人と着 さん プロフィール

  •  
人と着さん: 着付け・人と着-ひととき-
ハンドル名人と着 さん
ブログタイトル着付け・人と着-ひととき-
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/hito_to_ki/
サイト紹介文福井市・坂井市で着付けと教室を開催。帯結びの写真のご紹介、着物についての小話等掲載しております。
自由文着付け 帯結び 着物 振袖
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/01/13 20:50

人と着 さんのブログ記事

  • 45個目の花束
  • 私、先日60何回目のお誕生日を迎える事ができました。ポジティブが洋服着て歩いているような私、四捨五入すると70歳ですが、四捨五捨して60歳と自己申告しております。7年間の遠距離恋愛の後結婚した主人は、私の誕生日に花束のプレゼントを欠かした事がありません。今年も忘れず花束を抱えて帰宅してまいりました。そして判っていても 、嬉しくて大騒ぎして喜ぶ私。45年、変わらぬ誕生日の光景です。私が余りに嬉しそ [続きを読む]
  • レクチャー会のお復習い
  • 二十四節気では《小暑》と呼ばれる季節ですが、もうすでに厳しい暑さが日本をおそっております。暑中お見舞い申し上げます。皆様ご自愛下さいませ。姫路のレクチャー会で教えていただきました帯結びに挑戦いたしました。全国から素晴らしい着付師の方々が集まって来られるレクチャー会、すでに沢山の帯結びをブログ等でアップされています。 一人焦りながら、薄れて行く記憶の 糸を手繰り寄せお稽古いたしました。まだまだお稽古が [続きを読む]
  • 7月のお茶会
  • 7月の着物女子会のお写真です。農家レストラン〔は ま 郷〕で、採れたて野菜中心の美味しいランチを堪能した後、お茶の先生のご自宅でお点前を頂きました。お作法にはこだわらないとても気さくでお優しい先生、初心者の私達でも気兼ねなくお点前を頂戴することができます。無知な私達に 辛抱強くお作法を教えて下さる先生、いつも本当にありがとうございます。お一人目はマラソンにも挑戦する活動的なお嬢様ですが、着物が大好き [続きを読む]
  • レクチャー会の御礼
  • 先週、姫路の同志会作品レクチャー会に参加させて頂きました。創作に於ける発想を刺激しあい、閃きをかたちに変える技術力を高め、切磋琢磨する同志会の先生方です。作品はどれも素晴らしくて難しそうですが、時短を意識して考えて下さった帯結び、帯揚げ、帯締めの数々です。今はまだ頭の中でゴチャゴチャになった糸を少しづつ解いて、点と点をつなぎ合わせ、これから少しづつ挑戦していきたいと思っております。最後まで、私達受 [続きを読む]
  • 出張着付教室でした。
  • 6月の終わり、出張着付け教室でご自宅へお伺いいたしました。今季最後の単、牛首紬にボタニカル柄の名古屋帯です。 海外でも 事業を展開し活躍されていらっしゃるお嬢様のため、日本の伝統文化の着物をご自身がきちんと着れる様になりたいと、お母様が私に教室のご依頼を下さいました。不定期ではありますが、手の早いとても覚えのいい方でらっしゃいます。 同世代ということも有り、楽しいお話のなかで進めさせていただいており [続きを読む]
  • 発表会のお着付け 《第五弾》
  • 女性陣の中でトリを務められたM様、毎年担当させて頂いております。エンタテインメント性の高い演出で毎回会場を盛り上げ、お着付けにもこだわりをお持ちの方です。そんな素晴らしいパフォーマンスのお手伝いをさせて頂けるのは、着付師として身に余る光栄です。 まだまだ至りませんが、ご要望にお応え出来ます様これからも精進してまいります。 そして最後に、黒田優美子先生の素晴らしいお歌で フィナーレです。 たぐいまれな表 [続きを読む]
  • 発表会のお着付け 《第四弾》
  • 第四弾のお二方、私がお着付けさせて頂きました。曲のイメージ、世界観をとても大切にされ、色々な手方のパフォーマンスで観客の皆様を魅了されるK様、毎年担当させて頂いております。最後の数名様だけステージでのお写真を撮る事ができました。もうお一方は、凛とした淑やかで清楚な大和撫子です。ご本人のイメージを大切に、帯結びはシンプルにお太鼓のアレンジです。重ね襟、帯揚げ、帯締めのコーディネートをさせて頂きました [続きを読む]
  • 発表会のお着付け 《第三弾》
