さとり心 さん プロフィール

  •  
さとり心さん: FXの調べ
ハンドル名さとり心 さん
ブログタイトルFXの調べ
ブログURLhttp://fxmt4indicator.blog.jp
サイト紹介文MT4対応インジケーターやEAを中心にいろいろな観点からFXについて調べて報告してまいります!
自由文こんにちは!
さとりです。

当ブログでは、MT4対応インジケーターやEAを中心にいろいろな観点からFXについて調べて報告してまいります!
例えば朝7:00に5分で売りか買いか戦略を自動売買ツールでセットして外出し、帰宅して検証し経験値を上げて上達して頂くことを想定しております。

使ったツール等のご紹介も行ってまいります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/01/16 22:58

さとり心 さんのブログ記事

  • 値幅が狭い時は15分足が最適か?
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。先週のドル円相場は値幅が今年で一番狭いレンジで推移したとのことですね。今回も「MT4 逆張りシナリオRSI Bands インジケーター&別売りEA 3通貨セット」のUSDJPYを使って調べてみました。http://fxmt4indicator.abproducts.biz/wp/?pag... [続きを読む]
  • 先週のかぎ足ライントレード分析
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。暑くなりましたが、今日は少し涼しいのでほっとしています。先週のドル円相場1時間足でかぎ足ライントレード分析を行なってみました。先週は週始めに150pipsの急落をしてから、中盤にW底を付けて揉んでから、後半にかけて150pips戻しまし... [続きを読む]
  • 利食いにダウ理論を適用する考察
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。6月より、思いついたことでもブログとメルマガに書いてまいります。ブログやメルマガを備忘録のようなイメージで捉えることで振り返りができますし、後で検証する材料になるからです。さて、前回の記事でMACDPlusEA USDJPY M5に対する「ダ... [続きを読む]
  • ダウ理論応用フィルター
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。本格的に暑くなりましたね。水分補給はこまめにお取りください。さて、MACDPlusEA USDJPY M5 については、5月上旬までは調子が良かったのですが、5月下旬に大幅なドローダウンを経験しました。そこで、早速改善し、v5まででパラメーターの... [続きを読む]
  • 約3時間で決済するデイトレEA
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。4月に入りましたが、朝晩はまだまだ寒いですね。風邪など引かぬようお気をつけください。EAについていろいろと検証しておりますが、Band Walk EAについては順張りと逆張りの両方で建てるため売り買い両建てになる場合があるので、Oanda等... [続きを読む]
  • BandWalkについて
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。少しずつですが、暖かくなってきましたね。今回いろいろな指標を調べておりましたら、Band Walk という手法に当たりました。ボリンジャーバンドでExpandする過程で順張りを行い、Squeezeする過程で逆張りを行う手法です。ドル円4時間足... [続きを読む]
  • MACDMA押し抜けくんEAの日経225対応
  • ご利用ありがとうございます。FXの調べ、さとりです。この度は、3点のご案内です。1.MACD押し抜けくんの日経225CFD対応2.レートとEMAのクロスで売買した12年間のテストデータ3.ADXトレンド指標のみで売買した1年間のテストデータ1.MACD押し抜けくんが日経225CF... [続きを読む]
  • MACDMA押し抜けくんのバージョンアップ
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。RSIに引き続き、MACDのバージョンアップも行いました。今回のバージョンアップでMACDMA押し抜けくんにも2本のEMAが一定以上乖離したときのみ仕掛ける仕組みを取り入れております。今回はUSDJPY1時間足でMACDを使った過去7年間のテスト結果... [続きを読む]
  • RSIMA押し抜けくんのバージョンアップ
  • こんにちは!FXの調べ、さとりです。「2017年年頭のご挨拶」でもお伝えしましたように、本年からトレンド判定の基準を見直し、強いトレンドが出ている時のみ仕掛けるなどのフィルターを取り入れてゆくことにいたしました。トレンド判定には、EMAとGMMAを使ってまいります。RS... [続きを読む]
  • 2017年年頭のご挨拶
  • 新年明けましておめでとうございます。FXの調べ、さとりです。本年も宜しくお願いいたします。昨年末にトレンド判定の基準を見直し、強いトレンドが出ている時のみ仕掛けるなどのフィルターを取り入れてゆくことにいたしました。トレンド判定には、EMAとGMMAを使ってまいり... [続きを読む]