聖いがぐり魚釣団 さん プロフィール

  •  
聖いがぐり魚釣団さん: 実釣派!極楽タナゴ生活。
ハンドル名聖いがぐり魚釣団 さん
ブログタイトル実釣派!極楽タナゴ生活。
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/rqdcp858
サイト紹介文とにかくタナゴを釣る。タナゴ釣具を楽しむ。そして、タナゴを飼育する。一年中タナゴ極楽生活!
自由文タナゴ釣り、釣具屋巡り、釣具集め、タナゴ飼育、その他、海水魚採集、海水魚飼育などしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2015/01/12 16:21

聖いがぐり魚釣団 さんのブログ記事

  • またまた自転車でテナガエビ釣り
  •  週末近くのウィークデーに、家庭の所用があり、代休を取った。所用は俺の思ったより、ずっと早く終わった。(早く終わらせた?:笑) 午後は時間が空いた。俺は自転車にまたがり、またもや家から8キロほど先の川で向かった。 俺は『テナガエビ自転車釣行』に完全にはまった。自転車で土手を走るのが気持ちいいし、普段、特にスポーツをすることのない俺の健康にも良さそうな気もする。俺はこの自転車釣行が要因かは分からない [続きを読む]
  • またもや自転車でテナガエビ釣り
  •  前回の自転車釣行は『喝采』を口笛で吹きながら、自転車に乗ったり、なにより、テナガエビがたくさん釣れたりと、すいぶんと楽しめた。自転車テナガエビ釣行に味をしめた俺は、この週末も自転車で出かけることにした。 いつものことだが、釣行の様子をブログでアップすると、不破の竿造氏から、うるさいほどにラインが入ってくる。どうやら、不破氏も自転車に乗りたいらしい。俺は不破氏を誘い、先週と同じ釣場で一緒にテナガエ [続きを読む]
  • タナゴ倶楽部釣り会
  •  俺の勤めている会社には『タナゴ倶楽部』という自主的に集まった5人で作ったサークルがある。実態はタナゴ釣りの話を肴に酒を飲むという飲酒サークル(飲み仲間?:笑)なのだが、たまに実釣した後に飲み会という企画もある。今回も釣部部長の鶴の一声で釣り会+飲み会が決定された。 わが『タナゴ倶楽部』は釣り会の後に飲み会をすることが前提なので、釣場選定が難しい。あーだ、こーだと意見は出たが、今回は電車+バスで行 [続きを読む]
  • 自転車でテナガエビ釣り
  •  先日、自転車でテナガエビ釣りに出かけた。朝の少し冷たい空気の中を自転車で走るのは気持ちよかったし、自転車での釣行は小学生の頃の釣りを思い出させ、俺をノスタルジックな気分にさせた。そして、帰りのセブンイレブンで飲んだアイス・コーヒーは、いつもよりずっと美味しかった。 俺はあの爽快な気分を味わうために、この週末は再び、自転車でテナガエビ釣りに出かけることにした。今回は30キロ先の釣り場を目指すような [続きを読む]
  • 日本一休みの多い釣道具屋 大塚 関釣具店
  •  俺たちTAG65のお誕生日会には続きがあった。この日は土曜日だった。自称『日本一休みの多い釣道具屋』である『関釣具店』さんの貴重な営業日(笑)なのだ。もちろん、お店をのぞかない手はないだろう。三人は路線バスに乗り込み、酒が入ったこともあり、気持ちよく舟をこぎながら、文京区の千石へと向かったのだった。「千石三丁目」のバス停から歩くこと5分。関釣具店さんが見えてきた。いつもながら、この瞬間はドキドキす [続きを読む]
  • 竿富