  • F先生のお着付けは三名様でしたが、お二方の写真をアップさせて頂きます。着付けの合間の短い時間に写真を撮らせていただいたのですが、実は自宅に戻ってからもうお一方の写真を撮っていない事に気が付いたのです。大切なお写真なのに、K様、F先生本当に申し訳ありませんでした。 歌の上手さは勿論のこと、歌うお姿もお声も大月みやこさんにそっくりな方です。今年は時間割りの都合で、皆様の素晴らしいお歌を聞くことができなくて [続きを読む]
  • 発表会のお着付け 《第二弾》
  • 歌謡教室発表会のお着付け《第二弾》です。第一部は〔 あの時あの頃 懐かしのメロディー〕、昭和の懐かしい軽快な歌謡曲をテーマに、明るく楽しいステージが繰り広げられました。そして第二部は〔熱唱!! 歌物語〕演歌のステージです。 素晴らしいドレスの方もいらっしゃいますが、お着物で出演される九名様のお仕度をさせて頂きました。Y先生お着付けのお二方です。 帯結びはご希望の文庫結びです。鮮やか瑠璃色のお着物がと [続きを読む]
  • 黒田優美子歌謡教室第9回チャリティー発表会
  • 6月11日は、毎年ご依頼頂く発表会のお着付けでした。年1回の発表会に向けてモチベーションをアップし、皆様大変な努力をされた事と思います。発表会 とはいえ、プロ歌手顔負けの衣裳とパフォーマンスは立派なコンサートです。 当日のお着付けを皆様とても楽しみにして下さっているとの事、プレッシャーはありましたが、その御期待にお応え出来る様一生懸命お着付けさせて頂きました。 沢山の課題もありましたが、皆様の暖かいお [続きを読む]
  • 訪問着のお着付けでした。
  • お世話なっている《きものやよざはん》からのご依頼です。いつもご依頼下さるM様ですが、主賓として結婚式に参列される訪問着のお着付けでした。 お太鼓のたれが少し左によってしまいましたが、この後お直しいたしました。僅かに黄緑がかった淡く渋い黄〔硫黄色〕 の爽やかな訪問着です。背が高く腰高でスタイル抜群、大学生のご姉妹のお母様 とは思えない若くてお美しい方です。ご用命下さいましてありがとうございました。ご縁に [続きを読む]
  • 6月4日の撮影会
  • 自分で着物が着れるようになりたくて習い始めた着付け、今では人にお着せする事が一番の生き甲斐になっています。体力、知力は日々衰えていきますが、気力だけは制御不能な程溢れている私……これから密度の濃い着付け人生を過ごす為にも、量ではなく仕事内容にやり甲斐を感じていけたらと思っております。まだまだ手探り状態ですが、着付け、写真撮影、アルバム作成の一連をお受けするための模擬撮影を行いました。先日アップした [続きを読む]
  • Y先生のお着付け写真撮影
  • 麦の穂が育ち、山野の草木が実を付け始める季節、二十四節気の〔小満〕の日、Y先生のお着付け写真撮影のお手伝いをさせて頂きました。越前市で呉服店《着 楽 屋》 を営業され、お着付け、着付け教室のほか、地元の地域活性にも尽力されているY先生です。今回は 先生のお着付けと、娘撮影のアルバムサンプルを作る為の撮影会です。モデルは、成人式にお着付けさせて頂いたU ちゃんにお願い致しました。私は娘の足を引っ張るだけの [続きを読む]
  • お稽古いたしました。
  • 6月4日、11日とイベントが続きます。特に11日は毎年ご依頼頂く歌謡祭の お着付けです。皆様当日のお着付けを楽しみにして下さっているとの事、プレッシャーはありますがご期待にそえるよう頑張ります。今週末、我が家のイベントで着る娘の着物でお稽古いたしました。 帯揚げがみごとに合っていません。当日は変えるつもりです ┏○ペコッ この着物は数年前に、三国町《よざはん》で購入した [ひびのこずえ]ブランドの物です。 [続きを読む]
  • 《ミオリ》間違えていました〜
  • a先生のレクチャー会で教えて頂いた帯結び《ミオリ》、うろ覚えのまま練習していたのですが、テキストを見直して見ると全然違っていました。バランスの悪さが気になっていたのですが、案の定左の上下の羽根が間違っていました。 いい加減な記事アップしてしまい申し訳ありません ┏○ペコッ再度挑戦致しました。 この帯揚げ骨董市で500円で買った物ですが、幅、長さともにとても小さい為シンプルに青海波結びにいたしました。 帯 [続きを読む]
  • 魔法の呪文
  • 日々何気なく感じた事や思ったことをこうやってブログに書いていると、紡いだひとつひとつの言葉が重さを増し、自分の心に反射し響いてきます。 自分で深く暗示し、自己感受していくのです。先日の記事で気づかされたあの言葉、毎朝自分に言い聞かせています。「これからの人生の中で、今日が一番若くて美しい!!」 そして、鏡の中の自分に笑いかけます。それなりに悩みや苦しみもあるけれど、後悔したくないから、笑顔で楽しく大 [続きを読む]
  • 寛容で勇気のある方のみご覧になって下さい。
