40代サラリーマン投資家アッキー さん プロフィール

  •  
40代サラリーマン投資家アッキーさん: 40代サラリーマン投資家アッキーの太陽光・不動産投資
ハンドル名40代サラリーマン投資家アッキー さん
ブログタイトル40代サラリーマン投資家アッキーの太陽光・不動産投資
ブログURLhttp://tousi150101.seesaa.net/
サイト紹介文 現在副収入200万円の40代丸ノ内勤務のサラリーマン投資家がFP・税務知識を駆使する投資
自由文FP1級、税理士2科目合格
◇2014年末資産状況
現預金350万円、前渡金(太陽光発電土地)100万円、証券投資150万円、保険120万円、都内ワンルームマンション1,600万円(ローン1,600万円)、福岡一棟アパート1K×9戸7,000万円(ローン6,300万円)
総資産9,320万円(ローン7,900万円)
その他、確定拠出年金残高約240万円あり。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/16 22:57

40代サラリーマン投資家アッキー さんのブログ記事

  • 北朝鮮有事に備え日経平均2倍ベア、興研を購入
  • 4月25日 何事もなければ良いのですが北朝鮮が核実験を実施する可能性が高まってきました。日本にミサイルが発射されるというのは最悪のケースですが核実験を機に朝鮮半島で小競り合いが起きてもおかしくない状態です。サラリーマン投資家は場中、何かイベントが起こって株価が乱高下しても逃げたり、買い向かったりすることができません。資産を少しでも防衛するためないとは思いますが最悪のケースを想定し日経平均2倍ベアと [続きを読む]
  • 北朝鮮がミサイル発射
  • 本日の日本時間AM6時20分頃に北朝鮮がミサイル発射し失敗に終わったとのニュースが流れています。米軍、韓国軍が調査に動いているとのことですがどこを狙ったのか、どのようなミサイルだったのか(化学兵器等を搭載していたのか)何が目的だったのか(実験だったのか)内容次第では本当に米軍が攻撃するシナリオも否定できなくなってきました。引くに引けずに武力衝突する前にスピーディーな中国による対話での解決が重要であり今 [続きを読む]
  • 株価は軟調、今年度の益が1週間で消えた
  • 4月に入って国内株式市場は軟調に推移しています。特に金融株の下落が著しくわたしが保有しているみずほ、三井住友FGは大きく下げました。みずほはまだ含み益があるものの三井住友FGは今年の3月31日に購入した分ですので1週間で7パーセント程度下げもう少し待っておけばと少し後悔しているところです。配当落ち前にNISA保有分で目標株価程度まで達した銘柄は売却したことは売却タイミングとして成功したと言って良いでしょう [続きを読む]
  • 45歳サラリーマン早期リタイア「宣言」
  • 残りあと2〜3年45歳でサラリーマンを早期リタイアすることとしました。定年の60〜65歳までお給与をいただくためとはいえどもくだらない事で右往左往し、面倒くさいお偉方のお付き合いをしていくのは時間の無駄で、これ以上はわたしには無理です。45歳までよく我慢してがんばってきたということで残りの人生は自分の好きなことだけして過ごしていくつもりでいます。余生は自分へのご褒美でひっそり暮らします。生活はどの [続きを読む]
  • 徳と才はどちらが大事か
  • 3月31日(金)年度最後の仕事で少し思うところがありましたので記載します。昨年4月より会社では中枢と言われているような部署に配属となり1年が経ちましたがこの一年、実はとんどもないモンスター上司にぶち当たっていました。その方は日本でトップクラスの大学を出て入社以来、バリバリの官僚、本社勤務、営業経験は一度もなし。頭はめちゃくちゃよく、記憶力も半端ない、会社のルールも良く知っている。他人をいつも論破す [続きを読む]
  • 年度末に銘柄を入れ替え、三井住友FGを購入
  • 三井住友FGは東芝問題、子会社による株式売り出し等の影響により4,200円を下回る水準まできていました。配当権利落ち後の安値を狙い、あわよくば4,000円割れなども期待しましたが年度末に朝成り行きで買いを入れ4,140円で購入しました。年度がかわって様子をみつつ購入しようかと思っていましたが前日のダウ上昇、米国の金融株上昇に触発され朝成行で購入しました。午後から株価下落し、1日で1万円の含み損となってしまいました [続きを読む]
  • 森友証人喚問は株価が心配
  • 23日に国会で森友証人喚問が行われます。3月のイベントである米国利上げ、日銀金融決定会合、G20財務相・中央銀行総裁会議と全て無難な内容であり、市場は特段の混乱はありませんでした。自然体でいけば4月の株式市場は期待できると考えています。ただ少し気になるのは森友問題。23日に何かバッドサプライズが飛び出さなけければ良いのですが。ないとは思いますが安倍首相を退任に追い込みかねないネタが飛び出したら株価 [続きを読む]
  • 今年の福岡アパート空室発生状況
