よしひこ&水彩画1000枚の絵! さん プロフィール

  •  
よしひこ&水彩画1000枚の絵!さん: よしひこ&水彩画1000枚の絵!
ハンドル名よしひこ&水彩画1000枚の絵! さん
ブログタイトルよしひこ&水彩画1000枚の絵!
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/suisai24
サイト紹介文2006年から1000枚を目標に水彩画を描いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2015/01/12 12:31

よしひこ&水彩画1000枚の絵! さんのブログ記事

  • 由比ヶ浜
  • 鎌倉方面の家族旅行から1年、今もテレビに鎌倉や湘南、江の島などの景色が映るたびに「ア! あそこだ」とつい言ってしまいます。楽しかった思い出の写真から由比ヶ浜で1枚。 [続きを読む]
  • 縁台に青柿
  • 田舎の柿の木からバケツ1杯の青柿を摘果、柿渋塗料を作りました。今回は2Lのペットボトルが2本、独特の臭いがしますが3年もすると淡い茶色の天然塗料となります。洗った青柿がきれいなので自作の縁台に並べてみました。 [続きを読む]
  • ガラスの花瓶
  • 我家の玄関に何時も置かれる季節の花、夏の花もガラスの花瓶に生けると少し涼しさを感じさせてくれます。タイトル1000枚の絵は今回でやっと100枚、もう少しペースを上げないと達成が2040年になりそう! [続きを読む]
  • 夏草の朝
  • ネコジャラシさんおはようございます。これはヒメシバさんおはようございます。ネコジャラシさん帽子の穂飾りお似合いですヨ!ヒメシバさんこそ三本の穂飾り素敵ですよ!ありがとうございます。気持ち良い朝ですが、今日も暑くなりそうですネエー。 [続きを読む]
  • 稲荷の大鳥居
  • 国道180号線を岡山から総社方面へ山陽自動車道高架下を過ぎると右手に異常に大きな鳥居が見えてきます。最上稲荷への参拝はこの大鳥居(高さ27.5m・幅39m・柱の周囲は4.6m)を潜るところから始まります。稲荷への参道に沿って昔ながらの土産物店が並びゆずせんべい・ご縁饅頭が有名、正月には多くの屋台も出ます。なんとなく異様に大きな鳥居を見ると千と千尋の神隠しで大きな門のトンネルを潜るシーンを思いだしました。 [続きを読む]
  • アトリエの静物
  • 今回は尾道に住んでいたころに絵画教室で描いた油絵をアップしています。先生のアトリエが教室、同一曜日の生徒は3名でした。壁には200号の女性の絵が掛かりモチーフとなる沢山の小物を自由に描いていました。尾道は芸術の町、狭い海峡と坂道の街の景色は最高、2年毎に市立美術館で全国公募展(尾道四季展)が開催されます。 [続きを読む]
  • 早朝の時
  • 今年の夏至は6月21日、昼間の時間がだんだんと長くなり朝5時にはもう明るくなっています。涼しい時間に歩こうと思い立ち、高松城址方向に早朝ウオーキング、明けていく朝の光とひんやりとした空気につつまれ、いつもと違う景色との出会がありました。 [続きを読む]
  • クローバの道
  • 国民宿舎サンロード吉備路、駐車場南側の農道に白いクローバーの花帯を見つけました。ウン十年前、近所のお姉さんに首飾りの作り方を教えてもらったことを思い出しました。クローバーの花茎は巻いても折れないのでタンポポやレンゲを所々に散らしながら花のロープを作り輪にして首飾りの完成。機会があれば何時か挑戦してみます。 [続きを読む]
  • 防潮堤
  • 岡山県児島から国道430号線を水島倉敷方面へ数キロ、小さな山を越えると左側に瀬戸内海が見えてきます。地名は通生(かよう)、国道を左に集落の細い道を抜けると通生漁港があります。海岸沿いに藤棚があり、花が綺麗に咲いていました。防潮堤の外は瀬戸内の島々と遠景に四国が、内側は波穏やかな砂浜がひろがり、穴じゃこやアサリが取れるそうです。 [続きを読む]
  • 立夏の頃
  • 今週は夏野菜の植付、野菜用の鉢に6種類のトマトと小玉スイカ・メロン2種類を植付ました。今年はネットメロンにも挑戦、庭でプランター栽培のためスイカ・メロンは空中栽培していますが例年美味しくいただいてます。アップの絵は5月の瀬戸内の海、この季節になると干潟で潮干狩りもいいですね。 [続きを読む]
  • 桃の吉備路