  • 先日の記事でご紹介した写真ができました。娘の作品としての選考基準を無視し、着物姿を優先して私の独断で選んでおります。まだまだ勉強中の娘に賞味期限切れのモデル、石を投げられても仕方ないのですが、ボランティア活動と思って御覧下さいませ。 笑顔など表情や動きに惑わされず、カメラのレンズは残酷に真実を映し出します。鏡の中の自分より、写真は正直に老けています。特に運転免許証の前の写真は、確実に5歳若いのです [続きを読む]
  • 振り袖のお稽古
  • 連休も終わったというのに、すっかりサボり癖が付いてしまいました。ようやくお稽古始動開始です。昨年a先生のレクチャー会で教えて頂いた、K先生の《ミオリ》を久しぶりにお稽古いたしました。ミオリ=美しい折り なのですが、先生が表現したかった美しい流線形のおはねを作るには、まだまだ修行が足りません。案の定、結果は散々です。こうやって写真で見るとやっぱり変!、バランスも悪い〜ちょっと手を休めると結果は如実に出 [続きを読む]
  • ゴールデンウィーク、最終日の装い
  • 新緑が目立ち始め、吹く風もさわやかになり、夏の気配が感じられる立夏の装いです。相良刺繍の胡蝶蘭に金駒刺繍の花弁を施した、灰白色の単衣の訪問着 です。この時期気楽に着れるよう、紋なしにいたしました。 お着付け の仕事やお仲間との行事等に、いつも写真撮影でサポートしてくれる娘から、写真展に出展する作品のモデルを頼まれたのです。小ジワ、シミ、たるみ は修正する条件です。 手先、たれ先の二枚羽 [続きを読む]
  • 帯結び……バージョンアップorダウン?
  • 前回の帯結びをほどこうとしたのですが、ズボラな私、そのままたれ先だけ変化させてのお稽古です。前回はたれ先 を屏風だたみにして、左回転にリングに通したのですが、今回は右回転に通してみました。繊細さは半減しましたが、これも有りかも……… 当然後ろ板忘れたままです┏○ペコッ時間を忘れて、あれこれ考えながらの帯結びは楽しいです。本当に小さな一歩ではありますが 、これからも精進してまいります。本日もご覧下 [続きを読む]
  • 振り袖のお着付けでした。
  • 田畑を潤し、あらゆる食物の成長を助けるやわらかい春雨が多く降る、二十四節気の〔穀雨〕のある日、結婚式に参列されるお嬢様のお着付けをさせて頂きました。お写真は撮れませんでしたので、再現させて頂きます。 長くて柔らかな帯でしたので、ふんだんに折ひだを作る事ができました。……あー、後ろ板入れるの忘れてるぅ〜……   帯がボコボコしています ┏○ペコッ  柔らかい物腰のとても素敵なお嬢 [続きを読む]
  • 愛犬とお花見
  • 今年結婚45周年を迎える私たち夫婦、行けない年もありましたが、ほぼ毎年桜の季節に家族でお花見に行くのが習慣になっています。ふたりのお花見から子供たちが 順に増えていき、家族の歴史が毎年桜と共に刻まれていきました。子供たちの成長と共に、大学進学、就職、結婚と次々と減っていき夫婦だけのお花見もありました。桜のある風景=その中を家族で歩く情景を想像し、単なる事実としてだけではなく情感で捉え、散りゆく桜に儚 [続きを読む]
  • 月例のランチ会 その二
  • 先日のランチ会に参加された方をご紹介させて頂きます。お着物は黒のイメージが強いY先生ですが、その日は春の清々しさを感じさせる白鼠色の大島紬のお着物に、中国帆船模様の塩瀬の帯が本当に素敵でした。  ……《白鼠色》とは、日本の伝統色の中で銀の様に上品で明るい鼠色で、墨の濃淡を示す五彩の中で一番淡い「清」にあたる色です…… 全てにこだわりを持ってらっしゃる先生、襦袢もお洒落です。次がお母様から譲り受 [続きを読む]
  • 月例のランチとお茶会です。
  • 四月のランチ会は、前回好評の海の見える《サミュゼ》で行われました。 美味しいお料理を頂いた後、先生のお宅へ移動してお手前を頂戴いたしました。桜の花もつぼみに戻りそうな花冷えの一日でしたが、毎年桜の時期に着る私の装いです桜色の飯田紬の着物に、桜模様のとんぼ玉の帯留め、半襟も桜模様です。日本は四季のある美しい国です。それぞれの鮮やかな風景や豊かな自然の恵み、そこに生きる日本人の素晴らしい感性と伝統 [続きを読む]
  • 切りばめの半幅帯
  • 春先の清らかで生き生きした様子を、二十四節気で清明といわれている本日、福井の桜はほぼ満開です。桜並木で有名な足羽川の堤防は、両側とも行き交う人波であふれていました。所用で出かけた本日の装いです。タッサーシルクの縦縞の着物に、切りばめの半幅帯です。切りばめとは470〜480年前からある伝統技法で、この帯は何枚もの柄をはめ込みつなぎ合わせたものです。細かな曲線を縫いつなぐには、高い技術が必要とされているそう [続きを読む]