  • 昨年は福岡博多のアパートは9室中5室空室が発生し入居者の半分以上が入れ替わりましたが今年は今のところ2室にとどまります。この時期に入居者が入れ替わるのは悪いことではなく一番需要が強い時期でありますので近隣の同水準ステータスのアパートに比べて現状の家賃が割安であれば値上げも可能であります。2室とも空室が発生したその月または翌月に新入居者が決まり1部屋月3,000円の家賃値上げに成功しました。これで年間CFに [続きを読む]
  • ACCESS株、アルデプロ株を買い増し
  • ACCESSは予想通り昨日上昇後、反落し賞味期限は1日限りでした。ただ、ACCESSの決算開示内容をみると中長期的に成長期待が持てそうで業績は底を打った感がありましたので本日、午後少し買い増ししました。ここは長めに保有し、配当というよりも数倍のキャピタルゲインを期待しています。引けにかけて下げを打ち消し、やや上昇したため来週も期待できそうですね。不動産流動化銘柄であるアルデプロ株も少し買い増しましたがこちらは [続きを読む]
  • 株式会社ACCESSの長期ホルダーはようやく報われるか
  • わたしはIoT関連銘柄の中核として4813ACCESSを保有しています。NISA枠で保有して苦節1年半。2年前に大相場を演じ、一度1,200円で利確後1,500円で天井をうち下がってきたところで単価637円で購入。その後、なかなか上に行かずで我慢して保有してきた銘柄の一つです。本日、17年1月期の決算短信開示があり前期、当期計画ともにそれなりにサプライズのある数値を発表し大方の予測に反し、前期大幅増益、また今期は増収を伴い引き続 [続きを読む]
  • 配当権利落ち日に狙いたい銘柄
  • 日経平均株価は2万円に向けてジワジワと上昇しています。FRBの金融決定会合を無事予定通り利上げで通過すれば4〜5月にかけて2015年以来の年度始上昇相場が期待できるかもしれません。わたしの今年度NISA枠は残り80万円弱でありどの銘柄を組み込むか検討した結果子会社が株式売り出しを発表し一時的な需給の悪化により株価上昇が抑えられている三井住友FGを狙って行こうかと思っています。NISA枠では既にメガバンクを約半分の割 [続きを読む]
  • 40代サラリーマン 会社での限界を感じる時
  • 3月は大半の会社で人事異動が発表されるタイミングです。予定通り、思わぬ昇進、期待外れ、寝耳に水など様々なのでしょう。わたしは予定通り残留でした。この人事異動の時期というのはサラリーマンにとって感慨深いものがありあの人はレールに乗ったんだなとか、外れたなとか自分自身の立ち位置等がはっきり見えてきます。わたしも、もうひとがんばりすれば今の会社でちょっとしたレールに乗れそうな気はしますが別に会社のレール [続きを読む]
  • 今年の青色申告書の作成がほぼ終わる
  • わたしは平成27年確定申告分より青色申告の承認を受けており事業所得があり(不動産所得も事業的規模)、帳簿書類を備え付け申告期限までに確定申告書を提出していることから65万円の青色申告特別控除の適用を受けております。税理士にお願いすると5万円前後の税理士報酬を支払う必要があるのでしょうがわたしは昨年も今年も自分自身で青色申告書を作成し、税務署へ提出しています。税理士試験の所得税法をここ数年、勉強して [続きを読む]
  • 働き方改革によるサラリーマン副業解禁に期待すること
  • 政府の働き方改革推進によりサラリーマンの副業が世間的にも公認されそうです。今でも副業は法令違反ではないものの各企業の就業規則により禁止されているケースが多いようです。今後は、政府が副業を押していくわけですから強制力はないものの、各企業も徐々に副業容認をせざるを得なくなるでしょう。わたしは、働き方改革の議論が始まる前から多様な副業をいたしております。現在行っている副業は不動産、太陽光、株等の資産運用 [続きを読む]
  • 今年は太陽光発電が好調
  • 本日の埼玉県加須市の太陽光発電(50kw程度)は300kwまで届かなかったものの294kwと今年最高記録を更新しました。1kw34.56円で売電していますから、今日だけで1万円稼いだことになります。昨年は日照不足で、大変苦戦を強いられましたが今年に入り、今のところ好調です。2月は今日までで4,786kw発電しており2月は28日までしかありませんが、6,000kw達成しそうな勢いです。昨年が5,600kwの実績ですから今のところ好調といって [続きを読む]
  • 政府の働き方改革に期待すること(退職金制度)
  • 政府において働き方改革が議論されています。議論の一つとして退職金制度について記事が出ていました。現行の退職金制度(確定拠出年金を除く)は長く働けば働くほど有利な設計となっており中途で自己都合退職すると本来もらえるべき退職金の金額に比べると相当減少するというものです。私の働いている会社は40代で自己都合退職した場合定年退職、会社都合退職時にいただける基礎となる金額から70〜80%以上も減らされて支給され [続きを読む]