  •  6月5日は俺の誕生日だ。しかし、俺の家族は誰も俺の誕生日を祝わおうとしない。今さら、この歳になって、なにかしてほしいわけではないのだが、試しに母親に俺の誕生日を聞いてみたところ、間違っていたのはさすがの俺も驚いた。(笑) 俺にはこの6月5日生まれの釣友が二人いる。アマーノ氏と不破の竿造氏だ。俺たちは同じような運命と共にしているはずだ。同じく誕生日を誰にも祝ってもらえないだろう二人を誘い、6月10 [続きを読む]
  • 大人の川遊び大会
  •  ドジョウおたくのかっしーから連絡があり、「ギバチを採りに行きませんか?」とのお誘いがあった。なにやら、何かの会でギバチを展示するらしい。そこで、今回は爆釣新撰組局長、ドジョウおたくのカッシー、そして、俺の三人で大人の川遊び大会を開催することにした。 俺はガサガサは子供の遊びだと思っている。そして、今は大人ぶり、恰好つけて、基本的に釣りしかしない。しかし、はっきり言って、俺は釣りよりもガサガサの方 [続きを読む]
  • 大もの探しのタナゴ釣り
  •  先週末はシロヒレ地獄で数多くのタナゴを釣った。俺もさすがにタナゴに対して、少し食傷気味になったが、それも二、三日のことだった。週末に近づくにつれ、またタナゴが釣りたくなってきた。こういう時はアマーノ氏と不破の竿造氏に連絡だ。ところが、ところがなのであった。なんと二人とも「行けない。」との答えが返ってきた。腹黒の不破氏はともかく、俺が「タナゴ・イエスマン」と呼ぶアマーノ氏までが「NO」と言ってくると [続きを読む]
  • 春のタナゴ釣り合宿(シロヒレ地獄編:その二)
  •  逆光の中にメガネを掛けた、温厚そうな若者が立っていた。バスロッドを持った彼は「なにを釣っているんですか?」と俺たちに話しかけてきた。いつもは取っつきにくそうな顔をしているはずの局長が「いや〜、タナゴを釣りに来ているんですよ。でも、イチモンジタナゴがなかなか釣れなくて。」などとニコニコ話している。普通はタナゴの種類の話をしても、一般の人はなんのことだか分からない反応をするものなのだが、彼は「イチモ [続きを読む]
  • 春のタナゴ釣り合宿(シロヒレ地獄編:その一)
  •  先月、アカヒレ釣りに行った帰り、ドジョウおたくのカッシーから俺たちに提案があった。「去年の初夏の合宿地で再びタナゴ釣り強化合宿をしませんか?」俺たちはアカヒレを釣り、テンションが上がっていたこともあり、すぐにみんな賛成した。しかし、みんなの日程を調整してみると、なんと、言い出しっぺのカッシーのスケジュールだけが合わない。しかし、答えはカッシーを見捨てて、強化合宿を強行するという、至ってシンプルな [続きを読む]
  • 真夏日のタナゴ釣り(マタナ川編)
  •  タナ金くんが行ってしまった後も、その場でタナゴ釣りをなんとなく続けていた。小さなポイントなので、数匹タナゴを釣った後はアタリが遠のいていたが、ボサの中を釣っていると、ボサの中に引き込むようなアタリが出た。 釣り上げたタナゴは一見、マタナゴのようだが、なんだか違和感がある。たしかにマタナゴ♂のようにヒレが腹鰭は白いが、背びれはうっすらと赤みがかっている。そして、体形だけを見れば、なんだかアカヒレタ [続きを読む]
  • 真夏日のタナゴ釣り(アカヒレ川編)
  •  最近、TAG65メンバーの予定が合わず、しばらく三人で釣りに行くことができなかった。しかし、この週末は予定が合ったため、ひさしぶりにタナゴ釣りに出ることにした。ひさしぶりの釣行だ。近くでタナゴを釣って、三人でヘラヘラしていることはいつでもできるので、少し遠出してみることにした。 年寄りの割には朝の弱いアマーノ氏と、高血圧で朝に強く、起きたら、すぐにどらやきでも食べられる不破の竿造氏の間で出発時間を調 [続きを読む]
