えを捨てなければ、道元禅師のいう「仏道をならうは自己をならうなり、自己をならうというは自己をわするるなり」になりません。考えと自分とは別のものではありません。ですから、自分の考えを自分で忘れるのではありません。「考えそれ自体」を忘れなければならないのです。おシャカ様のお言葉も、歴代の覚者のお [続きを読む]
  • 真相を探る3
  • 「直下(じきげ)火裡(かり)の蓮、冰河(ひょうが)の焔(ほのお)ならん」というお言葉があります。直下火裡の蓮は実体はないのです。火の中に咲いているのです。氷の中に焔があるということは、実体がないことをいうのです。文殊大士が「貪欲」とは「実際真理」だといっています。貪欲に成り切っては、やはりこれはないのです。人情のものです。実体はありません。因と縁との張り合いで出来た「貪欲」です。 [続きを読む]
  • 真相を探る2
  • 「三毒」も本当に徹底的に悟れば仇をなさないのです。顚(むさぼ)る時、顚りそのものに成り切ったならば宇宙と一つに成りますから、顚る相手はないのです。顚ったら落第です。宇宙を取り損ないます。宇宙を失わなければなりません。そうなればこれは腹を立てることは出来ません。「識得すれば仇をなさず」というところまで顚りを応用しなければなりません。顚りそのものに徹しなければならないのです。 [続きを読む]
  • 真相を探る1
  • 「三毒をひねってみよ」という教えがあります。「三毒」は貪・瞋・痴(とん・じん・ち)です。憎い、可愛い、欲しい、惜しいは何であるのか、それをひねってみよというのです。「ひねってみよ」とは、「真相を探ってみよ」ということです。「三毒」を防ぎ難い時はどうでしょうか。朝から晩まで煩悩が起こるでしょう。私たち衆生の「仏性」という宝が奪われるのです。それはなかなか防ぎ難いことですが、それならばどうしたら [続きを読む]
  • 啓手足2
  • ここにおシャカ様の「遺嘱(ゆいしょく)」を紹介します。「仰いで天に愧(はじ)ず、俯して地に愧じず」と。私たち衆生の日常もこのようにならなければいけないのではないでしょうか。禅修行をすると、世を遠ざかり山にでも入って、安楽に暮らせると思うのは大間違いです。特に宗教者は、「衆生済度(しゅじょうさいど)」の大責任を帯びては遊ぶ暇はないはずです。その間に人の知(識)らない安楽なところがあるのです。 [続きを読む]
  • 啓手足1
  • 「啓手足(けいしゅそく)」とは、新字源によれば①手足を開く 孔子の弟子曾子(そうし)が死ぬ時に門人に対して「啓手足(わが足を開け)啓予手(わが手を開け)」といい、父母から受けた身体は毀傷(きしょう)しなかったことを示す故事②死ぬことへの美称とあります。これは曾子が親孝行で絶えず身体に注意していたので「死」にのぞんで手足の完全さを門人見せて戒めとしたのです。さらに、「死」にのぞんで従来の行為に [続きを読む]
  • 涅槃寂静
  • おシャカ様はある年の十二月八日に夜明けの明星を見て「涅槃」に入られたのです。悟りを開かれたのです。「ものと一体に成った」ということを「涅槃」といっています。二千五百年前のおシャカ様のお言葉を拝借すれば「今の私たち衆生の状態である、貪顚痴の煩悩の中にいながらそのままが涅槃だ」といって居られます。「大信根を持ち、大疑団に成り切りさえすれば今のままで涅槃寂静(ねはんじゃくじょう)であることに気が付 [続きを読む]
  • 風性常住(ふうしょうじょうじゅう)
  • 中国のお話です。昔、麻谷山(まよくざん)の宝徹(ほうてつ)禅師が夏に扇を使っていました。それを見た修行僧が禅師に尋ねました。「風(法)」というものは、いつでもどこでもそよそよと吹いている「風性常住(ふうしょうじょうじゅう)」なのに何故に和尚さんは、わざわざ扇を使って風を殊更に起こさ(修行)なければならないのですか、と。質問を受けた宝徹禅師は、「お前は風(法)がある(ものがある)」という「事実 [続きを読む]
  • 放下著・惺惺著2
  • すべてこれから「何かをしなければいけない(ならねばならない)」ということはありません。既にどんなことをしても、どんなことを思っても「それでそれが終わっている」ということです。「法」としては、「今このまま」で良い悪いに関係なくその通りです。しかし、「人(にん、ひと)」としてはなかなか「今このまま」を自らうけがえないものです。それで「万止むを得ず」坐禅をし、「法に到達」すべく努力を行う必要があ [続きを読む]
  • 放下著・惺惺著1
  • 仏教の教えはいつも「結論(結果)」を提示します。何故かというと、私たち衆生が間違った方向を進むことがないように、「先に結論(結果)」を出して、仏教の教えというのはこういうものだということをお示しになっている訳なのです。「放下著(ほうげじゃく)」というお言葉があります。これからすべてのものを放しなさいという意味ではありません。既に一切のものが放たれている、あるいは脱落しているという「私たち衆生 [続きを読む]
  • 菩薩2
  • 「輪廻転生」というようなことが、よくいわれますけれども「輪廻転生」というのは、「いちいちの解脱そのものだ」ということです。ある覚者は「貪欲これ実際〈貪欲は事実だと〉」、「瞋恚(しんい)これ実際〈瞋恚というのは怒りです、それも事実だと〉」、「愚痴これ実際〈愚痴は事実だ〉」と。「そのまま」ということです。ですから、私たち衆生の考えで、「こうしなければならない、ああしなければならない」というように [続きを読む]
  • 菩薩1
  • 「菩薩」という位があります。この位はまだ本当に「仏に成らない状態」です。何故成らないのでしょうか。菩薩は「人の為、人の為」という「相手を認める位」ですから、何とかして人様の為によかれというものが無くならないのです。「仏」というのは、一切人の為だとか、何の為だとか、救わなければならないというようなことが無くなった人をいいます。それを「法」と言っています。ですから、菩薩という位の人がまだ成仏を [続きを読む]
  • 知にも属せず不知にも属せず2
  • こちらに「聞こう」という原因がありますから、「人」がいなくても聞こえるのです。また、「見よう」と思う時「見る」という原因をつくるから、「人」がいなくても宇宙総がかりでものが見えるのです。考えたから”見える”、思ったから”ある”のではありません。まったく「知識」とか、あるいはそうではない、とかに関係なく、「道」というものはそういうものです。それを「知にも属せず、不知にも属せず」といいます。 [続きを読む]
  • 知にも属せず不知にも属せず1
  • 私たち衆生には「六根(眼・耳・鼻・舌・身・意)」という六つの働きがあります。しかし、それはそういう働きだけのものです。私たち衆生には「私」という中心になるものはないのです。ただ「耳」に音として音が入るのです。同じように様々な音が一度に入って来ても間違えることがありません。「人」が中心になってそういうものを聞いたり、見たり、考えようとすると間違いの元になります。何故そのものが、そのものと同 [続きを読む]
  • 四大恩
  • 禅の修行はその場その場の真価を知ることです。真箇(しんこ)その価値を知るのが「見性」です。金銭は失っても取り返しがつかないということはありません。しかし、一度失った一日は如何なる善巧方便(ぜんぎょうほうべん)があっても、過ぎてしまった一日は取り返しがつきません。一日はかけがえのない至宝です。西洋の哲学者も「時は金なり」とも「時は生命なり」とも言っています。ですから、人の一生は縦には一日々々( [続きを読む]