  • 会社を退職することを決意
  • 過去の記事で今の会社であと5年働けばサラリーマンリタイアできその後は働かなくとも相応の資産、主に不動産・太陽光からの収入により生活していける見込みであることを掲載しました。ただし課題は5年間も今の会社で何を目標としてやっていくかでした。その記事を書いて、約1か月経ちますがどうにも今の会社での目標、志がまったくもって浮かんできません。何も目標がなく仕事をするのはなかなかつらいものがあります。加えて、 [続きを読む]
  • 太陽光発電の発電量が今年最高を更新
  • わたしは、埼玉県加須市と群馬県沼田市にそれぞれ太陽光発電50kw未満を保有していますが本日の加須太陽光発電は280kwと平成29年に入って最高を更新しました。11〜1月初旬は一日天気が良くとも200kw程度の発電が良いところですが1月中旬ぐらいから最高250kwぐらいまで伸びついに本日280kwとなりました。加須発電所は1月以降の雪の影響も受けず1月は5600kw、2月の本日時点で2,600kw(一日平均210kw程度)と堅調に推移しています。1日 [続きを読む]
  • 銀行株の上げ相場を期待
  • 三菱東京UFJのADR株価が6%以上上昇しています。「先週末の堅調な3Q決算」や「トランプ大統領の金融規制緩和への大統領令」が材料となっているようです。メガバンクの株価は昨年の11月からのトランプ相場以降、反発はしていますが2015年の高値には及ばず更に2005年の高値からは、三菱東京UFJで約3分の1の水準、三井住友で約3分の1の水準みずほにいたっては約5分の1の水準と低迷しています。リーマンショック時の資本毀損や [続きを読む]
  • 金利上昇、日銀が無理に抑え込む
  • 先週、10年国債金利は0.15%にタッチしました。アメリカを中心に世界的に金利が反転上昇に転じた中日本だけ金利を抑え込むのは至難の業だと思います。トランプ大統領の日銀の金融緩和政策は円安誘導だと指摘したことにより、日本政府は否定していますが(麻生さんはタイミング悪く、失言してしまいましたが正直な人なのでしょう。)日銀は今までのように他国を気にせずに緩和政策を打ちづらくなってきました。2月10日の日米首 [続きを読む]
  • 日銀はうまく相場の表舞台から姿を消しましたね
  • 明日、明後日と日銀の金融決定会合が開かれますが相場の世界でまったく話題にならなくなりましたね。昨年、導入した金利コントロール政策で打ち止め感がありよっぽどのことがない限り、短期金利の深堀や追加的量的緩和は行わないでしょう。昨年までは日銀の新たな政策への催促相場が続いていましたがうまく相場の表舞台から姿を消した感があります。日銀も当面は様子見してくるでしょうね。今後は世界的にデフレの終息感が高まり、 [続きを読む]
  • 手間がかからずローリスクの副収入拡大方法まとめ
  • 近年、わたしは不動産、太陽光発電で約1億円超の借入をし積極的に投資をしてきました。また、手持ち資金の大半を株式投資に回すなどリスクの高い資産構成になっております。「事業借入」に対する「いつでも換金できる資産」の割合は現預金・株式・保険÷事業借入=0.055となっています。これが1.00になると、いつでも資産を換金し借入を返済することができるため超安全圏に入ったとみてよいでしょう。現状0.055という数値 [続きを読む]
  • 早期退職は保守的に見積もって5〜6年後
  • 定年退職が現行の60歳から65歳に広がりつつあります。わたしは元より定年まで今の会社で迎えるつもりなくタイミングを見計らって早期退職するつもりでいます。今の会社はブラック企業ではなく世間的に見ればホワイト企業で外から見ると羨ましがられる会社であり今の自分自身がついているポジションもそうだと思います。ただし、わがままな考え方なんでしょうが入社して約20年経ちますが今まで紆余曲折あり愛社精神はほとんど [続きを読む]
  • 無リスクの副収入拡大方法を研究
  • 不動産投資、太陽光発電投資、株式・FX・ビットコイン投資は副収入拡大の柱ではあります。不動産投資、太陽光発電投資はいわゆる事業投資になりますので想定した投資回収ができなければ銀行返済が滞るリスクや資産価格下落リスクなどがあり株式等の投資については当然のことながら価格下落リスクがあります。不動産投資等が副収入拡大の柱には変わりありませんがわたしは不動産投資、太陽光発電投資をこれ以上膨らませることは現時 [続きを読む]
  • 2017年の税理士試験に向け始動
  • 2016年の税理士試験結果は2科目受験したものの2科目とも不合格でした。不合格が続いており勉強することを止める選択肢もありましたが不合格の結果ではあるものの全科目合格・税理士資格取得に向け着実に前進していることを信じて今年も引き続き税理士試験勉強を続けます。税理士試験は60点以上で合格とされていますが受験者の10%前後が合格の目安であり仮に60割以上の出来であっても全体の平均点が高ければ合格できません。 [続きを読む]