赤いルバーブの「ほたる農園」 さん プロフィール

  •  
赤いルバーブの「ほたる農園」さん: 赤いルバーブの「ほたる農園」
ハンドル名赤いルバーブの「ほたる農園」 さん
ブログタイトル赤いルバーブの「ほたる農園」
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/s99a508
サイト紹介文赤いジャムが出来るルバーブの他、リーキ(西洋ネギ)、パースニップ、ビートルートなどレアな西洋野菜の栽
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2015/01/15 11:28

赤いルバーブの「ほたる農園」 さんのブログ記事

  • イタリア野菜・アグレッティは移植に強い
  • 今日は面白いというより、奇妙な画像を披露します。アグレッティが発芽して間もなくすると、根が跳ねるのか地表面に飛び出し抜けてしまう苗が、結構な比率で認められます。下の画像をご覧ください。左側が根(細根が殆んど形成されていませんが・・)の部分です。この、根が抜ける現象が何故起こるのか?不思議というより奇妙です。抜けているけど、まだ生きているのでは?・・・と気付いて、セルに爪楊枝で穴を開けて植えなおした [続きを読む]
  • イタリア野菜・アグレッティの発芽率
  • イタリア野菜栽培農園、イタリア野菜栽培ブログ記事またナチュラルハーベストさんの説明書などを拝見すると一様に、アグレッティは発芽率が極端に悪いように書かれています。多くは圃場に直まきしているようです。「ほたる農園」では特に移植不適当の注意書きが無いかぎり、128穴セルトレイ蒔きをメインにしていますがそれが幸いしてか、アグレッティの発芽率はほぼ100%です。下の画像をご覧ください。栽培要領が分からない [続きを読む]
  • 手軽にできるルバーブタルト by ネルの小屋
  • イタリア野菜栽培農園、イタリア野菜栽培ブログ記事またナチュラルハーベストさんの説明書などを拝見すると一様に、アグレッティは発芽率が極端に悪いように書かれています。多くは圃場に直まきしているようです。「ほたる農園」では特に移植不適当の注意書きが無いかぎり、128穴セルトレイ蒔きをメインにしていますがそれが幸いしてか、アグレッティの発芽率はほぼ100%です。下の画像をご覧ください。栽培要領が分からない [続きを読む]
  • イタリア野菜・アグレッティの栽培カレンダー
  • アグレッティの栽培マニュアルが乏しいことは前に述べました。そして驚くことに、始めて栽培に挑戦し始めている僅かな経験からですが、もっといい栽培方法があるように思われますので、記事にしていきます。今回は、栽培カレンダーについてです。次はNHK「やさいの時間」2月号に掲載されていたアグレッティの紹介記事です。これによると、種蒔き時期は晩秋になっており、越冬栽培で春に収穫時期を迎えることになっています。こち [続きを読む]
  • ルバーブゼリー by 赤毛のアン
  • アグレッティの栽培マニュアルが乏しいことは前に述べました。そして驚くことに、始めて栽培に挑戦し始めている僅かな経験からですが、もっといい栽培方法があるように思われますので、記事にしていきます。今回は、栽培カレンダーについてです。次はNHK「やさいの時間」2月号に掲載されていたアグレッティの紹介記事です。これによると、種蒔き時期は晩秋になっており、越冬栽培で春に収穫時期を迎えることになっています。こち [続きを読む]
  • 上雪(カミユキ)が降りました!
  • 春先に長野県南部を中心に降る雪のことを上雪(カミユキ)と呼んでいます。何故「カミユキ」というのか?誰も分かっていませんが、今年最後の雪、春の訪れを告げる雪として歓迎されています。春がきたぞ〜という感じです。昨日は一か月半ぶりの降雨(一日中しっかり)、そして夜半に降雪で朝起きてみると農園は雪景色でした。この雪は午前中に消えてしまいましたが・・。 [続きを読む]
  • ルバーブゼリー(クリアータイプ)by ネルの小屋
  • 春先に長野県南部を中心に降る雪のことを上雪(カミユキ)と呼んでいます。何故「カミユキ」というのか?誰も分かっていませんが、今年最後の雪、春の訪れを告げる雪として歓迎されています。春がきたぞ〜という感じです。昨日は一か月半ぶりの降雨(一日中しっかり)、そして夜半に降雪で朝起きてみると農園は雪景色でした。この雪は午前中に消えてしまいましたが・・。 [続きを読む]
  • パプリカ類の苗が火傷しちゃった
  • パプリカ類(6品種)の苗を育苗温床内で育苗していましたが、カンカン日照りの好天気で、トンネル内の気温が想定外に上昇したようで、昼に見回ったらみんなグター!。慌てて温床から出し、衣装缶育苗に切り替えましたがどうなることやら・・・・。見るも無残!茎部は無事のようですから何とか蘇生して欲しいものです。 [続きを読む]
  • ルッコラの耐寒性も凄い!
  • 地帯的に冷涼地に分類されていますが、ほたる農園の地は標高750メートル。最低気温が▲10℃〜15℃になる日が続きます。畑地の表土はコチコチに凍結するのが常態です。こういう地で寒さに耐えて収穫できるルッコラは神様みたいだ。花茎が伸びだしているものが出始めており、そろそろ世代交代の時期が地づいています。 [続きを読む]
  • 赤毛のアンのルバーブパイ by umi