  • チャリ釣行(テナガ&タナゴ)
  •  俺はあまり熟睡しないタイプだ。「寝ているのは死んでいるのも同じ。」という俺が考えた言葉を座右の銘としているからだ。(寝ないで遊んでいたら、いつか死んじゃうよ。と高校の時、友達に注意された:笑)この日は4時前には完全に目が覚めてしまった。 しばらくはお茶を飲んだり、本を読んだりしていたが、せっかく早起きしたのに、なんだか時間がもったいないなく感じてきた。外を見ると、夜が明けだしていた。朝の空気が気 [続きを読む]
  • 腹黒ヤリタナゴと大バラタナゴ
  •  俺は週中くらいにTAG65のメンバー(アマーノ氏、不破の竿造氏)に連絡を取ってみたが、二人から釣れないお返事が返ってきた。しかし、休みが少ないこの時期にやっぱり休みは貴重なのだ。俺は今回も近場にタナゴ釣りに出ることにした。 自宅から釣場までは一時間弱で着いた。俺は車から降り、さっそく釣りを始めようと仕掛けを用意した。そして、エサをポンプに詰めようとしたが、なんと家で作ったはずの黄身練りが見当たらない [続きを読む]
  • G.W.のタナゴ釣り
  •  世間一般にはゴールデンウィークに入り、みなさん、休暇を楽しんでいるが、俺は今年のG.W.はほとんど休みがなかった。その少ない休みでタナゴ釣りを楽しもうと思い、いつも一緒に釣りに行く、TAG65のメンバーに声を掛けてみたが、二人ともその日は予定が入っていた。仕方なく俺は一人で近場の川にタナゴ釣りに行くことにした。 釣り場には6時半に到着。キジの鳴き声が聞こえる。ここは東京からすぐのところだが、かなり環境 [続きを読む]
  • 万歳ウキでタナゴ釣り(動画追加)
  • これが万歳ウキのタナゴ釣りだ!(雪だるま使用)ご存知、PPAPの浮子 俺は家の近くの公園でタナゴ釣りをする。そこに集まる毎日が日曜日の方々(?失礼!:笑)はもの作りのうまい人が多い。その中でもみんなからナベさん(?本名は知らない:笑)と呼ばれるあやしいおじさんはあやしい浮子を日々作り続けている。 この浮子たちは2015年2月に登場したナベさん作の浮子だ。この当時もキャラ浮子に凝っていたようだが、二年の月日 [続きを読む]
  • 春の腹黒ヤリタナゴにチョウセン。
  •  この週末は釣り仲間たちと休みの折り合いが付かなかったので、たまに一緒に釣りをするメダカジャンキーの弟を誘ってみた。気候も良くなったこともあるのか、弟も最初から乗る気で、さらに弟の友達も一緒に行きたいとのこと。結局、今回は俺、弟、弟の友達二人(ヤンコバくん、ゲルシーくん)の四人でのタナゴ釣りとなった。 俺はアカヒレタビラとマタナゴを釣りたいと主張したが、今回は近場がいいといの意見が俺以外の大勢を占 [続きを読む]
  • アマーノ式ミニ合切箱
  • 「ドラえも〜ん!旅行用のタナゴ釣りの道具箱が欲しいよ〜。」「いがぐりくん、ちょっと待っててね。」俺のドラえもんことアマーノ氏に四次元ポケットはない。スクーターに飛び乗り、自宅へと向かって言った。 30分後、アマーノ氏が再び現れた。そして、片手にはエアパッキンに包まれた小ぶりな箱を持っていた。「いがぐりくん、これ!『アマーノ式ミニ合切箱』!!」「えっ、いいんすか!?」自分で要求しておきながらも、俺は [続きを読む]
  • アカヒレタビラを釣りに行ってきた。
