s.sanpo さん プロフィール

  •  
s.sanpoさん: NOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery
ハンドル名s.sanpo さん
ブログタイトルNOBO Sketch淡彩・水彩画Gallery
ブログURLhttp://sketchsanpo.blog.fc2.com/
サイト紹介文スケッチや水彩画、展覧会情報とお知らせ
自由文若い頃は油彩画を少し描いていましたが、今はスケッチや水彩画を楽しんでいます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/12 21:41

s.sanpo さんのブログ記事

  • 淡路坂スケッチ
  • 淡路坂スケッチ        4号以前から描いてみたいと思っていた淡路坂をスケッチしてみました。お茶の水の駅からなだらかな下り坂になっている通りで下っていくと左のJRの線路は                          上りになっているような錯覚を感じる魅力的な坂道です。横に広がりを感じるよい景色で                          道は下り坂、電車の線路は微妙に上り [続きを読む]
  • 東大スケッチ   
  • 東大スケッチ    4号 昨日は西支部スケッチ会で本郷の東京大学を訪ね、スケッチを楽しんできました。午前中は三四郎池を描き、午後は安田講堂に続く道から描きました。三四郎池では静寂な雰囲気の中で目の前の小さな樹木に蛇がいて驚きました。カメや鯉が静かな池に小さな動きをつくり見ていて飽きません。午前と午後と雰囲気の違う絵を描くことができ季節を変えてまた訪ねたいと思うひとときでした。 [続きを読む]
  • 「ウエスタ川越」えんぴつスケッチ
  • 「ウエスタ川越」えんぴつスケッチ ウエスタはいつ立ち寄ってもにぎやかなところだと感じます。 暑くて日向ではとてもスケッチはできませんので日陰のウニクス前のベンチから油性鉛筆で描きました自転車置き場の横には                          百合の花が今を盛りに元気よく咲いています。 [続きを読む]
  • 日本水彩展がオープン
  • 「日本水彩展」   「滝の輝き」 50F日本水彩展がオープンしました。本日見て来ましたが、力作揃いでどれもこれもすばらしく                        長い時間をかけて追究されたであろうと思う作品ばかりです。              すばらしさに感嘆することの連続です。作品制作の目のつけどころに作者の人柄や                     厳しいまでの絵に向かう姿勢が [続きを読む]
  • 「ウニクス」スケッチ
  • 「ウニクス」スケッチ 4号 えんぴつ+透明水彩「ウエスタ川越」と同じ場所です。「ウニクス」は民間施設でいろいろなお店が入ってます。鉛筆で線描し、彩色の場合、絵の具での表現がスケッチの中心になるので水彩画に近い やわらかい感じがだせるかなという感想です。鉛筆の方が高度な表現になるのだろうという印象です。 [続きを読む]
  • 「ウエスタ川越」 スケッチ
  • 「ウエスタ川越」 スケッチ 4号 油性えんぴつ+透明水彩オープンして2年半くらいの県の複合施設「ウエスタ川越」を描いてみました。                   入り口前の広場は駅から来る人、駅に向かう人、歩いている人が多く、                                 川越駅西口もウエスタがオープンして以来 変化しているように感じます。油性えんぴつと普通の鉛筆 [続きを読む]
  • 「作品解説会」の試み
  • 「作品解説会」の試み 新日美埼玉西支部展は終了しました 5日間で たくさんの皆様に見ていただくことができました。遠くから訪ねていただいた皆様もあり ありがとうございました。 今年は初めての試みとして出品者による「作品解説会」を企画し実施しました。指導者を招いてのギャラリートークではなく出品者一人ひとりが自分の作品の前で作品について解説するという試みです。22名の会員がいるので一人あたり3分という時間 [続きを読む]
  •  「新日美埼玉西支部展」開催中です
  • 今年40回記念となる新日美埼玉西支部展を昨日から川越市立中央図書館で開催中です。      120号の大作から4号の小品まで100点を超える作品を展示しています。 昨日の展示作業ではすべての作品を飾ることができるかどうか心配しましたが     予定した全作品を展示することができほっとしています。初日の午後から、予想以上にたくさんの皆さんが会場に足を運んでくださり作品 [続きを読む]
  • 喜多院慈眼堂から
  • 喜多院慈眼堂から    6号まだ4月の風景のままで なかなか季節が進まないのですが喜多院の桜の二枚目で、境内の小高いところ(7世紀の古墳の上)                        慈眼堂から見て描いてます。喜多院には絵を描いてみたいと思う                        魅力的なポイントがいくつもあります。これから季節が変わる中で                     [続きを読む]
  • 千木良宣行展・「花と雪」を見る
  • 川越のギャラリー喫茶「珈香理」で開催中の 千木良宣行展・「花と雪」を見てきました。 今の新緑の時期に油彩画の「花と雪」というテーマを選んでの個展に 千木良さんの哲学・センスを感じます。いつも精力的に西支部勉強会をリードし毎回の勉強会にたくさんの作品を持ってくる姿に感心していますがこのギャラリー喫茶「珈香理」で開催する個展が27回目ということです。毎回テーマを設定しての個展であり、驚くべきことです。  [続きを読む]
  • 喜多院 春
  • 喜多院 春       4号5月の連休も過ぎまたたく間に夏のような暑さの日が続いています。4月、5月、6月と この季節は作品展もいろいろあり、                        家庭菜園の仕事のシーズンでもあり何かと気忙しい日々でもあります。上の作品は3月の西支部スケッチ会で描いた川越・喜多院の多宝塔風景です。今回初めて多宝塔を描いてみましたが                      [続きを読む]