  • 地帯的に冷涼地に分類されていますが、ほたる農園の地は標高750メートル。最低気温が▲10℃〜15℃になる日が続きます。畑地の表土はコチコチに凍結するのが常態です。こういう地で寒さに耐えて収穫できるルッコラは神様みたいだ。花茎が伸びだしているものが出始めており、そろそろ世代交代の時期が地づいています。 [続きを読む]
  • わさび菜の耐寒性は抜群
  • 前に、越冬栽培を試行したナバナ類が寒さで全滅してしまったことを記事にしましたが、わさび菜は無事越冬できたどころか、1月〜3月の今日まで収穫が続いています。氷点下15℃にもなる当地で・・・・。穴あきビニールと不織布の2重重ねトンネル被覆はしていますけど・・。 [続きを読む]
  • クラシック ルバーブパイ 
  • 前に、越冬栽培を試行したナバナ類が寒さで全滅してしまったことを記事にしましたが、わさび菜は無事越冬できたどころか、1月〜3月の今日まで収穫が続いています。氷点下15℃にもなる当地で・・・・。穴あきビニールと不織布の2重重ねトンネル被覆はしていますけど・・。 [続きを読む]
  • 絹さやエンドウ苗をポット鉢上げ
  • 3月12日にセルトレイに種蒔きした絹さやエンドウ(あずみ野)が発芽揃いし早いセルでは、本葉の展開が始まりましたので、2.5号ポリポット鉢に鉢上げしました。セル苗を定植するのに威力を発揮しているのがこの定植棒。直径2センチで、128穴セルの直径に合わせてあります。セルから抜き取った苗を定植穴に乗せ、苗を人差し指と中指で挟み、ギュッと押さえれば定植おわり!です。本畑(畝)への定植までは軒下育苗になります。 [続きを読む]
  • ルバーブパイの作り方by ネルの小屋
  • 3月12日にセルトレイに種蒔きした絹さやエンドウ(あずみ野)が発芽揃いし早いセルでは、本葉の展開が始まりましたので、2.5号ポリポット鉢に鉢上げしました。セル苗を定植するのに威力を発揮しているのがこの定植棒。直径2センチで、128穴セルの直径に合わせてあります。セルから抜き取った苗を定植穴に乗せ、苗を人差し指と中指で挟み、ギュッと押さえれば定植おわり!です。本畑(畝)への定植までは軒下育苗になります。 [続きを読む]
  • イタリア野菜・アグレッティの2次定植
  • 3月2日に種蒔きしたアグレッティ。発芽が順調だった苗は3月14日に取りあえず定植(約30本余)しましたが、伸長が遅れていた残りの苗も草丈6?、先端部が分枝し本葉の展開らしい様子が見えてきたので残り全部を定植しました。約75本です。それにしても、面白い草姿ですね〜。なお、発芽の兆候後は温床から出し、透明衣装缶に収納し、常温育苗してきました。これが要諦のようです。温室など高温化に置くとたちまち立ち枯れし [続きを読む]
  • ルバーブ・ハニー by chaikaja
  • 3月2日に種蒔きしたアグレッティ。発芽が順調だった苗は3月14日に取りあえず定植(約30本余)しましたが、伸長が遅れていた残りの苗も草丈6?、先端部が分枝し本葉の展開らしい様子が見えてきたので残り全部を定植しました。約75本です。それにしても、面白い草姿ですね〜。なお、発芽の兆候後は温床から出し、透明衣装缶に収納し、常温育苗してきました。これが要諦のようです。温室など高温化に置くとたちまち立ち枯れし [続きを読む]
  • エバーフローで畝に灌水
  • 2月17日以降、雨が全く降っていません。異常乾燥状態です。明日、アグレッティ苗を定植予定の畝も乾ききっています。定植に備えて予め、エバーフロー(灌水チューブ)で灌水しました。水源は畑の脇を流れる用水からの揚水です。3月にエバーフローで灌水するのは初のことです。異常気象? [続きを読む]
  • レモングラスが発芽、順調
  • 盛夏になれば、カヤの大株のようになるレモングラスですが、種は信じられない程小粒というより扁平な小片。種袋の中にほんの僅か入っていました。爪楊枝の先を湿らせて吸い上げ、種蒔きしたのが3月2日。発芽は比較的順調で16セル中12セルで発芽、生育中です。セル単位で計算すると発芽率75%。但し、鉢上げ時に複数発芽のセル苗は苗分け(株分け?)する予定につき、最終的には100%(16本)になる予定です。今日現在 [続きを読む]
  • ルバーブ&バニラジャム by paula
  • 盛夏になれば、カヤの大株のようになるレモングラスですが、種は信じられない程小粒というより扁平な小片。種袋の中にほんの僅か入っていました。爪楊枝の先を湿らせて吸い上げ、種蒔きしたのが3月2日。発芽は比較的順調で16セル中12セルで発芽、生育中です。セル単位で計算すると発芽率75%。但し、鉢上げ時に複数発芽のセル苗は苗分け(株分け?)する予定につき、最終的には100%(16本)になる予定です。今日現在 [続きを読む]
  • イタリア野菜・アグレッティ苗を定植
  • 3月2日に128穴セルトレイに種蒔きしたアグレッティ、育苗温床で発芽処理したところ、2日程で発芽が始まりました。発芽率は最終的に80%弱になったかと思われます。発芽後2日ほど温床に置いたままにしていたところ、発芽したものがどんどん立ち枯れしだしたので慌てて、温床から出し常温育苗に切り替えました。これは学習事項です。アグレッティは高温が苦手のようです。発芽処理も常温がいいのか?、これからの検証事項で [続きを読む]