  • 吉備路の春は黄色い菜花と白梅で始まり、つづいて道沿いの桜と畑の桃が咲きます。春は芽吹きの淡いみどりとピンクのグラデーションがきれいです。今回は桃畑の風景をアップしました。岡山は桃の産地で白桃が有名、名前の通り完熟すると色白美人です。香りも味も値段も最高、先ずは花景色をいただきました。 [続きを読む]
  • 梅香る頃
  • 梅の咲いた国分寺五重塔を描いているうちに桜が満開、今週の日曜日は弁当を広げお花見を楽しむ人達でにぎわっていました。満開の桜につつままれた国分寺、桃の花が広がる畑・春の吉備路は描きたい景色であふれています。季節の巡りが早すぎて絵がおいつけません。 [続きを読む]
  • 菜の花畑
  • 国道53号線から県道61号線へ岡山空港へ向、峠越えの道があります。道添に手入れが行き届いた菜の花畑を見つけました。岩付の草木盆栽のような景色、崩れかけた石垣の上に植えらえた菜の花は午後の光を浴びて鮮やかな黄色がとても綺麗でした。 [続きを読む]
  • 西大寺会陽
  • アップの絵は岡山市西大寺のはだか祭、昔描いたF30号の油絵で我が家の玄関に掛けています。金陵山西大寺観音院で毎年2月の第3土曜日、真冬の夜に会陽(はだか祭)が始まります。日本三大奇祭のひとつに数えられる祭、夜10時になると明かりが消え御福窓から2本の宝木(しんぎ)が投入され、ふんどし一丁の約9000人の男たちが宝木(しんぎ)を手中におさめるため壮絶な争奪戦をくり広げます。見事に宝木(しんぎ)を取っ [続きを読む]
  • トラクター達
  • 「わしも昔はこの辺ではちょっと知られた力持ちじゃったけんのー。1日に田圃を何枚もひいたもんじゃ!!雨の中腰までつかってびしょぬれでやったもんじゃ。そうじゃのーあんたァーぼっけえー馬力じゃったけん。あの頃はあつうてもさぶーても平気じゃったなー!!」畑の中、2台のトラクターが昔話。 [続きを読む]
  • 岡山市街地
  • ビル6階から見た冬の岡山市街地、旭川に架かるJR山陽線と川沿いに広がる朝の街並みを描きました。奥の橋を渡ると対岸に後楽園や烏城(岡山城)夢二美術館などがあります。狭いエリアに多くの見どころあり、この季節は後楽園の梅の花がお勧めです。 [続きを読む]
  • 冬の稲田
  • 冬干しの田にトラクターが入り、寒お越しが始まりました。足守から備中高松城址への農道沿いで農業機械のわだち跡に水が溜まり、あちこちで稲株が立ち上がった独特な景色の田圃を見つけました。昨年、稲が倒れ刈り取りが出来なかったようです。 [続きを読む]
  • 神社の回廊
  • 散歩も兼ねて年に何回か吉備津神社にお参りします。緩やかな登りの回廊で本殿へ向う熟年夫婦に出会いました。回廊の柱越しに入る光と熟年夫婦の姿が自然でいい感じでした。描いてみたいと思い失礼して写真を1枚いただきました。 [続きを読む]
  • 朝の開聞岳
  • 南九州市頴娃町、国道226号線沿いにせびら自然公園ががあります。瀬平は岩場のつづく海岸で斜面に稲科の植物や芭蕉、柑橘類の畑と集落が見えます。西側から見る東シナ海と薩摩半島、朝の開聞岳(薩摩富士)は綺麗です。テレビのCMに何回か登場した模様。「明けましておめでとうございます。1月12日でブログ開始から2年、今年もよろしくお願いいたします。」 [続きを読む]
  • 田起こし頃
  • お盆過ぎに種をまいたビオラ・レースフラワー・カスミソウ・スイートピー、知り合いにいただいたストックと金魚草、堀上げたユリ・チューリップの球根の植替え。猫に何回か掘り返されたビオラも何種類か咲き始め、冬越しの準備は昨日でほぼ完了。アップの絵は造り山古墳に至る道から2007年に描いたスケッチです。 [続きを読む]
  • 秋の南九州市
  • 11月に国道226号線を開聞町から枕崎市へ出かけました。開聞岳の裾野をぬけ海岸沿いの道を東シナ海に沈む夕日をながめながらなぎさ温泉へ到着。夕方6時過ぎに露天風呂へ東シナ海とシルエットの火の神公園、枕崎港の夜景を眺めながらゆったりと塩湯につかりました。アップの絵は頴娃町から開聞町方向に広がる景色です。 [続きを読む]
  • 稲村ケ崎
  • 国道134号線沿いに湘南の海と砂鉄を含んだ黒い砂の海岸が続きます。天気がよければ稲村ケ崎から七里ヶ浜方向に江の島と富士山が望めるようですが、残念ながらこの日は富士山を見ることはできませんでした。 [続きを読む]
  • 湘南
  • 子供達が2泊3日で鎌倉・熱海の家族旅行をプレゼントしてくれました。江ノ電を乗り継ぎ徒歩で会話を楽しみながらゆったりとした旅、鎌倉の大仏・長谷寺・力餅屋・切り通し坂・由比ヶ浜・稲村ケ崎・シラス丼、外国からの旅行者と湘南の海で写真を一枚いただきました。 [続きを読む]