  • MINAMO
  •                MINAMO      50号F 昨年の県展に出品した作品ですが                        まだブログにだしてないことに気がつきました。いつものことですが 会場で撮影した写真なので見にくくなってます。県展にはここ3年ほどは波紋の作品を発表してきました。今年はやはり水に関係した作品ですが                       [続きを読む]
  • 今年の桜
  •        武蔵嵐山の桜 遠くの山の方まで桜が続いています 今年は桜を長く見ることができ今まで行ったことのないところまで桜を求めて見に行くことができ  楽しむことができました。満開の桜も見事ですが満開の一歩手前の桜や                     散りはじめた桜もなんともいえない魅力があります。                                    [続きを読む]
  • 伊那の春「田植えの頃」
  • 伊那の春「田植えの頃」 20号P 「毎日が青春」作品展に出品した伊那の風景、二枚目です。(正面から写すとアクリル板に影が写ってしまうので、少し斜めからの写真です) 田植えを終えた後の田んぼを描きたくて、 高遠の周辺をあたらこちらといろいろ車で走り 見つけた風景です。またいつか訪ねてみたいところ、風景です。 作品展は本日で終了しましたが5回目の作品展となり [続きを読む]
  • 「伊那の春」 
  • 「伊那の春」    20号 第5回「毎日が青春」作品展に3点出品しています。 仕事をしていた当時の人たちとの作品展です。そのうちの一枚は 伊那市高遠の「六道の堤」の桜を描いたもので                      残雪のアルプスを望むことができ、                        満開の桜が水面に映り、印象的な光景です。昨年の個展に一度飾ってますが会場が違うので [続きを読む]
  • 最近のクロッキー
  • 3月も中旬 桜の開花予想などが話題になり 春らしい雰囲気が感じられるようになってきました。 1年の中で最も好きな季節を迎えています。 少しだけ手伝いをしている学校の卒業式が先日あり 希望に満ちた若い人たちの門出を祝うことができました。 校長先生の「式辞」、来賓代表の「お祝いの言葉」 聞いていて言葉の一つ一つが胸に迫ってくるものがありました。 涙で退場する一人ひとりが美し [続きを読む]
  • 椅子のモデルさん           
  • 椅子のモデルさん            6号しばらくぶりに人物、それもヌードを描いてきました。 できあがりの作品はともかくとして                                                            コスチュームのモデルさんよりも                         描きやすいような印象を受け [続きを読む]
  • かちどき橋
  • かちどき橋      F6 かちどき橋を描いていると                          「ただの橋を描いているのではないのだ」という気持ちがわいてくる。 目の前で橋の中央が開くことはないのだがなんだか今にも橋の中央が上がりそうな気がする。 [続きを読む]
  • 新宿御苑の桜
  • 新宿御苑の桜       6号F 1週間程度調子の悪い日が続いていたのですが その後発熱でダウンし4日寝てしまいました。2週間ぶりに今日からウォーキングを再開し         健康でいられることのありがたさ、すばらしさを実感しています。 ここ数日、動けるようになったので市内や近郊の作品展を二つ見ました。 すばらしい活動をされている方々の作品を見たり話を聞いたりすると 発表されている方の人間 [続きを読む]
  • 大滝
  • 「大滝」    6号F 滝は魅力あるものですが水のある風景の一つとして絵に描くようになりました。車で滝のすぐ近くまで行けるようなところよりも少し歩いて苦労してたどり着いた感じのする滝の方が出会った感激、ありがたみが大きいようです。ここは北軽井沢の大滝10月に訪ねたときも見に来る人が二人いた程度でほとんどだれもいない静かな空間水の音だけが響く世界です。今年の日本水彩展のエスキ [続きを読む]
  • 槻川の輝き
  • 「槻川の輝き」 15号 1月に毎年参加している「小川を描く展」がありました。 見学は最終日で搬出を兼ねてとなりました。 15号という大きさの水彩はしばらくぶりに描きました。 搬出を待つまで時間が少しあったので 会場裏の槻川をTさんの案内で散策しました。 山あり川ありの美しい町で                           昭和の時代を感じる風景が残っていて感銘を受けます。      [続きを読む]
  • ウォーキングスケッチ 「野火止用水」を歩く
  •  「野火止用水」を歩く        4号 1月の西支部スケッチ会は                          「野火止用水と平林寺を描く」でした。JR武蔵野線の新座駅に集合し、まず野火止公園まで歩きます。 ここから野火止用水に沿って平林寺まで歩いて行きます。この野火止用水を掘る江戸時代の事業は                      小学校の4年 [続きを読む]
  • クロッキーとデッサンの間
  • 人物クロッキー クロッキーの時間に描いたものですが 短い時間の中でとらえるのはなかなかむずかしいです。帰ってから加筆をしていくとデッサンとクロッキーの中間のような感じになりました。 最近、これまで買って書棚に眠っている水彩画の本を読み返しています。                      水彩画関連の技法書は毎月のように新刊が出版されています。            水彩画の本というの [続きを読む]