  •  「師匠、いよいよ春になりましたね。僕も久しぶりにタナゴ釣りに行こうと思います。4月の○日あたり一緒に行きませんか?」 俺は基本的に自由を愛する男だ。プライベートの俺は俺を何者にも縛らせない。なので、もちろん、自分の行動を制約する弟子という存在など、一度も取ったことはない。しかし、俺のことを勝手に『師匠』と呼ぶ男がいる。探偵ナイトスクープ西田局長の息子、西田浩行だ。 西田浩行は打算的な男だ。このLI [続きを読む]
  • 春のタナゴ脈釣り講座
  •  春になり、流れっ川でタナゴが釣れるようになると、毎年、俺のブログには「脈釣りってどうやってやるの?」とか「脈釣りの仕掛けはどうやって作るのか?」などのお問合せが入る。そこで、今年もリクエストにお答えして、『タナゴの脈釣り』について紹介することにした。(ただし、一部は使い回しのネタだということはご了承下さい。:笑)  そもそも「脈釣り」とは浮子を使わず、道糸につけた目印や竿先の変化、手元への感 [続きを読む]
  • ご近所でも春タナゴ探索
  •  レイテ沖だ、なんだとしばらく春のヤリタナゴを探していた俺だが、さすがにヤリタナゴ釣りにも飽きてしまった。かと言って、年度末で忙しいこともあるし、遠出までする気もない。そこでご近所(?でも、車で一時間くらいね。)で軽めに春のタナゴ釣りを楽しむことにした。 俺はご近所にタナゴ釣りをする時に頼りにしている人がいる。チャック先輩だ。俺はチャック先輩にLINEで聞いてみた。「あそこでタナゴ釣れ始めました?」チ [続きを読む]
  • 続・ヤリタナゴ三昧(レイテ沖再び)
  •  レイテ沖で「謎の反転」を号令した不破提督よりLINEが来た。「今週末は行くんですか?」俺は「もちろん、レイテ沖に再度出撃します。」と打電した。アマーノ提督にも打電すると、一分も立たないうちに「再出撃」との打電があり、TAG65連合艦隊は再びレイテ沖に出撃することが決定された。 レイテ沖に向け、出撃したTAG65連合艦隊はシブヤン海に差し掛かった。水は清らかなで春を感じさせる流れがそこにはあった。しかしながら、 [続きを読む]
  • 続・ヤリタナゴ三昧(レイテ沖再び)
  •  レイテ沖で「謎の反転」を号令した不破提督よりLINEが来た。「今週末は行くんですか?」俺は「もちろん、レイテ沖に再度出撃します。」と打電した。アマーノ提督にも打電すると、一分も立たないうちに「再出撃」との打電があり、TAG65連合艦隊は再びレイテ沖に出撃することが決定された。 レイテ沖に向け、出撃したTAG65連合艦隊はシブヤン海に差し掛かった。水は清らかなで春を感じさせる流れがそこにはあった。しかしながら、 [続きを読む]
  • 手作りタナゴ釣具店『ラグラス』リニューアル開店
  •   タナゴメシアのお店、手作りタナゴ釣具店『ラグラス』が早くもリニューアルした。(儲かっているようだ:笑)釣具が手作りなら、店舗も手作り、自分でお店まで建ててしまった。さすがはタナゴメシアだ。(大きな敷地内でお引越ししただけなので、所在地は前と一緒ね。) 新店舗は霞ヶ浦の土手からからよく見えるようになり、お店も分かりやすくなった。また、かなり狭かった急店舗に比べ、新店舗はちょっとだけ広くなり [続きを読む]
  • 手作りタナゴ釣具店『ラグラス』リニューアル開店
  •   タナゴメシアのお店、手作りタナゴ釣具店『ラグラス』が早くもリニューアルした。(儲かっているようだ:笑)釣具が手作りなら、店舗も手作り、自分でお店まで建ててしまった。さすがはタナゴメシアだ。(大きな敷地内でお引越ししただけなので、所在地は前と一緒ね。) 新店舗は霞ヶ浦の土手からからよく見えるようになり、お店も分かりやすくなった。また、かなり狭かった急店舗に比べ、新店舗はちょっとだけ広くなり [続きを読む]